アクセント

卒業生ごましおの里親さんから「天晴れ北陸」のイチゴが届きました。

kurataa (15)

 

 

ありがとうございました。

 

 

自然の酸味とほのかな甘みにハマり夜中夢中で食べました。ごましおの里親さんに私は先日「私という人間について客観的にどう見えているか?」を質問し、クスクス笑え和む回答を得ています。いつか紹介するかもしれません。

 

 

ほかにもプレゼントが届いているのですが、今度自慢させていただきます。

 

 

ナナたちの闘病と介護やべべの喪失で現在底辺に墜ちている私ですが、心療内科の先生がかけてくれた言葉があります。苦しさや重圧感に潰されそうになったときの対処法をたずねたときです。

 

 

先生はマスクを外し、私の目を直視しながら言いました。

 

 

「苦しいね。苦しいね……苦しみは喜びを倍増させる人生のアクセントだと思うから……多感でいいんですよ。あなたはちゃんと生きています。その証拠」

 

 

ふーん。そうか。まあ、ならね、ならばある程度はしょうがない。

 

 

本日はうれしかったことをメインに書いていきます。

 

 

姑のタマちゃんが5㎝のガンを切り落とし、病院で黒缶を食べたこと!

kurataa (12)

 

 

 

タマちゃんは既に自宅に戻りました。タマちゃんはこれから抗がん剤を使いながら余生を生きていきます。抗がん剤の副作用は「腎臓に負荷がかかる」タイプのもの。腎臓及び全体の様子をモニタリングしながらやっていきます。

 

 

律儀な姑から手紙が。タマちゃんは深く愛されています。

kurataa (9)

 

 

 

お母さん、タマちゃんはお母さんとお父さんの子でよかったですね。

 

 

 

迷子騒動でお騒がせした卒業生ダイア家に新しい家族が増えたこと!

kurataa (13)

 

 

 

nicoくんと名づけられました。この子はダイアの捜索中にダイアの里親さんと出会いました。里親さんは迷った末、保護を決め、ダイアの弟として迎えたのです。保護したのも病院へ連れて行ったのももちろん里親さんご夫婦。

kurataa (14)

 

 

 

ダイアが行方不明になったとき、私は暗澹の上に暗澹を塗られたような気持ちになっていましたが、ダイアが無事に戻り、捜索の過程でクロちゃんをTNRし、nicoくんがダイア家に加わった一連を振り返り喜びをかみしめています。

 

 

里親の我妻ジュンさん小林懸さん夫妻と私とタカ(妹の結婚式二次会にて)

kurataa (11)

 

 

 

※でも皆さま!! 迷子の犬猫を無事保護するのは至難です。迷子の犬猫たちがずっと外で生きていける保証もありません。ぜったい気をつけてください。

 

 

 

卒業生しじのの家りょうちゃんチーさんもありがとう!

kurataa (10)

 

 

 

私には気になる猫が2匹いたのです。卒業生すももの産んだ子猫たち。

 

 

3匹のうち、1匹はemi-goが里子に出していますが、残った2匹にご縁が決まらず、2匹は病院内のケージの中で暮らしています。

 

 

いつの間にかこんなに大きくなってしまいました。

kurataa (1)

 

 

 

けれどきちんと育っているってことだもんね。育つってすばらしい。

kurataa (16)

 

 

 

りょうちゃんが元気の出ない私に代わり、十香ちんの預かり&募集を申し入れてくれたのですが、十香は時間をかけてでも自分でやりたい。そこで私は、次に手掛けるはずだったすももの子猫たちをりょうちゃんにすすめてみたのです。

 

 

快諾をくれたりょうちゃんのおかげで、すももの子猫たち2匹は近々りょうちゃんちへ移動し、りょうちゃんちからの卒業を目指すことに。

 

 

皆さま応援してくださいね。よろしくお願いします。

 

 

私「十香は自分でやるけど、すももの子たちも次にやろうと思っていて、心に引っかかっているんだよね。やるならあの子たちをお願いできない?」

 

 

りょうちゃん「ふふ。アンちゃんが気にかかっている子たちなら……やるしかないでしょう。2匹……いいよ♪」

 

 

おおおおおおおおおおおお……りょうちゃん、チーさん!!

 

 

りょうちゃんは「レベルの高い譲渡」ができる方。安心しています。

 

 

病院ですももの子たちと会ったあと、りょうちゃんチーさんと散策

kurataa (4)

 

 

 

私は豆さまがプレゼントしてくださったたくさんの衣類の中から白のトップスと黒の靴を履かせてもらいました。豆さまありがとうございます。また服を着て写真を撮る機会があったらUPするのでチラッと見てくださいね。

kurataa (5)

 

 

散策後、コンビニへ寄りりょうちゃんちまでドライブ

kurataa (8)

 

 

超へたくそな写真ですが、りょうちゃんちのしじみさんと

kurataa (6)

 

 

 

ののこさんに会えました♪

kurataa (7)

 

 

 

私の譲渡が次の譲渡を生み、そしてほかの譲渡を生む。その中で息をすることができて本望です。野良猫という単語がなくなるまで、どんどんつづけばいい。

 

 

りょうちゃんにオーダーしていたバッグが最終段階に入った模様です。

kurataa (2)

 

 

 

仕上がるのが楽しみ!!

 

 

私信:りょうちゃんほほ、あまぱん、さぶの首に飾りをつけてぇ♪

 

 

帰りはわざわざりょうちゃんとチーさんが送ってくれました。感謝。

 

 

苦楽。苦と楽。苦は楽(喜び)のアクセント。アクセント!!

kurataa (3)

 

 

 

最後の日まで喜怒哀楽を爆発させながらいくのも悪くないかもしれませんね。

 

 

そろそろナナの散歩へ行きます。涼しい。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





二度目の不妊手術

皆さまご心配をおかけして申し訳ありませんでした。心機一転がんばりますので、どうか保護猫満天に目を向けてやってください。お問い合わせをお待ちしています。

 

 

昨日は保護猫実葉(みは)の送り迎えの日でした。前日実家にいたマイ太郎さんが帰りがてら実葉を病院へ運び、実葉はそのまま一泊入院したのです。

 

 

退院日は私が迎えに行き、千葉のマイママさん宅に届ける役目でした。

 

 

 

実葉待ち

mihatya-2

 

 

 

名を呼ばれ診察室へ。入ると術後着姿の実葉がおとなしく診察台の上に佇んでいました。実葉の首もとの赤いシュシュを見て胸がぎゅっと締めつけられました。かわいくて切なくて。

mihatya-4

 

 

 

女子力の高い実葉。iPhoneを向けるとカメラ目線になります(ほんとうです。病院でも先生や看護士さんに笑われていました)。実葉お疲れさま。先生の説明が終わったら帰れるよ。

mihatya-8

 

 

 

実葉の卵巣。食事中の方、失礼。わざわざ先生が見せてくれたので記録として撮りました。

mihatya-6

 

 

 

会計は通常の不妊手術の倍の料金。けれどご安心を。もとが良心的な価格設定なので倍払っても高いとは思いませんでした。それだけたいへんだったということなのです。

 

 

 

さあ実葉、マイママさんが待っているから出発しますよ!

mihatya-10

 

 

 

車内で私は、静かにメラメラと怒っていました。

 

 

ときおり実葉のキャリーを覗くと、実葉はそのつど情けない声を出して不安をアピール。

 

 

どうして実葉は踏んだり蹴ったりだったんだろうね。こんなに素直でやさしいのに。

 

 

このたび実葉は不妊手術をしたのです。

 

 

二度目の。

 

 

ふつうに考えれば、一度でいいよね。

 

 

二度もお腹を切る必要はないもんね。

 

 

実葉が不妊手術済みであることは保護に関わったFさんから聞いていました。Fさんが実葉の存在を知った時点で実葉はすでに不妊手術済みだったそうです。Fさんが直接手術をしたわけではないのですが、たしかな情報のようでした。なのに1か月以上前から発情の兆候を見せていた実葉。大声で鳴き、大胆に体をくねらせ、なにかを必死に訴えていました。マーキングも。

 

 

マイママさんから相談を受けていた私は、ずっと迷っていたのです。

 

 

発情による行動なのか? はたまた単なる自己主張なのか?

 

 

確実に不妊手術をしたのなら、再度お腹を開けて確かめるのは実葉がふびんです。

 

 

結局、年が明けてから今後の方針を考えるという流れになったのですが、お正月休みにマイ太郎さん経由でマイママさんから私に連絡が来たのです。

 

 

「どうも実葉がまた発情したみたい・・・・・・」

 

 

ならお腹を開けて確かめるしかありません。おそらく「発情」でまちがいなさそうですが。

 

 

今回の不妊手術は実葉の腕の手術をした病院を選びました。実葉の全身状態をいちばんよく知っている先生だからです。先生の説明を聞き、私は呆気にとられました。はい?

 

 

「お腹を開けてみたら子宮はありませんでしたが、卵巣がほぼまるまる残っています」

 

 

つまりやはり実葉は不妊手術済みだったのです。では発情の行動はどこから来ているのか?

 

 

・・・・・・「取り残された卵巣」から、とのことでした。

 

 

逆ならわかります。子宮を残し、卵巣だけを取る手術。はたまた子宮卵巣の両方を取る手術。

 

 

けれど卵巣だけをごっそり残す手術は聞いたことがありません。

 

 

子宮がないので物理的には妊娠はしませんが、猫は卵巣が残っていれば発情します。

 

 

つまり発情によるストレスを全身で受けるのです。発情期はオスも交尾をしようと近寄ってきてたいへんだったでしょう。たしかに実葉は以前「不妊手術」を受けたかもしれません。けれど猫のQOLを無視した次元の低いお粗末な処置としか言いようがないです。

 

 

いったいどんな病院で不妊手術を受けたんだろう?

 

 

単に知識と経験が不足した下手な獣医師だったのか、あるいはどこかで巻き返せばよかったものの、また、それができる能力はあったものの、途中で面倒になり卵巣を残したままお腹を閉じたのか。「妊娠しなければいいだろう」物言えぬ外猫をおざなりに扱いながら・・・・・・。

 

 

どちらにせよ実葉にとっては不運ですが、後者なら由々しきことだと思いました。

 

 

外猫たちは体調が悪くても自分で病院へ行くことができません。だからなおさら適切な処置や手術を心がける社会でありたいですよね。どうせなら丁寧に接したいですよね。

 

 

改めて動物福祉に関する「意識の底上げ」の重要さを実葉に教わった気がします。

 

 

2か月以上かけてせっかくカラーが取れたばかりなのにねえ。かわいそうに。

mihatya-12

 

 

 

術後服を脱いでしまうので本日実葉あてに新しいカラーを送りました。明日の朝着くからね。

mihatya-14

 

 

 

「タナベさん見て! わたし 【極妻】みたいじゃないですか?」

mihatya-5

 

 

 

「頭ゴシゴシされるの好き」

mihatya-7

 

 

 

「マイママさん ただいま戻りましたっ」

mihatya-13

 

 

 

「ここわたしのお部屋だもん」

mihatya-11

 

 

 

「マイねーが買ってくれた ネイルサロン(爪とぎ)もあります」

mihatya-15

 

 

 

「わたしのベッド ハートの枕がお気に入り」

mihatya-18

 

 

 

マイママさんは実葉をあたたかく見守っています。マイママさんのすべてをかけて向き合ってくれています。ご自身のご年齢や生活スタイルを考えた上で実葉を引き取る選択はしないけれど、実葉の終の棲家が決まるまでは実葉をたいせつに預かると仰ってくださっています。

mihatya-3

 

 

 

実葉はもともと性格のいい猫ですがマイママさんの善意に触れますますパワーアップしました。

 

 

 

実葉の体には「愛」がたっぷりとつまっています。

 

 

 

実葉、何度もがんばらせてごめんね。いよいよ来月から家族募集をはじめるね。

mihatya-17

 

 

 

マイ太郎さんの老婆心アドバイスを受け実葉にも水分を多く摂ってもらおうと、運転手(私)はスープを買って差し入れ。水素水はいただきものですが、実葉に飲んでもらいます。

mihatya-16

 

 

 

お料理上手のマイママさんが私にごはんを作ってくださいました。もちろん、まず最初に実葉に食事を出してから次に人間たちが「いただきます」。おいしかった~~~!!

mihatya

 

 

 

ごちそうさまでした。デザートまで平らげてしまいました。

 

 

 

マイママさんがキッチンにいる間、実葉を抱っこの記念写真。私はちゃっかりカメラ目線ですが実葉は後頭部しか向けてくれませんでした。でもいいのです。猫の後頭部フェチですから。

img_8767

 

 

 

マイママさん宅を出て703号室へ。帰りは渋滞なしだったので1時間ちょっとで戻れました。

 

 

お子たちが寝ぼけ顔で私を待っていてくれました。ただいま。

 

 

お前さんたちのことも考えているよ。お前さんたちのQOLを。お前さんたちのなにもかもを。

 

 

大好きだよ。足りないところがあったらどうにかお母さんに伝えてください。

 

 

聞きたい。知りたい。気づける部分は気づきたい。直せるところは直したい。

 

 

百度でも千度でも軌道修正し、形を自在に変え、お前さんたちと成長していきたい。

 

 

核はひとつだよ。ほかはぜんぶ自由だけどね。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





早く実葉に会いたい

今日も濃い一日でした。

 

 

ココア&ミルクを連れてお出かけ。その後ベール(洗濯ネット)の保護猫に会いました。

 

 

いろいろ書きたいですが、家でもみんなのお世話がありドタバタです。

 

 

明日は実葉の退院。その後少し離れた場所まで運転していかなければならないので今日はドロンします。ブログの更新が追いつきません。お礼メール等も遅れがちになっています。

 

 

近い将来今の状況を打開しゆとりを持って生活できるようになりたいです。

 

 

のんびりと見守ってくれたらうれしいです。

 

 

実葉に早く退院おめでとうを言いたい。

 

 

 

お疲れさま、を。

 

 

がんばったね、を。

 

 

もう二度と、路頭に迷うことはさせないと。

 

 

 

そのためのスタートラインに実葉はようやく立ったばかりです。

img_5803

 

 

 

 

これからが本番。全力でのぞむ所存です。

img_5800

 

 

 

そして実葉以外の満天、ココア、ミルク、ベールに包まれた子の未来も見つけたいです。

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶの生活も保証したいです。

 

 

したいことが山積み。

 

 

まずは早く実葉に会いたい。

 

 

おやすみなさい。皆さまいい週末をお送りくださいね^^

 

 

 

スポンサーリンク





きみが歩いた

保護猫ココア&ミルクのミルクボランティアをしてくださったうめももさくらさんちにあった巨大サークル。フェイスブックに写真を載せたところ、yukoさんが送ってくださいました。

grie-8

 

 

 

やっぱりデカい(笑)。でもこの大きさが子猫たちの自由空間になるんですからいいですよね。

grie-9

 

 

 

どこに置こうか悩む。とりあえずこんな感じにしてみました。

grie-3

 

 

 

小さい子たちを保護部屋に置いておくのが不憫でした。最近の私は家の中にいても忙しく、保護部屋へ顔を出す時間が限られてしまいます。リビングでみんないっしょにいれば必然と目に入りお世話しやすいです。体調の変化にも気づきやすいしね。

grie-2

 

 

 

保育園完成。いごこちはどうですか?

akaty

 

 

 

「まあまあです」      「なかなかです」

akaty-2

 

 

 

明日はみいさんの撮影会。がんばろうね。卒パイ(離乳)ができつつあるので来週あたりに家族募集を考えています。その際には応援してくださるとほんとうに助かります。

 

 

ところでビッグサークルをプレゼントしてくださったyukoさんは私が講師をつとめている「フォスターアカデミー」のベーシックプログラムを受講してくださった方。こちらの記事に載っています。

 

 

ご自身も子育て中の母、そして歯科医として忙しくお仕事をしながらも犬猫たちの保護譲渡活動に関心を寄せ、家族会議の末、大きな雑種の保護犬を「家族」として迎え入れました。

 

 

すばらしいですね。ところで11月、12月のフォスターアカデミー(保護犬猫たちの一時預かり)ベーシックプログラムにいつもながら私が講師としてお話をさせていただくことに。だいぶ準備を放棄してますので参加者の皆さまとぶっつけ本番で魂の交流をはかろうと目論んでいます^^;

 

 

さて、ビッグサークルに話が戻りますが、yukoさんからブラウンが届きましたが、ピンクもあるらしいのです。で、ピンクは私から保護猫実葉にプレゼントとして買いました。

 

 

前足の大手術を乗りこえた実葉。しばらく「平面生活」をしなくてはならず、3段ケージをつかえません。このフラットサークルならのんびり過ごせると考え苦手なネットの買い物に挑戦!

 

 

先ほどお店から購入手続き完了のメールをもらい、胸を撫でおろした次第です。脱アナログ!

 

 

22日に実葉を預かってくださるフォスターさまのお宅に届きます。あのフォスターさまなら実葉は姫待遇が約束されます。フォスターさまのことは改めてご紹介します!

 

 

なお、実葉の家族募集は私が行い、譲渡に関する一切の責任は私が負います。

 

 

そうそう。めいちゃんとちび太くんのママさんから猫グッズ、お菓子、お手紙、ご支援が。どうもありがとうございました。ベッドやちゅーるは実葉に持たせますね。きっと生まれてはじめてのぬくぬくベッドとちゅーるなんだろうなあ。喜ぶにちがいありません。

grie

 

 

 

昨夜私は実葉のお見舞いへ行きました。

 

 

実葉はいつもの場所で食事の最中でした。

grie-6

 

 

 

「あら タナベさん こんばんは わたし お腹がすいてるの 先に食べちゃうね」

grie-5

 

 

 

はいよ。どうぞごゆっくり。待合室にいるからね。

 

 

ひとしきり撫でたあと、私は先生と退院日の具体的な相談をすることに。

 

 

しばしiPhoneをいじっていると、名を呼ばれ診察室へ。

 

 

診察室内のドア付近で私を出迎えてくれたのはなんと食事を終えた実葉でした。

 

 

なつっこく私の足元に体をこすりつける。

 

 

え? なんか実葉楽しそう。

 

 

実葉の回復ぶりににこにこ顔の先生。私もにっこり。

 

 

すると先生が「カラー外してみましょうか」と言いながら実葉のカラーを外したのです。

 

 

この動画を見てください。私は自我の底からわき起こる感動を抑えられませんでした。

 

 

 

解き放たれた実葉はエネルギーの塊そのものでした。

 

 

生きる力そのものでした。

 

 

実葉には命が詰まっていて、それが溢れんばかりなのです。

 

 

今にも弾け出てきそう。躍っているようにも見えます。

 

 

実葉は恨んでもいないし、挫けてもいません。

 

 

ただふつうに悠々と歩いていました。

 

 

あああああ。実葉が歩いてる。

 

 

私はもう胸がいっぱいで、頭が真っ白になりました。

 

 

実葉、先生にスリスリ。先生も実葉の顔を「かいかい」。

grie-4
 

先生このたびはありがとうございました。

 

 

 

この世には悪意と善意、無関心と関心が混在しています。

 

 

ときにどす黒い物に心身を侵され、絶望の淵に立たされることもありますが、実葉の姿が私を清らかな方、美しい方、「前」へ導いてくれる気がしました。小さな体なのに、すごいことです。

 

 

私の取り柄もまた、心の丈夫さ、(なんだかんだ言って)精神の強さだと自負しているので、実葉を見習い、より明るく軽やかに日々を過ごしていきたいです。

 

 

保護譲渡活動にはいろんなアプローチの仕方がありますが「現場に添う」のが私には向いている気がします。個人の私は微力ですが、私は微力を恥じていません。だれもが微力なのです。しかし無力ではありません。出会った犬猫たちのご縁とQOLを探求していくのが私の役目だと信じています。犬猫たちの息づかいが聞こえる場所に、私はこれからもいたいです。

 

 

退院日の様子もお楽しみに!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





実葉の手術、その後、そしてベールのきみ

昨日のお昼、実葉の手術がはじまりました。病院からは連絡がないので私から行くことに。

 

 

じゃないとソワソワして落ち着かないのです。みいさんからラインが来て、実葉のいる病院はみいさんの知っている病院だと聞き少し安心。

 

 

5時半すぎに到着。実葉を見た私は唖然としました。

tguraq-8

 

 

 

頭を下げる実葉。まるで「ごめんなさい」のポーズです。

tguraq-9

 

 

 

うなだれている姿があまりにも痛々しく弱々しく、今まで会った中でいちばん小さく見えました。

tguraq-2

 

 

 

みいさんもしばし絶句。正直この日ばかりは写真を撮るのをためらいました。

tguraq-11

 

 

 

でもこれも実葉です。しっかり記録しておかないと。よくがんばった。実葉はすごいね。

tguraq-3

 

 

 

20分後、いっしょうけんめい体勢を変えながらやっと横になった実葉

tguraq-6

 

 

 

よかった、と喜ぶのも束の間、すぐにまた体勢を変えようとします。

tguraq-5

 

 

 

激痛が体を貫き、身の置きどころがないといった様子

tguraq-4

 

 

 

参った。当事者がいちばん苦しんでいるのは当然ですが、見ている方も相当辛いです。

tguraq

 

 

 

「わたし スリスリできない」

 

 

 

みいさんが帰ったあと、Fさんが病院へ見舞いに来ました。先生の説明を聞いています。

tguraq-10

 

 

 

骨の手術は術後たいへんな痛みが残るらしい。実葉の体内にはプレートやネジなどの異物が入り、実葉と共存することとなりました。生涯、ずっと。そして組織がかなり傷んでいたこともあり、手を尽くしたけれど歩行はもとに戻るかわからないそうです。

tguraq-7

 

 

 

日付がかわって本日、Fさんは警察(生活環境課)へ行きました。担当の方に丁寧に応対してもらえました。スクールサポーターを介して今後は未成年を指導をしていく方針になりました。両親にはもちろん言いますし、町内会にも目を光らせてもらうことにします。さまざまな意見があろうかと存じますが、実葉の次に悔しい思いをしているのは私どもです。できる限り精いっぱい動いています。ブログやツイッターに書けない事情もあるので皆さまどうかお察しくださいね。

 

 

昨夜寝る前、私はふと実葉にちゅーるを舐めさせているシーンを想像してみました。

 

 

実葉、ちゅーるとか舐めたことあるのかな? もし舐めたら目を輝かせるんだろうな。

 

 

そんな風に考え、術後のキツそうな実葉をかき消そうとしたのかもしれません。

 

 

 

さて、実葉の手術から丸一日経過。午前中から卒業犬コロンくんとのデートでべべ、ナナ、リルと横浜方面へお出かけしていた私は、帰宅後ひとり実葉の病院へ。毛布を持っていきました♪

2nitime

 

 

 

羽のように軽いのにふっわふわの自慢の1枚です。気に入ってくれるかな?

 

 

「あ タナベさん 昨日はごめんなさい じょうずにスリスリできなくて 毛布ありがとう」

2nitime-2

 

 

 

実葉ごはん完食! もう10年以上このフレーズばかり言っていますが「食べることは生きること」。実葉の食欲に生への執着心を見て取れました。やるね。

2nitime-3

 

 

 

術後より調子もよさげな雰囲気。よし! もっともっと回復してね。

 

 

 

「わたし ちと 楽になりました」

 

 

 

 

病院には実葉を保護したFさんがいました。Fさんは不妊手術を終えた猫を連れていました。実は実葉のほかにFさんから相談されていたことがもうひとつあったのです。「事情を抱えた野良猫2匹(メス)の不妊手術代を都合してほしい。病院には自分が連れて行く」という内容でした。

 

 

私がお受けできるのはここまで。この先は無理です。

 

 

線を引いて話し合いました。Fさんも納得しています。経済事情を抱えてはいるものの、Fさんは(10年以上私と支え合いながら保護活動をしてきた)小宮さんの友人でもあります。

 

 

実葉のこと(医療費負担、ケアおよび里親探し)と、2匹のメスの野良猫のこと(不妊手術代および医療ケア代を私のほうで持つ)はすでに大人同士で折り合いがついています。

 

 

そのうちの1匹をさっそくFさんが保護。実葉のいる病院で手術、ワクチン、駆虫を済ませていました。私は一連にかかったお金を病院に支払うため、Fさんと待ち合わせしていたのです。

 

 

お金だけ払えばいいものの、好奇心旺盛の私はついキャリーの中を覗いてしまいました。

 

 

洗濯ネットになんか書いてあるし(笑)。

img_5873

 

 

 

そうしたら急にわからなくなってしまったのです。

 

 

実葉はひどい目に遭ったからだいじだいじで、この子は不妊手術だけの約束だからもといた場所に返す。あなたは実葉じゃないからバイバイね。

 

 

そもそもいったい、実葉と洗濯ネットの子の間にはどんなちがいがあるというのでしょう?

 

 

この子も人慣れしている風だし、外暮らしが厳しいのは本来どの猫もいっしょのはず。

 

 

・・・・・・・・・・・・なにが正しいのか間違いなのかどこにウエイトを置くべきなのか際限なく手をつけるべきなのかやめるべきなのかお子たちのことを考えなくていいのかどうすればいいのか。

 

 

しばらく待合室で悩んだのですが、私は自分の心に従うしかありません。

 

 

自分の目で見てしまったからね。次は見ない。

 

 

 

あなたには家猫になってもらいます。てかなんて書いてあるのそれ? 気になるんですけど。

img_5874

 

 

 

へへ。ベールに包まれていますね。

 

 

 

明日には保護子猫ココア&ミルクがやってきます。満天もいます。

 

 

レギュラーメンバー、べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶのケアもあります。

 

 

実葉もいます。

 

 

だけど14年半譲渡活動をつづけてきた自分の底力を信じ、難局を乗りこえていく所存です。

 

 

皆さま、応援お願いします。ペコリ。気になる保護猫がいる方は気楽にお問い合わせください。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク