信くん

昨年末にお友だちのアヤさんは自宅の庭に来た猫を保護し、信(しん)と名づけました。首に大ケガをしていたその猫を放置できず、病院へ運んだのです。しかし、事情があって信くんを家にいれることができないとのことで、相談を受けた私が先日神奈川県の病院まで迎えに行ってきたのです。

 

 

保護される前の信くん

ir (2)

 

 

首のケガがわかりづらいかもしれませんが、先生いわく、傷がとても深いとのこと

ir (3)

 

 

はじめまして。あなたが信くん?

ir (4)

 

 

実物の信くんは、写真で見ていたより老けていて、汚れていて、痩せていました。

 

 

今のところウイルス検査はマイナスですが(一定期間を置き、再検査をする予定)、風邪がひどく、首の傷も治っていません(コンベニア注射済み)。首だけでなく、顔中も傷だらけ。耳はほかの猫に齧られ、一部が地域猫の耳カットのように欠損しています。(実際は未去勢で、このたび去勢済み)

 

 

そして、入院していた数日間、院内で多尿多飲の傾向があったそうで、腎臓病を疑われています。

 

 

歯の状態から推定5歳程度といわれました。決して「老猫」の部類ではありません。

 

 

でも、どんな生き方をしたらこんなに消耗するのだろう? というくらい、とにかくボロボロです。

 

 

感情的に書くことを許していただけるなら、いじめ抜かれた印象を私は受けました。信くんをいじめていたのは、特定の意地悪な人や強いボス猫じゃなくて、うまく言えないけれど、無関心や寒さや地面の硬さや飢えや渇き……つまりは信くんを取り巻く環境のおおよそだったのかなと私は思います。

 

 

信くんを車に乗せて高速道路を走りながらも、私は迷いや不安を捨て去れませんでした。

 

 

このご時世、仕事のキャンセルがポツポツ出て、また、うちのリルの状態が刻一刻と変わる中で、正直、信くんは自分にはハードルが高かった……荷が重かったかも、と後悔に似た心をいだきました。

 

 

私は経済的、環境的、心理的なキャパが足りないので、これ以上自分の子を増やせません。同居するチチともそう約束しています。だから家族募集に力を入れなくてはならないのですが、家族募集をするなら、(信くんには失礼だし、語弊があるけれど)もっと簡単なタイプの子がよかったかな、と。

 

 

ですが、その一方で、満身創痍の信くんが苦労の末、外でひっそりと朽ち果てる前に出会えてよかった、とも思いました。どちらも私の率直な本音なので隠さずにここに記しています。

 

 

帰宅後、唸る信くんを3段ケージに入れました。トイレに籠る、はあるあるですね(笑)。

ir (5)

 

 

夜中に巣を発見し、場所を移動した信くん

ir (7)

 

 

えらいです。

ir (6)

 

 

ケージの中の信くんは、触ろうとしなければ落ち着いています。疲れた身体を癒すようにただじっとしています。たくさん食べて、ちゃんと寝ています。何度かおしっこを失敗しましたが、トイレの位置を変えたら、トイレでおしっこができるようになりました。もはや天才ですね。

 

 

気になるのは、やはり多尿と多飲。それから傷口がどうなっているのか、間近で見ることができないのも心配。今月下旬に通院の予約をしたので、病院で診てもらいますね。

 

 

2夜目の昨夜、トイレに目覚めた私が様子を見に行くと、身体を小さくたたんで寝息を立てていました。寝顔が無垢な子猫のように安らかで、思わずカメラを向けて起こしてしまったという。

ir (12)

 

 

あ、スヤスヤ眠っていたのに、ごめんね。

ir (13)

 

 

信くん、いらっしゃい♪

ir (10)

 

 

信くんの目は、グッと刺さるね。

ir (1)

 

 

「楽しい」を学ぼうね。いっしょに、お互い、少しずつ習得していこう。

ir (11)

 

 

まずはここにきてよかったと思ってもらえるように、仲よくなれるように、一歩一歩ね♡

ir (9)

 

 

信くんは惚れ惚れするほど美しいね……

ir (8)

 

 

保護してもらってよかったね。うちに来てくれてありがとう。

 

 

ご縁を繋ぐまでの間、皆さまどうぞお見知りおきください。

 

 

前途洋々を願って。

 

 

Smile!

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





てりたまちゃん、スカウト成功!

いぬのきもち6月号(ベテラン用)追加(かおりん1、ひろたまさん1)承りました。数が多くなってしまいましたが、無事注文できました♡ お手元に届くまで2週間ほどお待ちください。

 

 

昨日は考えごとをしていて朝まで眠れませんでした。

 

 

勉強もあまり捗らず、自己嫌悪のままなんとなく起床。身支度を整え首都高を飛ばして世田谷区へ。道路が空いていたおかげで約束の時間より30分早く目的地に到着。まあいいや。下見でもしておこう。という感じでコインパーキングからテクテク駅前へ……

 

 

私が昨年末に主宰したもふもふ譲渡祭に2匹の保護猫たちと参加してくれたくれたかおりんからのSOSで「てりたまちゃん」のスカウトをすることになったのです。

33 (1)

 

 

ほぼ毎日、昼頃に(駅前の目立つ場所に)どこからかやって来るてりたまちゃん

33 (15)

 

 

てりたまちゃんの懐っこく甘えん坊の性格を、かおりんとお世話をしているNさんが心配し、協力し合って保護を決意。4月26日以降、おふたりが何度かトライしてもなかなか捕まらず、かおりんが私に「アンちゃん助けて~」と相談してきたのです。

 

 

てりたまちゃんは捕獲箱に入らず、キャリーのそばにも寄らない警戒ぶり

33 (14)

 

 

ときたら、これしかないね?

33 (13)

 

 

ポケットに洗濯ネットを忍ばせ、現場でひたすらてりたまちゃんの登場を待ちましたが、てりたまちゃんはぜんぜん現れません。うっ。これじゃ私が来た意味がない。うちは遠いから次はいつ来れるか? 時間がもったいないので、Nさんに洗濯ネットでの保護方法を全身で熱く語ることに。

 

 

私はNさんを安心させたかったのです。

 

 

もし私が帰ったあとにてりたまちゃんが来たら、Nさんがやるしかないじゃないですか? (捕まえたいオーラが漂っているかおりんはてりたまちゃんに少々嫌われています^^;)

 

 

だから「できるできる!」と勇気づけたかったのです。

 

 

その一環で私は本当に仕方なく豪語しました。

 

 

「会えたら絶対に捕まえる自信がある」やら「私ならこうする」やら「私できる」云々。

 

 

そして自分が吐いた言葉(ビッグマウス)を後悔するはめに……

 

 

一同がもうダメかとあきらめかけたとき、てりたまちゃんがとうとう姿を見せたのです。待ちに待ったてりたまちゃん。会えてよかった。しかしこれで失敗したらシャレになりませんね。

 

 

道具はいろいろ揃っているのですが、てりたまちゃんが怖がってしまうので使いません。てりたまちゃんから5メートル以上離れた場所に隠しておきました。

33 (2)

 

 

洗濯ネット1枚とちゅーる1本を手に私だけがてりたまちゃんに近づき、一発勝負! の作戦です。初対面の私に触らせてくれるか心配だったのですが、心の広いてりたまちゃん♡ 大丈夫でした。

 

 

数分後、手にてりたまちゃんの入った洗濯ネットを持った私が5メートル離れていたかおりんにキャリーを持ってきてもらって、てりたまちゃんを中に入れて終了!

33 (3)

 

 

やった! 素手でいけましたよ。

 

 

ひどい便秘が一気に解消されたような快感です。

33 (9)

 

 

目立つ場所だったのでいろんな方に声をかけられ、怪しまれたりもしました。

33 (10)

 

 

てりたまちゃんはかおりんが連れて帰ります。

33 (8)

 

 

かおりん、Nさん、お疲れさまでした。

33 (7)

 

 

事前の情報ではどうやら男の子っぽいとのことでしたが、私にはどうしても女の子にしか見えず、帰宅後かおりんに改めて確認したら病院で女の子だとわかったそうです。

33 (5)

 

 

「てりたま」の仮名はNさんがつけんですって^^

33 (6)

 

 

かわいいお名前♥

33 (11)

 

 

てりたまちゃん、不服かい?

33 (4)

 

 

外でみんなにかわいがられてアイドルみたいだったよね。でも、この世は猫が好きな人ばかりじゃないし、長い目で見たら、家猫になったほうが断然いいと思うよ?

 

 

てりたまちゃんはNさんの愛車に乗ってかおりんの自宅へ

33 (12)

 

 

お美しいNさん、お心遣いありがとうございました。ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)を読んでくれた方だと知ってすごく光栄でうれしかったです。

 

 

たぶん私はここが変わり者だと思うのですが、今日のような保護は不思議と緊張しないのです。むしろ私の脳内は完全にリラックスの状態。だから失敗しないのかなと自分では分析しています。逆に失敗がイメージできないから。きっと一種の特技ですね。皆さまもなるべくリラックスの状態でやれば成功率があがりますよ。その際おケガには気をつけてくださいね。

 

 

帰りの車内でずっとニコニコだった私。達成感が半端じゃないです。

 

 

超爽快! うつうつとした気分も頭痛もどこかへ消えて失せてしまいました。

 

 

生きていてよかった!

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





アスター1

今日は予定や仕事で(自分なりに)パンパンで、ブログの更新を断念しようと思っていました。ブログの更新を楽しみにしてくださっている方がいるかはわかりませんが、つづけることに意味があると信じているので更新できないと勝手にストレスが溜まります。

 

 

やろうかやめようかの精神的なせめぎあい^^;

 

 

そんな中、ブログに寄せられた「いっきゅうのお世話係さん(703号室卒業生いっきゅうの里親さん)」のコメントを拝読して気力を得ました。よし書くぞ。

 

 

いっきゅうの里親さんとは15年近くのおつき合いで、先代のゆきみも私が譲渡した猫でした。ゆきみといっきゅうが繋いでくれた太いご縁に感謝しています。

 

 

さて、今夜出先でラインを開くと、卒業生アスター(白まんじゅう)の里親コスモちゃんからのメッセージが。アスターの体調で気になることがあったので、コスモちゃんがアスターを連れて通院したらしいのです。私はすぐにコスモちゃんに電話をかけました。

 

 

「せっかくアスターが勇気を振り絞って少しずつ慣れてくれているのに、病院へ連れて行ったからアスターに恐怖心を与えたのではないかと心配です」

 

「アスターのかすかな変化……ほかの人からしたらなんでもないような変化(例えばベッドに上がってきてくれたなど)が本当にうれしいです」

 

「アスターはがんばっています」

 

「アスターがどんな思いで心を開こうとしてくれているか……」

 

 

アスターアスターアスター……

 

 

コスモちゃんは絶えずアスター目線で話をします。

 

 

私は人馴れがいまいちのアスターを譲渡したことでコスモちゃんが困っていないか心配していたのに、コスモちゃんとご主人さまはアスターのことばかり。

 

 

まさにアスターファースト。巣立って間もないのに、アスターはすでに家族の中心、不動の位置にいます。めちゃくちゃ感動した。コスモちゃんありがとう。

 

 

近所で保護したアスター

IMG_7386

 

 

疑い深いアスターは捕獲箱になかなか入らず、ヤキモキのスカウトでした。

IMG_7387

 

 

警戒心マックスの保護直後

IMG_7569

 

 

来い、来い、入れ! 入れ! お願い、頼む……

 

 

2019年2月の寒い日に心の中で懇願しながら箱の扉が閉まるのを祈ったのですよ。

 

 

保護の瞬間をMIHOさんがYouTubeにUPしてくれたのでぜひご覧くださいね。

 

 

保護部屋に設置した簡易式ケージからスタート

IMG_7580

 

 

アスターは私に強く望まれて703号室に来てくれたんだよね。

IMG_4719

 

 

みんなと仲よくルームシェアしてくれました。

IMG_4720

 

 

いろんな子がアスターを追い越していったよね。

IMG_7079

 

 

でもアスターはマイペースに暮らしてくれました。

IMG_1525

 

 

コスモちゃんも言っていたけれど、馴れる速度は猫それぞれ

IMG_1500

 

 

アスターはアスターなりにがんばったよね♡

IMG_4372

 

 

キリリハンサム顔

IMG_4373

 

 

隠れているつもり(笑)。

IMG_8957

 

 

女子を遠くから見つめる王子

IMG_2359

 

 

「きみ あたらしい子?」

IMG_2362

 

 

「どこいくの? 待って!」

IMG_2361

 

 

「ぼくがキレイキレイしてあげようか?」

IMG_2360

 

 

ふふ。色男は常に忙しい身です。

 

 

保護部屋の小さなケージ→保護部屋の三段ケージ→保護部屋フリー→保護部屋と玄関ホール(密室)フリー→保護部屋と玄関ホールと寝室フリー→リビングへの進出!

 

 

段階を踏んで徐々にテリトリーを広げていったアスター

IMG_2356

 

 

うちでのお気に入りの場所は玄関ホールのチェストの上

IMG_2358

 

 

いつもここから私を見上げたり見下げたり

IMG_2351

 

 

猫を探したり見つけたり

IMG_2350

 

 

「写真撮ってないでおやつくれる?」

IMG_2352

 

 

卒業記事を書いている今この瞬間もアスターが近くにいるような錯覚をおぼえます。

IMG_2348

 

 

 

静かだけど凛としていて芯がある。

 

 

若く精悍なアスターは、ふと気づくと隣にいるタイプでした。

 

 

そういう子って、妙にじんわりと胸に残りますよね。

 

 

多頭ゆえあまり手をかけてやれなかったのが心残りですが、コスモちゃんとご主人さまがこれでもかというほどアスターを溺愛してくれているのが幸いです。

 

 

アスター、終の棲家を得るということがどれだけ安心で、どれだけ満たされているか……どうかゆっくりでいいからわかっていってくださいね。アスターの家族はいつもアスターの近くにいてくれますよ。そして家族は永遠にアスターを守り、アスターの味方をしてくれます。最高だね。おめでとう。

 

 

PS コスモちゃん遅くなりましたが今週中に卒業祝いに特注したシュシュを送ります。

 

 

LOVE

 

 

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





迷いから出て

長くなりますが、自分の気持ちをまとめました。

 

 

猫を愛する皆さまには多かれ少なかれ共感していただける心境かと自負しています。お時間のある方はぜひおつき合いくださいね。

 

 

昨夜は保護猫たわしのワクチンの日。保護猫すずらんの目薬も処方してもらいました。

IMG_0946

 

 

たわしは来月不妊手術を控えています。

IMG_0944

 

 

生えそろったばかりの真っ白な永久歯

IMG_0947

 

 

爪をチョキチョキ

IMG_0943

 

 

後ろ足も

IMG_0942

 

 

注射おしまい。がんばりましたよ。

IMG_0948

 

 

「田辺さん、ちょっといいですか?」

 

 

病院を出ようした私にスタッフのおだちゃんが話しかけてきて、私は5分ほどおだちゃんの質問に答えました。前々からおだちゃんには保護したい成猫がいて、成功せずに困っているのです。

 

 

「もしよかったらおだちゃん、今度一緒に保護やるよ?」

 

 

「そんなそんな……でも田辺さんにそう言われると心強いです」

 

 

おだちゃんはその猫に関わる人間関係にも葛藤を抱えていて、私は淡々粛々と1匹の外猫に意識を向けているおだちゃんに好意を持っています。

 

 

帰りの車の中で、私は猛烈に自分に違和感を感じました。

 

 

おだちゃんの保護したい猫の保護を手伝うねといい顔をしながら、私自身の保護したい猫は蓋をしたまま。ランダムでありながらも半年以上前から近所で姿を見ていたのに、一度も私は本気でその猫と向き合おうとしなかった。なんかおかしい。自分は正しくない。

 

 

それでも気になる存在だったので、ときどき「保護熱」はあがりました。

 

 

しかし見かけなくなるとホッと肩を撫でおろす毎日を送っていたのです。

 

 

身のまわりにいるノラ猫をスカウトしたい。

 

 

ピカピカに磨き上げて終の棲家に送り出したい。

 

 

しかしそれでは正直私が食べていけない。きれいごとじゃ済まない。だから仕事をどうにかしなきゃと自分の生活のことばかりを考えていたのです。

 

 

うちの近所に半年前から現れるようになった黒白猫を最後に見たのは3月8日。ミケ玉をトライアル先の里親さん宅に送り届けた夜でした。その日の午前中は卒業犬まうとの再会も果たし、「私の手を介して幸せになっていく犬猫たちがいる。こんな私にもじゃっかんの生産性がある」と、少しばかりの余韻に浸っていたときだったのに、前足を引きずった黒白猫が私の前に現れたのです。

 

 

ああ。今日はきみと会いたくなかった。

 

 

しかも隣のアパートのゴミ置き場にいて、前足をあげながら生ゴミの入ったゴミ袋を漁っています。ガリガリではないし体が大きいので栄養失調じゃないのでしょう。それでもゴミの袋をちぎっているのですから、食べたい量を食べれていないのですよね?

 

 

私はミケ玉家からおみやげでいただいた「ちゅーる」を一本出して床に置き、エントランスに向かいました。振り返ると片足を浮かした黒白猫がちゅーるのついた床の上のビニールを必死に舐めていて……私は逃げるように家に入ったのです。

 

 

その日撮った写真。暗がりなのでボケています。

111c

 

 

ミケ玉のお宅にはふわふわのクッションやベッドが数えきれないくらいあった。

 

 

黒白猫は冷たいアスファルトの上で片足を浮かせている。

 

 

冬の間、ずっと裸足でアスファルトの上に立っていた。

 

 

一回として黒白猫がやわらかい毛布にくるまっているところを見たことがない。

 

 

同じ猫でありながら、この差はいったいなんですかね?

 

 

ミケ玉と黒白猫の「格差」に加担している自分が嫌いで仕方なかったです。

 

 

話は戻って昨夜、たわしが入ったキャリーを持ってテクテク歩いていると、黒白猫が目の前をスッと横切ってゴミ置き場に向かっていくのが見えました。その後ひたすら悶々として、精神的限界値に達した私は捕獲箱を持ってエレベーターを降りたのです。

 

 

あまりの寒さに膀胱が縮こまる勢いでしたが、手ぶらで帰るわけにはいきません。

 

 

夜道に佇む私。近隣に不審者扱いされながらも長時間粘りました。過去に何度も通報され警察の職質を受けている身としてはビクビクでしたが、最後にはツナ缶が私を助けてくれたのです。

1111c (2)

 

 

うれしかった。

1111c (4)

 

 

迷いから出れてよかった。

1111c (3)

 

 

今までごめんね。本当に悪かった。

1111c (6)

 

 

深夜の寝床。敷布団2枚にしたけれど石張りの床が冷たい。

1111c (5)

 

 

そしてトイレのドアを開けられないことが判明(号泣)。

 

 

本日、黒白猫を病院へ預けてきました。足も診てもらえるよう伝えています。

1111c (1)

 

 

よろしくお願いします。

1111c (8)

 

 

病歴不明。人馴れ不明(多分してない)。年齢不明。性別はおそらく男子。

 

 

わからないことだらけの相手ですが、私は幸せを願ってスカウトしました。

 

 

名前を「牛丸(うしまる)」にしようかと思いますがいかがでしょうか?

1111c (7)

 

 

牛丸くんが703号室に加わりますので、お見知りいただければありがたいです。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

Smile!

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ガラス扉の向こう側

近ごろ多くの方が703号室に遊びに来てくださいます。楽しい時間を共有できるのは最高ですね。しかし印刷まではしばしおとなしくしないとマズいので在宅ワークのラストスパートをがんばります。終わったらまた遊んでください♡

 

 

さて、2月17日に話は遡りますが、なおっちさんとさかえ先生が我が家に集まりました。とはいっても、おふたりは別々の用事でいらしたのです。

333 (4)

 

 

さかえ先生になでなでしてもらううちのお子たち

333 (3)

 

 

さぶ、お決まりだね(笑)。背中の♥模様がかわいいでしょ?

333 (7)

 

 

初対面にもかかわらず、おしゃべりに花を咲かせるおふたり

333 (9)

 

 

看護師のなおっちさんと内科医のさかえ先生は薬の話で盛り上がっていました。

333 (8)

 

 

みんなで飲むお茶のおいしいこと♪

 

 

さかえ先生、大量のおみやげありがとうございました。まなちゃんにも渡しますね。

333 (10)

 

 

ダイエット中なのにパンまで……ペロリでしたよ。

333 (11)

 

 

後日大量の猫砂も送ってくださって、感謝です。

333 (29)

 

 

なおっちさんもちゅーるのプレゼントありがとうございました。

333 (12)

 

 

まだうちにいたえい吉はモテモテ&大接待サービス

333 (14)

 

 

女性たちをメロメロにする魔術を心得ています。

333 (19)

 

 

やるぅ!

333 (18)

 

 

ドヤ顔のえい吉

333 (20)

 

 

当然、ちゅーるのごほうびをもらいました。

333 (13)

 

 

実はなおっちさんがご自身の保護猫茶々姫のために用意したケージとトイレを私に譲ってくれたのです。ありがたすぎる。たいせつにつかわせていただきます。

333 (6)

 

 

組み立てまですみません。さかえ先生もお手伝いありがとうございました。

333 (5)

 

 

さかえ先生が連れてきた“黒真珠”をキャリーから簡易ケージに移動させました。

333 (15)

 

 

この日保護ホヤホヤの黒真珠、ようこそ!

333 (16)

 

 

環境と人に馴れたらいいご縁を探そう。まずはゆっくりくつろいでください。

333 (17)

 

 

数日後の黒真珠。半リラックス、かな?

333 (23)

 

 

情けない声で鳴く黒真珠をリビングの女子たちが興味津々に凝視していました。

333 (22)

 

 

 

去勢手術の入院の前にケージから脱走。エアコンの上に籠城して大変だったんです。

333 (24)

 

 

なんとか捕獲したけれど汗をかきました^^;

333 (25)

 

 

emi-goの病院で採血。ウイルス検査はマイナスでしたよ。

333 (26)

 

 

おだちゃんに弄ばれる図

333 (27)

 

 

医療ケアと手術を終えた黒真珠

333 (28)

 

 

退院して今はなおっちさんの三段ケージに入っています。

 

 

黒真珠の保護のいきさつをお話していませんでしたね。たいせつなスターですので紹介させてください。彼はさかえ先生の自宅の庭に突然現れた野良猫です。

333 (30)

 

 

先に保護されまなちゃんちに移動した茶トラの「かぼちゃ」も同じ場所にいました。

333 (2)

 

 

それ以外の歴代の野良猫たちはさかえ先生がTNRしたり、里子に出したり、自分の子にしてきちんと管理しています。十年以上のおつき合いのさかえ先生。お世話になりっぱなしなので、かぼちゃと黒真珠はまなちゃんと私が保護譲渡を担当させてもらうことにしました。がんばってきた黒真珠に終の棲家を与えたいです。

 

 

だってこの写真胸が切なくなりませんか? 家に入りたいんですよ。

333 (1)

 

 

動画も貼りつけておくのでご覧くださいね。健気でしょ?

 

 

黒真珠は男の子ですが、動画を見て私は「マッチ売りの少女」をイメージしたのです。

 

 

さかえ先生も心が痛かったと仰っています。私は自分の意志で、自分の手によって黒真珠を幸せにしたいと思いました。皆さまどうぞ応援をお願いします。

 

 

えみやえい吉の卒業記事を終えたら、ばばーんと前面に出しますね。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク