ミミ玉の勲章

ブログを連続更新中。家族募集中の保護猫ミミ玉の写真がいっぱい載っているのでスクロールしてほかの記事もお読みいただければとてもうれしいです。

 

 

あまぱんが天国へ旅立ってヘビー級にさびしい。

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、この6頭のレギュラーメンバーと、生き場を失い我が家で看取ることになった保護犬猫たちが常時いて、うちは賑やかな家でした。同じようなことを書いてばかりで未練がましいですが、あのワイワイした感じが私は懐かしくてどうしようもないのです。

 

 

いっそ若い頃好きだった長めの旅行にでも行きたい。

 

 

けれど、手のかかる闘病中のさぶと老犬リルを置いてどこへ行けましょう?

7 (3)

 

 

結局、どこにも行けない。いっしょにいたいしね。

7 (4)

 

 

自分が萎んだ風船みたいになっているのを自覚しています。

 

 

自分の存在意義が目減りし、無力感、空虚感に苛まれています。

 

 

ペットロスは侮れないですね。

 

 

油断していると緩んでいる涙腺がいつ何時に崩壊するかわからない。

 

 

下を向くとヤバいので、なるべく天井を見つめています。

 

 

そんな私にとって、3匹の保護猫たちの存在は果てしなく大きいのです。

 

 

特に、703号室で唯一家族募集のステージに立っているミミ玉。

 

 

最近はミミ玉に良縁を繋ぐことだけが自分のやる気スイッチになっています。こんなことを書かれても読み手の皆さまは重くて困惑するかもしれません。でも、本音です。

7 (5)

 

 

ステイが長引いている保護猫すずらんは「人馴れの問題」を抱えています。

7 (2)

 

 

保護猫牛丸は「過渡期」をなかなか越えられずに模索中

7 (6)

 

 

毛布でくるんでしまえば抱っこできるのに、正面から触ろうとすると怒る、を繰り返しています。

 

 

まあ、牛丸なりに少しずつ軟化しているので、数か月以内には家族募集できる予定ですが、まだやっぱり時間が必要なんですよね。牛丸はゆっくりいきます。

 

 

だからいろんな意味で、ミミ玉が私の希望となっているのです。

7 (8)

 

 

ミミ玉は控えめな性格ながらも人が好きで、人と向き合ってくれています。

 

 

外暮らしで苦労も多かったでしょうが、折れずに曲がらずに心身ともに健やかに生き延びてくれました。ジワるかわいさとはこういう子のことなんだと思わせてくれます。

7 (7)

 

 

そういえば、私はいつも「前」の写真ばかり撮っていました。

 

 

ハゲと古傷のある「耳」は、なるべく写らないよう意識していたのです。

 

 

でも、これはミミ玉の生きてきた証で、ミミ玉の勲章

7 (1)

 

 

立派だね。きれいだよ。

 

 

しかもね! 二度と生えないと諦めていた皮膚に最近産毛らしき毛をたくさん発見したのです♡

 

 

ああ、ミミ玉のいい細胞さんたち! いい働きだこと!

 

 

感動してつい見入ってしまいます。そしてウザがられるという……

 

 

(左右両方に傷跡があるので蚊が有力ですが)蚊に刺されまくったアレルギーなのか、衛生環境が環境が悪くてちょっとした傷が化膿したのか、大きめのケガをしたのかはわかりません。いずれにせよ、ずっと痛くて痒かったのでしょう。

 

 

ミミ玉の保護主の私は、ミミ玉の古傷を隠すのではなく、「よくがんばってきたんだね、えらかった」と誉めてやらないといけないですよね。ミミ玉、ごめんね。

 

 

受け身、動かない、を言いすぎましたが、実際はそれなりに主張しています。

 

 

ミミ玉は朝と夜は活発です。

 

 

朝の7時~9時と、夜の8時~10時の間はテンションがやや高め(笑)。

 

 

とはいっても、うるさすぎず、牛丸のまねをしてごはんをおねだりしたり、「わたしを撫でろ」と人間を呼びに来る程度。程よい塩梅なのでご安心ください。

 

 

牛丸のまねをしておねだりする動画がメチャクチャ萌えるのでご覧ください。

 

 

 

聞き分けがよく、性格のいいミミ玉がだれにも目を留めてもらえないのは悲しいので、ひきつづきアピールをつづけます。どうか「保護猫」ミミ玉に「愛猫」になるチャンスをください。

 

 

お問い合わせをミミ玉ともども首を長くしてお待ちしています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





マッサージフォー・ユー♡

ミミ玉おはよ♡

to (3)

 

 

今朝のごはん前の保護猫ミミ玉

to (2)

 

 

このあとミミ玉が床に降りてすんごーい萌えるポーズでおねだりをしてくれたのに、手元にカメラがなくて撮れませんでした。残念っ。私っていつも「惜しい」んですよ。あー自己嫌悪。

 

 

ちなみに朝ごはんはパクパク完食です。

 

 

午前中はさぶを膝に乗せて3時間半のZOOMワーク

to (4)

 

 

午後、シーツを替えた瞬間に悲惨なできごとが起きてしまうという(涙)。

to (5)

 

 

さぶが替えたばかりのシーツの上で大量におしっこ……

 

 

多尿の慢性腎不全だから量がすごい^^;

 

 

我が家に来て6年半、はじめての粗相です。

 

 

「ごめんな」

to (8)

 

 

どうしたんだろ? さぶ大丈夫?

 

 

あまぱんが亡くなってからさぶはメンタルが不調です。

 

 

今まで以上に大切にしないといけませんね。

to (6)

 

 

シーツをはがしてみんなでゴロ寝タイム。トイレの失敗を怒ったりはしません。

to (7)

 

 

さぶも不本意だったとわかるから。むしろなんとなく愛おしいです。

 

 

家事を軽く済ませた私は、ミミ玉にマッサージをすることにしました。

to (12)

 

 

やる気のない顔が好きです。まあやる気を出すのは施術者の私だもんね。

to (11)

 

 

気持ちよさそうに喉を鳴らしてくれました。うれしいなあ♪

to (13)

 

 

ミミ玉にロックオンしてくださっている方はひとりでもいるのでしょうか?

 

 

推定5歳の成猫ですが、だからこそオトナ同士のつき合いができると思うのです。

to (1)

 

 

ぽっちゃりのお腹がたまらんっ

to (14)

 

 

決して太りすぎではないのでご安心ください。

 

 

写真の写り方でまんまるに見えますが、実際はちょいポチャ位の感じです。

 

 

もっと早く家族募集をすべきでしたが、ほかの保護猫たちのご縁探しを優先している間にあまぱんの闘病がヘビーになり、ミミ玉のご縁探しを後回しにしてしまいました。

 

 

ミミ玉はその間もじっと待っていてくれてえらかったです。

 

 

外でもさんざん救いの手を待ったし、今もうちで待ちつづけています。

 

 

「ハハ~ セーラー服着てみたの わたし 若く見える?」

to (9)

 

 

キメ顔と流し目のミミ玉

to (10)

 

 

私が着せたんだけど、よく似合うねえ^^

 

 

でも若く見えなくてもそのままがいいって言ってくださる方が必ずどこかにいるよ。

 

 

本当に毎日毎日「がんばってきた子にはいいことが待っているよ」と言い聞かせています。

 

 

ミミ玉に沁みこませているその言葉は、こだまみたいに私の元へかえってきて、自分自身を鼓舞できるのです。よし、ミミ玉にあたたかい家族を見つけよう、と。

 

 

この世界にはいろんな価値観の方がいます。

 

 

やっぱり子猫がいいとか、人気の猫種が気になる! という大多数の声の中に、「ミミ玉と会ってみたい」がキラッと紛れ込んでいると信じています。私はミミ玉に希望となるその声を届けたいです。

 

 

皆さま、見飽きたなんて言わずにミミ玉をごひいきくださいね。

 

 

お心ある方からのお問い合わせをミミ玉ともどもニコニコお待ちしています。

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





雨のお別れ式

皆さまこんにちは。

 

 

保護猫ミミ玉が巣から顔を出しているのがかわいくて写真を撮りました。

amatahana (29)

 

 

掃除前ゆえ、白い板にシミがついているのは見なかったことにしてください。

amatahana (27)

 

 

次回からはミミ玉が主役の記事を増やしていきます。ミミ玉が嫁に行けますように。

amatahana (28)

 

 

今日であまぱんを胸にしまって、ブログでは一段落をつけます。

 

 

これまでのお礼を込めて、読んでいただければと思います。あまぱんの亡くなったあとの写真が出てくるので、気分を害する方はどうかスルーしていただければ幸いです。

 

 

きれいなお花、お心遣いなどが届いています。まとめての自慢でごめんなさい。

amatahana (24)

 

 

あまぱんの保護主さん、篠崎絵里子さん、家族ぐるみで仲よくさせてもらっているSさん、豆さん、母、妹、ゆちゃん、まなちゃん、香さん、aiさん、マイ太郎さん、りえーぬさん、卒業生天音家&卒業生ローズ家、卒業生りんちゃん家、卒業生星太郎家、卒業生ひの家、卒業生まるここ家、卒業生リリ家、卒業生こま吉詠吉家、卒業生もい家。皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

どのお花も美しくて心に残りました。

amatahana (26)

 

 

お礼状やプチギフトをお送りするのに時間がかかっています。ごめんなさい。

 

 

中でもひまわりがたくさん入っていたのが印象的です。

amatahana (16)

 

 

明るいあまぱんにぴったりですね。

amatahana (15)

 

 

うん。よく似合ってる。

amatahana (6)

 

 

私の手作りのカラフルな棺との相性もいい気がします。

amatahana (5)

 

 

糊でまなちゃんが作ってくれた「顔」を貼って完成!

amatahana (4)

 

 

私にとってはあまぱんの亡骸も愛おしいのですが、ドライアイスで冷やさないといけないため、こうして棺の箱の中にしまっています。

amatahana (2)

 

 

ありがとうね、と声をかけながら……

amatahana (3)

 

 

お花畑みたいな我が家にて3泊4日を過ごしたあまぱん

amatahana (14)

 

 

「肉体」を失うのが苦しい私は、昔からうちのお子たちの葬儀を担当してくれる方と相談を重ねながら「さようならの日にち」を決めています。

amatahana (17)

 

 

本音はずっと一緒にいたいけれど、そうもいかないから困りますね。

amatahana (31)

 

 

この間にあたたかいメッセージを何度も読ませてもらいました。

amatahana (1)

 

 

リルやさぶの存在に支えられています。

amatahana (10)

 

 

あなたたちは1日でも長くこちらにいてね。

amatahana (12)

 

 

さぶは仲よしだったあまぱんの分も食べないと!

amatahana (13)

 

 

さぶ、お願いね。

amatahana (11)

 

 

6月25日の木曜の朝に亡くなって、日曜日の朝にありがとうのお式をしました。

amatahana (18)

 

 

コロナの影響で、前まで使わせてもらっていた広いお座敷が使えず、火葬場のすぐ近くに新たに建てられた狭いプレハブにてお別れをしたのです。天気が涙空の雨天ということもあり、ただでさえ感傷的だった私は、ますますさびしくなりました。

amatahana (20)

 

 

でも、逆に考えてみると、コロナの影響で外出する機会が減った分、特に春からはあまぱんとより濃厚な時間を過ごせていたのかもしれません。

amatahana (9)

 

 

いっしょにあまぱんを見送ってくれたゆちゃんが「王冠」を作ってきました。

amatahana (22)

 

 

あまぱんにぴったり! ゆちゃんありがとう。

amatahana (21)

 

 

さあ、あまぱん、行ってらっしゃい。また来世で絶対に家族になろう。

amatahana (23)

 

 

可憐なお花に囲まれて

amatahana (25)

 

 

王冠をつけて

amatahana (30)

 

 

あまぱんが703号室でいっぱい生きたことを忘れないでやっていただければうれしいです。

amatahana (8)

 

 

「ぼくからみなさんにありがとうを」

amatahana (7)

 

 

次回からは明るい話題を意識しますね。おつき合いくださり感謝です。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





旅支度をしていることに私が気づかないほどの自然体で

さぶを膝に抱いて意気消沈しています。あまぱんに会いたいです。

IMG_4010

 

 

自分の思いやあまぱんとのできごと(歴史)を整理してつづることが救いになると信じてブログに放出しています。悲嘆と向き合うには日記を書くと楽になるらしいので同じような意味合いですよね。

IMG_4011

 

 

いやぁ、しかしあまぱんはずっとうるさくおしゃべりしすぎた。あまりにもしゃべりまくっていたあまぱんがいなくなって呆然としています。困るね。

IMG_4042

 

 

あまぱんへの未練が強くなる一方ですが、保護猫ミミ玉のご縁探しもがんばりたいです。

IMG_3779

 

 

せっかく皆さまにミミ玉の存在をアピールしはじめたのに、尻切れトンボじゃかわいそう……

IMG_3780

 

 

ミミ玉はいいオンナですよ♡ 内面の美しさが表情に出ています。

IMG_3778

 

 

カメラを向けると少しシャイになるけれど、それでもミミ玉はすごい勇気の持ち主です。長年外でひっそりと生きてきたんだもの。今、人とじょうずに暮らせてえらいですよ。

 

 

さて、本日はあまぱんが亡くなる2日前の様子をお伝えします。

 

 

6月25日木曜日の朝8時半頃に旅立ったあまぱんですが、その週の火曜日も総じて元気でした。

 

 

命のギリギリまであまぱんは朗らかでした。

 

 

あまぱんとさぶを連れてMIHOさんといっしょに東大病院へ

IMG_3992

 

 

あまぱんとさぶを検査に出している間、雨上がりの東大農学部を散策

IMG_4008

 

 

ハチ公像の前にて

IMG_4007

 

 

渋谷のハチ公像よりも東大農学部のハチ公像のほうが断然好きです。上野さんに会えたハチの表情が胸に迫るのです。ハチの笑顔には犬と人間の信頼関係が如実に表れていますね。

 

 

待ち時間を経て、前田先生に呼ばれました。

IMG_3993

 

 

慢性腎不全のさぶは数値が横ばいです。過去に2度突発的に膿胸になっているので怖くて診てもらったのですが、胸の音は正常とのことでホッとしました。

 

 

あまぱんの数値はズタボロ。肝臓は大丈夫でしたが、腎臓がメチャクチャでした。貧血もまたすすんでしまいました。できることはぜーーーんぶやっているのに!

IMG_3995

 

 

新たな問題としては(リンパ球胆管炎と闘っていたときに1か月ほど服用した)ステロイドのせいで、ただでさえ低かった免疫力がさらに下がり、カビが膀胱内に増殖

IMG_3997

 

 

ふう。

 

 

あまぱんはいつ何が起きてもおかしくない状況がつづいていたため、特段驚きませんでした。先生方と「今後」を相談し合い、薬を追加して診察を終えたのです。

 

 

MIHOさん写真ありがとう。みんなマスク姿だけどいい記念になったよ。

IMG_4009

 

 

私は心の中で「あまぱんが生きていたら3日後に再々度輸血をする」と決めてあまぱんとさぶを連れて帰りました。よっしゃー! こっからはお楽しみの時間です。

 

 

あまぱん、通院お疲れさま。なんでも自由にしていいよ。

IMG_3999

 

 

さぶもお疲れさま。ゆっくり休んでね^^

IMG_4001

 

 

あまぱんは保護猫ミミ玉と牛丸のいる保護部屋がお気に入りで入り浸っていました。

IMG_4003

 

 

牛丸も

IMG_4012

 

 

ミミ玉もあまぱんを受け入れてくれています。みんなお友だちだよね。

IMG_4013

 

 

MIHOさんがちゅーるをあげたら2本も食べた♡ やりますねえ!

IMG_4043

 

 

数年前のあまぱんとMIHOさん。いっぱいかわいがってもらったね♪

IMG_4051

 

 

あまぱんはのほほんと自由で、本当にのびのびと旅支度をしていました。

 

 

旅支度をしていることに私が気づかないほどの自然体で……

 

 

その日の夜。亡くなる1日半前のあまぱんです。

IMG_4014

 

 

いつものお世話をさせてくれてありがとうね。

IMG_4015

 

 

さぶもシリンジごはん食べています。

IMG_4016

 

 

ちょっとこぼしちゃったけれど……

IMG_4017

 

 

リルもいい顔

IMG_4018

 

 

リラックスしているね!

IMG_4019

 

 

最後の通院となったこの日も、あまぱんは辛がるでも苦しがるでもなく、身体はしんどかったかもしれないけれど、やっぱりあまぱんらしく、軽やかで明るかったです。

 

 

だから私は前に書いた「あまぱんが死神にさらわれる」を撤回します。

 

 

あまぱんは死神にさらわれていません。

 

 

精いっぱい生きて、生きて、生きたのです。

 

 

人間の私とはそもそも最初から「寿命の長さ」がちがっていただけで、あまぱんは猫としてのハードを見事なくらいに使い切って逝ったのだと気づきました。

 

 

死んで負けた、ではなく、立派に生きた。

 

 

あまぱんを褒めて褒めて抱きしめたい。

 

 

私はあまぱんという愛する対象を得られて幸せ者です。今は失ったものの大きさに胸が潰れる日々ですが、この気持ちを含めてあまぱんと出会えてよかったです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ほげほげ夢時間

体調がよかった5月初旬

0hora (2)

 

 

調子が崩れた5月中旬

0hora (3)

 

 

今日も私の脳内の90%はあまぱんでした。

 

 

会いたいなあ、お腹触りたいなあ、お話ししたいなあ……

 

 

未練は尽きることなく心からどんどん溢れ、溢れた思いにおぼれそうな感覚です。

 

 

こんなとき、リルとさぶがふびんになりますね。

 

 

超シニアのリルと闘病中のさぶだってあとどのくらい生きられるかわかりません。早いところ気持ちの一部だけでも切り替えてリルとさぶに全神経、全力を注ぎたいです。

 

 

多頭の中、順番にお子たちを見送ってきた私が意識的に心がけているのは「主役を作ること」

 

 

じゃないとどうしたってそのとき病気がいちばんひどい子や手がかかる子だけに意識がまわって、残りの子たちの存在がかすんでしまうのです。

 

 

健康な子も健康じゃない子も甘えたいのは同じ。注目されたいのも同じ。

 

 

私は「〇〇(名前)の日」を作り、ほんの少しだけその子を贔屓し、メインにしています。

 

 

保護犬猫たちももちろん頭数にカウントしています。

 

 

たとえ「〇〇の日」(主役の日)がなくても、一日の中で一頭一頭をよく見てちゃんと接する時間を持つだけでそれぞれのQOLがあがると思います。彼らは「個」であって「束」ではないですものね。

 

 

ああ……

 

 

「リルの日」「さぶの日」を増やしていきたいな。

 

 

さて、あまぱんが亡くなる3日前の写真がかわいいのでご覧ください。

0hora (12)

 

 

お昼寝中のあまぱんとリル

0hora (9)

 

 

やさしいあまぱんはいつもみんなの枕役だったね

0hora (10)

 

 

リル、寝心地はどうですか?

0hora (11)

 

 

病気で脆くなったあまぱんの肝臓が破裂しないよう、位置を注意深く見守りながらも……

0hora (13)

 

 

お互いが好きでやっていること、やりたいことは極力やらせてあげたいのです。

0hora (8)

 

 

あまりにも幸せであまりにもうれしくて何枚も撮ってしまいました。

0hora (1)

 

 

こういうひとときの憩いのために私は生まれてきたのかもしれない。最高です。

 

 

自分の全身がポカポカとあたたまっていくのを感じました。

0hora (4)

 

 

ほげほげ夢時間

0hora (5)

 

 

お母さんもつい横でうたた寝したくなります。

0hora (7)

 

 

あまぱんがいなくなって広く感じる我が家ですが、まだリルがいます。さぶもいます。

 

 

私がもっともっと強くなってリルとさぶにいっぱい楽しんでもらえる暮らしにしたい。

 

 

と、ここで、ブログを読んでくださる皆さまに私から質問があるのですが、若い頃とちがって運動能力が低下している16歳半のリルをどうにか喜ばせる方法はありますか?

 

 

昔とちがってリルの体力的な問題で遠出がむずかしくなりました。

 

 

ドッグランもきびしいです。

 

 

リルはもともと食が細いのでごはんやおやつのごほうびにも興味が薄いタイプです。

 

 

皆さまはどうやって老犬クラスの子たちへ「特別なごほうび」をしているのでしょうか?

 

 

真剣にお聞きしているので、案やアドバイスがあったらぜひ教えてもらえませんか?

0hora (6)

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

ちなみに老齢でヘビーな闘病をしていたあまぱんですが、最後の最後までブラッシングが大好きで、うちにはあまぱんのために揃えたブラシが何種類もあります。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク