体臭つきモコモコ枕 ほか

※Scoutさまからのコメント。最後に「私文書です」と書かれていたのですが、非公開希望という意味ですか? 感動したのでご迷惑でなければ公開したいのですがダメでしょうか?

 

 

卒業生千吉改めぐーちゃん家からプレゼントとお手紙、ぐーちゃん&妹分ココちゃんの写真が届きました。ぐーちゃんは私が近所で保護したFIVキャリアの成猫男子(黒白ハチワレ)

taiwanhe (14)

 

 

 

のちに家族の一員に加わったココちゃんもFIVキャリア。シャイなココちゃんは3本足のハンデを乗りこえ元気いっぱい家の中を飛びまわっています。

 

 

 

で! なんとぐーちゃんの里親ご夫妻と今日お会いしたんです。偶然うちの近くに用事があったお二人。ふふ。ファミレスに入って3年半ぶりにゆっくり談笑しました♪

taiwanhe (7)

 

 

 

かわいいおみやげをありがとうございました。ぐーちゃんココちゃんの動画を見せてくれまくり。ぐーちゃんはやさしい猫なので妹分ココちゃんの面倒もよく見ています。いいね、最高ですよ♪

taiwanhe (8)

 

 

 

 

そして先日は車でサクッと卒業生すもも家へ。すももをケージに戻してきました。

taiwanhe (11)

 

 

 

環境の変化に戸惑い押し入れに籠城していたすももを一から馴らす作戦。まだすももにはお部屋が広すぎたかな? 病院で長いことケージだったもんね。ということで里親あっティーさんと今後をシュミレーションしながらいろいろお話ししました。

 

 

想像よりワイルドだったすももですが、短時間に洗濯ネットに入れられて一安心

taiwanhe (12)

 

 

 

上の写真はケージに入れ直した直後に撮ったものなので、姫は緊張顔ですが、私が帰ってから徐々にカバーの掛かったケージの中で心が落ちついてきたんだそうです。よかった。

 

 

 

気を遣っておみやげを用意してくださったあっティーさん。かえってすみません。

taiwanhe (9)

 

 

 

中にマンゴーが!! あっという間にペロリ。おいしかったです。ありがとうございました。

taiwanhe (6)

 

 

 

行きは高速、帰りは下道。渋滞なしのスイスイコース。いつもどこででもこうだといいですね。

taiwanhe (10)

 

 

 

 

さて、私は明日から台湾にてアマーの葬儀です。本当は1泊を希望していたのですが、飛行機に空きがありません。仕方なく2泊に。でも、帰りは朝6時の飛行機に乗るので午前中には成田に到着します。半日だけでも時間を節約できる!

 

 

投薬、点滴、家事、荷造り、遺書、チチへの伝達メモの作成、チチのごはんの作り置き(ビーフンやカレーなど)などでてんてこまい。行く前からじゃっかん疲れ気味です。

 

 

 

いちばん心配なのは病状がもっとも深刻なべべ公

taiwanhe (13)

 

 

 

ポケットに入れて連れて行けたらいいのに

taiwanhe (4)

 

 

 

床にへたり込むからSALAの介護のときにプレゼントしていただいたマットを出してみました。

taiwanhe (2)

 

 

 

お母さんの体臭が染みついたモコモコのお洋服を枕に「おやすみなさい」

taiwanhe (3)

 

 

 

穏やかに眠っている姿は私にとって、まるで天使です。愛おしい。

taiwanhe (5)

 

 

 

最後に、今日のサクを

taiwanhe

 

 

 

サクはべべ、ナナ、リルにベタベタスリスリ。犬と暮らせる猫ですよ。ポイント高いですね。

 

 

果たしてサクはおりこうにお留守番してくれるんでしょうか? チチがブログを更新するらしいので、夜ホテルでお子たちの様子をチェックするのが楽しみです。

 

 

 

来週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





きみこそが の一年後

家族募集中の保護猫サクはときどき、ほほに面倒を見てもらいに床に降り、下手なグルーミングの施術を受けるのです。ふっ。サク、毛がボサボサに^^;

kawai (9)

 

 

 

だれとでも絡みたがるサクの性格はおもしろいですね。サービス精神旺盛というか。

 

 

 

ほほ、サクと仲よくしてくれてありがとう。スタイリストほほによるセット、なかなか斬新~!

kawai (8)

 

 

 

先日私はべべ公と散歩へ行きました。べべと外へ行くとき、iPhoneを持っていくこともあれば、あえて持っていかないことも。この前は持っていたので写真が撮れたのです。

kawai (6)

 

 

 

 

あごをちょこんとのせ、景色を眺めるのがべべ流

kawai (11)

 

 

 

 

お花がきれいだね

kawai (5)

 

 

 

 

公園に着いて静かなデートをはじめました。

kawai (3)

 

 

 

ヨタヨタとべべのスピードで歩いています。じょうずじょうず~♪

kawai (2)

 

 

 

しばらくすると、横だったか背後だったか・・・・・・不意に声をかけられたのです。

 

 

 

ハッ

 

 

 

驚く私。声をかけられるまで、私はべべ公の姿しか眼中になくて、べべ公以外のいっさいを遮断していたことに自分で気づきました。

 

 

 

見ると小さな女の子がニコニコ笑いながらべべの横に立っています。

 

 

 

女の子「かわいいですね」

 

 

私「ありがとう」

 

 

女の子「わたし犬が好きなんです。うちのおじいちゃんちにも9歳の●●ちゃんがいます。さわってもいいですか?」

 

 

私「さわってくれるの? ありがとう」

 

 

なれた手つきでべべ公の頭をゴシゴシ撫でる女の子

kawai (7)7

 

 

 

お見せできないのが残念なほど、やさしい表情でべべ公を両手に包んでくれました。

kawai (4)

 

 

 

長い時間、延々と・・・・・・

 

 

 

べべ公は終始得意げで、たまに私のほうを向き、「ドヤ顔」を決めてきます。

 

 

 

私はべべ公に「うんうん」頷いて返しました。

 

 

 

よかったね。よかったね。いい時間を過ごさせてもらえているね。素敵な女の子だね。

 

 

 

その後も女の子と少し話をして、女の子は元気よく習い事へ向かいました。

 

 

 

ガリガリのべべ公の体をひるまずに、なんの色眼鏡もつけずに愛おしそうに撫でてくれたことに心からありがとうを送りたいです。女の子のこれからの人生が幸せいっぱいでありますように。

 

 

 

以前べべ公はお母さんと出掛けた先で、子どもたちにスルーされたことがありました。

 

 

 

べべ公はかわいいって言ってもらいたかったのですが、叶わず(笑)。かわりにお母さんがたくさん誉めたのを昨日のことのようにおぼえています。でも正確な日づけはいつだったか・・・・・・

 

 

そのときのブログ記事を読み返そうと探したところ、なんと1年前の今日の記事だったんです。

 

 

「きみこそが/幸せの703号室」 2016年6月23日

 

 

あの頃べべ公は食欲が激しく減退。嘔吐下痢を繰り返し、みるみるやつれていきました。

 

 

そのあと、東大病院で精密検査を受けさせ、画像に写った腫瘍(胃がん)の大きさに閉口。けれどべべ公はまだ闘える気がして、シリンジ食へ切り替えたのです。食欲が低いとしても、消化できるうちは無理のない範囲で食べさせようと。じゃないとべべ公が衰弱死してしまうから。

 

 

 

当時の私はまちがいなく、1年後にこうして同じようなことをブログに書けるとは夢にも想像していませんでした。だからどこにどう恩返しをすべきかわからないほど、私は今、感謝の気持ちを持てあましています。べべ公だけでなく、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、たいせつな家族とともに暮らせる今日という日が私にはもったいないほどだと思っています。

 

 

 

昨夜のべべ公

kawai

 

 

 

未だ自力で立って歩いています。

 

 

 

休業しイクメンを宣言したチチと

kawai (10)

 

 

 

べべ公のごはんはチチがあげています。私とは喧嘩ばかりですが、犬猫たちにとっては面倒見のいいお父さんです。長年チチにはチチの社会人という世界があり、私には私の犬猫保護譲渡活動の世界があり、それぞれがお互いの世界の中で生きてきました。

 

 

責任を伴う仕事や活動の場に於いて、私たちはべべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶを置き去りにせざる得ない日も多かったです。しかしもう、完全に向き合うべきときが来ています。

 

 

 

生活は大丈夫ですのでご心配なく。

 

 

 

主婦としてのストレスもじゃっかんあるけれど(笑)、総じて身にあまるぜいたくな日々を、楽しく生きています。理想を持って、多少の欲をかきながら。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 いい直近の積み重ね

昨夜さぶと保護猫サク坊の小競り合いを目の当たりにしました。

 

 

テーブルの上でお互い右手だけで相手をポコポコ殴っていたのです。

 

 

爆笑。サクもオトナになったなあ。

 

 

勝者はなんとサクで、さぶはまた負けてしまいました。

 

 

さぶが弱いフリをしてあげたんだと信じたいです^^;

 

 

でもなんだかんだ仲よし。すぐおだんごになります。我が家の渋滞地帯

sasaku (6)

 

 

 

抱っこ。ちゃんとした抱っこ写真を撮りたいのにひとりだとむずかしいですね。

sasaku (5)

 

 

 

iPhoneのお気に入り。お昼寝中の脱力シーンです。

sasaku

 

 

 

今月中にみいさんにサクの家族募集サイトに使う写真を撮影してもらう予定です。人見知りのサク。大きなカメラを構えたみいさんをどう思うでしょうか? うまくいきますように。

 

 

 

本日は私の眼瞼黄色種の術後検診。経過は良好♪ 引きつづき紫外線に気をつけながら生活します。

 

 

家に戻って家事をひととおり終え、ごはんを炊き、お味噌汁を用意。チチの夕飯を作って出かけることにしたのです。ひとりでもごはんを食べてくれますが、外食は高くつきます。申し訳ないけれど家で食べてもらえば経済的ですし、お子たちもさびしくないですもんね。

 

 

魚と豆腐のハンバーグ、野菜、(買った)おから、納豆

sasaku (2)

 

 

 

青のタッパーをそのままチンしてもらえればOK。これなら不精者のチチでもスムーズです。

 

 

 

私は10代の頃からの旧友のお通夜でした。人望人徳のある旧友のお通夜には数百名以上が参列。長蛇の列に並んで一歩ずつ祭壇へ近づく間、私は本人の無念さとご家族の気持ちを考えていました。3人の小さなお子さんたちを思うと胸が痛いです。

 

 

 

斎場を出たあと一部のメンバーと軽く飲んでから帰宅。本人が明るく送り出してほしいと話していたそうなのでみんなラフな表情。私は行けませんが、明日の告別式は歌手の友人が魂を込めた歌をプレゼントするとのことです。どうか安らかにお眠りください。

sasaku (3)

 

 

 

703号室に帰る電車の中でいろんな不安が頭をよぎりました。

 

 

出会いもあれば別れもある。

 

 

言葉にするとシンプルですが、実際は割り切れないものが多すぎます。

 

 

簡単じゃないんですよね。

 

 

私は、半年後はこうしていたいなとか、来年の目標とか、3年後、5年後の自分をいっさい想像しなくなりました。そうしなくなった理由をここに書く勇気はありませんが、とにかく今は、直近だけを見ています。いい直近の積み重ねこそが私にできるすべてだと思います。

 

 

 

うちのかわいい子ちゃん

sasaku (4)

 

 

 

自分でラクな体勢を見つけられずに硬い床の上にへたり込むので、試しにこうしてみたら、心地よさそうに寝息をたてはじめました。ぬいぐるみをちょこんと添えて♪

 

 

べべ公の細胞のひとつひとつまでが、どうしようもなく好きです。

 

 

 

皆さまも愛する伴侶とともにいつも素敵な時間をお送りくださいね。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





熊本マンゴー

ブログをいくつか連続更新しています。よかったらスクロールしてくださいね。

 

 

もうだいぶ前になっちゃったけど、さかえ先生よりごはんのおともをいただきました。

IMG_2933

 

 

 

仲よしの方々とわけあいました。ありがとうございました。おいしかったです。

 

 

 

昼、何時間も病院に拘束されヘトヘト。大学病院の内科はメチャクチャ待ち時間が長いです。

 

 

 

待合室で直木賞作家森絵都さんの「出会い直し」最終章【青空】を熟読

wakai (9)

 

 

 

いやー泣いた。鳥肌と涙で怪しい女になっていたと思われます。

 

 

感極まって出先から森さんにショートメール。森さんとは10年以上のおつき合いですが、ショートメールを送ったのは1~2回しか記憶にありません。パソコンからメールするか手紙のやり取りか直接お会いするか、この3パターンがお決まりなのに。いい本ですほんとうに。

 

 

おかげで辛い待ち時間が有意義なものとなりました。

 

 

検査結果はやっぱりコレステロールが高い。薬をしっかり飲んでこの数値(涙)。もっと下げる必要があるそうなので少し強い薬に変えてみます。中性脂肪は逆に低いんですけど・・・・・・?

wakai (7)

 

 

 

はあ。

 

 

じゃっかんしょんぼりの帰り道。しかしあの250円のぬか漬けは買いたい。

 

 

 

ぬか漬けを求めて古い八百屋へ寄った私は、ついに宝物を発見してしまったのです。

 

 

 

デッカいアボガドと熊本マンゴー!!

wakai (11)

 

 

 

デッカいアボガドはおそらく皆さまの想像以上の大きさです。

 

 

写真なんかじゃわかりません。ドッシリと重いです(種が小さいことを祈ります)。一個いくらだと思います? 200円ですよ? キュウイフルーツ大のアボガドはスーパーで1個100円ですが、そんなのを2個買ったところで、デッカいアボガドの1個にもなりません。つまり超お得。

 

 

 

そして、デッカいアボガドよりさらに目を引くのが、熊本マンゴーの気絶しそうな赤み!!

 

 

 

今、冷蔵庫でマンゴーをひとつ冷やしています。うううっ・・・・・・

 

 

 

店内の熊本マンゴーの前で立ち尽くしていた私に、八百屋のおじさんが声をかけてくれました。

 

 

「2個2,800円の値がついているけど、それ甘いよ~ 甘さが特級!! ふつうこの値段じゃ買えないんだけど・・・・・・あーいいや、買うっていうならもっとおまけしてあげるよ」

 

「え、いくらになります?」

 

「2個で2,000円キッカリ! どう?」

 

「えーーーえーーーあああ!! そんならください♪」

 

「はい。2個で2,000円ね」

 

 

2,000円は決してはした金ではありません。ですが、再度マンゴーの画像を見てください。

 

 

どうです? 安すぎると思いませんか? 幸せっ!!

 

 

通院の疲れと検査結果のショックをデッカいアボガドと熊本マンゴーが相殺してくれました。

 

 

いや、相殺じゃないですね。むしろプラスの感情にしてくれたのです。やったね♪

 

 

 

おっと。失礼っ!

 

 

くだらない内容で失望されるといけないので、最後は美しい写真をご覧ください。

 

 

 

2016年6月25日にみいさんが撮ってくれたべべ公

wakai

 

 

 

保護猫たちの撮影のついでに、お子たちもモデルさんになってもらったのです。

wakai (12)

 

 

 

キラキラのナナスマイル

wakai (10)

 

 

 

さびしそうな表情で上目遣い。自分の欲求が通らないときはよくこの顔をしていました。

wakai (2)

 

 

 

約1年前は足どりがしっかりで

wakai (3)

 

 

 

体つきもぽっちゃりです。

wakai (8)

 

 

 

なつかしいなあ。

wakai (6)

 

 

 

背中がかわいい。好きな1枚です。

wakai (4)

 

 

 

 

これはほんの数時間前に撮ったべべ

IMG_3461

 

 

 

玄関で静かに私の帰宅を待っていました。おしっこいっぱい出ちゃったね^^;

 

 

 

月日が流れるにつれ、だいぶ「おばあちゃんさ」が顕著になってしまったけれど、べべは、うちのお子たちは一段一段、各々のライフステージをあがっているんだと思うに至りました。

 

 

 

老いと向き合う年齢までお子たちが無事に生きて来れたことこそ、そここそが、私が見て気づいて誉めてやるポイントです。よーくがんばってる。よーくがんばってる。えらい。

 

 

 

これからみんなにごはんを食べさせます。終わったらいよいよ・・・・・・

 

 

 

熊本マンゴーをペロッといく!

 

 

 

皆さまごめんなさいね私だけ。へへ。食べた感想だけでも言いましょうか?

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





その「すべて」の中には

夜2時間程度の外出から戻ってみると、リビング中が運子まみれで激萎え(涙)。

 

 

だれの仕業かはわかっています。べべ公でまちがいなしでしょう。

 

 

 

まあしょうがないよね。考えてみれば、運子が出ているだけですごいこと。

 

 

 

これは2016年7月11日に東大病院で撮ったべべの胃の画像↓

ikiehosii (14)

 

 

 

本来犬の胃はもっとぜんぜん大きいのですが、べべは胃よりも膨れあがった腫瘍(病理検査で胃がんの確定診断)に胃が圧迫されています。腸への入り口にも4cm大の腫瘍が。そのため、固形物が食べられません。強力な制吐剤を飲ませなければ絶えず吐き戻します。

 

 

 

べべは6歳の終わりに検診で胃がんが見つかり、麻布大学信田教授による大手術の結果、当時の病巣部は取れました。ですが以後腫瘍の再発(と手術)を繰り返し、16歳4カ月の今なお、べべはあいかわらず同じ病気と闘っています。

 

 

 

先日べべ公の薬をもらいに大巻先生の病院へ行った私は、先生に話しかけてみました。

 

 

「先生、べべまだ生きていますよ」

 

 

すると先生はちょっと苦笑い。

 

 

「そうですか。すごいことです。けど(胃の)中はどうなっているんですかね・・・・・・」

 

 

そうなんです。東大で画像を撮ったのは10カ月半前。

 

 

あのときですでにひどい状態だったのに、よくもっているなあ、としみじみ。

 

 

 

がんばっているね。

IMG_3289

 

 

 

昨年の7月はべべを失う覚悟でした。本気の覚悟だったから毎日が悲しかったです。

 

 

 

東大病院での選択の際の私の思いが詰まったたいせつな記事↓

 

 

「もっとも耐えがたい後悔/幸せの703号室」

 

 

 

客観的に見て、べべは類い稀なる生命力の持ち主だと思います。

IMG_3295

 

 

 

先生方にも恵まれました。助けてくださって深く感謝しています。薬飲むのもじょうずですよ。

IMG_3294

 

 

 

実は先日、急にべべの具合が悪化し、MIHOさんとの外でのランチをキャンセルしたのです。

 

 

 

急きょ「家遊び」に予定を変え、MIHOさんに来てもらうことに。悪いね^^;

IMG_3287

 

 

 

ごはんは私が適当に作ったランチを。夜はMIHOさんがおみやげに持ってきたキンパをふたりで食べて簡単に済ませました。おもてなし力低くてすみませんね。

IMG_3425

 

 

 

前の晩までぐったりだったのに、MIHOさんが来た日は元気が戻ったべべ。言葉悪いけど、まるで死ぬ死ぬ詐欺ですね。ふふ。

 

 

 

ときどき、時限爆弾を抱えているような気持ちになって、精神的緊張感と肉体的疲労感に襲われることがあります。べべに限らず、うちは闘病中のお子が多いので。

 

 

 

だけどいっしょに闘えるのは幸運なことでもあるんだとわかっています。

 

 

 

できるだけ明るく、朗らかに、私はべべと向き合っていきたいです。

 

 

 

病気を持つべべごとを、まるまる私の手で包み、べべの病気に対しても憎い怖いばかりでなく、にっこり笑いかけられる強さをめざしたいです。実際はなかなかむずかしいですけどね。

 

 

 

私はべべのすべてが好きです。その「すべて」の中には、病気も含められているのかもしれません。本来病気などないほうがいいに決まっていますが、あるんだから、しょうがない。

 

 

 

べべのおでこに小鳥が止まるかな? とか意味のわからないキモい(※ かなりキツイイタイ閲覧注意!)ちゅっちゅ動画をMIHOさんが撮ってくれました。お子たちを相手にたまにやりますが、要は私はあまりの親バカで救いようのないキス魔です。べべに免じて許してください。

 

 

 

こっちはワニさん遊び。これにはいちおう理由があります。べべがしれっと薬を吐き出していないかをたのしく? チェックしているのです。

 

 

 

私よりずっとオトナのべべは、呆れつつも私につき合ってくれている気がします。

 

 

 

相思相愛、とみていいでしょうかね? だったらうれしいなあ。

IMG_3310

 

 

 

生きていてくれてありがとう。

 

 

 

部屋中に散らばる運子たちもべべの生きる証!

 

 

 

(でもできればほどほどに)

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク