Five puppies

10年前、千葉の海岸に捨てられていたあなたたち

ma06

 

 

 

あなたたちは私の住む家にやってきた

ka09

 

 

 

騒々しい毎日、あなたたちは信じられないほど活発に動いた。

dsc09773

 

 

 

よく食べ、よく鳴き、よく眠った。

hiru9

 

 

 

そしてよく笑った。

014

 

 

 

まりんとマリアは今も仲よし

01

 

 

 

まりんが我が家をいちばんはじめに巣立ち、マリアは最後まで残ったのに

hiru10

 

 

 

長い年月を経てめぐりめぐって、あなたたちは再び同じ家で暮らすことになった。

6rein

 

 

 

「縁」って、どこまでも深くて、どこまでも不思議なんだよね。ねえ、おちびのはなちゃん!

h03

 

 

 

私はなるべくあなたたちにいろんな経験をさせたかった。先代猫かつも協力してくれた。

1

 

 

 

あなたたち姉弟は、かつとともに育ったから、みんな猫が大好きになったのね。

u14

 

 

 

かつが生きていてくれた。

 

 

あなたたちと遊んでくれた。

 

 

あなたたちは猫好きのままでいてくれて

 

 

だから私はかつを失っても、あなたたちの中にかつの存在を感じることができる。

 

 

 

ありがとう。

nen4

 

 

 

しかしトイレの失敗には参ったよ。

 

 

かなたの後ろに見えている水色の敷物、なんだかわかる?

ka02

 

 

 

そう。ビニールシート。

 

 

あなたたちがあまりにも粗相をするもんだから、ホームセンターで買ってきたんだよね。

 

 

なつかしいねえ。私、必死にあなたたちのトイレトレーニングをしたね。

 

 

どこに出しても恥ずかしくない犬たちになってほしくて。

 

 

実際、あなたたちはどこに出しても恥ずかしくない立派な犬たちに成長してくれたけど。

 

 

 

あなたたちは器量よしで頭がいいの。

17

 

 

 

捨て犬だったけど、心は錦。目が輝いていた。みんなとてもきれいな目をしていて。

r02

 

 

 

私は今でも、あなたたちのにおいを、子犬だったあなたたちのにおいを覚えているよ。

h017

 

 

 

えだまめに近いにおいだった。やみつきになるようなにおいだった。

15

 

 

 

でも、シャンプー後は揃って甘い香りがしたね。

ma01

 

 

 

先住犬麦を伴ってのお見合い

06

 

 

 

一頭ずつ、話が整っていく。

 

 

未来が決まっていく。

 

 

いよいよあなたたちが、703号室から旅立つ日が近づいて来る―――。

ka010

 

 

 

私はさびしくて、どうしようもないほどさびしくて、だけどあなたたちは小さいままじゃないから

 

 

早く送り出さないとうちがたいへんなことになるし、あなたたちの幸せを考えると別れを私が受け入れるのは必須なんだけど・・・・・・

 

 

なのに未練がましく、離れがたく・・・・・・だから一頭一頭を連れて思い出作りに出かけたよね。

 

 

 

レイ、家族が決まったお祝いに、大きなショッピングモールに連れて行ってあげるよ。

r06

 

 

 

抜け駆けだから、みんなにはナイショね。

 

 

はな、かなた、ドッグカフェに行ってみよう。車におとなしく乗っていられるかな?

hana6

 

 

 
まりんは私の友人宅へ連れて行ってあげる。楽しいデートをしよう。

nen5

 

 

 

マリアは体の大きさでは一等賞だけど、胃腸が弱くて心配だったよ。夜中に病院へ搬送した日はほんとうに生きた心地がしなかった。チチも、私も。

hina2

 

 

 

あと何日5頭でいられるかな?

ka03

 

 

 

あなたたちの旅立つ先が、あなたたちの楽園であることを願っています。

aki4

 

 

 

あなたたちおめでとう。卒業おめでとう。

r03

 

 

 

生まれてきたことにあらためて「おめでとう」。

h010

 

 

 

あなたたちは愛されるためにこの世に生を受けました。

 

 

全員、尊い犬たちです。

 

 

 

次回は10年後にタイムスリップします。

 

 

703号室より愛を込めて

 

 

スポンサーリンク





前輝

ここ数週間、ずっとベベのことが気になっていました。
色々我慢させて、ストレスも与えてきたのだろうと、後悔もしていました。
最悪の結果が頭から離れず、仕事も早々に切り上げて出来るだけ早く家に帰るようにしていました。

そんないつもの帰宅途中、自宅から最寄のバス停で降りて、ちょっと飲み物でも買おうとコンビニエンスストアに行った時、茶色いミックスの犬がリードもなく出入り口で座っています。
はじめは、だらしない飼い方の人が待たせているのだろうと思いました。

気になったのでちょっと離れたところから様子を伺っていると、その子は買い物に来る人、帰る人みんなの顔をじっと見つめています。
中には一緒に帰ろうとする時もありましたが、無視されていることに気づくとまたトボトボと出入り口に戻ってちょこんと座っています。

気になってコンビニの店員に聞いてみると、「昨日の夕方からずっといるのよ。昨日は、雪がけっこう降ったのに雪をかぶってお地蔵さんみたいにじっとしてたの。」
飼い主を待っているわけではなく、寒い日に捨てられたのか迷い犬かのどちらかです。

いつもだったらすぐに家に連れて帰るのですが、その子を家に入れることがどれだけベベにストレスを与えるのかを考えると今は家に入れることが出来ません。

心を鬼にして見なかったことにしようと決め、家に帰りました。
家に帰ってもしばらく落ち着かないので、もう一度行ってみるとまだ同じ姿でいます。

このまま何もしなかった場合、どんなことが起こるか想像しました。
・誰かいい人が通りかかって家族として連れて行く。
・保健所職員が連れて行く。
現実的な答えは明らかです。

ハハと相談し、いつも薬や物資の支援をしている一番犬に対して優しいホームレスの方に一時的に預かってもらうようお願いしました。
毎日行って散歩などしていますが、長い間はそこに置けないということだったので、緊急でこの子の里親様若しくは一次的に預かって下さる方を募集します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

名前はこの子の前途が輝くという願いを込めて「前輝(仮名)」としました。

この子の優しい目は生活の疲れを癒してくれます。
この子の歩き方はピョコピョコ本当に可愛いです。

どうか前輝に暖かい居場所を与えてください。

どうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク