1まずは私の猫にする(えん)

漁師のような生活をしていてもなかなかブログに到達できず。遅くなって申し訳ありません。本日より2回に分けて「えみ」改め「えん」の卒業記事をUPします。

 

こちらではきちんと出会いのいきさつを紹介していなかったのですが、えみを保護したのは想定外で、1月31日、実は私、ほかの猫のスカウトへ行ったのです。

 

その少し前にFさんから「同区内でひどい場所がある」と聞かされ、私は大量保護を念頭に置いて猫を預かれるお家を探していました。私の呼びかけでマイねー、マイママ、まなちゃんが名乗りを挙げてくれたし、私自身も数匹家に置くつもりでした。

 

 

ところがいざスカウトに向かうと、地域猫の老猫(三毛)がいるだけで、たしかに風邪をひいている風ではあったのですが、正直外暮らしがそこまでキツそうには感じません。三毛専用の真新しいピンクのドームベッドやトイレがあり、工場の隣の戸建ての方が熱心に面倒を見ていたのです。その家の方は私以上に三毛の体調を気にして最近2度保護にトライしています。そして三毛については、今後も自分たちが関わっていきたいとのことでした。なら無駄足か……

 

 

帰る間際に、一連を知る向かいの団地に住む男性に声をかけられたのです。

 

 

「なつっこい茶白猫持っていく?」

 

 

男性のいう茶白猫が「えん」でした。

 

 

えんは工場の作業員たちがかわいがっているノラ猫。1歳になるかならないかの女の子。なんとえんは生後1か月の赤ちゃんの頃からひとり自力でごはんをねだりにきて作業員たちに甘えまくって育ったそう。作業員の中年男性が教えてくれました。数百グラムの小さい猫が一生けんめい人間に媚びを売りながら生きる姿を想像するだけでたまらない気持ちになります。よくがんばったね。

 

 

「連れて行っていいなら、幸せにしますから、私に託してください」

 

 

私は即スカウトを決め、男性らが奥から連れてきたえんをキャリーに入れemi-goの病院へ急いだのです。保護時の写真はtwitterでご覧くださった方もいますよね?

IMG_6557

 

 

ほんとうに真っ黒に汚れていました。

IMG_6558

 

 

ノミがいたので自前のレボリューションをつけ病院の保護猫専用の猫舎に隔離

IMG_6541

 

 

朝の忙しい時間帯だったにもかかわらず、診察と診察の合間に中島先生がサッとえんの脚から血を抜きウイルス検査してくれました。

IMG_6547

 

 

結果、1月31日時点ではFIV、FeLVは共にマイナス

IMG_6561

 

 

それにしてもえんちゃんあなた……

IMG_6550

 

 

きちゃないわね^^;

IMG_6556

 

 

少しずつきれいになっていこう♡

IMG_6555

 

 

えんは医療ケアと不妊手術のためしばし入院です。

 

 

レボリューション代を節約したつもりだったのに、駐車場代が(お正月価格とやらで)やたら高かったのが記憶に残っています。やだ。困るね。

IMG_6562

 

 

私の帰宅後、えんの“腰をかばうような歩行”に違和感をおぼえたemi-goと中島先生がレントゲン検査をしてくれました。見てください。骨折の形跡があります。

InkedIMG_6907_LI

 

 

つまりなにかの事故に遭い、骨盤が折れてしまった。

 

 

治療をしなかったから歪な形で骨がくっついた。よって歩行しづらく、将来的に排泄障がいのリスクもある、ということなんです。この状態の猫をみなさんは外に放せますか?

InkedIMG_6906_LI

 

 

私にはムリ。えんをリリースするなどできません。

 

 

にもかかわらず里子に出すことを喜んでくれたはずの団地の男性がえんを連れ帰った日の夜に「やっぱり茶白猫を返せ」と喚いたのです。テメエ、おれへのあいさつがねえ、ふざけんじゃねー、許さねえからな、猫持ってこい、うんぬん……

 

 

今でこそ俯瞰していますが、当時は血気盛んな男性の迫力と威圧ぶりにビビりました。Fさんは「返したい」と弱音を吐く始末。しかし私には到底できない。

 

 

深夜私はemi-goに電話し、私以外の人がえんを引き取りにきてもぜったいにだれにも渡さないでとお願いし、その晩一睡もせずに退治対峙の方法を考えたのです。

 

翌日私は団地の男性にえんの医療費を請求することに決めました。

 

無職の男性ではなく、男性の内縁の妻の職場にえんの治療費を請求する旨を伝えたのです。えんを返すんだから、他人の猫の医療費を私が払う必要などない。団地の男性がえんを返せと言っているのだから、団地の男性の家庭が払うのは当然ですよね?

 

さて、男性はえんの治療費を払ってくれるのでしょうか? えんを持っていっていいと言われたのでえんは私の猫になるはずでした。自分の猫に私はさまざまな検査を依頼したのです。いくらになるかわかりません。うわ、たいへんだ……。

 

 

その旨を伝えると男性は一変。晴れやかにえんの未来を祝福し、私にえんを手渡すとハッキリ約束してくれました。いろいろ驚きです。ノラ猫えんの面倒を見ていたのは工場の男性従業員たちであって、団地の男性ではないのに、ここまで親身かつ主体的立場に立って話してくれるとは……。

 

 

紆余曲折を経て、えんは私の保護猫になりました(笑)。

IMG_6669

 

 

えんちゃん、よろしくね。

IMG_6670

 

 

二度と痛い事故に遭わせないよ。

IMG_6671

 

 

「一件落着か」           「そ、そうみたいですね」

IMG_6894

 

 

お見舞いに行ったときの写真

IMG_6901

 

 

愛嬌を振りまくりのえんにみんなメロメロ

IMG_6904

 

 

703号室にて

IMG_6908

 

 

ブログを書いていると顔をちょこんと出して邪魔してきます。

IMG_7296

 

 

萌える♡♡♡

IMG_7298

 

 

悩殺ポーズも得意です♪

IMG_7299

 

 

ソファーがお気に入り。スヤスヤおやすみなさい♥

IMG_7532

 

 

えんは703号室卒業生のいるお宅にスッとお輿入れが決まりました。

IMG_0685

 

 

卒業生と里親さんの紹介などは次回をお楽しみに!

IMG_0687

 

 

長くなりましたが、読んでくださりありがとうございました。

 

 

その節はご心配をおかけしてごめんなさい。一拍置いてからご報告したかったのです。

 

 

えんは新居で幸せに暮らしていますのでご安心くださいね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





エロかわいいもいとふくよかリリ

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね。

 

 

章ごとの細かい内容を知らないデザイナーの李さんに章の概要と各章で使う写真の候補を1通1通メールで送っています。これが意外に大変で2日間四苦八苦しながらようやく6章分を送り終えたところです。あと9章残ってる。どうしようね^^;

 

 

さて、3月3日は亡きナナの17歳の誕生日でした。ナナのきょうだいゴクウがまだ生きています。ゴクウが私の心の支えになっています。ゴクウがんばれ!

 

 

在りし日のナナ

area (14)

 

 

ナナと過ごした16年はお母さんの宝です。また絶対に会おうね。

 

 

昨日(土曜)はフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の講義でした。集合写真を撮りそびれちゃったよ。参加者のみなさんありがとうございました。

 

 

会場は外苑前のDEARPETさん

area (19)

 

 

洗練された雰囲気です。

area (20)

 

 

単発のセミナーや猫座学も含め、第一回目の開催時よりずっと講師をやらせていただいてます。本気で犬猫保護を学ぶ方を心から応援しています。

 

 

私の前の二限目の授業は獣医師の九鬼先生のお話でした。勉強になります。

area (21)

 

 

三限目ともなるとみなさん疲れてくるのでいかに退屈な気持ちにさせずに話をするか、一応考えています。自虐ネタも時おり混ぜたりしてね(苦笑)。

 

 

帰りにちょこっと街ブラ。好きな感じのオーダー家具店を見つけました。

area (18)

 

 

丁寧につくりこまれた重厚感とスタイリッシュさがたまらない。微妙に大正時代の美しさも漂っています。いいな。もちろん見るだけ、ですが刺激になりました。

area (22)

 

 

おっと。ヤバい。早く都内の端に戻って保護猫もいを迎えに行かなくては!

 

 

「おそいっちゃ」

area (13)

 

 

うおーーーピンクの術後着がエロかわいい♥ なんじゃこりゃ……

area (11)

 

 

ほんっとうにキラキラですよ。もいのあまりのキュートさにemi-goたちも大騒ぎ……

area (12)

 

 

もいは天使じゃないかな? 殺処分のカウントダウンがかかる山口の保健所の出身ですよ? 信じられない。持ち込んだ人間は頭が狂っているとしか思えないです。

 

 

病院の保護犬ハイくんも現在家族募集中。ハイくんも元山口県民です。

area (16)

 

 

担当はかなちゃん。ハイくんに合う家庭を一生けんめい考えながらやっています。

area (9)

 

 

ワラワラ犬だらけ

area (15)

 

 

この中からいちばんふくよかな女性を選んで診察室へ連行しました。

area (7)

 

 

重いっ(笑)。

area (6)

 

 

どれどれリリさん、体重は減ったかな?

area (3)

 

 

「わたし 体重を公開されるのはイヤ」

area (4)

 

 

そかそかうんうん。

area (5)

 

 

でもごめん。暴露しちゃうね。ミニチュアダックスでありながら13.4キロ

area (1)

 

 

これでも1キロ減ったのです。もとは14キロ以上ありました(汗)。

area (17)

 

 

健康に悪いからダイエットしようね。骨格からして目標は8キロ位でしょうか?

area (8)

 

 

ブラックタンのリリは13歳。クリームのルナは5歳程度。同じ飼い主さんが飼っていたのですが、ご病気で他界。残った犬たちは終の棲家を失ってしまったのです。天国の飼い主さんはさぞ無念だったでしょう。特に13歳まで育ててきたリリと離れるのはお辛かったと思います。

 

 

そこで私がリリの赤い糸担当になりました。

 

 

同郷のルナもやろうか迷い中ですが、まずは年齢的に譲渡のハードルの高いリリを引き受けます。ルナもぽっちゃりですが、リリのほうが断然デカい。リリ、ルナを潰さないでくださいね。来週リリを病院に迎えに行きますのでみなさまお楽しみに!

area (10)

 

 

あんたドライフードを食べないそうじゃないの。703号室はビシッと行きますからね。

area (2)

 

 

ということでひさびさの保護犬も仲間に加わります。キャパと睨めっこしながら微々たる活動に取り組んでいきますのでご安心ください。そしてどうか応援をお願いします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





えい吉について思うこと

皆さまおはようございます。

 

 

昨夜は夜中の1時半に寝て3時半に起きました。怪しい中年女になっています。自分を追い込まなければならない時期なのでこういう生活も仕方ないと思い込んでいます。blogを書いたらお風呂に入って洗濯物を干してからまた二時間くらい寝る予定^^; グチャグチャですみません。

 

 

宇宙旅行中のほほに卒業犬とわの里親こずえさんからお花が届きました。

tuuututu (3)

 

 

赤の似合うほほにピッタリのイメージ。こずえさんありがとうございました。

tuuututu (2)

 

 

 

さて保護猫たちのことも宣伝しないといけませんね。

 

 

次の家族募集はリタかえい吉で迷っています。

 

 

いずれにせよ、我が家にいる保護猫たちは例外なく卒業してもらいます。

 

 

時が来たら応援をしていただければありがたいです。

 

 

先日耳の後ろが赤くただれているえい吉を連れて病院へ行きました。

tuuututu (6)

 

 

(ほかにはうつらない)外耳炎だそうです。耳ダニじゃなくてよかった。

tuuututu (5)

 

 

爪切りと検便もお願いしました。

tuuututu (12)

 

 

過渡期のえい吉はたまに爪を出して殴ってきます(苦笑)。

 

 

えい吉のDVパンチが痛いのでパチパチ短くしてもらいました。

 

 

でもだいぶやさしくなったんですよ。

tuuututu (8)

 

 

病院でも驚かれたよね。

tuuututu (9)

 

 

山口県の保健所時代のえい吉はだれも触れなかった屈強男子

tuuututu (11)

 

 

職員さんもボランティアさんも寄せつけなかったそうです。

tuuututu (7)

 

 

だからこの姿を見るとみなさんだいたい仰天します。

tuuututu (10)

 

 

ふふ。キャラ替え果たしつつあるもんね♡

 

 

ステージママを撮って送ってくれたemi-go

tuuututu (1)

 

 

病院にはemi-goが山口県の保健所から譲渡のために取り寄せた子犬が二頭いました。ビビりの子犬たちをスタッフ全員が人馴れさせようと努力しています。

tuuututu (4)

 

 

すばらしいですね。

 

 

泣き虫のえい吉くん

 

 

弱虫のえい吉くん

 

 

えい吉に関して私は思うところがあります。えい吉用のツイッターアカウントができて、目尻が下がるような素敵なイラストも描いてもらって特別感が満載のえい吉。私自身はえい吉を利用し注目を集めたがっているんじゃないかと誤解されるかなと。

 

 

だから逆に妙にやりづらい。きっと私が人の目を恐れているのでしょう。

 

 

しかし私はえい吉を利用しません。保護動物を利用しません。注目を集めるならほかの方法を考えたほうが現実的かつ合理的です。私はえい吉を珠のように育てています。

 

 

えい吉の魅力を伝え、お問い合わせに繋げるのが私の役目です。

 

 

実際のところ、雑音があるかどうかは知りませんが、余計なものについて悩むのは不毛だと思うのでえい吉をガンガン宣伝していきますね!

 

 

皆さまにえい吉をもっと好きになっていただけるようがんばります。

 

 

最後に、殺処分を免れたのも、辛い保健所暮らしを経験したのももちろんえい吉だけではありません。日本には多くの不遇な犬猫たちが実在しています。ですが微力な私が行動、表現できるのは、えい吉、リタ、すずらんだけですので、もしも気になる子がいたら、外猫でも保健所の犬猫でも各々が1頭ずつでも終の棲家へ導けばよりいい社会になると信じています。

 

 

保健所の片隅で人間に刃を向けていた名もなき野良猫を私はだれもが羨むキラキラの猫に変身させたいのです。また、FIVキャリアのえい吉はノンキャリアの猫たちより少しだけご縁探しのハードルがあがります。それを含めて私はえい吉を前に押したいです。なぜならば私は、FIVキャリアとノンキャリアの譲渡の難易度の差を縮めたいからです。私にできることはだれにでもできること。

 

 

私はこれからも自分の力でスターたちを丹念に磨いていきます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





パピーまる坊

iPhoneのカメラロールの中をまさぐってみたら、ちっこい頃の保護犬まるが出てきました。妹犬もいっしょに写っています。萌え~! 去年の6月の写真↓

IMG_3927

 

 

 

1年の間にいろんなことが起きました。

 

 

 

新たなスター候補たちと出会い、試行錯誤を経てスカウトに成功。卒業生たちとして送り出すなど有意義なこともありましたが、私にとっては総じて悲しいことが多かった1年だった気がします。

 

 

 

べべを失い、ナナを失い、台湾のアマーも天国へ旅立ったのですから。

 

 

 

私のメンタルは、未だ暗いトンネルの渦中にいます。どんなに“ふつう”に振舞おうとしても、いや振舞っていても、べべやナナの死からは到底逃げられません。

 

 

 

まるの写真を挟むように、カメラロールの前後にはべべナナの写真が大量に保存されていて、正直見るのが辛いです。自分の過去ブログも読みたくありません。

 

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんもきっとそうだったんだろうな。

 

 

関連記事はこちらです。改めて読み返してしんみり

 

「合掌 黒田タロ/幸せの703号室」

 

 

この記事で私、タロに生まれ変わったら黒田さんちに行くよう勧めてますね。ふふ。ならもしかしてまるがタロの生まれ変わりだったりして。

 

 

 

最愛のタロと別れて黒田さんがどれほど意気消沈したか

IMG_2870

 

 

 

タロを呼ぶ黒田さんの声が今でもはっきりと私の耳にこびりついています。

IMG_2869

 

 

 

タロと歩く黒田さんの姿が私のまぶたに焼きついています。

IMG_2871

 

 

 

12年前、センターに収容され殺処分対象になったタロが、黒田家の一員という不動の居場所を得て、穏やかに一生をまっとうした事実を私は忘れません。

IMG_2868

 

 

 

生きる上で必要なプラスの感情をタロと黒田さんからほんとうにたくさん教わり学ばせてもらいました。タロと黒田さんを見ていると「絆」という単語が浮かびます。

 

 

信頼関係は1日にして築かれるものではなく、日々の積み重ねによってじんわりとお互いの全身に染みわたるものだと思います。

 

 

黒田さんとタロがそうであったように。

 

 

 

それにしてもまるデッカくなったね……

IMG_1947

 

 

 

ヨチヨチの青臭いちびっ子だったのに

IMG_3949

 

 

 

私はよくまるたちと遊んだんですよ♪

IMG_3946

 

 

 

いつでもどこでもだらしがなくてごめんなさい^^;

IMG_3945

 

 

 

まるに髪の毛を噛まれ参っているところ。完全に襲われています。

IMG_3950

 

 

 

きみたちは快活な子犬だったよね。

IMG_3937

 

 

 

妙に懐かしい気もするし、昨日のできごとのようでもあります。

IMG_3955

 

 

 

まるが身体の成長と反比例し委縮した心で病院へ出戻ってきたのは喜ばしいことではありませんが、敢えて「終わりよければすべてよし」の一語でまとめておきましょう。

 

 

まるは黒田家の末っ子として生き直すのですから。ね?

IMG_2420

 

 

 

タロママさん(奥さん)とも超仲よしの毎日だそうです。

IMG_2439

 

 

 

「ねえねえ ぼく じぶんらしく生きていいよね?」

IMG_2418

 

 

 

ママにわしゃわしゃ撫でられるまる

IMG_2460

 

 

 

 

「まあ 基本シャイで なれると図にのるけど わるいヤツじゃないのよ」

IMG_2412

 

 

 

おませなガールフレンドちゃぽぽのお墨つき!

IMG_2453

 

 

 

そうそう。まるは適応力があるし、意外と明るいのよね。

 

 

 

まるは1歳になったばかり。安息の地で永ーい時間を謳歌できるのです。

 

 

さっそく、まるは新居でやりたい放題。いたずらもするらしい。

 

 

黒田さんのため息を聞くたびに、黒田さんには申し訳ないけれど「犬らしいまる」に出会えついプッと吹き出してしまいます。幸せのおすそ分けをありがとう。

 

 

まる、ニコッとね。笑っていればたいがいのことは解決しますよ。

IMG_2481

 

 

 

まるの一生で起き得るさまざまな問題を、横に並んで解決してくれる家族に恵まれたのだから、まるは大船に乗ったつもりでどんと構えていてね。とにかく元気に、世間のだれにもなににも臆することなく精いっぱい生きていなさい。

 

 

まるの新居は次回ご案内します。

 

 

最後に4秒と短い動画ですが、パピーまる坊がやたらかわいいのでよろしければご覧ください。

 

 

もうなに? 反則! 食べちゃいたい。エンドレスで再生し昨日から寝不足です。べべナナに会いたくなっちゃうから困りますね。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





保護犬まるのお話

皆さまこんばんは。Twitterで2記事更新すると宣言していたのに、約束を果たせそうにありません。ひとつだけになります。ごめんなさい。明日はいけるかな?

 

 

書きたいことが積もっているのですが、パソコンの前に座れる時間が足りていないのです。どうすればいいのか? よくわからないです。でもがんばる!

 

 

 

さて、このたびご縁が決まった保護犬まるですが、実は山口県の動物愛護センターの出身です。emi-goが保護を決め、兄妹で1年前にemi-goの病院へやってきました。まるには妹がいて、二頭連なって病院でご縁を待っていたのです。

IMG_2522

 

 

 

私はこの頃、保護猫すももに会いにちょくちょく病院へ通っていました。

 

 

 

だからまると私は仲よしです。

 

 

右側に汚く転がっているのは私で、私が脱いだ靴をまるが齧っています。靴はまるのせいで壊れました。ポーチの紐でも遊んでいます。

IMG_2519

 

 

 

まあ、まるが楽しければ私はそれでいいです。台湾で買った安物だし。

IMG_2518

 

 

 

まるは私が手掛けた土手犬たちを彷彿させる「茶色の雑種」。

IMG_2520

 

 

 

ツボなんですよね。

IMG_2524

 

 

 

見てこれ↓ 食べちゃいたい♥

IMG_2521

 

 

 

emi-goによる家族募集を経て、まると妹は同じ日にそれぞれ別のお宅に巣立ちました。

 

 

ちなみに妹はとっても大切にされています。

IMG_2516

 

 

 

「おもちゃガジガジ♪」

IMG_2515

 

 

 

「ソファーだいすき」

IMG_2517

 

 

 

「わー わたしのお誕生日を祝ってくれるの? ありがとう」

IMG_2514

 

 

 

いっぽう、まるは「不要の烙印」を押され、育った病院へ戻ってきたのです。

 
私は悔しくなりました。

 
なぜならば、まると私は友だちだからです。私たちはよくいっしょに戯れ、私は彼らの幸せの未来を心から祈っていたひとりです。これは私、放置できません。

 
「やってやろう上等じゃん」

 

 
との思いで私はまるの譲渡を担当し、黒田さんにまるの命のバトンを手渡そうと黒田さんを口説きまくり(笑)。あ、言い訳しておきますが、無理強いではなく、黒田さんがまた犬と暮らしたがっていたのを私が知っていたからですよ。

IMG_2564

 

 

 

専属のトレーナーさんのおかげで少しだけ明るくなったまる

IMG_2527

 

 

 

先日は私と閉院後の待合室まで行けました。えらい!

IMG_2529

 

 

 

本日もまる殿とお会いしたんですよ。固い握手を強引に交わしました。

IMG_2558

 

 

 

emi-goは不在だったので、スタッフと少しおしゃべり。私の娘といってもおかしくない年齢のかわいい方です。ふふ。恋バナを聞きました。うんうん。どんどん恋も人生も謳歌してください。人間は後悔のないように生きないと!

IMG_2566

 

 

 

ツーショット写真がほしくて粘ったけど……

IMG_2575

 

 

 

これが限界だな^^;

IMG_2574

 

 
まるたち兄妹が殺処分を免れ、どんなに心細い思いで病院にやってきたのか、そして現在、片方は満たされているのに、片方は犬舎の隅で震えている。

 

 

 

私はこういう理不尽を是正できる人間でいたいです。

 

 

 

肩書きは要らない。目の前の一頭の良縁を結ぶ分だけの力がほしいです。

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク