えい吉について思うこと

皆さまおはようございます。

 

 

昨夜は夜中の1時半に寝て3時半に起きました。怪しい中年女になっています。自分を追い込まなければならない時期なのでこういう生活も仕方ないと思い込んでいます。blogを書いたらお風呂に入って洗濯物を干してからまた二時間くらい寝る予定^^; グチャグチャですみません。

 

 

宇宙旅行中のほほに卒業犬とわの里親こずえさんからお花が届きました。

tuuututu (3)

 

 

赤の似合うほほにピッタリのイメージ。こずえさんありがとうございました。

tuuututu (2)

 

 

 

さて保護猫たちのことも宣伝しないといけませんね。

 

 

次の家族募集はリタかえい吉で迷っています。

 

 

いずれにせよ、我が家にいる保護猫たちは例外なく卒業してもらいます。

 

 

時が来たら応援をしていただければありがたいです。

 

 

先日耳の後ろが赤くただれているえい吉を連れて病院へ行きました。

tuuututu (6)

 

 

(ほかにはうつらない)外耳炎だそうです。耳ダニじゃなくてよかった。

tuuututu (5)

 

 

爪切りと検便もお願いしました。

tuuututu (12)

 

 

過渡期のえい吉はたまに爪を出して殴ってきます(苦笑)。

 

 

えい吉のDVパンチが痛いのでパチパチ短くしてもらいました。

 

 

でもだいぶやさしくなったんですよ。

tuuututu (8)

 

 

病院でも驚かれたよね。

tuuututu (9)

 

 

山口県の保健所時代のえい吉はだれも触れなかった屈強男子

tuuututu (11)

 

 

職員さんもボランティアさんも寄せつけなかったそうです。

tuuututu (7)

 

 

だからこの姿を見るとみなさんだいたい仰天します。

tuuututu (10)

 

 

ふふ。キャラ替え果たしつつあるもんね♡

 

 

ステージママを撮って送ってくれたemi-go

tuuututu (1)

 

 

病院にはemi-goが山口県の保健所から譲渡のために取り寄せた子犬が二頭いました。ビビりの子犬たちをスタッフ全員が人馴れさせようと努力しています。

tuuututu (4)

 

 

すばらしいですね。

 

 

泣き虫のえい吉くん

 

 

弱虫のえい吉くん

 

 

えい吉に関して私は思うところがあります。えい吉用のツイッターアカウントができて、目尻が下がるような素敵なイラストも描いてもらって特別感が満載のえい吉。私自身はえい吉を利用し注目を集めたがっているんじゃないかと誤解されるかなと。

 

 

だから逆に妙にやりづらい。きっと私が人の目を恐れているのでしょう。

 

 

しかし私はえい吉を利用しません。保護動物を利用しません。注目を集めるならほかの方法を考えたほうが現実的かつ合理的です。私はえい吉を珠のように育てています。

 

 

えい吉の魅力を伝え、お問い合わせに繋げるのが私の役目です。

 

 

実際のところ、雑音があるかどうかは知りませんが、余計なものについて悩むのは不毛だと思うのでえい吉をガンガン宣伝していきますね!

 

 

皆さまにえい吉をもっと好きになっていただけるようがんばります。

 

 

最後に、殺処分を免れたのも、辛い保健所暮らしを経験したのももちろんえい吉だけではありません。日本には多くの不遇な犬猫たちが実在しています。ですが微力な私が行動、表現できるのは、えい吉、リタ、すずらんだけですので、もしも気になる子がいたら、外猫でも保健所の犬猫でも各々が1頭ずつでも終の棲家へ導けばよりいい社会になると信じています。

 

 

保健所の片隅で人間に刃を向けていた名もなき野良猫を私はだれもが羨むキラキラの猫に変身させたいのです。また、FIVキャリアのえい吉はノンキャリアの猫たちより少しだけご縁探しのハードルがあがります。それを含めて私はえい吉を前に押したいです。なぜならば私は、FIVキャリアとノンキャリアの譲渡の難易度の差を縮めたいからです。私にできることはだれにでもできること。

 

 

私はこれからも自分の力でスターたちを丹念に磨いていきます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





がんばり屋さんたちががんばらずに済む世界

皆さまこんばんは。すっかり遅くなりました。

 

 

本日より2回にわけ昨年の12月29日に703号室を巣立ったハットリ改めハリの卒業記事をUPします。ハットリはemi-goの病院でオペをした男の子。リンクをポチして保護当初の写真を見ると相当痛々しいのがおわかりになりますよね。

 

 

驚くのはあの姿で1年以上外にいたこと……野良生活はキツいですね。

 

 

たいせつな前足を一本失ったハリ

IMG_1245

 

 

でも我が家ではいっさい悲壮感を出しませんでした。

IMG_1242

 

 

運動神経はまちがいなく当時うちにいた子たちの中で一番です。

IMG_1291

 

 

毎晩まあるやすずらんと追いかけっこして遊んでいたよね。

IMG_1292

 

 

私が見ていないと思ってたまにまあるやすずらんの首をカブっと噛んでいじめたり、ハリなりのしつけをしていたのを知っていますよ(笑)。

IMG_1294

 

 

「うっ ハハにバレていたんですね」

IMG_1293

 

 

そりゃそうですよ。

IMG_0031

 

 

私はこの家のメンバーのあれこれを隅々まで把握しなきゃいけない人間だもの。

IMG_0043

 

 

「マジか」

IMG_0014

 

 

ふふ。

 

 

ハリがまあるやすずらんの面倒を見てくれていたのもちゃんとわかっているからね。

IMG_0039

 

 

ハリは【お兄ちゃん気質】なんだよね。

IMG_5236

 

 

そんでもって食いしん坊^^;

IMG_3304

 

 

ピータンだよ? 食べられるの?

IMG_3303

 

 

「ぼく ちゅーるなら大好きです」

IMG_0037

 

 

みいさんが写真を撮りに来てくれた時も

IMG_0026

 

 

ソファーの下に隠れながらも

IMG_0020

 

 

魔法のちゅーるに引っ張られてお顔だけのぞかせてくれたよね。

IMG_0019

 

 

そんなにおいしいんだ?

IMG_0030

 

 

人見知りの激しかったハリが、自分のお茶会で未来の家族をもてなしていた様子を眺めて私はハリの成長に目頭が熱くなりました。やるね。心もグングン育ってる。

IMG_1326

 

 

ハリはかっこいい猫さんです。

IMG_1325

 

 

「ハハ ストレートにほめられると照れますよ」

IMG_1320

 

 

ハリ、好きだよ。

IMG_1309

 

 

たいへんな目に遭ったのに、折れずにいて尊敬する。

IMG_1308

 

 

やさしい目でニコニコ笑っているの?

IMG_1315

 

 

あなたはまだ若いから、いっぱい食べて

IMG_1307

 

 

いっぱい飲んで

IMG_1265

 

 

ぬくぬくと歳を重ねてね。

 

 

ハリのお引っ越しはemi-goの病院のスタッフ二人とマイ太郎さんと行きました。

IMG_5258

 

 

マイね―が運転してくれたので私は助手席から後部座席をパチッ

IMG_5266

 

 

ハリをお世話してくれたおだちゃんとかなちゃんに挟まれてモテモテのキャリー♡

 

 

みんなでワイワイ行くと楽しいね。

 

 

お天気にも恵まれました。

 

 

きっとおてんとさまががんばり屋さんのハリを祝福してくれたのでしょう。

 

 

この季節は寒いから、一匹でも多くのがんばり屋さんが家の中に入れますように。そしてがんばり屋さんたちががんばらなくても生きていける社会になるといいですね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





2018年703号室を彩ったスターたち

皆さま

 

 

昨年末に間に合わなかった「2018年卒業生一覧」をお送りします。

 

 

時間的な余裕がなくサラッとになります。ごめんなさい。Twitterやインスタグラムをやっている里親さんもいるので、気になる子がいたらフォローしてくださいね。また最近は滞り気味ですが、私のtwitterでも卒業生たちの写真を流していきます。全員元気にしていますのでご安心を♡

 

 

※それぞれの名前をクリックすると卒業記事のリンクに飛びますので、どんなお宅に行ったかわかります。なお、年末に巣立ったハリは未着手なのでハリは後日たっぷりとお伝えします。

 

 

2018年1月10日 トロン(emi-goの患者さんが地元で保護)

258 toron

 

 

 

2018年1月20日 ちゃま之介(emi-goの患者さんが地元で保護)

259 tyamanosuke

 

 

 

2018年2月12日 ポテチ(私が近所で保護。FIVキャリアの成猫)

260 poteti

 

 

 

2018年4月21日 もも(私が近所で保護した成猫)

263 momo

 

 

 

2018年5月22日 ローズ(私が近所で保護した成猫→片目摘出手術)

261 roze

 

 

 

2018年6月13日 まる(emi-goが山口の保健所から保護。出戻りを経て私が譲渡)

262 maru

 

 

 

2018年6月16日 コテツ(私が近所で保護。FIVキャリアの成猫)

264kotetu

 

 

 

2018年7月31日 あさひ(私が近所で保護した成猫)

265asahi

 

 

 

2018年8月25日 ひー(まなちゃんが保護した子猫)

266hii

 

 

 

2018年9月5日 ベルベット(同区内で保護された子猫)

268berubetto

 

 

 

2018年9月5日 ニコ(同区内で保護された子猫)

269nico

 

 

 

2018年9月14日 チョビ(703号室卒業生きちこさん宅が保護した子猫)

267tyobi

 

 

 

2018年10月26日 まある(あつこさんより依頼)

270maaru

 

 

 

2018年12月29日 ハリ(emi-goの病院からの依頼→片足切断)

271hari

 

 

 

2018年は前年に亡くなったべべを引きずったまま、ナナと別れ、ついにはほほまで失ってしまいました。正直、もう二度と経験したくないほど辛い一年でした。勘弁ですよ。そんな中でも合間合間に笑顔が溢れ、やる気のスイッチが多少入ったのはひとえに卒業生と里親さん方のおかげです。私はズタボロかもしれませんが、14匹のうちのスターたちはキラキラ輝いているでしょう?

 

 

2019年はどんな出会いがあるのか楽しみです。

 

 

私の手は弱者を擁き磨き上げるために使い、私の足は丹念に磨いたスターを終の棲家へ送り届けるために使いたい。思考も心も目も、すべて赤い糸を向いていたい。

 

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





まめの心臓 ほか

みいさんの里親さんの岡田さんファミリーよりほほへのお花が届きました。

wagaya (2)

 

 

まだきちんとお礼ができていなくてごめんなさい。きれいですね。どうもありがとうございました。在りし日のべべ公とほほを添えて、感謝です。

wagaya (1)

 

 

今日はクリスマスイブですが私は特に予定もなく家にいてます(笑)。ケーキくらいは食べたかったけれど、増えた2キロを考えるとパスしてもいいかも^^;

 

 

ケーキといえば、先日フォスターアカデミーの帰りに表参道で猫のシューケーキを見つけました。チチの誕生日付近だったので1匹連れて帰ることに。白(ホイップ味)にするか茶(チョコ味)にするかでさんざん迷って……

wagaya (4)

 

 

白をチョイス

wagaya (5)

 

 

食べるのがもったいないほどかわいいです。

wagaya (6)

 

 

でもまあ、容赦なくスパッとね……

wagaya (7)

 

 

無残な姿に夢を奪われた方々、本当にごめんなさい。おいしかったです。

 

 

「ぼくもクリーム一口もらった」

wagaya (20)

 

 

「おいしかった」

wagaya (19)

 

 

ハリくんよかったね。みんなでいただくと余計に甘く感じます♡

 

 

現在703号室には4匹の所属スターがいます。

 

 

卒業が決まっているハリ、すずらん、twitterでおなじみの山口えい吉くん、近所から連れ帰ったリタ。どの子も個性豊かでキラキラ。中でもトリッキーなぽっちゃりさんのおもしろい写真が撮れましたので紹介させてくださいね。

 

 

姿が見えないのでリタリタ探したら、こんなところにいました。

wagaya (9)

 

 

ふふ。折り上げ天井です。

wagaya (10)

 

 

えい吉のケージをつたって登ったのかな?

wagaya (11)

 

 

まあるいのに運動神経がいいですこと♪

wagaya (12)

 

 

そんなリタはえい吉の憧れの女性のようで……

wagaya (8)

 

 

えい吉はケージ越しにリタに向かって愛を叫びまくっています。

 

 

「恥ずかしいから言わないで」

wagaya (3)

 

 

あ、バラしちゃった。あとでえい吉からの容赦ないパンチが飛んでくるな。

 

 

 

最後に、先日妹と妹の愛犬まめを連れて世田谷にある心臓専門の病院へ行った日の写真を!

wagaya (13)

 

 

まめは15年前に私が草加警察から保護した成犬。

 

 

だからもう立派なおばあちゃん。心臓がめっきり弱くなり心配ごとが増えてしまったので心臓に特化したプロに診てもらうことにしたのです。

wagaya (14)

 

 

まめがんばれ!

wagaya (16)

 

 

まめは私にとっても大事な存在です。

wagaya (15)

 

 

院長先生いわく、心臓が肥大しているものの、直ちに急死するレベルではないとのこと

wagaya (17)

 

 

結果に妹は胸を撫でおろしています。私もホッとしました。

wagaya (18)

 

 

診察と検査にかかった時間は1時間弱。完全予約制ゆえ早く終わりました。ちなみに値段は7万円払って数千円のお釣りがくるレベル。高い。しかし妹はまめは若い頃健康で大してお金がかからなかったからこれくらい全然いいと話していました。妹だけでなくあとで家族に加わった妹婿のタカも同じ気持ちなのがうれしいです。

 

 

犬も猫もだれが家族になるかで運命がわかれますよね。

 

 

まめのために室内にカメラを設置し、投薬や良質なフードに手を抜かない妹は、手前味噌ながら安心できる里親だとつくづく感じました。

 

 

皆さまもたいせつな家族と素敵な聖夜をお過ごしください。

 

 

私の膝にはさぶがいて、すぐ隣の椅子にはあまぱんがいます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





山口えい吉くん

長年応援してくれているソウルメイトのMWさんよりほほへのお悔やみが届きました。ほほをまるで人間の息子のように扱ってくれて……感無量です。

0eik (11)

 

 

心あたたまるお手紙も拝読しました。MWさまありがとうございます。ほほが生前大変お世話になりました。ほほともどもありがとうの気持ちでいっぱいです。

0eik (5)

 

 

 

さて、本日は新星えい吉の紹介です。

 

 

ほほの追悼動画を作ってくださったジャーナリストの山路徹さんが仰ったひと言がえい吉の運命を変えました。ある方から山路さんの会社宛てに「殺処分間近」のえい吉の情報が添えられたメールが送られてきたんだそうです。

 

 

「ほほちゃんは幸せな子ですね。ほほちゃんの動画作っていて思ったんだけど、一方で健康な身体なのに殺処分されていく猫がいるんだもんなあ。たまんないなあ……」

 

 

山路さんはえい吉の写真が忘れられなかったようで助けてやりたいと話していました。そのときおこがましいながらも「私にはできる」と思ったんです。

 

 

※画像はお借りしています。

0eik (6)

 

 

※えい吉を含め画像に載っている3匹の猫たちは全員殺処分を免れました!

 

 

幸いemi-goの病院は山口県で殺処分寸前の子犬たちを引き取って家族募集をしているので情報を得やすいし、協力してもらえる。早速私はemi-goにいろいろ聞いてみました。

 

 

その後、直接現場で動いている山口県のaiさんとのやり取りを経て私は「牛くん」と呼ばれていたえい吉を空輸してもらい、emi-goの病院へ運んだのです。

 

 

山口市の保健所にいた頃のえい吉(写真はaiさんより)

0eik (7)

 

 

aiさんは山口県で個人で保護譲渡やTNR活動をする傍ら保健所に収容された犬猫たちが殺処分施設に行かないよう、流れを食い止める活動をしています。

 

 

話をしていてaiさんの意識の高さや理知的なお人柄に驚きました。頭脳明晰なaiさん。自分がしていること、したいこと、できること、できないことを端的にムダなく説明する能力に長けた方です。

 

 

私「aiさんは山口市の保健所にはどの位の頻度で通っているのですか?」

 

aiさん「施設がお休みの土日を除いて収容された猫がいればその都度必ず行きます」

 

aiさん「去勢手術や医療ケアは一切していませんが、大丈夫ですか? また空輸代金は里親さん(私のこと)の負担になりますが大丈夫ですか?」

 

私「医療ケアはこちらの責任で行います。猫は第三者へ譲渡しますがいいでしょうか? 空輸代金はもちろん支払います。ちなみにおいくらでしょうか?」

 

aiさん「6000円弱だと思います。キャリーケースや備品込みの値段です」

 

私「わかりました。ではすぐに振り込みます」

 

aiさん「空輸の手配は私か個人で活動しているほかの方が行いますね」

 

 

個人……すごい。個人の集合体がいるんですね。個人と個人が手分けして助け合い、山口県で結果を出しているのを知り、大きな勇気に繋がりました。

 

 

そして正直、金額の安さに仰天です。手数料や寄付などの余分なお金が乗っていないんです。本当の実費。犬猫の保護をしている私にはわかります。なにをするにもお金がかかるこの社会で空輸の実費だけで活動が賄えるもんか(笑)。aiさんたちは少なからずポケットマネーを持ち出しているはず。

 

 

遠く離れた山口県で純粋に個人活動をしているaiさんは私にとって目から鱗でした。

 

 

日本は捨てたもんじゃない。素晴らしい人々も大勢いる国ですよ。

 

 

ANA便で一時間半の空の旅を無事に終えた山口えい吉くん♡

IMG_4764

 

 

 

空港で会うなり「シャー」だって^^;

0eik (2)

 

 

 

去勢手術や医療ケアをするためemi-goの病院にしばらくお世話になりましたよ。

0eik (3)

 

 

 

大好物のちゅーるを食べているとき以外はたいがい不機嫌であちこちでシャー&パンチを披露しています。山口県にいた頃もみなさんずいぶんシャーされた模様です。

0eik (4)

 

 

 

実際来るまでえい吉の年齢、病歴、性格はまったくわかりませんでした。

 

 

でも私はえい吉がどんなものを持ってきたとしても、それはえい吉の持ち物だから、えい吉の持ち物をたいせつにしていこうと決めたんです。

 

 

この縁のどこかにほほの存在を感じられることも私にとってはありがたい。

 

 

MIHOさんがプレゼントしてくれたえい吉の大好物で仲よし作戦をはかっています。

0eik (10)

 

 

 

えい吉のハウスは面積を広く使えるようにしてあります。

0eik (8)

 

 

ふだんは自分のポリシーで近所の猫を優先的に保護するようにしていますが、たまには例外があっても楽しいですよね。えい吉、ウエルカム♪

0eik (9)

 

 

ウイルス検査の結果、えい吉はFIVキャリアでした。そして正直まだ今は怒りん坊です。ぜんぶえい吉の持ち物ですから、まるごとをだいじだいじしていきますね。

 

 

えい吉の憧れはぽっちゃりリタ嬢

0eik (1)

 

 

リタに向かって夜な夜な愛を叫ぶえい吉、想いは実るのでしょうか?

 

 

「知らね」

0eik (12)

 

 

では皆さま、山口えい吉くんをよろしくお願いします。山路さんがかわいいイラストを描いてくださったので紹介OKの許可をいただいたら載せます。未来の家族には額に入れてプレゼントします。

 

 

PS aiさんみなさん、こんなにかわいい子を守ってくださりありがとうございました。一生懸命丁寧にえい吉を磨いていきますね。

 

 

日本全国の「えい吉」に活路が開かれますように。

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク