あなたは、リタ

数日前、出先から戻り家の扉を開けたところで電話が鳴りました。

 

 

出てみると以前外猫保護のときに関わった男性の声がしたのです。

 

 

素なう(麦)、寿子(このは)、さんきゅう(サスケ)、海子(もも)、サラダ(大吉)、私は男性の住まいの付近で合計5匹の成猫たちをスカウトしました。最後に保護したサラダ改め大吉は、とても若いのにFIVキャリアに感染していたし、どの子も苦労がにじみ出ていてみすぼらしかったです。

 

 

男性の話によれば、3か月前に耳カットをされた成猫が突然現れるようになり、アパートの入り口でごはんをねだるようになったそう。このアパートを覚えている方も多いのではないでしょうか? ここで産まれた海子改めももの子猫たちは、全員行政に殺処分されたんです。

 

 

今も忘れられない理不尽すぎる話でした。

 

 

住民の迷惑になるという理由で、母猫の海子にも魔の手が伸びそうになったことを知った私は、気力のすべてを振り絞って海子を保護。以後数年は落ち着いていたアパートにこの度再び問題が起きたのです。猫に無関心な人からすれば取るに足らないことかもしれません。

 

 

けれど私にとっては一刻を争う切迫した事態です。

 

 

外猫の面倒を見るのが好きな男性は、新たな猫の登場を喜んだにちがいありません。

 

 

しかし最近になって、2Fの住民の息子(高校生?)が出入口を塞ぐ猫を邪魔がり、怒鳴ったり蹴ったりするようになりました。男性はしばらく迷っていたようですが、私に連絡してきたのです。

 

 

それなのに猫を迎えに行くと告げると「明日以降でいい」って……。

 

 

急に私に連れて行かれるとさびしいんですよね。

 

 

男性の気持ちはなんとなく理解できるのですが、私はモタモタしません。

 

 

捕獲箱はぜんぶ貸し出し中なのでとりあえずキャリーを持って現場へ向かいました。

 

 

はじめまして。あなたね。私寝違え痛で右腕があがらないの。暴れないでね。

IMG_3423

 

 

 

twitterにあげた動画を観た方は男性と私の会話をご存知ですよね?

 

 

「野良のままのほうが幸せかもしれない」

 

 

男性は私を呼んでおきながら、しきりにそう繰り返していました。

 

 

きっと男性は満たされた家猫を見たことがないのでしょう。逆に私は野良のままのほうが幸せだった猫を1匹も知りません。野良猫は自由なんかではないのです。

 

 

足蹴にされてもまた来てしまいます。甘えたいし腹が減るのです。

IMG_3425

 

 

 

「ここにいればごはんもらえる。このマットはやわらかいからお気に入りなの」

IMG_3424

 

 

 

猫をいじめる人間と、猫の世話をしている男性が同じ建物内にいます。

 

 

ほかに頼る者がいないこの子は通いつづけるしかなかったんですよね。

 

 

男性と話し込んでいたら、猫がいったん消えました。

 

 

それだけで私は苦しくてたまりませんでした。

 

 

ダメだ。連れて帰らないと精神衛生上よくない。

 

 

チーズを手に待っていると、飢えた猫が戻ってきました。

IMG_3426

 

 

 

猫がチーズに夢中になっている隙に、抱っこでキャリーバッグに押し込み、スカウト成功!

 

 

「やーん。さらわれちゃった……」

IMG_3431

 

 

 

翌日、emi-goの病院に預けました。

IMG_3437

 

 

 

emi-goから届いた写真です。

IMG_3526

 

 

 

「いい子だから大阪ちゃん(emi-go病院の凶暴な保護猫)と取り替えてください」

 

 

のメッセージ付き(笑)。

 

 

ダメダメ。うちだって怒りんぼ娘のすずらんがいるんだからね!

 

 

名前はリタにしました。ふふ。由来はちゃんとあります。ちなみに女の子でした。

 

 

プライベートが激変する中で猫を保護するのは正直しんどいです。でも私はリタをキラキラのスターに磨きたい。彼女に素晴らしい生き方を提案したい。

 

 

リタ、我が家にはあなたが必要です。すぐに病院に迎えに行くからね。

IMG_3528

 

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





期待も絶望もポイしました

先日、東大病院にてほほのCT検査を行いました。

1gaa9 (4)

 

 

歩けなくなった理由がわかるかもしれない。

1gaa9 (8)

 

 

だからほほ、がんばっておいで!

1gaa9 (5)

 

 

午前中に菅原先生にほほを預け、MIHOさんと私は敷地内のレストランへ

1gaa9 (7)

 

 

ボリュームたっぷりの豆腐ハンバーグ定食。680円とお得です。

1gaa9 (6)

 

 

ランチを済ませブラブラしたあともだいぶ時間が余ってしまったので車内でひと休憩

1gaa9 (9)

 

 

この日はとにかく待ち時間の長さに参りました。

 

 

すべての検査が終了し、名を呼ばれたのは約4時間後……

1gaa9 (1)

 

 

検査時のほほの写真が見たいという私のリクエストに前田先生が応えてくれました(右)。東大はキャリーバッグに入れたままCT検査をするのです。

1gaa9 (2)

 

 

タオルがビッシリ詰められているのはほほを動かさないためです。

 

 

通常、犬猫のCT検査は麻酔をかけますが、東大の機械は超性能がいいのでほかの病院よりスピーディに撮れます。おかげで3年前には肺の結節を患っているあまぱんも無麻酔でCT検査を受けられたのです。麻酔をかける負担もないし、変な話、麻酔代もかかりません。けれどどの子にもできるということではなく、「おとなしくしていられて、ほとんど動かない子」じゃないと厳しいのです。

 

 

半寝たきりのほほは無麻酔でいけると予想しお願いしました。

 

 

前田先生、いつも細やかな診察ありがとうございます。

1gaa9 (12)

 

 

検査の結果を詳しく見せてもらいました。

 

 

簡単に説明すると、ほほの水頭症はかなり重度です。そして新たに脊髄にも水が多量に溜まっている(脊髄空洞症)ことが判明したのです。脳と脊髄の両方に溜まった水のせいで、ほほは歩行が困難になったと考えられます。ステロイドや利尿剤の量を増やしても改善されなかったので正直なす術はありません。でも調べてよかったです。

 

 

ほほの状態を正しく知ることが重要ですから。

 

 

前田先生にリハビリの方法を聞きました。お母さんの気持ちは、希望を完全に捨てずに、いい意味で諦めよう、という複雑なもの。説明が下手でごめんなさい。

 

 

「こうなるはず」をポイしたんです。

 

 

お母さんは「こうすればほほは歩けるようになる(期待)」「ほほはもう二度と歩けない(絶望)」も両方捨てちゃったんです。すると不思議と楽になりました。

 

 

ほほに必要な治療はつづけていきます。しかし結果が伴わないとしても構いません。

1gaa9 (13)

 

 

一生懸命やりつづけながらもほほの丸ごとを受け入れる。それしかないと思います。

 

 

ほほに限っては脱走の心配がないのでお母さんが抱っこして駐車場まで歩きました。

1gaa9 (11)

 

 

ほほ、お疲れさま! 秋の風はいいよね♡

1gaa9 (10)

 

 

ちなみに参考に載せておきますが、血液検査、基礎的な検査、診察、無麻酔CT、薬代、駐車場代を合わせて私が支払ったのは73,000円程度。麻酔代がなかったのがありがたい。

 

 

高いのか安いのかもはやわからないですけど^^;

 

 

MIHOさんがほほとお母さんを動画に載ってくれたのでぜひご覧くださいね。

 

 

 

愛する家族に感謝♡ うちのお子たちは生きているだけでえらい!

 

 

次はひさびさにリルの検診でも行こうかな? だってリルもおばあちゃんだもんね。

1gaa9 (3)

 

 

皆さまこれからもほほに会いに703号室に来てくださいね。お待ちしています。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





まある卒業前検診、ほか

皆さまこんにちは。妙齢にさしかかり、体調が著しく変化しているこの頃です。

 

 

上がって下がって下がって下がってまた少し上がる。そんな日々を送っています。たいせつな催しの日だけはしっかりと自己管理しておかなければ!

 

 

あ、そういえば703交流会まで1か月切りましたね。ほんとうに楽しみです♡

 

 

参加者の方々はどうぞよろしくお願いしますね。

IMG_3130

 

 

 

さて、昨日はうちのリルの15歳の誕生日会をしました。その様子は近日中に自慢させてください。15歳に見えないと方々で言われるリル。自分が褒められているようでうれしいです。ふふ^^ 主役ちゃんは亡きかつくんの黄色のバンダナでおめかし♪

IMG_3099

 

 

 

木曜の夜、まあるを連れてemi-goの病院へ行きました。

IMG_3032

 

 

 

卒業前検診とあって、マイ太郎さんがハットリに作ってくれたバンダナをつけて

IMG_3067

 

 

ハットリに似合いそう!

IMG_3028

 

 

ねーたんありがとうございます。

IMG_3027

 

 

まある、おりこうでしょ?

IMG_3056

 

 

しっかり診てもらわないとね。

IMG_3055

 

 

「がんばっています」

IMG_3049

 

 

 

うん。えらいえらい♪

IMG_3051

 

 

 

顔がビビってる(笑)。

IMG_3050

 

 

 

まあるの写真はフォスターアカデミーに来てくれたかなちゃんの撮影

IMG_3047

 

 

 

なかなかかわいく撮れてますね。ありがとう。

IMG_3046

 

 

 

かなちゃんの明るさで通院はにっこり

IMG_3041

 

 

待合室にイケてるお子がいました。たまこちゃん5歳ですって。ヘアスタイルが斬新!

IMG_3036

 

 

名を呼ぶとテンションマックスで喜んでくれます。そのあと飼い主さんの腕の中に顔をうずめて照れるというリアクションが人間の子どもみたいで萌える。

IMG_3037

 

 

たまこちゃん、幸せに長生きしてね。

 

 

まあるは爪切りもお願いしました。

IMG_3052

 

 

 

卒業間近のこの日。まあるの未来を想像しながら家路に着いた私たちです。

IMG_3053

 

 

 

ウイルス検査(再)は陰性。里親さんに証明書つきでお渡し済みです。

IMG_3058

 

 

今週は更新頻度を意識していきますね。寝違え痛が治ればササっとやれるのに。

 

 

皆さまお身体はくれぐれもお大事に。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





iPhoneの中のきみたち

iPhoneに入っている写真を少しずつパソコンに保存しています。

 

 

一度撮ってしまうと満足してしまう性分で、ふだんはあまり見返しません。改めて見ると懐かしさがこみ上げますね。4年位前のMOMOペットクリニックにて

atatakai (11)

 

 

2つのキャリーには誰が入っていたのかな? う……思い出せない。べべ公の後姿がまだまあるい。ガリガリに痩せてしまう前だったんですね。

 

 

通院は一気に数匹のときが多かったんですね。まあ、今もそうですけど。

 

 

ナナ、リル、ほほ

atatakai (10)

 

 

ナナに触れたい。とても会いたい。ナナにありがとうを伝えたい。

 

 

ナナは私のはじめての「保護犬」。私が土手から連れ帰った宝物なんです。

 

 

4歳若かったさぶ。さぶは変化があまりわかりませんね。

atatakai (9)

 

 

703号室に来てからずっと私をストーキングしています。

atatakai (13)

 

 

これを撮ったのは仕事から帰ってきてすぐだったのを覚えています。

atatakai (12)

 

 

お子たちの顔が見たくて会社で悶々と過ごしていました。顔が見れてうれしかったな。私たちはまるで数年ぶりの再会のごとく互いに喜び合ったんです。

atatakai (1)

 

 

 

さぶはさっき洗面所でメイクしていた私の胸にジャンピング抱っこで飛び込んできました。

 

 

しばらくあやしていたのですが、ラブラブモードが止まりません。

 

 

甘えたかったようで地面におろしてもすぐにまたジャンピング抱っこをしてきます。延々と繰り返すばかりで支度が捗らず、別室にいたチチにさぶを渡したのですが、1秒も経たないうちにさぶが私を追ってきちゃって……はい、自慢です^^;

atatakai (14)

 

 

これも4年前かな? チチの実家の法事の1枚

atatakai (2)

 

 

全身黒……。首傾げてピースはご先祖さまに失礼ですね(汗)。老舗のおいしいお豆腐料理をごちそうになりました。お料理すべてがさっぱり味でおいしかったです。

 

 

時間が一気に流れて最近の703号室へ

atatakai (3)

 

 

肌寒いこの頃、私の腕の中には猫がいる率が高いです。

atatakai (4)

 

 

まあるも元気ですよ。

atatakai (6)

 

 

好奇心旺盛のまある

atatakai (5)

 

 

とりあえずどこにでも顔を出します。見てるなら洗濯もの畳むの手伝って!

atatakai (7)

 

 

「ぼく 手が小さいからムリです」

atatakai (8)

 

 

ふふ。夜も更けまくってきました。

 

 

今日は少しがんばったのでごほうびにゆっくりお風呂に浸かりたいと思います。

 

 

悲しみや苦しみの渦中にいる方、霧が晴れるようにお心の靄がいつか取れますように。大丈夫。息を吸って吐いて。生きていればいいんですよ。

 

 

Good night!

 

 

スポンサーリンク





しのちゃんと繋ぐ赤い糸2

皆さまこんばんは。昨日のつづきです。

 

 

しのちゃんはみいさんが撮ってくれた写真を使って家族募集サイトへ掲載。「ペットのおうち」、「いつでも里親募集中」、「ネコジルシ」の3つです。

 

 

やることがササっと早いしのちゃん。私はほとんど口を出さずblogともリンクしませんでした。お問い合わせが来るたびにしのちゃんは連絡をくれて、私の大まかなアドバイスを自分なりに噛み砕いて希望者さんとやり取り。その際の対応メールが迅速かつとても丁寧で感心するほどです。

 

 

顔出しNGですが内外ともに美しい女性ですよ!

IMG_0731-1

 

 

 

しかし大学生の夏休み中とあって、しのちゃんは前々から予定していたアフリカへの旅でしばし留守にしていたので、その間は私が交代。私はしのちゃんが絞っていた3組の希望者さんとお会いしたのです。ふふ。やたら忙しかった。

 

 

※おかげできちこさん保護の菊ちゃん改めチョビとご家族のご縁も結べました。

 

 

兄妹セットで考えてくれた里親さんと出会いました。

IMG_1375

 

 

ベルベットとニコは超仲よしなのでこのふたりは離したくないなと思っていたんです。

IMG_1382

 

 

里親さんのほうもお留守番を考えてはじめから2匹で探していたんだとか^^

IMG_1389

 

 

お見合い中ほぼこの姿勢のご主人

IMG_1380

 

 

ご実家でずっと大型犬と暮らしていました。

IMG_1392

 

 

動物の扱いに慣れているし、言葉の端々にやさしさがにじみ出ています。

IMG_1384

 

 

病院でお見合いをしたのでemi-goにも会ってもらい、お渡しを決めたのです。

 

 

後日しのちゃんへ報告すると、2匹の卒業にはぜひ自分も行きたいとのこと。

 

 

そして迎えた晴れの日、キャリーでピーピー元気に鳴いています。

IMG_1520

 

 

 

到着! 背の高いタワーマンションがベルベットとニコの新居となります。

IMG_1576

 

 

エントランスに咲き誇るお花がきれいだったので記念にパチッ

IMG_1530

 

 

しのちゃんも一枚!

IMG_1529

 

 

さあ、行こうか♪

IMG_1535

 

 

こちらが玄関ですが、特段脱走防止対策は必要ないかなと

IMG_1573

 

 

各室に扉があり

IMG_1574

 

 

万が一玄関を飛び出しても、ご覧のとおりの内廊下なので外には出られないのです。

IMG_1537

 

 

バルコニーがなく、窓はすべてフィックスタイプ。開けられません。

IMG_1557

 

 

ご主人はニコちゃんをまた肩にのせています。

IMG_1561

 

 

ほほえましいね!

IMG_1558

 

 

お茶をいただきながら談笑。ご主人は昔予備校生を教えていたのでしのちゃんと受験の話で盛り上がっていました。私にはなんだかさっぱりわからない話題です。

IMG_1566

 

 

「むずかしいはなしでち」

IMG_1542

 

 

「ここはどこですか?」

IMG_1540

 

 

ビューティフルママに抱っこされうっとりのベルベット坊

IMG_1560

 

 

ママは終始ニコニコ顔

IMG_1570

 

 

「おひざがあったかいです」

IMG_1564

 

 

放牧されテンションがあがる子どもたち。あるあるですね。

IMG_1543

 

 

里親さんからベルベットくんとニコちゃんの医療費をお預かりし、emi-goに渡しました。

IMG_1548

 

 

家の全体の様子やかわいい猫グッズがたくさん置いてあったのに私ってば話に夢中で撮りそびれました。ううう、失態。ごめんなさい。特にイタリア製のキャリーバッグが素敵だったので今度どこで売っているのか聞いて機会があったら載せますね。

 

 

以下が里親さんから送られてきた画像です↓

IMG_1986

 

 

ベルベットとニコはいつもくっついていますね。

IMG_1985

 

 

だいぶ大きくなりました。

IMG_1800

 

 

いっぱい食べるからお腹がポンポンだそうです。

IMG_1799

 

 

里親さんのケアの甲斐あって疥癬が治ってる。先日薬浴も済ませたらしいです。

IMG_1801

 

 

私が大好きな写真。爪とぎの中かな?

IMG_1634

 

 

数日前に送ってくださった最近のベルベットとニコ。だいぶ成長していますね。

IMG_2326

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

余談ですが、ベルベットとニコのお届け、実は電車で行ったんです。

IMG_1522

 

 

しのちゃんと途中の駅のホームで待ちあわせて、新宿駅で下車

IMG_1523

 

 

新宿駅から近いお宅だったので、電車のほうが便利だったんです。でも私は広い新宿駅にオロオロ。しのちゃんが地図を調べて私を連れて行ってくれたという(笑)。時おりキャリーを覗いてベルベットとニコの様子を気にしていたしのちゃん。母子ほど年が離れている私は、こんな娘がほしかったとひそかによだれを流しました。しのちゃん、お疲れさまでした。またお会いしましょうね。

IMG_1525

 

 

しのちゃんから嬉しいラインが届きました。本人のOKをもらって載せています。

IMG_2430

 

 

暗澹たる世界にがまんの限界を感じたら、明るさを創ればいいんですよね。

 

 

多くの善意に感謝して♡

 

 

LOVE

 

 

かつくん「x268、269、ベルベット、ニコおめでとう。兄妹揃ってのご縁なら心細くないもんね。食べて寝て遊んで甘えて、スクスクまっすぐ育ってね!

幸せになれる犬猫たちが一頭でも増えますように」1-3483

 

スポンサーリンク