私の土台

みいさんとMIHOさんより天国に住むあまぱんの素敵なオブジェが届きました。

ikiruakira (3)

 

 

本当にうれしい。ありがとう。沁みた。

 

 

あまぱんがいつもいた場所(キッチンの背面棚)に飾って大切にします。

ikiruakira (6)

 

 

 

今、私は心が晴れません。辛いです。

 

 

自分はもっと軽やかにやれているつもりだったけれど、気のせいでした。

 

 

保護猫明がごはんを食べないのが心配でどうしようもありません。メンタル弱いなあ……

ikiruakira (2)

 

 

私が元気にしていられるのも、お子たちの「健康」が土台にあってこそだと痛感しています。

 

 

月曜の夜にやってきた明。初日はほとんど食べませんでした。

 

 

移動がつづいたからしょうがない。環境が変わったんだもんね。

 

 

火曜の夕方から少しずつ食べるようになり、水曜あたりは、(保護に関わった方に)「大食漢」といわれていたのがうっすらとわかって来たほどでした。なのに木曜(昨日)の夕方以降は、また出したものをことごとくプイ。一回食べるようになったのに、どうして?

 

 

ちなみにおしっこしている姿を目撃しているので、排尿はOKのはず

ikiruakira (4)

 

 

お砂かきかきしてえらかったね!

ikiruakira (5)

 

 

 

ああ。はじめての保護猫でもないのに、オロオロする私。情けない限りです。

 

 

でも、食べてくれないと不安が爆発しそう。

 

 

じっと見ていられないので、消化にいいid缶をシリンジで与えることに。まずは10ミリ。1時間経って吐かないようなら追加で10ミリ。念のため体温もはかってみました。(結果、平熱)

ikiruakira (7)

 

 

遊ぶ気力があるのか試してみたところ、猫じゃらしに反応してくれました。

ikiruakira (8)

 

 

明、今夜はちょっとにしておこう。

ikiruakira (9)

 

 

ふつうに食べるようになったらたくさん遊ぼう!

ikiruakira (10)

 

 

出会って間もないのに、明が大好きで仕方がないです。

ikiruakira (11)

 

 

もし悪いところがあったら絶対に治したい。3時間寝て朝起きてみると、明のケージに入れっぱなしにしていたフード類が手つかずの状態でした。水っぽいものを吐いた形跡も発見……

ikiruakira (12)

 

 

emi-goに連絡。東京大学の前田先生のサロンにも相談。私の頭の中は明のことでいっぱいです。

 

 

中島先生が診てくださるというので、朝病院へ行ってきました。休診日なのにごめんなさい。

ikiruakira (17)

 

 

ちゅーるを一口舐めれたね。

ikiruakira (16)

 

 

病院でも熱はなく(38.1)、少しホッとしました。

ikiruakira (14)

 

 

セレニアや胃薬を入れてもらった皮下補液を50ml

ikiruakira (19)

 

 

がんばったね。通院させるのは不憫でしたが、中島先生がサッと診てくれたおかげで早く家に帰れたので、明にかかるストレスは最小限だったと思います。お世話になりました。

ikiruakira (18)

 

 

ケージを私の寝床のすぐ横に持ってきました。

ikiruakira (13)

 

 

20分前の明です。

ikiruakira (1)

 

 

 

先ほどシッターのお仕事から戻ってきたのですが、排泄ナシ。食欲ナシ。

 

 

シリンジでidを夕方20ミリ(済)、夜20ミリあげる予定です。

 

 

明日はシッターのお仕事が2つとシッターのお仕事の打ち合わせが1つ入っていますが、合間に帰宅して明の様子をチェックします。神さま、どうか703号室のお子たちをお守りください。

 

 

ここにいる間は、どの子も自分の分身です。

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





明のバトン

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

保護猫ジャックのワクチンを終えてしばらくすると、保護猫明が病院へやってきました。

133 (3)

 

 

友だちが連れてきてくれたのです。

 

 

明を連れてきてくれた友だちは、何度も私を助けてくれました。

 

 

一見熱いタイプではないけれど、冷静に、そして確実に、もっともいい形で、しかも私が負担に感じないように、シレっと手を差し伸べてくれるのです。

 

 

とても信頼できる方なので、安心して明を迎えることができました。

 

 

友だちの10分の1にも満たないけれど、私も少しでも役に立ちたいと考えて引き受けたのです。

 

 

もちろん、(クサいようですけど)いちばんは、明を幸せにしたいと思ったからですけど。

 

 

明はたくさんのフードなどといっしょにきました。明の保護に関わった方や友だちが準備してくれたのです。気をつかわないでほしかったのに、律儀に……ありがとう。

 

 

emi-goの病院で明のワクチン、ウイルス検査、健康診断をやりました。検便や駆虫はすでにほかの病院で終えています。ちゅーるを舐めながらの「おいしい診察♡」

133 (6)

 

 

体重は2キロちょうどです。明ももちろん後ろ足にワクチンを打っています。

133 (7)

 

 

ウイルス検査はFIV、FeLVともに陰性(9月7日時点の結果)

133 (8)

 

 

怖いね。でも中島先生じょうずだからあっという間に終わるよ。がんばれ!

133 (9)

 

 

子猫と成猫の中間。まだ乳歯が残っているということで、生後4~5か月程度でしょうとのこと。私のほうで追加のワクチンと去勢手術を受けさせてから新居へお届けする予定です。

133 (1)

 

 

きょうだいの中で唯一生き残った生命力の強い子です。

 

 

詳しいいきさつは友だちに今一度確認を取って、後日、皆さまにお伝えしますね。

133 (2)

 

 

本当に愛らしい明。すでに我が家になじんであちこち飛び回っています。

 

 

明を待つ間、大好きなちゃぽぽに遊んでもらいました。

133 (5)

 

 

ちゃぽぽ引いてる? でも実際は自分から寄ってくることも多いのですよ♪

133 (4)

 

 

キモい顔でお目汚しを失礼しました。

 

 

明は703号室で大切にしながらご縁をさがしますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

最後に、前回の投稿に質問コメントが寄せられたのでこちらにもはりつけておきますね。

 

 

はじまして。しまりんと申します。
今日の記事内で気になった箇所があり、初めて投稿いたします。

「ワクチンは『後ろ足に打つのが正解』」とありますが、理由はなんででしょう? もし教えていただければ嬉しいです。
実はうちの子は、転居先で初めて行った動物病院で、初めて後ろ脚にワクチンを打たれて、2匹ともものすごい「いたーい!」と鳴いて大暴れだったので(そんな大暴れは初めてでした)、もう脚には絶対注射されたくないのです。

そういえば、私も昔病気で脚に注射を何回かしましたが、すごーく痛かった! ネットで少々検索すると「脚への注射は筋肉に注射するので痛い」などとあり。。

痛がらない子もいるとは思いますが、うちは、効果とか?にさほど差がないなら痛くない方がいいので、今後は脚でない箇所にしてもらおうかなと思っています。

ということがあり、できれば「脚が正解」の理由を知りたいので、よろしくお願いいたします。

私の返答は以下のとおりです。

しまりんさま
コメントありがとうございます。ワクチンを後ろ足に打つ理由としては「注射部位肉腫」というがんの発症を懸念してのことです。
万が一、ワクチンを打ったことで注射部位肉腫を発症した場合、足なら切断することも可能ですが、首の後ろに打った場合、首を切断することはできないからです。もちろん、足を切断することは「簡単なこと」ではないのですが、飼い主さんの選択肢が増えるという意味では足に打つのが正解です。私は大好きな猫さんが注射部位肉腫で亡くなっているので、決して侮れないと考えております。確かに足に打つのは首の後ろよりは痛みを感じやすいかもしれませんが、一時の痛みより、万が一、を考えて足に打ってもらっています。

では皆さまよい一日を。私はこれから母の店でバイトです。

LOVE

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ワクチンがんばった(ジャック)

皆さまこんばんは。おととい、保護猫ジャックを連れて病院へ行きました。

 

 

前回の通院時は熱を出していたのでワクチンを見送ったのですが、卒業を控えているのでそろそろ打たねば、と。たかがワクチンと思われるかもしれませんが、接種後にぐったりされることがあるので体調が万全のときじゃないと心配です。

 

 

爪切りや耳掃除もお願いしました。体重が増え、いい感じのコンディションです。

321 (7)

 

 

emi-go写真撮ってくれてありがとう!

321 (8)

 

 

診察中のジャック

321 (6)

 

 

歯がしっかりしていてキレイです。

321 (5)

 

 

「中島先生 ぼく どこも悪くありません 早く帰りたいです」

321

 

 

ちなみにワクチンは「後ろ足に打つのが正解」です。

321 (1)

 

 

ジャックのワクチン以外にも、病院にはいろんな用事がありました。

 

①emi-goが注文してくれたノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の納品

②さぶの補液グッズのまとめ買い

③卒業生ミミ玉を保護してくれた「お友だち」と待ち合わせて、ミミ玉の里親さんから預かったミミ玉の医療費(お友だちが負担してくださった分)を渡す。

④保護猫明のバトンを受け取る。保護猫明の診察など。

 

 

そして合間に病院のアイドルたち(元保護犬、または保護犬)と戯れるのも楽しみです。

321 (3)

 

 

ボボボカメラ目線かわいいね♡

321 (2)

 

 

気になっているお子にも会えました。ふふ。毛艶がよくなったね♪

321 (4)

 

 

ジャックは9月下旬に703号室を巣立ちます。

 

 

さぶとの相性が悪いため、ほぼ保護部屋ゾーンにいるジャックですが、保護猫牛丸とは仲よくやっているし、来たときよりだいぶ環境になれてくれました。甘えたり食べたりお腹出して眠ったり……ジャック自身はずっと我が家にいるものだと信じて疑っていない風です。そんなジャックを新居にお届けするのはうれしい反面、正直胸がチクっと痛みます。

 

 

保護犬猫たちを引率するには自分のメンタルを鍛えないとダメですね。私は何年経ってももろい部分があるから、感情を抑え、理性を前面に出す訓練をつづけていきたいです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





さぶくんお疲れさま♡

イクラさんのお宅から大量のフード類のプレゼントが届きました。

22222 (1)

 

 

イクラさんのお宅のみなさん、どうもありがとうございました。703号室で使い切れない分は保護譲渡活動をしている友人たちと分けさせていただきますね。

22222

 

 

さて、先日さぶの呼吸がはやい気がして焦った私。さぶは命に関わるレベルの膿胸を過去に2回も患っているので、迷った挙句病院へ連れて行くことにしたのです。

22222 (3)

 

 

うちでゆっくりイチャイチャしようねって約束したにも関わらず、さぶの大嫌いな「通院」をさせてしまったのが申し訳ない。でも、本当に心配だったのです。

22222 (4)

 

 

ひがしちゃんに文句を垂れるさぶ

22222 (5)

 

 

聴診触診問題なし。体温38.1度、体重4.75キロ。ちょっと太ってた! うれしい♡

 

 

エコー検査、血液検査(広範囲)、レントゲン検査のフルセットをお願いしました。

22222 (6)

 

 

エコー検査がんばったねえ……

22222 (7)

 

 

中島先生が丁寧に診てくださった結果、腎臓がほかの猫より(平均)1cm程度萎縮しているのがわかりました。残っている腎機能を大切にしないといけないね。

22222 (8)

 

 

いろんな臓器もチェック

22222 (9)

 

 

胸水はなく、大きな異常も見つからず、ホッとした次第です。

 

 

自分の画像をチェックするさぶ

22222 (10)

 

 

「だいたい だいじょうぶだな」

22222 (11)

 

 

血液検査の結果も総じて悪くありませんでした。腎臓の数値はむしろ3か月前の東大病院での検査結果より改善されていたのです。ああ、よかった。さぶありがとう!

 

 

検査中のさぶを待つ間、大好きなお子と戯れて幸せのひととき。うっ……スカウトしたい欲望に駆られてしまう。健気に人間を信じる姿に心打たれます。すばらしい子ですよ。

22222 (2)

 

 

……診察、エコー、血液検査、と「がまん」を積み重ねてきたさぶですが、最後のレントゲン検査で一気に爆発。本気でキレてしまったのです。そういえば東大病院でもさぶは毎回ブチ切れていて、前田先生や岡本先生にご迷惑をおかけしています。みなさんごめんなさい^^;

 

 

音声の一部のみですが、どうぞ(苦笑)

 

 

 

「ひがしちゃん おれで遊ばないでくれる?」

22222 (12)

 

 

ちなみに、レントゲンでも胸水は確認されず。膿胸はなさそうで力が抜けました。

22222 (13)

 

 

中島先生ありがとうございました。

 

 

病院へ行くべきかどうか判断のつかないときは、なるべく「行く」ようにしています。

 

 

過度の医療は犬猫たちに負担をかけるかもしれませんが、私は決してやりすぎのほうだとは思っていません。もし異常があるなら、早めに手を打ちたいです。

 

 

さぶは目のふちが若干赤いので、通常のケアに目薬をプラスして様子を見ています。

 

 

1日でも長くそれなりに健やかな状態で私のそばにいてもらいたい。さぶがさびしがらないよう、予定を調整しながらベタベタと甘やかせていきたいです。

 

 

心配をしてくださった皆さまありがとうございました。

 

 

次回は保護猫ミミ玉の卒業記事をUPします。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





まるとのお散歩

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

シッターのお仕事で出会う魅力的なお子たちの写真を皆さまにもご紹介したいと思いつつも追いつきません。ブログの更新に時間がかかってしまうので少しずつ放出したいです。

 

 

今週中にもう一つ書けたらいいな^^

 

 

昨日から3回の依頼で(emi-goとの合同の)卒業生まるのお散歩をしました。

rr (8)

 

 

まるの里親になってくれた黒田さんとは先代のタロ(703号室卒業生)のときからなので、かれこれ14年以上のおつき合いです。ふふ。「14年」ってすごくないですか?

 

 

黒田さんは私にとって、心の底から信頼できる方です。

 

 

ビビリの極致の野犬あがりのまるを包み込んで、素敵な家庭犬に変身させてくれました。

rr (11)

 

 

病院にステイ中のまるを歩かせ、外で排泄させるのが私のミッション!

 

 

まるは黒田さん以外、散歩がむずかしい犬なので、安全への配慮がたいせつです。

rr (9)

 

 

じゃーん! リード、首輪(+ハーネス)共に3重! 実はこれでも不安な私^^;

rr (10)

 

 

昨日の散歩中は余裕がなくて写真ゼロ。終わってスッキリのまるです。

rr (12)

 

 

大好きなチャポポと♡

rr (7)

 

 

まる、よく歩いてえらかったね♪ ごほうびにチャポポがチュウしてくれました。

rr (6)

 

 

今朝のまる。「ねえねえ、まる行こうよ~!」と、まず説得から入るのです。

rr (13)

 

 

今日もいいのが出ました。健康健康!

Inkedrr (14)_LI

 

 

お? お友だち発見

rr (2)

 

 

笑顔で近づいて……

rr (4)

 

 

紳士的なごあいさつができましたよ。身体の大きなまるは、相手に合わせてちゃんと縮まって、身体の小さなお友だちの体高まで下がって同じ位置でクンクンするのです。

rr (3)

 

 

私は誇らしさで胸がいっぱいになりました。まる、きみは1000点満点の男の子です。

rr (1)

 

 

これが3回目のお散歩のあとの写真。今夜撮ったものです。

rr (5)

 

 

1回目は私から逃げ惑っていたまるも、3回目になるとじゃっかんリラックスしてくれたのがうれしかったです。黒田さんから連絡が来て、先ほどまるを病院へ迎えに行き、その足でドッグランへ連れて行ったとのこと。まる、幸せですね。

 

 

卒業生の近況を知れるだけでもハッピーなのに、お散歩の仕事までくださり、黒田さんには本当に感謝しています。これからも末永くよろしくお願いしますね。

 

 

まるは名前のとおり、花丸の日々を送っていますよ。

 

 

善き家族を得られる犬猫たちが増えますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク