べべ皿

2018年12月26日

 

 

私は豆さんと2時間ほどハワイにステイしました。

IMG_5185

 

 

 

豆さんを助手席に乗せ、サクッとハワイまでドライブへ行ったのです。

IMG_5186

 

 

22年前に旅したときより寒くてやたら近かったですけど。

IMG_5187

 

 

ふふ^^ まさか信じた人いないと思いますがウソ♪

 

 

クリスマスプレゼントを用意してくださっていた豆さんといっしょにハワイ料理のお店でごはんを食べたのです。私はハワイ料理なんてはじめてですよ。

IMG_5192

 

 

おいしかったなあ。豆さんごちそうさまでした。

IMG_5191

 

 

シェアしたパンケーキのクリームの量がハンパじゃない。夢のようです。

IMG_5196

 

 

いつも心躍る素敵な贈り物をありがとうございます。

IMG_5200

 

 

「べべちゃんに似ている」と渡されたロイヤルコペンハーゲンの飾り皿

IMG_5202

 

 

本当にそっくりですし、縁がオシャレ。お皿の上部に穴が開いているので紐を通して壁にかけられるのです。今は割れないようガラスの戸棚に入れていますが壁掛けも楽しめそうです。べべの雰囲気が漂っていてテンションがあがります。

 

 

天国に行ったきりぜんぜん会えないのがさびしい。べべ、ナナ、ほほ、待っていてね。あんまり長く待たせるとお母さんを忘れてしまいそうで怖いけれど。

 

 

豆さんもたいせつな家族愛犬ハルちゃんを失った痛みと闘っています。そして多くの猫を保護し、家族として引き取っています。豆さんと私は共通項がたくさん。罪の意識を感じている部分も似ています。豆さんはハルちゃんに、私はほほに……。

 

 

近い将来、豆さんは私から保護犬を引き取ってくれる話になっているのでどんな子を紹介するかウキウキします。豆さんなら120%大事に育ててくださるので私は大船に乗ったつもりでいます。未来の豆さんの家族は間違いなく幸せになれます。

 

 

たかが一頭と笑う方もいるかもしれませんが、一頭がハッピーになるのは小さいことでもつまらないことでもありません。また、「ひとりの力」は侮れません。私はこれからも目の前の一頭に目を配り心を配る方と仲よくおつき合いしていきます。

 

 

豆さんと保護犬を通じたご縁を得た暁にはブログでもぜひ紹介させてくださいね。

 

 

最後に703号室の保護猫たちは元気にしています。

 

 

今朝はイケメンのえい吉(2歳)を添えてみました。

IMG_5227

 

 

 

次回2018年の卒業生一覧を簡単に紹介したら、ハットリ改めハリのお届け記事をUPする予定です。手が回らず後手後手になり申し訳ありません。よい一日をお過ごしください。

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





私の指標、1人目、森絵都氏

皆さまこんにちは。日中は暑いくらいでしたね。

 

 

明日、保護猫百香がうちを巣立ちます。トライアルではありますが、明るい未来を信じ祈ってやってください。これまで応援してくださった皆さまに感謝です。

IMG_0095

 

 

 

百香にはさっき特別にちゅーるをあげました。

IMG_0094

 

 

 

美しいだけでなく、どのねことも仲よくなれる百香

IMG_0093

 

 

 

703号室の自慢のスターです。がんばれ百香!

IMG_0092

 

 

 

さかえ先生より、ナナへのブリザーブドフラワーつきフォトフレームが届きました。若い頃のナナの写真を添えて。さかえ先生、ありがとうございます。

IMG_1407

 

 

 

さて、皆さまが気にかけているローズですが、無事退院し、わが家にいます。

IMG_1461

 

 

 

ローズのことは整理したあとブログに書きたいので時間をくださいね。

 

 

 

本日のテーマは「尊敬する人」。

 

 

 

唐突ですが、皆さまには尊敬する人物がいますか?

 

 

「いる」方は、どなたを尊敬しているのでしょう?

 

 

野口英世、マザーテレサ、父親、あるいは会社の上司ですかね?

 

 

私には尊敬する人が2人います。正確には里親さんや友人を含め、もっとたくさんいるのですが、なんていうか、指標のような存在が2人いるのです。

 

 

1人目は年上の方。もう1人は年下の方。いずれも実在する女性です。

 

 

先日、お誘いを受け、1人目の直木賞作家の森絵都さんとデートしました。

IMG_1430

 

 

 

森さんと私は犬猫の譲渡活動を通じて10年以上前に出会い、以後、おこがましいながらも私は森絵都さんを親友だと思いおつき合いしています。森さんもおそらく同じ気持ちでいてくださっているでしょう。私にはそんな気がします。

 

 

よく勘ちがいされるんですが、私はミーハーではありません。

 

 

スペック? を気にして人の顔色をうかがったりもしません。

 

 

私はミーハーではなく、どちらかといえばナルシストの部類です(笑)。

 

 

芸能人、有名人、著名人、会社社長、都心に住んでいるセレブ、ぜんぜん私とはなんの関係もないですし、正直な話、いっさいの興味がないです。

 

 

森さんをブログで紹介するとき「直木賞作家の森絵都さん」と表現することが多かったのですが、ぶっちゃけ森さんにそんな肩書きがあろうがなかろうが私は森絵都さんを崇拝しています。信者です。

 

 

理由は森さんが孤高の人だからです。

 

 

 

絵本作家のスギヤマカナヨさんは、森さんを「武士」と表現します。

 

 

武士か……あわかる。でも私は森さんは「職人」かもしれないと考えています。

 

 

森さんの仕事への姿勢のまじめさや一途さや一種執念のようなものや、ぜったいに譲らない核を持っているところがたまらなく魅力的です。加えて「スイッチの切り替え方」が好き。森さんには失礼ですが、ふだんは謙虚で目立とうとせず、ほわっと抜けていて、ただの呑兵衛なのに、本づくりになると身の毛がよだつほど人が変わる。

 

 

最高にかっこいいじゃないですか。

 

 

長いつき合いの森さんと私は、適宜な距離感を保ちながらも過去に数回衝突したことがあります。しかし、衝突がさらに私たちを深め、私は森さんに怒られると素直に受け止めることができるのです。私も一度だけ怒ったのですが(笑)。

 

 

パンダのかわいいジャンバーで登場

IMG_1437

 

 

 

常に森さんは聞き役で私がおしゃべり役。ふだんは大人数で飲みますが、この日はゆっくり「森絵都」を堪能できて至福でした。ほんとうに思考の深い方です。

IMG_1432

 

 

 

場所は私が選びました。

IMG_1433

 

 

 

気に入ってもらえた様子です。

IMG_1435

 

 

 

森さんはビール→白ワイン→赤ワイン→ハイボール→ハイボールのちゃんぽん派。森さん大丈夫だったのかなあ? 私はビール→タンカレー(ジントニック)→タンカレー→タンカレー→ブレンドコーヒーのストイックめなチョイス

 

 

 

話題は犬猫や政治観をはじめとして多岐にわたり、私の人生相談で終結。

 

 

 

私はどうして森絵都さんが好きなのか、森絵都さんのどこが好きなのかを何回もご本人に告白していますが、今回あたらしい言葉を贈りました。

 

 

「森さんは人にやきもちを妬かない」

 

 

口に出してから気づいたのですが、ほんとうにその通りです。

 

 

私もそうあるべきだと思い、日々努力しています。

 

 

やきもちという感情は醜く、非合理的で、非生産的です。森さんの人にやきもちを妬かないところは、清々しいの一語に尽き、人生に於いてきっと「得」なんですよ。

 

 

対する相手は、結局、自分自身なのではないでしょうか?

 

 

自分を超えられるか超えられないかが問題でそれ以外は不要物です。

 

 

 

森さんは「あー、私はそういえばそうかもね」と素直に喜んでくれました。そのあとで「(要らぬ嫉妬は)非生産的な感情だからね」と加えました。

 

 

うーん!! 最高ですよ。

 

 

森さんの著作を読んだことがない方はぜひ一度お読みになればおわかりになると思います。数々の名作の中で特に私が胸に迫ったのは「クラスメイト」と「出会いなおし」の2冊。「カラフル」「DIVE!」なども親しまれていますね。

 

 

べべが亡くなったときも、ナナが亡くなったときも、森さんはお手紙と栄養がつくものをプレゼントしてくれました。会うたびプレゼントをくださいます。

 

 

あげまんじゅう

ghaora (25)

 

 

 

ナナの火葬前に届いたおやつと手紙

ghaora (1)

 

 

 

ご本人の許可を得て内容を公開します。

ghaora (26)

 

 

 

ナナから森さんに「ありがとう」。

IMG_0232

 

 

レストランも結局ごちそうになってしまい申し訳ないです。

 

 

私にとっては森絵都さん自体が「プレゼント」なのにな。

 

 

 

私からもささやかながら、酒好きの森絵都さんへ

IMG_1428

 

 

 

箸置きかわいいでしょ? チーズとコルクをひとつずつ森さんに買いました。

IMG_1426

 

 

 

私がつらつら勝手に書いているので、これを読んでどう思うか? じゃっかん緊張中です。

 

 

まあとにかく、森絵都さんは私の人生になくてはならない人ですね。

 

 

犬猫の話とは関係なくてごめんなさい。

 

 

 

前半に百香が出てきたから百香に免じて許してください。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





人間のほんとうの家族と

皆さまこんにちは。ブログを連続更新中です。トロンのお嫁入り記事はお読みになりましたか? もしまだでしたら遡って読んでくださいね。

 

 

ツイッターで思いっきり吠えたのですが、私には現在深刻な悩みがあります。

 

 

それをブログに書くと、とめどなく悲しくなるので、今日は楽しかった日をお送りします。今後もツイッターで吠えてしまうかもしれませんが、あきらめずに努力中です。ご理解くだされば幸いです。

 

 

まあとりあえず百香だけでも保護できてよかった。百香ありがとう。

 

 

保護譲渡活動にはいろんな「ドキドキ」がやってきます。

 

 

私をもっともドキドキさせているのは、このお方↓

IMG_8808

 

 

 

ちゅーるボーイこと、保護猫ポテチ

IMG_8816

 

 

 

ポテチは私よりもチチが好き。理由は単純。チチの仕事部屋が猫の保護部屋を兼ねているため。つまりポテチはチチといる時間が長いんですよね。

IMG_8819

 

 

 

シャイなポテチでもチチにはすり寄ります。ベタベタな感じ。しかし相手が私だと一拍置き慎重な姿勢で試してくるのです。そりゃそうでしょう。私の居場所はリビングがメイン。忙しいときは、ポテチのトイレ掃除や掃除機などをかけに保護部屋に入るだけの日もありました。ポテチにしてみれば「爆音(ダイソン)を轟かす人間」、あるいは「トイレ掃除のおばさん」のポジション。

 

 

このままじゃいかんと、チチにポテチのごはんをあげる量と回数を減らしてもらい、私が夕飯とおやつちゅーるをあげにポテチを訪問しています。だからうっすらですが私に対してもポテチは好感を持ってくれるようになりました。

 

 

完全にちゅーるのおかげだね。ふふ♪

IMG_8817

 

 

 

「ハハ~ ごちそうさまでした。ぼくのこと少し撫でてもいいですよ?」

IMG_8828

 

 

 

そのポテチが週末お茶会を開くのです。ポテチはチチと私以外の人に接する機会がほぼありませんでした。猫カフェの人慣れした猫たちとはわけがちがいます。

 

 

どうかどうか、ポテチが誤解されませんように。

 

 

結果はどうであれ、にっこりのお茶会になりますように。

 

 

 

お茶、といえば「飲茶」。少し無理やり話題を繋げてみました(笑)。

 

 

先日、母の誕生日を祝う会として、娘2人で母分を割り勘し、ひさびさに3人でお出かけしたのです。誕生日は私のほうが近かったんですけど、甘えん坊の母ですので、仕方ない。

 

 

秘書職の妹はリサーチが得意。用事がなければ地元をあまり出ない私とはちがいます。妹は母のために「飲茶」ができるお店を予約

IMG_8982

 

 

 

ホテルのロビーにて

IMG_8983

 

 

 

私は家族がプレゼントしてくれた一張羅、母は私がプレゼントしたストールを!

IMG_8984

 

 

 

妹の交渉のおかげでスペシャルな個室に案内され一同大興奮

IMG_8974

 

 

 

お店の方が親切にも家族写真をパチパチ撮ってくれました。

IMG_8975

 

 

 

私たちはずっと3人で生きてきたんです。ほんとうの家族と呼べるのはこの3人だけかも

IMG_8978

 

 

 

ね? いいお部屋のいい席でしょ?

IMG_8986

 

 

 

母も私も大満足

IMG_8985

 

 

 

お料理が来る前に、妹が母と私をピンで撮ってくれました。

IMG_8973

 

 

 

ポーズをキメて!

IMG_8972

 

 

 

お店全体が「東洋美」の雰囲気で、特に気に入ったのは壁にいたこのお三方

IMG_9001

 

 

 

オシャレだなあ。東洋も西洋もそれぞれのよさがありますね。

 

 

さあ、飲茶のはじまりです。点心が運ばれてきました。

IMG_8988

 

 

 

つづいて三段の点心やデザートが。香港のお店だからか? こういうところはほんのりイギリスのアフターヌーンティー的ですね。おいしかった♪

IMG_8990

 

 

 

お店からのサービスはマンゴーを使ったデザート

IMG_8993

 

 

 

そしてそして! このような心配りまで……

IMG_8994

 

 

 

プレートを手に記念写真

IMG_8999

 

 

 

間に街ブラも挟みましたが、女3人の財布の紐はめちゃくちゃ固く、セール品に心を奪われながらもだれもなにも買いませんでした。目の保養にはなったけどね!

 

 

ママ、迷いながらも最終的に出産を選択し、私を産んでくれて謝謝。私を産んでくれたのもありがたいけれど、妹を産んでくれたのはもっとうれしかった。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





攻めのかわいさ

ペットのおうちの実葉の掲載ステイタスをいったん「終了」にしました。これまでにお問い合わせをいただいている方とは引きつづきお話させていただきます。

 

 

めいちゃんとちび太くんのママさまよりたくさんのプレゼントが届きました♪

IMG_0704

 

 

 

トイレ用品、フード、おやつ、爪とぎ、どれも助かります。実葉とあたらしい保護猫2匹につかわせていただきます。ありがとうございました。

 

 

 

家族募集中の保護猫実葉ですが、おかげさまでいくつかのお問い合わせが来ています。

1mia (5)

 

 

 

現在お話中ですので、なにか進展がありましたら時機を見て皆さまにお伝えしますね。

 

 

皆さまのあたたかい応援のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

「みなさん ありがとうございます」

1mia (3)

 

 

 

実葉の写真を撮ってくれたみいさん。首飾りや背景を変え、いろんなパターンを作ってくれました。どれも素敵ですが、私は今日のシリーズがいちばん好きです。

 

 

私のツイッターのアイコンにもしています。

1mia (2)

 

 

 

ピンクのベッドの上で水玉のシュシュをつける実葉。お魚キッカーもスパイスですね!

1mia (18)

 

 

 

艶やかな毛色と相まってカラフルでゴージャスな雰囲気

1mia (4)

 

 

 

ふふ。まさにこれは「攻めのかわいさ」です。

1mia (6)

 

 

 

撮影会にていいショットを撮ろうと必死の人間たち(みいさん、マイ太郎さん、私)。おもちゃを振って実葉の気をひきまくり(笑)。実葉もノってくれましたよ。さすが若いだけありますね。

1mia (10)

 

 

 

もはや痛かった方の手がどっちだかわかりません。たまに「あれ? どっち?」と人間同士が聞き合うことも^^; あらあら実葉ちゃんそんなおてんばなお顔したらイメージが崩れますよ?

1mia (12)

 

 

 

大きく空いたお口と、お魚キッカーを抱いている左の手が萌える

1mia (14)

 

 

 

コメントでいただいたのですが、ほんとうにニオイを嗅ぎたくなりますね。近々実葉をクンクンしにマイママさん宅に伺う予定です。いいでしょう? うらやましいですか?

1mia (8)

 

 

 

術後ずっとカラーや術後着をつけ、行動制限の時間が長かった実葉。おひざへのジャンプはもちろんのこと、おもちゃ遊びや、爪とぎすらもがまんさせなくてはなりませんでした。

 

 

共に暮らしているマイママさんはどんなに胸が痛かったことでしょう。

 

 

実葉に手作りのカラーや術後着を作って着せ、栄養管理や日々のお世話をし、遊び、抱き、話しかけ・・・・・・実葉の今があるのはマイママさんのケアと愛情のおかげです。

 

 

実葉、マイママさんや応援してくださった皆さまのためにも幸せにならないとね♪

1mia (16)

 

 

 

それにしてもヤバい。首のシュシュとか異常に似合ってるし、鼻血出るよこりゃ(汗)。

 

 

 

つづいての話題は、うちのさぶくんと私のラブシーンです。

1mia

 

 

 

髪洗いたてで、ボサボサ。見苦しくてすみません。みいさんが前撮ってくれた写真です。

 

 

こうしてブログの更新中も、さぶが私のひざに飛んできて、やれチュウだ、やれおれに構えだうるさいです。さぶやお子たちのおかげで外出が億劫になり、私はやや引きこもりに。

 

 

土日はチチがお子たちを見てくれる率が高いので、まあ外に出たりもしますけど。

 

 

 

先週末はこの方とのデートでした。

1mia (7)

 

 

 

へへ。女3人で。

1mia (17)

 

 

 

少し早いホワイトデーをと、妹婿タカ坊が、母、妹、私にイタリアンのランチをごちそうしてくれたのです。やったー! イタリアン大好き。よだれを流しながらお店に到着!

1mia (13)

 

 

 

私は前菜もメインもお魚をチョイス。ほかのみんなのチョイスを目で楽しみながらワイワイいただきました。おいしかったな。使いこまれたお皿がお料理によく合っていてセンスがいいです。

1mia (15)

 

 

 

タカ坊ごちそうさま。お腹いっぱいになりました。ペコリ。

 

 

 

帰りにミッドタウンをブラブラ

1mia (9)

 

 

 

キッチン用品が売られている店で発見したトルコ製の鍋敷きとワイングラス

1mia (11)

 

 

 

いいでしょ? ふたつとも信じられない安さですよ。大満足。妹も有田焼のワイングラスをひとつ買い、割れ物を持って家族で仲よく電車に乗りました。リラックスモードのひとときでした。

 

 

 

さあ、今夜はべべの薬を取りに大巻先生の病院へ行くのでそろそろ支度をはじめないと!

 

 

ではでは、この辺で失礼します。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





あなたを見つめるぼくの目に

今日のお昼は暖かかったですね。家事の合間におちびさんたちを放牧してみました。

korasyu-14

 

 

 

カメラ片手に追いかけるも、おちびさんたちの足の速さにおばさんがついて行けるはずもなく、ろくな写真が撮れません。このレベルが精いっぱいです。ごめんなさい。

korasyu-29

 

 

 

703号室は陽当たりがいいです。家を買うときに私がこだわった最大のポイントですから! 小さいのがふた粒いるでしょ? 見つけられますか? 光合成しているおとなたちに紛れこんで遊んでいます。からだに太陽を思いっきり吸い込みながら。

korasyu-30

 

 

 

良質な食事、適度な運動、人間とのコミュニケーション、人間以外の犬猫との(少しの)交流、常識的な睡眠時間の確保、室温、医療ケア、すべてに於いて私はペットショップに陳列された犬猫たちとは比べものにならない環境だと自負しています。

korasyu-40

 

 

 

いっさいの営利を微塵も追求していないからこそ実現可能の境地だと考えています。

korasyu-24

 

 

 

私はあらかじめ立て替えた医療費の一部負担を里親さんにお願いすることはありますが、犬猫の命で儲けてやろうと目論んだことは一度もありません。私がこの子たちといる意味は「己の生活」のためではないのです。私はこの子たちが好きです。だからいっしょにいます。

 

 

そして、この子たちを慈しんでくださる方に命のバトンを渡すために育てています。

korasyu-35

 

 

 

「家族」は買わなくても出会えますよね?

 

 

犬猫を迎えたい方は、「里親制度」を検討してみてくださいね。

 

 

 

盗み食いの刑で牢に服役中の保護猫満天氏。まったく反省の色が見られませんでしたが、1時間ほどで仮釈放されました。保釈後、即キッチンを再び物色。現行犯逮捕してやろうか悩みましたが、キッチンを片づける方が早かったのでそうしました(汗)。満天食べすぎーーー!!

korasyu-2

 

 

 

 

さて、2週間以上経ってしまいましたが、卒業犬コロンJと横浜デートした日のことを!

korasyu-31

 

 

 

私とコロンが出会ったのは14年以上も前。子犬だったコロンもすっかりダンディになりました。

 

 

コロンはきょうだいたちとともに土手に捨てられ、劣悪な環境の中必死に生き延びた犬です。うちのナナと血の繋がった実の兄妹。そしてうちのリルのおじまたは父犬でもあります。

 

 

土手からようやく保護できたのはコロン6歳9か月の頃。私の力が及ばず、多くの犬たちが土手で命を落としました。コロンは亡くなった子たちの分の魂を背負って生きています。

 

 

 

みんなで川辺をてくてく。15歳、14歳、14歳、12歳なので歩くスピードはスローです。

korasyu-26

 

 

 

足腰の弱くなったコロンはカートで後半戦を過ごすことになりました。横にはナナの姿も^^

korasyu-17

 

 

 

コロンの里親megさんがナナのリードを持ってくれたので・・・・・・

korasyu-41

 

 

 

私は調子に乗ってコロンを抱っこしてみました♪

korasyu-10

 

 

 

途中で「ママじゃない!」と気づかれイヤイヤされましたが、ほんの一瞬でもうれしかったです。

 

 

 

そろそろ予約しているレストランへ行きますか!

korasyu-3

 

 

 

コロンのカートを押すmegさん。きっといろんな思いを乗りこえての笑顔なんです。このときはただシャッターを切っただけですが、あとで写真を見返して胸が熱くなりました。

korasyu-37

 

 

 

先を歩いているのはチチとべべ、ナナ、リル。べべもやはりカート(愛車)に入っています。

korasyu-32

 

 

 

べべは外に興味津々ですけど、コロンは常にmegさんとコロンパパさんを見つめています。

korasyu-27

 

 

 

若いときは生き抜くために気性の荒い一面もあったコロン。そのコロンのぜんぶぜんぶぜんぶぜんぶを受け止め育ててくださったおふたりに、コロンは信頼の眼差しを向けています。

korasyu-22

 

 

 

簡単なことではないですよ。ほんとうに尊敬します。

korasyu-42

 

 

 

レストランに到着!

korasyu-8

 

 

 

テラス席に座りました。パパさんは「海の男」風で爽やか。マリンカラーが似合いますね。

korasyu-39

 

 

 

出た~! 生ガキ!

korasyu-18

 

 

 

とにかくおいしいんですよ。

korasyu-23

 

 

 

男性は男性同士女性は女性同士でペチャクチャおしゃべり。楽しみにしていたので幸せです。

korasyu-15

 

 

 

ナナとリルは足元でおとなしく、コロンとべべはそれぞれの愛車でまったり過ごしています。

korasyu-13

 

 

 

お行儀のいい子たちなのでまわりの方もにこっと笑いかけてくれます。

korasyu-33

 

 

 

へへ。親バカ、保護主バカですみません。

korasyu-38

 

 

 

みんなでパチッ。素敵なコラージュ写真、ほかの一部の写真はmegさんちの提供です。

korasyu-20

 

 

 

ふふ。寝ちゃった。殿疲れちゃった?

korasyu-28

 

 

 

レストランを出たあと、べべを歩かせてみました。短い距離ですが喜んで前へ進んでいます。

korasyu-25

 

 

 

みんなの幼かったときの顔が私のまぶたに焼きついています。

 

 

べべはもちろんのこと、保護は遅れたものの、私はコロン、ナナ、リルの子犬時代も知っているゆえ感慨深さもひとしおです。それぞれが成熟したおとなになって、年をとって「ここ」にいる。

 

 

1日1日を奇跡だと思わずにはいられません。

 

 

せっかく家族になったのに、犬も猫も加齢のスピードがすさまじいから困ります。

 

 

でも、現実を変えることはできません。彼らの「老い」から逃避することも。

 

 

ならば、日々の接触を増やし、せめてたまらなく濃厚な時間を共有したいです。

 

 

そして、欲を言えるなら一分一秒でも永く横にいてほしい。

 

 

 

megさん、ご主人さま、コロン、遊んでくださり、ありがとうございました。

korasyu-4

 

 

 

またこのメンバー(コロン、べべ、ナナ、リル)でぜひお会いしたいです。

 

 

おみやげ、お手紙、ご支援をいただきました。ランチもごちそうになってしまい恐縮の限りです。megさん、ご主人さまありがとうございました。megさん、地域猫活動お疲れさまです。

korasyu

 

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク