ポンポンしましょう!

相変わらず保護猫夜夜子からの圧を受けています。

far9av (5)

 

 

ちょうど喉のあたりを陣取るので苦しい。でも幸せ~♪

 

 

仕事の日はすこししか遊んであげられないなあ。(以下の写真はすべてみいさんより)

far9av

 

 

聞きわけのよさがちょっぴり切ない。

far9av (4)

 

 

応援してくださる方もいると思うのではやく皆さまにいいご報告がしたいです。ね、やや!

far9av (2)

 

 

しかしやや、あなたの毛艶のよさは圧巻のレベルだよね。

far9av (3)

 

 

うーん……今夜はなぜか言葉があまり出てこない。

 

明日の仕事に備え、そろそろ寝る準備をはじめます。

 

あ、この時期猫が暖を取るために車のエンジンルームやタイヤの隙間にうずくまっていることがあるそうですね。巻き込み事故で命を落とすのは不憫なので運転する際は乗車前にエンジンルームを「ポンポン」と叩くように心がけたいですね。私も気をつけないと。

 

冷えた肉球を引きずり外をさまよう猫たちが一匹でも多く「家猫」になれることを願って!

 

スポンサーリンク





ぼき だいたい できまち

昨日は生娘夜夜子の恥ずかしい写真を暴露しましたが、今日はうちのほほの動画をみてください。短い動画なのであっという間に終わりますから。

 

ブログは保護動物をアピールする場ですが、老いてきた自分のお子たちのことも記録したい。少し親バカかもしれませんが、かわいくて仕方ないのですよ。

 

水頭症で歩行困難になったほほのトイレシーン

 

 

がんばり屋さんですね。

 

つい手助けしたくなる。

 

実際、ほほが困っていると手を差し伸べることも多いです。

 

私は障がいをもっているお子に高い壁を乗りこえてほしいとは思っていません。

 

できることは絶対にひとりでやらすポリシーでもないし、なんでもかんでも私がやってあげているわけでもないです。どっちつかずの中途半端なお母さんかもしれませんが、家族だから「素」のままでいいのかなとも。

 

 

私はほほが誇りです。(※ほほの写真は猫撮るさんの訪問撮影より)

hoeog

 

 

「ほほ~ ごはん食べる?」のかけ声でほほはヨロヨロ私のそばに来ます。

 

薬の入ったシリンジを見せると転びながらも一歩でも遠くへ逃げようと這っていきます。

 

撫でるといつだって腰を浮かせ喉を鳴らします。

 

私はほほとの意思疎通が愛おしくてたまりません。

faorfg

 

 

ほほはほかの病気を患ったら終わりだと言われています。

 

麻酔をかけることも強い薬を飲ませることもできません。

 

だからときどき、暗澹たる気持ちになってほほの未来を憂いだりします。

 

そんなとき、私は「ほほ! シーバたべるの?」と明るい声でほほを呼ぶようにしました。

 

きっと自分の不安をかき消すためですね。

 

 

「ぼき ほほ おさかなの しらす が すきでち しば も すきでち きょも いきてまち」

hohoho

 

 

日々に感謝、という言葉はうちのお子たちに教わりました。

 

一日一日を大切に生きていきたいです。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





(もろ)プライベート画像、ほか

昨夜の私のツイッターより

 

「今夜は私の作戦勝ち

べべが自分のごはんをボイコットしほほのばかり狙うからほほの食器にべべのごはんを入れ隠すような仕草をしたら

どれどれ? 的な表情で食べはじめた

べべ、隣の芝生は青いもんね

……だまされやすい犬でよかった。笑」

faoufa

 

 

ということで、私の目下の悩みは「べべを食べさせること」「リルを食べさせること」。

 

手を変え品を変え挑戦しつづけています。しかもフードの廃棄が出ないよう考えながら。

 

リルは3歳5ヶ月でうちに来た頃から食が細かったけれど、べべはちがいます。

 

昔はべべの食欲が落ちることなど考えられませんでした。

 

年齢には抗えないのかもしれませんね。でもお母さんは抗うつもりです。

 

明日はよく食べてくれますように!

 

 

「ウーウーウー 食べ物をよこせ! よこしたらとっとと部屋から出てけ!」

vahoifua

 

 

 

デ、デカ円^^;

 

デカ円はかわいそうね。怒ってばかりだと疲れるでしょう。

 

無防備に人間を信じきれる猫はきっと多くを人間から享受したはずだよね。

 

不信感あらわに虚勢を張る猫はその逆でしょう。

 

デカ円が怒らなければならない理由は私にもなんとなく察しがついています。

 

おそらくお前さんの常識、お前さんの世界では、人間は狂った形相をしていたんだね。

 

どうすればわかってもらえるかな?

 

お前さんたち猫科が一匹一匹同じでないように、人間だってひとりひとりちがうってことを。

 

私がデカ円を案内する先は絶対にお前さんをないがしろにしたりしない。

 

だからちとだけ、心を開いてお願い。

 

(デカ円の保護経緯はこちら⇒ 「デカいきみをスカウトさせて」

 

 

最後に、ヘンタイ嗜好の強い女性カメラマンによる夜夜子の放尿シーンをごらんください。

 

「やだ~ みいさんやめてぇー! みいさん ややの きょうだいや その一族のトイレシーンを撮ってはハハと世間に暴露しているらしいね やや ちゃんとトイレで できるもん」

faoiufa

 

 

そうね。ややはトイレの失敗が一度もないのよね。えらいなあ。

 

みいさんの真意はどうだかわかりませんが、やや、私は夜夜子アピールの一環でこうしたプライバシーに関わる画像も流そうとの使命感に燃えているの。わかった?

 

(みいさんがきょうだいたちのトイレシーンを激写した記事はこちら⇒ 「ヘンタイ写真」

 

それにしてもどうして犬猫って神妙な面持ちで「出す」んですかね? ふふ^^

 

明日は仕事だ~! 早起きやだな。

 

半LOVE

 

 

スポンサーリンク