一泊

今から犬たちを連れて1泊で出かけてきます。

夜出て朝帰るので、猫たちのお留守番は実質半日程度。

妹が様子を見に来てくれます。

夏のお出かけはこれで最初の最後かな?

めいいっぱい楽しんできます。

いろいろバタバタしていてブログの更新が溜まってしまいました。

来週は驚くほどの更新回数で皆さまにお目にかかりたいと思います。

悩みが多くて困りますが、ひとつずつ解決の糸口を模索しながらがんばっていきます。

べべナナリルドンタ、雷&豪雨の中あと20分で出発です。

皆さまもよい連休をお過ごしください。

LOVE!

スポンサーリンク





家族

昊くん(多頭飼育崩壊現場よりレスキューされ)

暑さに悩んでいます。

自分が感じる暑さがうっとおしいのではなく、もっと別の次元の問題。

悩みすぎて精神的に不安定になりブツブツが広がりました。がんばって薬を飲んでいるのですが、治りません。問題が解決してくれることを切に願い、行動していきたいです。

仕事が一段落した今も、保護活動のことやプライベートで忙しいです。来週落ち着く予定ですけど^^; いろいろ書きたいことがありますが、とりあえず先日告知していた多頭飼育崩壊の犬たちについて。

私が声をかけた預かりさんちに移動するのが決まっていたのはこの子(♂)↓ 私も写真でしか見たことありませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

実際会ってびっくり
クリックすると元のサイズで表示します

あまりにも小さくて儚いイメージ。成犬なのに……。
クリックすると元のサイズで表示します

オトナでこの大きさですか?

たぶん、1キロ~2キロでしょうね。

数日間過ごした姉妹ちゃんの家では、終始びびりまくっていたそうです。愛情をかけてもらえなかったのが、よくわかります。
クリックすると元のサイズで表示します

仮名:昊と名づけられた黒のトイプードルは、水曜日わらひよさんちに移動しました。昊が気になる方は、わらひよさんのブログを覗いてください。

わらひよさん、預かりを快諾してくださりありがとうございます。

※昊くんに関するお問い合わせは、姉妹ちゃんと私ではなく、わらひよさんにお問い合わせください。譲渡に関することもすべてわらひよさんが決めます。

わらひよさんちで撮ってもらった1枚↓
クリックすると元のサイズで表示します

右はドンちゃんと私。真ん中は昊くん。左がわらひよさんちの先住犬はなちゃん。みんなトイプードルだけど、みんなちがいますね。ドンちゃんだけやたら大きく感じたのは気のせいでしょうか(笑)。

多頭飼育崩壊現場からレスキューした子で、私が関わっている子たちのことは、また順次ここでお知らせしますね。私が関わっていない子については、姉妹ちゃんががんばっています。お疲れさま!

ではでは

ブツブツ女はこれにて失礼!

スポンサーリンク





べべの背中のおでき

暑いですね。

人間もそうですけど、犬猫たちの熱中症には気をつけましょうね。

うちはエアコンを28度(エコ温度)に設定しています。

冬は野良猫たちが不憫に感じます。炎天下もきついと思うけど自由に動ける分、日陰に移動できるからね。

夏は繋がれっぱなしの外犬たちが心配でたまりません。繋がれているとどこにも逃げられないですもの。

私の手は相変わらずブツブツで、かゆみを緩和する薬の影響で眠くてたまりません。でも気になることがあったので、今日の午前中はべべを連れて大巻先生の病院へ行ってきました。

背中にね、おできがあったんですよ。

多発性腺腫のべべは、いつ腫瘍ができてもおかしくない身。

おできを見つけたときは、さすがにびびったです'_';

最近、食欲が低下してきたのも怖くて。

おできを診察してもらった結果、細胞診するまでもなく、ただのイボとのことでほっとしました。でも、イボがあちこちにできる年齢なのね。それもまたちょっと切ない。

白髪が目立つけど、表情は子犬の時のままなんだよなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

べべ、お疲れさま。

ごほうびに、病院で缶詰を買ってあげました。IBDのべべが食べれる低分子プロテインとzd。他の子がおいしそうなのを食べているのに、べべだけいつもカリカリだけじゃかわいそうだもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

親ばかですが、ドンタの缶詰たっぷりごはんをうらやましそうに見ていた姿になんとも言えない哀愁を感じて……。

べべ用のお薬も大量にもらってきました。

引きつづき投薬もがんばりましょうべべちゃん!

ではでは^^

PS 本日より、3泊? 妹の家に泊まります。とは言っても、日中から夕方までは703号室にいて、チチが帰ってきたあと、チチにごはんを食べさせてから家を出 るから、チチやお子たちが不自由することはありません。実はアメリカからいとこが遊びに来るのです。私は一度しか会ったことないいとこですよ。いとこは妹 の家に泊まるんだそうです。でも、妹の夫のたかが不在なので、私も一緒に泊まることになりました。

台湾のおじがアメリカへ移住したあとにできた息子なので、アメリカで生まれ育っています。中国語は不得手だそうで、どうコミュニケーションを取ろうか考え中。私に英語は無理TдT

おじの話だと、いとこは今、両親の母国語である中国語を猛勉強中だそうですので、中国語を話してくれることを祈りながら到着を待つことにします。

妹んちにはべべとドンタも連れていく予定。

今日はいとこに会う前に、多頭飼育崩壊現場の犬を預かってくださる預かりさんに犬を届けてきます。その様子はまた改めてUPしますね。

ドンタのお友だちを、どなたが預かってくれるのでしょうか?(笑)

スポンサーリンク





多頭飼育崩壊現場より

※ひとつ下の記事にシンポジウムの感想を書きました。よかったら読んでくださいね。

姉ちゃんの妹ちゃんの車から出てきたグッズ
クリックすると元のサイズで表示します

姉妹ちゃんフル装備
クリックすると元のサイズで表示します

足は長靴ですって……。
クリックすると元のサイズで表示します

向かう先で待っている命がいます。19頭いましたが、今日残念ながら1頭亡くなってしまいました。

理性を失いたくないし、個人批判になるかもしれないけど……

普通に考えて、なんで飼うのですかね?
クリックすると元のサイズで表示します

こんな状況で犬と暮らして、楽しいのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

犬たちが哀れだとは思わないのですかね。

もしかすると、自分は犬を飼う資格がないのかも、って省みることはしなかったのですかね? 一度も。

借家アパートで多頭飼育していたのが崩壊し、大家にキレられたそうです。飼っていたのはひとり暮らしの男性。大家に立ち退きを迫られてこの度犬たちを放棄するんだとか。

多いですね。

うちも多頭だから人のこと言えませんが、私はこの数にした責任を常に感じています。なるべく掃除をして、清潔を保つ努力をしています。散歩や食事、医療を 保証しています。たとえ私が倒れても、犬猫たちを不幸にしてはならないと考えています。私にもしものことがあれば、チチか私の妹が後見人になってくれま す。うちの犬たちはもうシニアですから、これ以上増やさなければおそらく私が彼らを看取れます。看取るのは心を裂かれるほど辛いことでしょうが、看取るの は、私の最大の役目です。看取るまで、思い出をたくさん作り、自分にできる限り最高の医療を目指します。だから今、働いているのです。うちの犬猫たちが路 頭に迷ったりしないように。

私がやっていることは、特別なことではなく、当たり前ですよね。

当たり前のことができない人間は、飼わないことで彼らへの愛情を示してください。自信がなければ、犬猫との暮らしに手を出してはいけないのです。
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくたちは、汚れたぬいぐるみじゃありません。ちゃんと生きていて、血が流れているのです」
クリックすると元のサイズで表示します

個人の姉妹ちゃんがふたりで引き出しています。

莫大な医療費を払っています。

かかるのは医療費だけではありません。犬猫と暮らしている方、ボランティア活動に理解のある方はおわかりですね。トリミング、さまざまなグッズ、交通費、もっと細かく言えば駐車場代や光熱費、挙げたらきりがないほどお金がかかります。

お金だけではありません。

誰もが平等に24時間しか持っていないのです。

個人がやれるレベルを超えています。

だけど知った以上見捨てられないのが人情ではないでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します

どの子もとてもかわいいです。
クリックすると元のサイズで表示します

劣悪な環境にいるのに、不思議といい子ばかり。

この子が我が家に移動してきたドンタ
クリックすると元のサイズで表示します

男の子です。
クリックすると元のサイズで表示します

今はショートヘアに変身してさっぱりしています。
クリックすると元のサイズで表示します

私は今、金銭的に全く余裕がなく、むしろ自分の生活を維持できるか大変な不安を抱えているのでお金の支援はできていません。だけど自分にできる協力は最大限しています。

ドンタは703号室で募集しますが、他の子たちの活路も開きたいので、犬の預かり経験のある保護活動友だちに連絡を取りまくり、数頭の預かり先を確保しました。

来週、早速何カ所かに届けに行きたいと考えています。

預かりを快諾してくれた方々、ありがとう!!

預かり先が決まったこの子は今日引き出されました。
クリックすると元のサイズで表示します

水曜の夜、姉妹ちゃんと私で預かり先にお届けします。
クリックすると元のサイズで表示します

預かり先が決まるまで犬たちはこの環境下で暮らさなければならないので不憫ですが、物ではないので、たたき売りはできません。迅速かつ丁寧に進めていくのが重要だと思います。

もちろん、姉妹ちゃんの大変さとは比にならないけれど、先週ハードな仕事をこなしながら預かり先をさがしまくったのでさすがにバテてきました。保護したい猫のことも書きたいし、今日はほほの6歳の誕生日なのに、ほほが主役じゃなくて……ほほ、ごめんね。

ドンタの今の写真も載せたいけれど、これからペットシーツと猫砂を買いにスーパーへ行くの。そのあともやることがいっぱい^^; 明日は朝から晩まで仕事。ああ。余裕がほしい。

●姉妹ちゃんの尽力ですでに数頭の里親が決まり、預かり家庭で保護生活をスタートさせている犬たちもいます。

スポンサーリンク





シンポジウムへ行った時のこと

私が女性だからかなあ?

遺伝子に「母性」が備わっているから?

世代的にも周りで子どもを産み、育てる女性が数多くいます。お母さんたちはみんな自分の子どもに夢中で、子どもの健やかな成長を妨げるものを排除しようとします。必然的に。

あるいは私が微々たる保護活動をしているからでしょうか?

傷ついた犬猫たちをイヤと言うほどみてきました。

日本はただでさえ、動物たちにとっては楽園と言えない荒れ地です。そこに追い打ちをかけるように彼らにさらなる危険が及ぶのは悲しい。

チチともよく話しますが、お互い考え方がちがうので、結論にはいたりません。いろんな考え方があって然りです。自分の中でもうまくまとまっていないし。

そんな中、先週行ってきましたよ。

専修大学で行われたペンクラブのシンポジウムに。
クリックすると元のサイズで表示します

写真に写っているのはまばらですが、実際はもっと人が多かったです。皆さま、自分の国に関心があるのですね。
クリックすると元のサイズで表示します

3時間半、びっちり勉強してきました。妹も一緒です。

福島で実際に起きたこと、今なお起きていること、被災者、動物たちの悲鳴や虚しさ……。
クリックすると元のサイズで表示します

必死にあげた声が届いてほしいところに届かず、そしてその声すらもかき消されてしまいそうな現実。「世論」はまるで生き物みたいに、どんどん変わっていくのを痛感しました。あの事故が起きた直後と今とでは、実際温度差を感じます。

自分自身の胸に手を当ててみても同じですけどね。

賛否両論あるし、私にも本当のところはよくわかりませんが、この地球上の一生物としての感想は、「怖い……」でした。

怖い。

セシウムが怖い。

原発が怖い。

私は電力に恩恵を受けるひとりですが、命を賭する覚悟はありません。電気を使っているから、事故が起きてもしょうがないとは、ムシがいいかもしれませんが、思えないのです。

ニュースなどでも流れている映像ですが、防護服に身を包んだ関係業者が、「汚染水」「汚染物質」と書かれたドラム缶を際限なく遺棄するシーンに身震いを禁じ得ません。

汚染水は海には流せないし、増えつづけたらどうなるのかなあ? そのうち国土の3分の1くらいが汚染水タンクの置き場になるの? とか。

子供じみた考えですね。

でも心配なのです。

福島の原発だけであれだけの被害ですから、日本全国にある原発施設のうち、あと1、2カ所で事故でも起きたら、日本が滅亡していくのではないかという危機感があります。

原発が日本を発展させるのか、衰退させるのか。

もし発展だとしても……

発展は大きな恐怖や痛みを伴わずには成し遂げられないのか。

考えれば考えるほど頭が混乱するのです。

実際、私の高校の時の親友は、現在東京で子育ての真っ最中ですが、線量計を持って子どものあとをくっついています。お米を研ぐ水も、うがいする水も北欧製 のミネラルウォーターにする徹底ぶり。そのお宅は余裕があるからいいけれど、うちはなんでも水道水だから、水が汚染されてしまったらどうしようもないです ね。

「汚染」の一語が、重く心に響きます。

汚染、汚染、汚染……。

国を汚染していくのがたまらない。

●●●●●●●

脱原発を考えるペンクラブの集い part3 動物と放射能

総合司会 山田健太
開会挨拶 浅田次郎
第 1 部 映画  「福島 生きものの記録」(岩崎雅典監督作品 )
第 2 部  報告 ― 動物と放射能
① 吉沢正己
② 太田康介
③ 山本 裕
第 3 部  対話・質疑応答
上記出演者 + 岩崎雅典、森絵都
総 括 中村敦夫

●●●●●●●

第 3 部  対話・質疑応答。隣の席にいた森絵都さんが「アンニイさん、カバンおねがい」と言い残し壇上へ。紅一点の森さん。いつも冷静で物腰が柔らかく尊敬に値する憧れの女性です。
クリックすると元のサイズで表示します

芯があり、心があり、頭がいいんですよね。

犬猫のためにご自身でできることを多く実践している方です。

皆さまご存じ太田康介氏。太田さんファンの皆さま寄りすぎでごめんなさい'_'; まだ死にたくないので背後から刺してきたりしないでね
クリックすると元のサイズで表示します

太田さんが作ったスライドは溢れてくる涙で化粧が崩れるほどでした。太田さんの写真と映像は間違いなく犬猫たちの言葉を代弁していました。すごかったです。

こういう声は、かき消しちゃいけない。

聞かなかったことにもしちゃいけない。

一番感動したのは、総括中村敦夫さんのお言葉。森さんにも言ったのですが、私は耳でなく、全細胞でお話を聞いた気がします。

中村さんは日本への杞憂を、理性と迫力と美しい年輪を持ってまとめました。もちろん、あらゆる生き物たちへの配慮や慈しみも忘れませんでした。私が全身で聞き受け止めた以上のエネルギーを発してお話ししてくれました。まさしく、「総括」ですね。

感動を伝え、記念写真をお願いしました。
クリックすると元のサイズで表示します

Kさん、また母のお店にいらしてくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します

うちの大切な里親さん(相変わらずお美しい^^)、森さん、私、Kさん!
クリックすると元のサイズで表示します

足が汚い。リルに噛まれた傷が治らないの^^; 写真は全部だらしなく笑ってますが、終始ヘラヘラしてたわけではありませんからね(笑)。

会場に売られていた本を買いました。読み終わったら妹に貸す約束をしています。
クリックすると元のサイズで表示します

みんなそれぞれ立場がちがう。利権もちがう。だから考えれば考えるほど頭が混乱するのは事実ですが、私は、日本が汚れていくのは耐えられないです。

「人間のみなさまにおねがいです ぼくたちにとってこの星は 唯一の生きる場所」(ひかる)
クリックすると元のサイズで表示します

「ここでしか生きられないのだから、汚さないでくださいね」(ドンタ)
クリックすると元のサイズで表示します

追記:載せようと思った妹の写真が1枚漏れていました^^;
クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク