ぼくのおうち決まったの?

皆さまこんばんは。今夜の主役は保護猫秀多です。次がポテチ。

 

 

書きたいことが仰山ゆえピッチをあげ更新を急いでいますがなかなか追いつかず。これも一種のリア充だとしたらぜいたくな悩みですね。え? ちがう?

 

 

 

卒業猫楽(サク)家から大量のプレゼントが届きました。うれしい!

IMG_9146

 

 

 

福田さんありがとうございます。楽の近況写真は福田さんのツイッターより拝借

IMG_8918

 

 

 

元気なのはいいけれど破壊王と化しているそうで、それはやめてください楽!

 

 

 

さて、先日私は子熊をキャリーに入れ、emi-goの病院へ行きました。

IMG_9137

 

 

 

目的は3つ

 

①秀多のお見合い(うちのナナが今たいへん騒々しいので病院で行うことに)

②慢性腎不全組の医療グッズを買う

③病院に預けていた茶白保護猫「百香(ももか)」のお迎え

 

 

ふふ。合理的でしょ? 1回の通院で3つの用事が済ませるという……

 

 

 

百香不妊手術お疲れさま。703号室へ行こ!

IMG_9096

 

 

 

emi-goいわく、百香は病院で激怒連発。屈強度は「上の中」だそうです^^;

 

 

しかも発情鳴きがハンパじゃなかったとのこと。この時期でも発情する子はするんですね。百香が妊娠する前に不妊手術できてほんとうにホッとしました。

 

 

慢性腎不全用の医療グッズも買い、あとは秀多の希望者さんを待つだけ

IMG_9100

 

 

 

オシャレしてきましたよ。がんばろうね!

IMG_9101

 

 

 

院内には珍しくemi-goの愛犬「ハタケ」がいました。シャンプーに連れてきたらしい。障がいで後ろ足が立たないハタケは車いすを外すとおねえ座りスタイルに

IMG_9093

 

 

 

ハタケファンとしてチューをせがんでみたところ、あっけなく拒否られました。

IMG_9092

 

 

 

夜7時半。時間通りに希望者さんがご夫婦でいらっしゃいました。

 

 

私はモードを切り替え、縁結びに向かいます。

 

 

「秀多くんはじめまして~」

IMG_9120

 

 

 

秀多はなぜかふだんよりハイテンション。落ち着きがありません。

IMG_9113

 

 

 

しばし秀多を見てもらったあと、場所をトリミング室に移しお話をしました。

 

 

 

いやね、いうことなしのご夫婦です。最高ですよ。メールの感じも実際にお会いした雰囲気も猫に対する思いもなにもかもが素晴らしい。その辺は卒業記事の段階でくわしく掘り下げますね。

 

 

ご自宅のお写真を何枚かお持ちくださいとお願いしたところ、なんとiPadを持参。大きな画面で見やすかったです。おふたりの心配りに感動。

IMG_9115

 

 

 

ほらね♪

IMG_9117

 

 

 

先住さんが1匹いらっしゃるので、まずはトライアルですが、いいご報告ができるよう里親さんと力を合わせていきます。皆さまも見守っていてくださいね。

 

 

 

秀多、やったね! 姉妹のトロンの近況等も今月中にお送りします。

IMG_9108

 

 

 

(顔出しの許可を得ていないので)もったいないですがお顔を隠してみました。

IMG_9125-1

 

 

 

遠路はるばる電車で秀多に会いに来てくださりありがとうございました。

IMG_9124-1

 

 

 

おみやげをこんなにいただいてしまい恐縮です。

IMG_9144

 

 

 

紅茶とクマさんクッキーは私の誕生日プレゼントですって。ありがたいです。

 

 

秀多のトライアル開始まで、703号室でたいせつにお預かりします。

IMG_9141

 

 

 

秀多はレギュラーメンバーのほほ、さぶ、あまぱんとは大の仲よしなので、里親さんの先住猫さんともラブラブになってくれるといいなあ。

 

 

ね? ほほ♪

IMG_8473

 

 

 

本日も703号室をご覧くださりありがとうございました。明日は「ポテチの乱」をお送りします。ポテチが気になる方は悶絶必至ですよ。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





タガを外して環境省へ

私はTOKYO ZEROの呼びかけ人のひとりです。

 

 

HPページをどうぞご覧ください。

 

 

著名な方々のそうそうたる面々の中にふつうの主婦の私がいることに、皆さまは違和感をおぼえませんか? 末席にしても、私には敷居が高いです。

 

 

たびたびTOKYO ZEROキャンペーンのいろんな催しに参加してきましたが、いつも私は委縮し、肩書きのない自分を恥じ、必要以上に出しゃばらないよう心を配ってきました。ときにはなんで自分がそこにいるのかわからなくなったり。

 

 

しかし私にも夢見る未来があります。

 

 

だから末席に座りつづけているのです。

 

 

発言を求められるたびにうまく話せませんでした。勉強会の講演依頼をお断りしたこともあります。私なんかが……私なんかが……絶えずそう感じてきました。

 

 

でも、今回はすべてのタガを外すことにしたのです。

 

 

私にも1分程度の持ち時間がある。なら、環境大臣に私の言葉を伝えたい。

 

 

卒業生と卒業生のご家族が私に力をくれたのです。あとべべね。

 

 

環境省にて要望書を手に

IMG_8777

 

 

 

今回は中川環境大臣に10万超の署名を提出し、藤野真紀子代表が要望書を読み上げ、ハリス鈴木絵美さん、塩村あやかさんが概要を捕捉で説明。門倉健さん民江さんご夫妻、継枝幸枝さんもいらっしゃいます。真ん中が中川大臣です。

IMG_8788

 

 

 

呼びかけ人の方々と

IMG_8793

 

 

 

限られた時間の中、粛々とはじまりました。

IMG_8820

 

 

 

藤野真紀子代表はどんな場にも堂々とふるまえるかっこいい女性です。

IMG_8885

 

 

 

門倉さんご夫妻は爽やかな笑顔が光っていました。みんなもつられてにっこり♪

IMG_8838

 

 

 

藤野真紀子代表が中川大臣へ手作りの「犬猫型お菓子」をプレゼント

IMG_8796

 

 

 

私にもおみやげをくださいました。食べるのがもったいない!!

IMG_8790

 

 

 

呼びかけ人の皆さまはやさしく真摯で素敵な方々です。

IMG_8778

 

 

 

さあ、私の持ち時間がやってきました。

IMG_8804

 

 

 

昨年は人数が多かったのと、私が緊張して勇気が出ず、ひと言ふた言だけしか(前の)山本環境大臣とお話できませんでした。そのときの記事はこちらです。

 

 

 

けれど私はもう「私なんかが……」のタガを外したので、一部ではありますが、自分の言葉できちんとお話させてもらえました。

IMG_8851

 

 

 

8週齢規制にかける私の真心を、私たちの真心を自分なりに表現したのです。

IMG_8847

 

 

 

中川大臣は「個人的には」としながらも、「この話(私の話)は非常に共感を得ますよね」と仰ってくれました。タガを外してよかった。耳を傾けてもらえた。感無量の瞬間。全体的な流れやほかの方々のお話は後日TOKYO ZEROのHP(ニュース欄)に掲載されますので、興味のある方はぜひ。

 

 

動愛法改正に向け真剣です。ただのパフォーマンスじゃありません。

 

 

(↓私が中川大臣へお話させていただいた内容の全文↓)

 

田辺アンニイと申します。

 

16年くらい前から個人で細々と、不遇な犬猫の譲渡をして参りました。私の身銭をきって、自分の好きでやってきたことなんですけれども、当時の殺処分数は年間65万頭という数でした。私はそれに非常に驚愕し、自分でも犬を飼っていたものですから、PTSDみたいに苦しい気持ちになり、それから活動をはじめるようになりました。

 

この16年間のあいだに、いろんなマンパワーが働いて、よい社会に近づいているなというのが私個人の感想なんですけれども、藤野先生や塩村さんやハリスさんがおっしゃったように、8週齢というのは私から見ても、8週を過ぎると犬猫ってちょっと見た目が伸びたりするんですね。あんまりかわいくなくなってくるんです。でもその前の6週とか7週の子たちは、ぬいぐるみみたいにかわいいので、店頭に並ぶと消費者の購買心理というか、それを促す作用があるんですね。

 

なので、買いやすい。簡単に買って、簡単に飼育放棄をしやすいという環境にあると思います。それを私たち個人や団体が後始末をしているような状況がずっと続いております。ですのでここは環境省の皆さまのお力をお借りして、ぜひ8週齢を通していただいて、それで人にとっても、犬猫にとっても住みやすい社会になればいいなと思っております。よろしくお願いいたします。

 

 

(↑ここまで↑)

 

 

※ 事務局の西川さん、浦田さん、写真等ありがとうございました。

 

 

ほんとうはもっと伝えたいことがあったのですが、ほかの方と話が重複するのを避けたのと、持ち時間の関係上、簡単な自己紹介と最低限の内容に留まりました。けれど私はまあまあ満足です。

 

 

 

一見関係のないように見えて、実はぜんぶ循環しているのです。

IMG_8832

 

 

 

人にも犬猫たちにも高いQOLを維持できる社会をめざしたいです。

IMG_8829

 

 

 

あ、子熊にもね(笑)。

IMG_9040

 

 

 

「ぼくねこ~~~!!」

IMG_9047

 

 

 

はいはい^^

 

 

最後になりましたが、保護子猫秀多はお見合いを経て無事トライアルが決まりました。応援してくださった皆さまに改めて深くお礼を申し上げます。

 

 

ありがとうございました。

 

 

LOVE IS ALL!

 

 

 

スポンサーリンク





死地からさらったお姫さま

※ブログ連続更新中。速いスピードで書いているので遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんにちは。今回は保護譲渡活動内容が満載です。

 

 

まず夜、子猫秀多のお茶会が入っています。

IMG_0029

 

 

 

ナナがあまりにもうるさいわが家。希望者さんとゆっくりお話しできません。環境変化に強く、人見知りのない秀多はemi-goの病院にてお見合いをすることにしました。

IMG_0023

 

 

 

みいさんちでもこんなにふつうだもんね。がんばろうね秀多!

IMG_0005

 

 

※秀多の写真はみいさんの提供。みいさんちには保護猫椿がいます。

 

 

そして秀多のお見合い終了後は、emi-goの病院に預かってもらっていた保護猫を連れて帰ります。数日前にチチと私が近所で保護した茶白猫。卒業生十香の姉妹かと思うほど似ているので、名を「百香(ももか)」にしました。

IMG_9051

 

 

 

ふふ。茶白率高いですね。あと703号室は黒猫率も同様に高いのです。

 

 

話は少し逸れますが、うちの犬リルの散歩は日に3度行きます。朝、夕、夜。ナナとリルは同じペースで歩けないので、リルはリルだけで行くのです。

 

 

リルの散歩中にチチが見かけた「いじめられ猫」をチチから相談された私は、保護を決意。その猫は私も見かけたことがあります。けれど桜耳(TNR済み)なので、むやみに手を出していいのか迷っていました。だれがTNRをしたのかは不明。必死に聞きこんでいますが、結局未だわかりません。

 

 

前にも何度も書いた通り、うちの近所は猫にとっていい環境ではありません。

 

 

猫ギライが多すぎる。近所の人が偶然これを読んだら怖いので掘り下げて書くのはためらいますが、BB弾などで虐待する人や殺鼠剤で殺された猫もいます。嫌いな人の言い分は「邪魔だから」。

 

 

嫌いな人に猫のよさを語ったところで、どうにかなるのでしょうか?

 

 

私は時間の無駄だと思うので、野良猫だと判断すると即連れて帰ります。

 

 

死地からさらうのです。

 

 

今はとにかく寒い。裸足の外猫たちはみんな震えています。

 

 

暖を取りたくてあちこち彷徨っています。でも外に室内並みにあたたかい場所などあるのでしょうか? 「いじめられ猫」をいじめているのは「ほかの猫」。

 

 

頑固で無責任な餌やりじじいの撒く餌をめぐり猫同士が対立。

 

 

猫たちの周りはほぼ猫嫌いの人ばかり。むろん中には猫が好きな方もいるかもしれません。しかし私はまだそういう方と直接お話しできていません。

 

 

この環境に辟易です。いっそ人工的な都市に引っ越し外猫を見ずに済む暮らしがしたい。けれど猫たちを「紛争地」から連れて帰れるのは私しかいません。

 

 

聞き込みと並行しながら桜耳猫を保護すべく、チチもがんばってくれています。

 

 

私も時間を見つけては捕獲箱を設置し、秀多やポテチの家族募集を急いでいます。チチがリルの散歩中に持っている猫のおやつを目当てに、いつの間にか(桜耳猫を含む)3匹の猫たちがチチに寄ってくるようになりました。私とチチは根気強く餌づけをし、捕獲箱に入ろうとしない桜耳猫を素手でチャレンジしようとも考えています。

 

 

私たちの目標は猫たちにいじめられている「桜耳猫」の保護。

 

 

達成できるかは正直わかりません。現在はその道程にいます。

 

 

でも「いじめているほうの猫」はどうなるのでしょう?

 

 

なぜ桜耳猫をいじめるのでしょう?

 

 

飢えていて困っているから必死にテリトリーを守っているからじゃないですか?

 

 

やるなら全員やります。

 

 

いじめられているほうもいじめているほうもやります。

 

 

チチは最初、いじめられている子だけを不憫と嘆いていましたが、何度か話し合い、私は自分の気持ちを伝えました。やるなら全員やる。最終的にチチも納得。

 

 

で、桜耳猫の保護をほんのり期待しながらしつこく捕獲箱を設置して入ったのはこちらのお嬢さん。不妊手術すらしていない生粋の汚れた野良猫です。

IMG_9054

 

 

 

写真を明るくしたので実際の苦労感は伝わらないかもしれませんが、肉球はヒビが入り足が真っ黒に汚れていました。全身もほこりをかぶった感じの色合い。

IMG_9058

 

 

 

当然毛はボサボサ。箱の中で怒りまくっているという……(涙)。

 

 

emi-goの病院は忙しい時間帯だったので、チチと私で捕獲箱から洗濯ネットに入れて、簡易ケージを設置し、そこに入れておくことに。

IMG_9059

 

 

 

洗濯ネット越しだとおとなしいです。

IMG_9064

 

 

 

ネットだとコントロール可能のレベルですね。抱っこもできちゃう♪

IMG_9065

 

 

 

中島先生の手の空いた時間に手術をしてくれるから百香しばらくここにいてね。

IMG_9071

 

 

 

いきなり知らない場所に連れてこられたから不安だよね。

IMG_9069

 

 

 

よくわかる。あなたの先輩たちもみんなそうだったから。

IMG_9067

 

 

 

でも、私が必ずあなたをお姫さまに変身させ、終の棲家に案内する。

 

 

 

「信じていいの?」

IMG_9066

 

 

 

信じていいよ。いっしょに成長していこう。私にもいろいろ学ばせてね。

 

 

 

ということで! ポテチ! お願いがあります。

 

 

本日から、ポテチと百香はケージをわけますが、ルームシェアしてもらいます。

 

 

なぜならば703号室は2LDKなので、そうするしかないのです。ごめん。

 

 

 

「え……ハハ……それぼく初耳です」

IMG_8488

 

 

 

はい。たった今、言いましたから。

 

 

皆さま秀多のお見合いがうまくいくよう祈ってくださいね。そしてあと2匹無事に保護できるよう応援してください。私は全力でがんばります!

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





ラフモード

※ブログ連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんばんは。たまには息抜きにとりとめのないチグハグ更新を!

 

 

もうすぐ私の誕生日。私の家族はプレゼントを買ったら即渡すという習慣です。昨日、車でうちの下までスッとやってきてポンと渡されたのがこれ↓

IMG_8734

 

 

 

おお! 大好きなピンクだ♪ でも40代半ばなのに似合うのでしょうか?

 

 

母、妹夫婦がピンクのカーデガンを、白いシャツはマーさんから。ありがとう。たいせつに着ます。

 

 

で、こちらは妹分emi-goからお年賀にもらったマッサージ券

IMG_8736

 

 

 

うれしい。emi-goありがと。肩こりがひどいので昨夜さっそく使わせてもらいました。

 

 

私と母は同じ誕生月。先日は母66歳の誕生日を迎えました。

 

 

若くに私を産んだので、まだまだ元気。母のしつこいおねだりに負け、私がプレゼントしたのは上質なストール。巻いた姿をラインで送ってきたけど、なにそのポーズ? 足とかおかしくない? ちなみにワンピースは妹夫婦からのプレゼントだと思われます。ブーツはマーさんが買わされたっぽい。

IMG_8733

 

 

 

ネイルもかえました。ふふ。妹による無料ネイル。実は妹と数か月に渡り、それぞれのアイデンティティーで摩擦を起こしていたのです。だから私の爪はしばらく裸のまま。年の瀬に話し合い、仲よしの姉妹であることを再認識したので、しばらくネイルに困ることはありません。謝謝!

IMG_8731

 

 

 

さて、犬猫の話題も入れていきましょう!

 

 

新年、5㎝の乳がんを取った姑ちゃんのタマちゃん(14歳)に会いました。

IMG_8462

 

 

 

ガンと慢性腎不全と闘っているタマちゃん。姑ちゃんは通院に加え、すばらしいケアをしています。タマちゃんってだれよ? という方はこちらをお読みください

IMG_8460

 

 

 

タマちゃんは早期に不妊手術をしたのに乳がんになったレアケース。手術をしても余命は短いとされていたのですが、そんな風に見えないほどつやつやでした。タマちゃんの生命力を信じながら、姑ちゃんはタマちゃんと共生しています。

 

 

こちらはジュンちゃん17歳。姑ちゃんちの長女です。

IMG_8459

 

 

 

末娘のサンちゃんは雲隠れをしていたので写真が撮れず。三毛猫です。

 

 

 

「ハハはどこへいってもねこさんとあうのですね」

IMG_0036

 

 

 

「そんなにねこさんがすきなんですか?」

IMG_0001

 

 

 

まあそうだね。案外嫌いじゃないね。

 

 

「じゃぼくは?」

IMG_0018

 

 

 

うーん子熊か……深く考えたことなかったけど、子熊も好きかも。

 

 

 

「ハハぼくはねこですっ!!」

IMG_9083

 

 

 

秀多が3段ケージをすり抜けるので、外出時は1段ケージに入れることに^^;

IMG_8738

 

 

 

これなら突破できない。安心してお留守番させられます。とはいってもチチと私がそろって出る機会はほぼないのでお留守番は多くて数時間程度ですけど。

 

 

703号室は今日も平和で穏やかな時間が流れています。

IMG_8253

 

 

 

ナナは長めのお昼寝をしてくれました。

IMG_9089

 

 

 

リルもまったりモード

IMG_3941

 

 

 

パパっと簡単に掃除したし、ご飯炊いたし、お子たちのケアも早め早めに繰り上げているので、あとはポテチとラブラブしながら過ごそうかな?

IMG_8815

 

 

 

カメラにちょっかいを出すポテチ氏

IMG_8813

 

 

 

ヤバい。萌えちゃうね。めちゃくちゃかわいいんだもん。

IMG_8812

 

 

 

ポテチポテチ!! クリクリの大きな目がこぼれ落ちてしまいそうだよ?

IMG_8831

 

 

 

LOVE IS ALL!

 

 

スポンサーリンク





側面

※ブログを速いペースで連続更新中です。遡ってお読みください。

 

 

追記:応募多数のため、秀多の家族募集をいったん中止にさせていただきます。

 

 

家族募集中のポテチと秀多のアピールをするときはだいたいこんな感じです。

IMG_8457

 

 

 

雑音が入ると集中できない。だから耳栓。意外と消耗しているんですよ。

 

 

私は映画やお気に入りの連ドラを深夜に少しずつ観ていますが、TVはほぼ観ません。だから在宅時間の増えたチチがそばでTVを観ていると私に強いストレスがかかります。もともと聴力がよく地獄耳でもあるので、耳栓は必須アイテム。

 

 

あとはこのお方の絶叫から逃れるときにも使っています。

IMG_9023

 

 

 

もうすぐ16歳になるうちのナナは深刻な老化現象を抱えています。

 

 

室内ではあまり立てなくなりました。珍しく立ったと思うと家具をなぎ倒しながらあちこちに突進します。重い病気も患っています。

 

①認知症

②慢性腎不全

③膵炎

 

 

介護に加え、投薬、シリンジ食、点滴……どれも手がかかります。

 

 

散歩は1日に1回。外だとまだ歩けるので、脚力の衰えを防止するために歩かせるのです。新鮮な空気も吸わせてやりたい。厚着し、体温が下がらないように。

 

 

多飲多尿で知られる慢性腎不全がかなり厄介です。しかし多飲多尿であるうちはまだ腎不全の末期じゃない。多飲多尿を維持できているのはある意味ありがたい。

 

 

1600円するおむつをナナは2日で使い切ります。おむつをしても大量すぎるおしっこが必ず床に漏れます。床に漏れる量もハンパじゃない。うんちをこすりながら歩きます。老犬介護に慣れていない方はパニックを起こすかもしれません。それほどキツいです。体力もお金も時間もかかります。

 

 

 

リビングに滑り止めの(洗える)マットを敷いているのですが、日々このありさま。洗っても洗っても追いつかず、703号室はナナの排泄物でひどいにおい。

IMG_9075

 

 

 

ブログに汚い写真を載せるのがイヤだったのでなるべく避けてきたのですが、実際の生活はそうはいきません。毎日お尻を洗っています。通院前は必ず全身をシャンプーします。

 

 

だけどナナはにおいます。よだれも口臭もひどい。

 

 

食べては出し、起きては転び、思い通りにいかないときはひたすら叫ぶ。目ヤニを取ろうとしたら私を忘れて噛みついてきます。

 

 

ちょっと悲しいです。

 

 

やってもやっても追いつきません。全力でお世話をがんばっています。

 

 

703号室の側面に視点を移すと、実はアップアップなんです。

 

 

不謹慎な言い方ですが老犬を捨ててしまう人の気持ちが、私にはわからなくもないです。でも、ここからが重要。私は掘り下げてみました。

 

 

どうしてチチと私はナナの世話をするのか。

 

 

給餌や薬や点滴や通院をやめてしまえば、ナナはあっという間に逝く。

 

 

そうしたらいろんな意味で楽になる。

 

 

ならばなぜ私はやめないのか? 必死に死神に抗うのか?

IMG_9022

 

 

 

ずっとナナと生きてきた、家族としての責任? 意地?

 

 

 

いや、ちがう。

 

 

ちがうんです。責任なんていうのは後づけに過ぎず、私はナナの存在(実在)に深い感謝をおぼえているからだと思いました。

 

 

ナナが実在している。

 

 

私の愛するナナが今を生きている。

 

 

たとえどんな姿になろうと、ナナの存在こそが、私の生き甲斐なのです。

 

 

穏やかな寝顔を眺めていると、自然に笑顔になれます。

IMG_9026

 

 

 

ナナの不自由さや病気になり代わってやれるものならやりたいです。

 

 

代わってやれないから、サポートをする。結局そういうことなんですよね。

 

 

愛しているんです。ナナは私に愛を教えてくれた子です。

 

 

老犬介護でお疲れの皆さまもコメント欄へ来て吐き出してくださいね。

 

 

きれいごとばかりでは済まないでしょう。だけど所詮すべては愛ですよね。

 

 

そうそう!

 

 

メグさま&なっちゃんのママさんから亡きべべへのお花とお手紙が届きました。

IMG_9074

 

 

 

ありがとうございました。メグさま&なっちゃんのママさんは703号室卒業生天音の希望者さんのひとりだったのです。天音が縁でおつき合いがはじまり、703号室卒業生実葉セカンドオピニオンの通院もお手伝いくださいました。そしてなんとご自身の庭にやってきた老猫のなっちゃんを保護し、家族として迎えた尊い方。

 

 

 

べべ、美しいお花に見惚れてしまいます。お母さんはべべに会いたいです。

IMG_3968

 

 

 

べべと同じステージに立てるよう、お母さん丁寧に生きますね。

 

 

べべとお母さんは絶対に結ばれています。さびしさに耐えきれなくなったら遠慮せずにお母さんを呼んでください。お母さん喜んでべべの元に行きます!

 

 

んなわけで、ナナを中心にレギュラーメンバーの闘病がつづいている703号室。

 

 

 

保護猫たちが不憫ですね。秀多は小さいなりに気を遣っているようで?

IMG_9038

 

 

 

割とおとなしく? しています。若いからエネルギーはあるけど。

IMG_9039

 

 

 

ポテチとのラブラブ時間も足りません。

IMG_8853

 

 

 

せめての罪滅ぼしにちゅーるでご機嫌を取り、なでなでタイムを作っています。

IMG_8824

 

 

 

ポテチも秀多も終の棲家へ向かうべきです。

 

 

わが家で時間を持て余すのは彼らに失礼です。彼らは生きているのだからいっぱい甘えたいんですよね。チチと私の時間が限られていて申し訳ない。ポテチと秀多がもったいない。

 

 

とっとと卒業させ、スカウトと並行でレギュラーメンバーのケアをしていきます。どうぞ703号室を応援してください。皆さまがいてくれるのが私の救いです。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク