開院祝いとソイルのワクチン

へへ。穴の空いたジャージ着ています。右側が寒い。

demi (7)

 

 

 

で、迷ったんですが、気力がないので今夜は頭を洗いません。もういいです。

 

 

 

2日連続でemi-goの病院(大師前どうぶつ病院)へ通いつめています。

 

 

 

昨日は開院内覧会だったので近所のお花屋さんでアレンジを作ってもらいました。

demi (22)

 

 

 

ふふ。キュートです。emi-go喜んでくれるかなあ?

 

 

 

ルンルン気分でお花を片手に病院に着いた私は、びっくり目が点^^;

 

 

 

ぎょっ・・・・・・院内に溢れんばかりの花、花、花・・・・・・

demi (4)

 

 

 

表裏のないemi-goと実直な中島先生の人徳の賜物ですね。さすがです。

 

 

 

私と10年以上保護譲渡活動をしていた小宮さん、Fさん(ソイルを保護した方)、大森さんがいました。北海道に移住した小宮さんが病院にいるなんて。いちばん右側の女性です。

demi (21)

 

 

 

お会いできてうれしいです。ほかにもはじめましてのパールのお母ちゃんさま、地元の里親会を主宰しているかんべさんたち、たくさんの方とお会いしました。話しかけていただきありがとうございます。午前中にいらした方はごめんなさい。私は午後2時にノコノコ着いたのです。

 

 

中でもソウルメイトのMWさまにお会いできたのが奇跡のようでした。テンションマックスです。

 

 

MWさま宅には5匹の保護猫たちがいます。私もなにか力になりたくて鼻息を荒くしています。MWさまはemi-goの病院で保護猫の不妊手術と医療ケアの予約をしていました。無事に手術が終わり、里親募集のステージに立ちますように。

 

 

そしてこの方! 保護犬ボボボ。かわいい容姿ですが、ほんとうに苦労してきたのです。

demi (3)

 

 

 

8年間河川敷で生きてきた土手犬。もう一頭そっくりな犬がいたのですが、残念なことに最近車に轢かれて亡くなりました。地元で保護活動をしている方々が何回も何十回も2頭の保護を試みたのですが、ホームレスの男性(ゴンタと暮らしていた男性)が手放そうとしませんでした。そのくせ犬の飼い方は最悪で、間近で見てきた方は犬たちの姿に胸を痛めていたのです。

 

 

このたび、ホームレスの男性が8年間ともに過ごしてきたボボボを公園に繋いだままどこかに消えてしまいました。

 

 

ボボボはたまたま事情を知っている方に見つけてもらえて、emi-goの手に渡ったのです。

demi (5)

 

 

 

よかったね。土手犬たちの保護をしてきた私もとても安堵しています。

demi (26)

 

 

 

保護犬ボボボは家族募集中です。お問い合わせはこちらでも大歓迎!

 

 

 

院内を自由に歩かせてもらいました。猫隔離舎の前にて

demi (20)

 

 

 

猫舎のケージは特注。下は二段。中に行き来可能の穴が! 広く使うこともできるのです。

demi (28)

 

 

 

ほかに犬舎、トリミング室、診察室(2部屋)、手術室、各種検査のブースが完備されています。

demi (6)

 

 

 

中島先生、手術室にて。こうして透明な状態を見せていただけると患者は安心しますよね。

demi (10)

 

 

 

驚きの設備。至れり尽くせり。トイレもステキだったのでパチッ♪

demi (14)

 

 

 

内覧会で行われていた「プチ里親会」も盛況だった模様

demi (16)

 

 

 

みんな良縁が決まるといいね。

 

 

 

記念写真。院長夫人emi-goがんばれっ!

demi (11)

 

 

 

帰宅後、自宅であまぱんとさぶとナナの点滴を。いつもおとなしくしていてくれてありがとう。

demi (9)

 

 

 

よーし。私もうちのお子たちのケアやるぞ。前向きな気持ちにさせてもらえて感謝です。

demi (29)

 

 

 

飲むドモホルンリンクルはemi-goから、お菓子は小宮さんから。ありがとうございました。

demi (24)

 

 

 

ねえねえソイル、私、いいところ行ってきたの。明日ふたりで行ってみようね!

demi

 

 

 

ということで、保護猫ソイルを連れてまた行きました。

demi (25)

 

 

 

家を出る直前に車庫の鍵が車の中に入ったままだと気づいた私。一瞬絶望しましたが、マンションの住民さんを待ち伏せし、スペアキーを借りることに成功! 無事出発です。

 

 

「いらっしゃいませ。予約時間から30分すぎていますね?」

demi (17)

 

 

 

おお。ひさびさに会った。emi-goの愛犬ハタケ(女子)だあ! 元気だった?

demi (13)

 

 

 

ハタケは震災後の福島県のとある畑で保護された犬。車に轢かれ倒れていたそうです。

 

 

事故の後遺症で半身不随になりましたが、emi-goに出会い、たいせつにされています。

 

 

ハタケ専用の車椅子に乗せるとハタケは動きが一気に加速します。

 

 

emi-goは人を噛むという理由で安楽死寸前だった(馬並みに)超大型のシェパードやさまざまな理由で遺棄された病犬、病猫、老犬、老猫を家族として迎え、最期の瞬間までともに生きてきました。いっしょに旅に出かけ、いっしょに泳ぎ、いっしょに病魔と闘い、いっしょに歩んできました。死スレスレの、生き場のなかった多くの犬猫たちと。

 

 

自分の行動をひけらかすこともしません。すごいなあ。

 

 

30代の若い女性ですが、彼女を尊敬する理由は数え切れないほどあります。

 

 

 

ハタケ昼は病院の看板犬になるんだって? さっき保護犬ボボボとケンカしたらしいじゃん。

demi (15)

 

 

 

「やるな」               「へへ」

demi (19)

 

 

 

「にこ」

demi (8)

 

 

 

emi-goの病院の紹介をしていますが、読んでくださっている方にお願いがあります。病院に犬猫を捨てに来ることは絶対にしないでください。それは卑怯な人間がすることです。

 

 

犬猫の遺棄は犯罪です。

 

 

近頃の病院は監視カメラをつけているので、通報され逮捕されるのがオチです。まあわざわざ書かなくても、このブログを読んでくださっている方はそんなことしませんけど。

 

 

 

ああ。前置き長くなった。ごめんなさい。

 

 

看板犬ハタケが見守る中、ソイルが診察台にあがりました。

demi (12)

 

 

 

体重1.85。募集サイトへ掲載したときより増えていませんね。でもあのときは自宅の体重計で測ったので、今回が正確な数字です。

 

 

 

まだ乳歯ばっかりだから、歯の感じから生後4カ月程度とのこと。不妊手術は4月でいいそう。

demi (23)

 

 

 

後ろ足にワクチンをしてもらいました。ワクチンは後ろ足に打つのが重要です。

demi (18)

 

 

 

念のため駆虫薬を処方してもらいましたが、検便は異常なし。ソイルお疲れさま。

 

 

 

先ほどemi-goから私の画像がなぜか大量に送られてきました。

demi (2)

 

 

 

お花の整理と床の掃き掃除を手伝ったのですが、私の姿がおかしかったそうです(笑)。

 

 

 

ワクチンを終えたソイルは、ケージの中で安静にしています。ふだんに比べじゃっかん元気が半減していますが、ワクチン後だからしばらく様子を見ます。

demi (27)

 

 

 

おてんば娘さんが明日は体力全快になりますように。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

スポンサーリンク

小べべと小ソイルのちがい

私の妹になってもらいたかったemi-goのご主人、中島先生の病院が明日内覧会を迎えます。

y (3)

 

 

 

 

私は午後2時頃に病院へ遊びに行こうかな。

 

 

1~2時間ステイし、お手伝いできることがあったらしたいです。

 

 

お近くの方はぜひおしゃべりしに来てください~♪ 大歓迎だそうです。

 

 

 

さて、本日満天を新境地にお届けしてきました。

 

 

 

体調万全の卒業をめざしていたのに、かなわず残念です。

 

 

ご家族がやさしく迎えてくださったおかげで、私のほうは心配が薄らぎました。まずは食べて出すことが重要だと思います。満天のご家族紹介は近日中にしますね^^

 

 

 

さて、満天の通院や移動がつづき、在宅ワークでダメ出しを喰らいまくり、家でドタバタし、少し疲れてしまいました。今夜はソイル嬢のかわいい写真を貼りつけてパソコンを閉じます。

 

 

今ソイルはオトナへの階段をのぼっています。

IMG_0105

 

 

 

いろんなことを吸収しながら生きています。

IMG_0095

 

 

 

かえ、満天、ほほ、さぶ、あまたが遊び相手になってくれているので、ソイルは人に対し、この月齢特有の「甘噛み」をしません。単体で育った子犬子猫はこうはいきませんよね。

 

 

ペットショップ出身のうちのべべ公は幼い頃に親きょうだいから離され単身で我が家にやってきました。本来なら、親のしつけやきょうだいとの遊びを通じて、「していいこと」、「わるいこと」、「がまん」、「かげん」、「競争」を全身で学びおぼえるのですが、たいせつな社会化期をべべ公はひとりぼっちで過ごしていたのです。業者のケージの中で。

 

 

16年前の当時、私は犬と暮らすのがはじめてで、べべ公とどう接したらいいのかわからず、べべ公一頭飼育だったのもあり、お互いの距離感が掴めず苦労しました。

 

 

べべ公の乳歯攻撃を受けホトホト参っていたっけ。

 

 

甘噛みのレベルを超えた人間に対する執拗な噛み癖、建具、家具、小物の破壊^^;

 

 

なつかしいいい思い出ですが、渦中はべべ公を悪魔のように感じたほどです。

 

 

 

「16年前のべべ公」と「ソイル」、両者同じ「子ども」ですが、ソイルからは一度も甘噛みされません。大きなイタズラもありません。犬と猫のちがいはあれど、ソイルの性格のよさは我が家にいる成猫たちの愛情の賜物だと思います。何度も言っていますが、とても感謝しています。

IMG_0087

 

 

 

ね、ソイル^^ みんなにいっぱい教わっているのよね。大家族の特権だね。

IMG_0074

 

 

 

ふふ。ここでなつかしい話をひとつ。

 

 

ソイルを外で保護したFさんにまだ見ぬソイルについて質問をした私。

 

 

「保護した子猫の特徴は?」

 

 

Fさんからはこんな言葉が返ってきました。

 

 

「すごくいい子だけど、鼻の模様が残念・・・・・・」

 

 

えー? どんなお顔なんだろう? 残念って・・・・・・里親さん決まるかなあ?

 

 

ほんのり不安な気持ちで写真を待っていた私は、Fさんから送られてきたソイルの画像を前に思わず噴き出してしまいました。ぷっ。

 

 

 

なんだあ。超、超かわいいじゃん♪

 

 

 

もろ、私のタイプ!!

IMG_0091

 

 

 

こういう個性的なお顔が未来のご家族を癒し、笑わせ、和ませるんだと思います。

 

 

 

メチャメチャイケてる!!

IMG_0086

 

 

 

お待たせしている方々がいますが、頭を整理するためにちょっと隙間をくださいね。

 

 

善意のまなざしを向けてくださるみなさまにありがとうの気持ちです。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

スポンサーリンク

ソイルのこと 満天のこと

みなさまこんばんは!

 

 

さっきちびソイルが保護猫かえのおっぱいをチュパチュパフミフミしていたので動画に撮りツイッターに載せました。すごいかわいさでした。ソイル赤ちゃん返りしています。

 

(※私のツイッターのアカウントは@703_anny)

 

 

かえはお乳が出ませんが、おとなしく吸われていました。

 

 

かえのやさしいまなざしのおかげで、ソイルが心身健やかに育っているのを感じます。

 

 

 

ソイルはどんどんいい子に変身しています。行動のすべてがかわいくて仕方ありません^^

sosoeu

 

 

 

煌びやかな目もおもしろい鼻模様もぜんぶ好き♪

sosoeu (4)

 

 

 

ドレス姿はなかなかのフォトジェニックさ

sosoeu (2)

 

 

 

オトナ用の首飾りだからブカブカなんですけどね。

sosoeu (3)

 

 

 

かえ、ありがとうね。満天も見守ってくれてありがとう。

IMG_9798

 

 

 

 

さて、今週末703号室を巣立つ予定の満天ですが、昼頃ゲーゲー吐いてしまいました。

 

 

慌てた私は大巻先生にすぐ電話。

 

 

おそらく(風邪の治療で)一定期間抗生物質を投与していたのが原因の胃腸炎だろうとのこと。うちのあまぱんも抗生物質入りごはんを食べるとすぐ吐くので同じ体質かもしれません。

 

 

 

数時間様子を見ていたのですが、またもや吐いてしまったので、心配で病院へ連行。

 

 

 

昨日まで超がつくほど元気だった満天。でも薬入りのごはんをだんだんいやがるようになっていたのです。これまでの経験と勘から抗生物質が原因だとは思いますが、卒業前ですし、急性膵炎などだったらこわいので血液検査と点滴をお願いしました。

IMG_9820

 

 

 

「ぼく 病院苦手なんですよね」

IMG_9815

 

 

 

体重は5.6キロ。熱は38.6(猫の平熱の範囲内)。聴診触診異常なし。前回と比べ血液検査は総じて大きな変化なし。膵炎も否定されました。ホッ。

 

 

 

ビタミン剤、胃薬入りの点滴を注入

IMG_9821

 

 

 

今夜はケージに隔離。涙の絶食です。

 

 

里親さんにはすでに連絡済み。お届け日、時間の変更を相談しました。

 

 

引っ越しや移動は保護猫たちにとってストレスかもしれません。けれど、頭数がやたら多い我が家より、のんびり過ごせる里親さんのお宅のほうが環境がいいのはたしかです。

 

 

満天は現在我が家でほかの子たちとの共存をがんばっていますが、本来の満天の性格を考えると、1匹飼いか犬猫の頭数の少ないお宅が向いている気がします。

 

 

現に満天はほほがキライですし、さぶのこともあんまり得意ではないようです。犬のナナに限っては、吠えるナナがこわいからあまり近づかないようにしているのがよくわかります。

 

 

だから満天の幸せを考えれば、一日でも早くほんとうの家族と暮らせる方がいいんですよね。

 

 

お届け直前にゲーさせて、里親さんにもご心配をおかけしてしまい、不甲斐ない限りです。

 

 

今、私の頭の中は満天のことでいっぱいです。

 

 

いろいろ滞って申し訳ありません。

 

 

ソイルのご縁探しもなるべく迅速にすすめていきますのでちょっとだけお時間をください。

 

 

明日はみなさまにとっていい一日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク

うちの保護猫ら

みなさまこんにちは。703号室をご覧くださりありがとうございます。

 

 

保護猫ソイルの家族募集をはじめました。予想以上に多くのお問い合わせをいただき、うれしいです。私は個人で活動しているので、保護、ケア、掲載、やり取り、譲渡、そして譲渡後のフォローのいっさいをひとりでやっています。

 

自宅の犬猫たちのお世話、在宅の仕事、家事、保護活動(里親さんたちとのやり取り、大量のメールなど)があり、タイムリーにお返事が書けません。メールをいただいてから最大24時間程度お待たせしてしまうかもしれませんが、ご理解いただければ幸いです。

 

 

 

さて、今日はうちの保護猫たちの近況写真を載せます。

 

 

まずは家族募集中のちびソイル

sososo (16)

 

 

 

花枝(かえ)となかよしです。姉妹のような、親子のような、親友のような親しい関係

sososo (17)

 

 

 

ソイルは幼くして外で母猫やきょうだいと別れ、ひとりがむしゃらにがんばってきました。

 

 

 

ソイルという仮名は、土まみれで保護された彼女の生い立ちからインスピレーションを得たもの。生物の根源である土・・・・・・甘えたい盛りだったソイルは土を踏みしめ歯を食いしばり、いっしょうけんめい生きてきたんですよね。

 

 

そんなソイルはかえというやさしいルームメイトと出会い、失った母猫やきょうだいのぬくもりを再び思い出している気がします。このふたり、年中くっついていますよ。

sososo

 

 

 

かえありがとう。かえもまた失った者たちをソイルの中に見ているのかもしれないね。

 

 

 

昨日はトライアルが決まっているかえの里親さんから食器の画像が送られてきました。

sososo (14)

 

 

 

キュートで実用的な食器を揃えてもらうようです。いいねえ。

sososo (13)

 

 

 

歩いているところを無理やり捕まえて抱っこ!

sososo (12)

 

 

 

首締めてるわけじゃないですからね! 自撮り中なのです。

sososo (11)

 

 

 

だれかが残したごはんをめざとく発見した模様

sososo (7)

 

 

 

「あ! ここにもひとつぶあるぅ♪」

sososo (8)

 

 

 

ふふ。美顔に似合わず食欲旺盛のかえです。

sososo (10)

 

 

 

かえはiPhoneで撮った写真ばかりだから、トライアル前にカメラでちゃんとしたのを撮ろうね。

sososo (9)

 

 

 

ブログに載せたいし、記念として保存したいもん。

 

 

 

つづいては卒業が決まっている満天の最後の通院の様子を。風邪治療中の満天は念のため薬を追加で処方されました。体重が200g増えていて驚愕。たまに帰ってくるチチが大量にごはんをあげてしまうのです。ムカついた私はチチに即電話。そのまま夫婦ゲンカになりました。

 

 

満天、卒業までもう間もなくだけど、今からダイエットね。

 

 

 

「はい?」

sososo (5)

 

 

 

「ぼく ここんちはやく出たいです」

sososo (4)

 

 

 

爪も切ってもらいました。ピカピカのハンサム男子は今週末我が家を巣立ちます。

 

 

すごいさびしい。

 

 

 

最後は保護猫実葉(みは)。実葉は最近(実葉を預かってくださっている)マイママさんのおひざから降りようとしないらしいのです。人間に腕を折られ大手術に耐え、不妊手術のミスで再手術になり、散々な目に遭ってきたのに、実葉は人間が好きで仕方がないのですね。

170131_2123

 

 

 

来週みいさんを連れてマイママさんちに行きます。実葉もアピールフォトを撮ってもらい、いよいよ家族募集です。みなさまその際は応援よろしくお願いします。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

うちの保護猫たちはみんなイケてるでしょ?

 

 

べべ公もほかのレギュラーメンバーも元気にしています。

 

 

 

数日前の朝のべべ公

sososo (2)

 

 

 

満天とソイルが引き裂いたトイレットペーパーで地味に遊んでいました。

sososo (3)

 

 

 

 

みなさまいい一日をお過ごしくださいね。

 

 

私は今から3時間程度仕事をします。

 

 

(ツイッター上で私の姿を見かけたら叱ってください・笑)

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

ソイルの家族募集をはじめます

保護猫ソイルの希望メールをくださっている方へ

ソイルに対しお問い合わせくださりありがとうございます。私は犬猫たちの世話にくわえ在宅で仕事をしておりますので、メールに目を通し、お返事を書くのが明日以降になるかもしれません。少しお時間をいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。またツイッターやブログで順次かわいい姿を載せていきますね。

 

 

保護猫ソイルの家族募集サイトの記事を書く予定でしたが、連日長時間パソコン前に座って眼精疲労が溜まっているので本日はサクッとブログだけ更新します。

 

 

ソイルは家族募集をはじめます。みなさま応援してくださいね。

5

 

 

 

仮名 ソイル

月齢4~5カ月

性別女子

ウイルス検査FIV、FeLVともにマイナス

ワクチン済み

体重1.8キロ

 

 

性格は快活。元気。でも弾けすぎていません。明るくやさしいタイプです。保護時の警戒心が完全に取れ、人間を信頼し絶えずベタベタしてきます。私のあとをくっついて歩いていますよ。

 

 

犬も猫も大好き。いっしょに仲よく暮らせます。トイレはもちろん失敗しませんし、おとなしくケージに入っていられます。お留守番は半日程度なら難なくできます。爪とぎも決められた場所でのみやっています。爪切りは楽勝。はじめて猫と暮らす方にもオススメできます。

 

 

健康状態はすこぶる良好。私はこれまで一度もソイルの体調面を心配したことがありません。

 

 

まわりのおとな猫たちの心根がいいから、ソイルは純真で素直なレディに育っています。

 

 

どうせなら子猫から育てたい。だけどあまりにも小さい子は不安。

 

 

そんなおうちにもピッタリ。我が家ではまちがいなくもっともミニサイズゆえ子猫の愛らしさをしばらく堪能できます。逆に骨格がしっかりしつつあるので儚いだけの存在でもありません。

 

 

家族として迎えるにはこの月齢の猫がいちばんいいんじゃないかな?

 

 

 

5キロのあまぱん(黒白)と並べてみました。サイズ感がわかりますかね?

mottainai (9)

 

 

 

親猫から受け継ぐ体質や気質もあるでしょうが、私はやはり「育っている環境」が心身の生育に多大な影響を与えると考えています。うちはご存じのとおり多頭です。不自由やがまんを強いてしまうときも多いのですが、だからこそソイルはいろんなことを学習している気がします。

 

 

私も「数が多いから手がまわらないのは仕方がない」を免罪符にしないよう努力しています。

 

 

なによりも、お友だちの扱いに慣れているうちのお子たちや、先輩保護猫満天、かえが全力で育児に協力してくれているので、ソイルがまっすぐにスクスクと成長しているのを感じます。

 

 

親バカのひいき目ではなく、ソイルを客観的に観察して得た結論ですよ!(笑)

 

 

信じてください。

 

 

ソイル、家族を得てうちを巣立って幸せになりたいですか~?

 

 

 

 

「はーいっ!」

mottainai (10)

 

 

 

よーし。じゃあいっぱい写真を載せてアピールしようね。未来のご家族の目に留まるように。

 

 

ソイルに対するお問い合わせをソイルともども心待ちにしています。

 

 

どうぞよろしくお願いします。ペコリ。

 

 

ソイルの写真は日々の更新に出ています。よろしければスクロール↓して読んでくださいね。

 

 

 

そうそう!

 

 

今夜は自分のごはんを作るついでにあまりもので手作り犬猫ごはんを作ってみたのです。

mottainai (3)

 

 

 

右のガスコンロで人間用のミネストローネを。左のガスコンロで犬猫のおじやを。

 

 

冷蔵庫に入っている冷凍ごはんを使って定期的に作っています。簡単です。

 

 

うちは老犬ばかりなので、ミキサーにかけドロドロのスープに仕上げました。

mottainai (4)

 

 

 

茅の屋の減塩ダシ、冷凍ごはん、にんじん、キャベツ、ジャガイモ、マッシュルーム、ササミを大量の水で煮込むだけ。食べさせる直前にオリーブオイルや亜麻仁油を少したらします。

 

 

 

みーんな大喜び! 大成功! おかわりする者続出です。

mottainai (8)

 

 

 

特に少食のリルとさぶがおいしそうに食べてくれたのはうれしかったなあ。べべも勢いよく食べました。満天、かえ、ソイルにいたっては皿まで平らげそうな勢いでした。もともとこれは「犬ごはん」ですが、猫たちにもおやつ程度にちょこっとあげています。

 

 

 

ふふ^^ 同じ写真をマンガ風にアレンジ

mottainai (7)

 

 

 

そうこうしているうちに人間用も完成~! 野菜がたっぷり入っています。

mottainai (5)

 

 

 

家で犬猫たちとおしゃべりをしながら料理をするのは幸せですね。

mottainai (6)

 

 

 

もし犬猫と暮らしていなかったら、話し相手がいなくてさびしかったと思います。

 

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、保護猫満天、保護猫かえ、保護猫ソイル、うちにいる子たちは全員私にとって無二の存在です。いつもいつも、とても感謝しています。

 

 

ありがたい人生ですね。

 

 

みなさまもよい明日をお送りください。

 

 

みいさんが撮ってくれたゴージャスな花を添えて

mottainai (11)

 

 

 

LOVE!

mottainai (2)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク