リタの近況

マイ太郎さん(&みなさん)からいただいたほほへのお花

1pan (3)

 

 

ありがとうございました。しばらくの間美しく咲いていましたよ。

1pan (2)

 

 

榮先生が素敵なプレゼントを贈ってくださいました。サボンのバスソルト大好き♡

1pan (13)

 

 

榮先生の手作りのピアスは2日連続でつけています。ありがとうございます。

 

 

さて703号室の近況ですが、実は保護猫リタが体調を崩しています。

1pan (14)

 

 

twitterをご覧の皆さまはご存知だと思いますが、胃腸炎(または膵炎)の可能性があり、現在治療中です。私は心配でハラハラドキドキ……

 

 

12月24日クリスマスイブ、リタは外でごはんをくれていた女性との再会を果たしました。リタのいた場所には男性と女性のいわゆる「餌やりさん」がいるのですが、女性の帰省中にリタが怖い思いをしたのです。見兼ねた男性の独断でリタがうちに来ることに決まり、女性は心残りだったそうです。

 

 

電話で一度顔を見せてほしいと言われました。

 

 

会ってもらえれば女性が安心してくれるかなと考え、来てもらったんです。

1pan (4)

 

 

女性はリタにあげていたごはんやベッドのプレゼント、おみやげのおせんべいを持ってきてくれました。リタを家に入れることはしなかったけれど毎日気にかけていたんですね。なのにリタは隠れてしまい、ほとんど出て来ないという薄情さ……

1pan (5)

 

 

うう。ごめんなさい。すっかり内弁慶のお嬢さまにしてしまいました。

1pan (6)

 

 

外でひたむきにがんばっていたリタの話を聞いてますますリタが愛おしくなった私。リタは本当にえらい子ですよ。よく生きていてくれたね。大変だったでしょう?

1pan (7)

 

 

 

その数日後、リタは食欲が落ちたので病院へ

1pan (11)

 

 

(特異的リパーゼの外注検査はしませんでしたが)血液検査、エコー検査の結果、異物を飲み込んだ形跡はなく、腎臓などの主要の臓器の数値も悪くない。

1pan (12)

 

 

熱発もナシ

1pan (10)

 

 

口の中もきれいです。

1pan (9)

 

 

点滴をお願いしました。リタお疲れさま。おうちに帰って安静にしよう。

1pan (8)

 

 

翌日は病院から点滴と薬を処方してもらって私が処置

1pan (15)

 

 

繊細な性格なのでリタにとっては家にいられるのがいちばんいい気がします。

1pan (16)

 

 

そして本日、ハリのお届けから帰宅したあとマイ太郎さんに抱っこしてもらって処置。エアコンの上に避難したリタを下におろすのに超苦心しました。

1pan (19)

 

 

チクッとしてごめんね。

1pan (18)

 

 

不服の表情をしています。

1pan (17)

 

 

フリーを謳歌しているリタですが、ジャンプ力がすごいのでリタの心が落ち着くまで簡易ケージに入ってもらうことに。早く治してあげたいのです。

 

 

リタは(最悪膵炎も見込んだ)胃腸炎の治療をしています。

 

 

下痢にデルクリア、吐き気止めにセレニア、食欲を出すためのペリアクチン、点滴によるビタミンと水分の補給、ガスターはちょっとお休み、が最新のコース。食事はidペースト缶。膵炎だとしても食べて問題なさそうとのこと。消化にウエイトを置いています。

 

 

1時間おきに保護部屋に様子を見に行っていますが、これ、さっき撮った写真です。

1pan (1)

 

 

膵炎なら腹痛を伴うのでこのポーズはむずかしいはず。少々回復したのか? ごはんをおねだりしたり私の足元にスリスリしてくる元気が出ました。

 

 

考えつく限り、できる限りのことを私なりにしていきます。

 

 

健康って当たり前じゃないんですよね。改めて食べてくれることのありがたみを知りました。リタ、魅惑のぽっちゃり体型をキープしていこう。

 

 

皆さまもお身体をたいせつにしてください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ほほの第二の母

最近の私はある意味規則正しい? それともめちゃくちゃ? な生活を送っていました。夜中の1時近くに就寝し3時に起きて午前8時頃まで書く。その後はみんなのお世話や家事を4時間程度。正午に寝て3時にまた起きる。もはや早起きなのか夜更かしなのか自分ではよくわからない。

 

 

でもそんな生活ももう終わり。2万文字の章を終え今朝野島さんに送りました。私なりに正月休みを楽しんで1月4日からラストスパートをかけます。

 

 

さて、先日私は703号室卒業生クー太の里親MIHOさんちに行きました。クー太ときなこを交えパジャマパーティをしたんです。クー太と私、ふたりともグチャグチャ……

222kurisumasu (3)

 

 

MIHOさんちでさんざん食べたあと、踏み台昇降運動を32分がんばりました。

 

 

意味があるのかないのか^^;

 

 

ほぼスーパーのお惣菜ですが、おいしそうでしょ?

222kurisumasu (9)

 

 

 

テーブルの花は私からMIHOさんへのプレゼント

222kurisumasu (11)

 

 

 

友だちになって長いのにそういえば一度もお花を贈ったことがない気がする。

222kurisumasu (10)

 

 

劣悪な環境から保護した成猫クー太を9年以上たいせつに育ててくれているMIHOさん。クー太は慢性鼻炎がひどすぎてメンテナンスのむずかしい猫なんです。

 

 

キラキラ輝いているのはMIHOさんのケアの賜物

222kurisumasu (8)

 

 

 

みいさんちの卒業生きなこともラブラブしました。美しさが半端ない♡

222kurisumasu (1)

 

 

 

女同士ペチャクチャしゃべりバクバク食べほしいものをネットで検索し、スリラー映画を鑑賞。運動もやったし本当に楽しいひとときでした。

 

 

MIHOさんは長年うちのお子たちをかわいがってくれています。

 

 

特にひいきしていたのはほほ。

 

 

私がほほより先に死んだら東京大学の前田先生がほほを引き取る話になっていたのですが、前田先生が何らかの事情で引き取れない場合はMIHOさんが後見人に名乗りを挙げてくれていたんです。

 

 

ほほの通院も毎度つき合ってくれました。私が誘うんじゃなくて自主的に来るんです。ほほが宇宙へ帰ったとき、私とチチの次に取り乱したのはMIHOさん。ほほとMIHOさんはいい関係だったんですよ。MIHOさんのiPhoneのカメラロールにはほほがいっぱい。

 

 

MIHOさんも私もまだ怖くてぜんぶは見られません。

 

 

先月私はMIHOさんの誕生日をサプライズで祝いました。

222kurisumasu (6)

 

 

といってもケーキとプレゼントを用意しただけですけど。

222kurisumasu (4)

 

 

 

MIHOさんの好きそうな赤ワイン、冷えをあたためる靴下、クラランスのハンドクリーム&ボディミルク、バラの花束に見えるチョコレート。ほほからはMIHOさんへの感謝のカード♪

222kurisumasu (5)

 

 

 

パチっ!

222kurisumasu (7)

 

 

 

ほほがいないこの部屋は前よりずっと暗い。私は相変わらずほほロスです。

222kurisumasu (2)

 

 

 

無理をしても忘れられないので、自分の気持ちを吐き出していきたいです。

 

 

べべとナナとほほに会いたい。かつや私が見送ってきた子たちに会いたい。会いたい会いたい会いたい。愛してきたし、愛しているから。

 

 

スポンサーリンク





本づくりの話(言い訳多め)

まなちゃんとの合同卒業生ひーちゃん家からプレゼントが届きました。保護猫たちの大好きなシーバの箱詰めにお手紙にひーちゃんカレンダーが入っています。

IMG_5172

 

 

写真がすべてかわいいのです♡ 本当に愛されていますよ。最高ですね。

IMG_5173

 

 

どうもありがとうございました。たいせつに飾らせていただきます。

 

 

ほかにもいろいろプレゼントをいただいていますがまたの機会に自慢させてくださいね。

 

 

それと703号室親バカポストカードをお求めの方々がメールで「こんなときにすみません」と書いてくださるのですが、いえいえとんでもない。超ルンルンで投函しています。ありがとうございます。

 

 

さてハットリ改めハリの卒業が近づいてきました。

IMG_5208

 

 

ドキドキ、ワクワクします。ハリとの残りの数日間を楽しんでいきたいです。

 

 

ハリは703号室の自慢のスターなので鼻息荒く卒業レポを書きますね。

 

 

今夜は保護猫リタが珍しく2回も嘔吐してしまいました。明日も吐くようなら病院へ連れて行きます。保護猫たちが健康でいてくれないと心配でたまりません。

 

 

リタパンのお気に入りのスタイル

IMG_5183

 

 

後ろから見るとこんな感じ↓

IMG_5184

 

 

おもしろいなあ。笑わせてもらっています。

 

 

最後に、先日私は野島社長&リーさんと本の打ち合わせをしました。

111kurisumasu (1)

 

 

題名が決まり、表紙のデザインのイメージも伝えましたよ。

 

 

お二方はスタンバイ完ぺきだというのに私は原稿を書き終えていないという(汗)。

 

 

正直、今年は半端なく苦しかった。ナナとほほを失ったことからぜんぜん立ち直れていません。昨年べべと別れたことも消化できていないんです。あの子たちへの未練が深すぎてどうしようもありません。気が緩んだ瞬間、涙の爆弾が襲ってきます。

 

 

私にとっての家族はかけがえのない存在で、目に入れても痛くないほど溺愛してきたつもりです。だからしばしばこの痛みに耐えられなくなります。

 

 

そんな中で昔の関連ブログ記事を読んで書き進めるのは苦行に近いのです。

 

 

言い訳がましいのですがみんなが生きていたらもっとスイスイいけたでしょう。

 

 

でもべべナナほほがいないからフリーズしてしまう。私はきっと過去からも現在からも逃げているんですね。ついでに未来も怖いです。我ながら情けない。

 

 

けれど別の次元で私の中に卒業生たちについてまとめたい気持ちがあるのも事実。

 

 

だから今、私なりに歯を食いしばっているイメージ(笑)。

 

 

1月末までに書きあげ、来年の5月前半までに出版するのを目標にしています。

 

 

もう少し進んだらまた改めて紹介させてくださいね。

 

 

今週中に大作(自分比)の一章を野島さんに送らないと。ではこの辺で失礼してとっととつづきをやります。皆さまおやすみなさい、おはようございます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





祝福の子

ソウルメイトのMWさまよりクリスマスプレゼントが山のように届きました。保護猫が4匹いるのでちゅーるも砂も助かります。クオカード、ご支援、クリスマスカードもありがとうございました。

111kurisumasu (2)

 

 

私が保護し、みいさんが譲渡したリーの里親POKOさんからは手づくりの美しいロールケーキが。POKOさんうまく切れましたよ。ありがとうございます。名古屋組のPOKOさんとお会いしたいな。

111kurisumasu (4)

 

 

にゃん太さんからはリンゴがどっさり。甘くてビックリ。他言無用とありますが、ほほが他界した直後に送ってくれたので私を気遣ってのことでしょう。にゃん太さんありがとうございます。

IMG_4512

 

 

POKOさんのロールケーキとにゃん太さんのリンゴをぜいたくに合わせ食い♡

111kurisumasu (6)

 

 

ふふ。おいしかったのは言うまでもありませんっ!

 

 

直木賞作家の森絵都さんからはおやつとカードが……

111kurisumasu (11)

 

 

森さんに超会いたいです。ハクちゃんの介護(スウちゃんも)がんばってください。

 

 

在りし日のほほとナナからもありがとうを♪ ナナちゃんは足が行儀悪い(汗)。

111kurisumasu (3)

 

 

 

顔がハッキリ写っているイクメン写真もご覧ください。保護子猫を見守っているほほです。

111kurisumasu (12)

 

 

 

皆さまメリークリスマス

111kurisumasu (7)

 

 

聖夜の夜をいかがお過ごしですか?

 

 

私は特に予定もなくひとりでパソコンに向かっています。

 

 

昨夜べべが夢に出てきてくれました。サンタからのプレゼントかな?

 

正確にはべべじゃないんです。

 

りょうちゃんがジャックラッセルテリアの女の子を保護したと聞き、りょうちゃんちに会いに行ったらべべと瓜二つの子だったという話。夢の中で「べべ!」と叫んでしまいました。私は寝言がうるさいので実際絶対べべの名を呼んでいたにちがいありません。べべに似た女の子を触ろうとしたらガブっと噛まれてしまいました。夢の中でべべに似た女の子に何度も噛まれました。

 

 

べべじゃないのにべべみたいな容姿。目覚めてからもべべみたいな子のぬくもりがやんわり残っています。だから余計にさびしくなるという……。

 

 

ナナとほほは夢に出てきてくれません。つれないですね。

 

 

失ったものの大きさを痛感しまくりの日々を生きています。苦行だね。

 

 

お母さんはリルと

111kurisumasu (5)

 

 

あまぱん、そしてさぶをたいせつにしていくと改めて心に誓いました。

111kurisumasu (10)

 

 

 

私ね、Twitterを徘徊して胸がギュッと締めつけられたんですよ。

 

 

あちこちでクリスマスを祝っていて、みんな幸せそうだなあと。

 

 

恋人同士祝い合う

親が子のサンタに扮する

犬猫にコスプレをさせケーキのおすそ分けをする

メリークリスマス!!

クリスマスは選ばれし者のためにある

愛されるものだけが幸福を味わう

なら次のクリスマスまでに愛される犬猫たちを一頭でも多く増やしたい

メリークリスマス

うちのかわいい子たち!

 

 

文字制限の関係上これしか書けなかったけれどうちの保護猫たちを眺めながら万感の思いに耽ってしまいました。だってそうでしょう? 垣根は要らないですよ。16年以上もの時間、私は彼らの幸と不幸の境目にずっと立っているんです。

 

 

だれだって祝福されたいのは同じです。

111kurisumasu (13)

 

 

誕生したからには満たされたい。

111kurisumasu (9)

 

 

私は手におやつを持ってリル、あまぱん、さぶ、すずらん、ハリ、リタ、えい吉の順にまわって一言ずつ感謝を添えながらみんなを祝いました。

111kurisumasu (8)

 

 

 

メリークリスマス!

 

 

全員神の子で、全員愛の子!

 

 

生まれてきてくれてありがとう。私にはきみたちが必要です。

 

 

きみたちはきみたちであるだけで尊い。キラッキラですよ。

 

 

Paint it with LOVE

 

 

スポンサーリンク





まめの心臓 ほか

みいさんの里親さんの岡田さんファミリーよりほほへのお花が届きました。

wagaya (2)

 

 

まだきちんとお礼ができていなくてごめんなさい。きれいですね。どうもありがとうございました。在りし日のべべ公とほほを添えて、感謝です。

wagaya (1)

 

 

今日はクリスマスイブですが私は特に予定もなく家にいてます(笑)。ケーキくらいは食べたかったけれど、増えた2キロを考えるとパスしてもいいかも^^;

 

 

ケーキといえば、先日フォスターアカデミーの帰りに表参道で猫のシューケーキを見つけました。チチの誕生日付近だったので1匹連れて帰ることに。白(ホイップ味)にするか茶(チョコ味)にするかでさんざん迷って……

wagaya (4)

 

 

白をチョイス

wagaya (5)

 

 

食べるのがもったいないほどかわいいです。

wagaya (6)

 

 

でもまあ、容赦なくスパッとね……

wagaya (7)

 

 

無残な姿に夢を奪われた方々、本当にごめんなさい。おいしかったです。

 

 

「ぼくもクリーム一口もらった」

wagaya (20)

 

 

「おいしかった」

wagaya (19)

 

 

ハリくんよかったね。みんなでいただくと余計に甘く感じます♡

 

 

現在703号室には4匹の所属スターがいます。

 

 

卒業が決まっているハリ、すずらん、twitterでおなじみの山口えい吉くん、近所から連れ帰ったリタ。どの子も個性豊かでキラキラ。中でもトリッキーなぽっちゃりさんのおもしろい写真が撮れましたので紹介させてくださいね。

 

 

姿が見えないのでリタリタ探したら、こんなところにいました。

wagaya (9)

 

 

ふふ。折り上げ天井です。

wagaya (10)

 

 

えい吉のケージをつたって登ったのかな?

wagaya (11)

 

 

まあるいのに運動神経がいいですこと♪

wagaya (12)

 

 

そんなリタはえい吉の憧れの女性のようで……

wagaya (8)

 

 

えい吉はケージ越しにリタに向かって愛を叫びまくっています。

 

 

「恥ずかしいから言わないで」

wagaya (3)

 

 

あ、バラしちゃった。あとでえい吉からの容赦ないパンチが飛んでくるな。

 

 

 

最後に、先日妹と妹の愛犬まめを連れて世田谷にある心臓専門の病院へ行った日の写真を!

wagaya (13)

 

 

まめは15年前に私が草加警察から保護した成犬。

 

 

だからもう立派なおばあちゃん。心臓がめっきり弱くなり心配ごとが増えてしまったので心臓に特化したプロに診てもらうことにしたのです。

wagaya (14)

 

 

まめがんばれ!

wagaya (16)

 

 

まめは私にとっても大事な存在です。

wagaya (15)

 

 

院長先生いわく、心臓が肥大しているものの、直ちに急死するレベルではないとのこと

wagaya (17)

 

 

結果に妹は胸を撫でおろしています。私もホッとしました。

wagaya (18)

 

 

診察と検査にかかった時間は1時間弱。完全予約制ゆえ早く終わりました。ちなみに値段は7万円払って数千円のお釣りがくるレベル。高い。しかし妹はまめは若い頃健康で大してお金がかからなかったからこれくらい全然いいと話していました。妹だけでなくあとで家族に加わった妹婿のタカも同じ気持ちなのがうれしいです。

 

 

犬も猫もだれが家族になるかで運命がわかれますよね。

 

 

まめのために室内にカメラを設置し、投薬や良質なフードに手を抜かない妹は、手前味噌ながら安心できる里親だとつくづく感じました。

 

 

皆さまもたいせつな家族と素敵な聖夜をお過ごしください。

 

 

私の膝にはさぶがいて、すぐ隣の椅子にはあまぱんがいます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク