MICRO ADOPTION(3美女を添えて)

皆さまこんにちは。私が都心のマックで保護したてりたまちゃんを覚えているでしょうか?

IMG_4866

 

 

※かおりん、かおりんの息子さん、フラゴビさんご夫妻と輪になって、みんなでてりたまちゃんを保護譲渡した一連はこちらをお読みいただければと思います。

 

 

そのてりたまちゃんが長いトライアルを経て、この度正式譲渡になったのです♡

IMG_4862

 

 

ああ。もうすっかりお嬢様だあ!

IMG_4861

 

 

フラゴビさんの愛猫さんたちとも折り合いがついてよかった。えらかったね。

IMG_4865

 

 

幸せそうな姿にほっこり

IMG_4863

 

 

てりたまちゃん、のんびりと生きていってね。

IMG_4864

 

 

てりたまちゃんにつづけとばかりに、私が譲渡責任者となっている保護猫琴里(とろろさんちにステイ)は今週末、703号室のスター保護猫ミミ玉は来週のお輿入れとなりました。美しい成猫女子たちが次々と終の棲家へ羽ばたいていきます。感無量ですね。

 

 

琴里、最初は緊張しちゃうかもしれないけれど

dde (5)

 

 

琴里のペースでゆっくりなじんでいってね!

dde (6)

 

 

時間はたっぷりあるのだから^^

dde (7)

 

 

「はーい」

dde (1)

 

 

ミミ玉ももうそろそろだね。

dde (2)

 

 

シャイなミミ玉が心配だけど……

dde (4)

 

 

卒業前検診も終えたし、今のところ体調は安定しているし、大丈夫かな?

dde (3)

 

 

ビクビクしながらも外で賢く生き抜いたミミ玉だから、あなたの底力を信じているよ。

dde (1)

 

 

コロナ渦で人々の生活様式が変わり、だれもがいろいろな制限を受けていますが、私の微々たる保護譲渡活動は、実はコロナの影響をあまり受けていないのです。

 

 

こういう部分は小回りの利く「個人」の強みであり、利点ですよね。

 

 

うちの子たちがお世話になっている東京大学の前田先生も「今の時代だからこそ個人が行う草の根の活動が重要になるのではないか?」と自身のサロンで述べていて、私のような個人活動の総称を「マイクロ・アダプション」と名づけてはどうか? とのご提案をいただきました。

 

 

おお。なるほど。かっこいいし、いいですね。

 

 

前へ進む、小さくても確実に成果を出す、関わった犬猫たちの実りある未来を追求する、彼らのQOLを追求する、負った責任を投げ出さない、責任をほかになすりつけない、そして、責任という重石に自分が潰されない、どうせなら楽しくやる……これらを私は意識しながら取り組んでいます。

 

 

恨み言や愚痴をさらけ出してしまう日もあるでしょう。

 

 

しかしその十倍、百倍の感謝や喜びを胸に持って、たとえ牛歩であったとしても、弱小であったとしても、自分のしていることに誇りを持って生きていきたいです。

 

 

てりたまちゃんおめでとう♪

 

 

琴里、ミミ玉の新居の紹介もお楽しみに!

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





オシャレ心

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

卒業生まるここ(ココ玉)家より近況のお手紙とラムネのお菓子が届きました。

IMG_4925

 

 

まるここちゃん、だいりんくん、幸せそうで何よりです。ありがとうございました。

 

 

今日は趣味の話題を……

 

 

元来、私はパジャマ大好きの不精者ではあるものの、(それなりに)オシャレをすることも人生の楽しみのひとつだったのに、最近はすっかり家着ばかりの日々を送っています。保護活動の用事や仕事には出ていますが、コロナ渦の影響で、外での食事会、飲み会、勉強会、講義、女子会などがほとんどなくなってしまったのが主な原因でしょう。メイクにしてもどうせマスクだから手抜きでOK、みたいな感覚で、ますます「化石化」が進み、鏡を見るのが億劫のレベルでした。

 

 

えーいっ!!

 

 

それじゃいかんじゃないの!!

 

 

私の人生の中で、私はまちがいなく今日がいちばん若いのです。

 

 

ビジュアルがあまりにもダレているとあとで後悔してしまいそう。

 

 

ということで、先日母の店でのバイトでひさびさにお気に入りのバッグを持って行きました。Tシャツはしまむらで500円で買ったものですが、いいのいいの。

ffffffe (1)

 

 

ヒョウ柄にチェックって、トラディショナルの世界ではありえないですよね。

 

 

しかし近年のファッションの傾向を見ていると、なんでもアリの気がします。

 

 

同系色だからか、違和感なく着こなせたと思います。どうですかね?

 

 

これでも私は短大の頃ファッション業界でバイトをしていたのですよ。

 

 

ジョンスメドレーというイギリスのニットの老舗ブランドにいました。ご存じの方いますか? 当時は給料のほとんどをジョンスメドレーのニットに費やしたものです。上質な素材と美しいシルエットに今もいちファンとして憧れています。高いからプロパーでは買えないですが、好きなもんは好き!

 

 

と、しまむらの500円Tシャツに身を包んで鼻をほじりながら熱く語ってみる。

 

 

うっとおしくてすみません。

 

 

まあとにかく、これからは自分にできる範囲で着飾って老化防止をはかります。

 

 

「ハハ わたしブルー似合う?」

IMG_4954

 

 

「わたしがつけているのもニットだもん プレゼントでもらった首輪だよ」

IMG_4953

 

 

うん。ピッタリでかわいい♪

IMG_4952

 

 

「あの…… ぼくはどうでしょうか?」

ffffffe (3)

 

 

キャー! ジャック! いいねえ♥

ffffffe (2)

 

 

703号室の保護猫たちは保護主よりも断然オシャレです(笑)。

 

 

なお、首飾りは一瞬で外されてしまうのでふだんは裸で勝負しています。

 

 

わたしゃあ裸じゃ勝負できないなあ。あああ、劣化防止に運動しないと……

 

 

皆さまもステイホーム太りには気をつけてくださいね。

 

 

私は去年落ちてしまった6キロが見事に戻りました。食べすぎに注意しなきゃ!

 

 

Smile

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ミミ玉とジャックの通院

皆さまこんにちは。昨日は深夜まで仕事だったのでブログ更新を断念してしまいました。

 

 

ジャックに素敵なプレゼントが届きました。じゃーん! 爪とぎソファ!

ffffe

 

 

やさしいジャックはケージ内の爪とぎソファをミミ玉や牛丸に取られてしまうので、これは念願の「自分用」です。卒業生星太郎のママさん、ありがとうございました。

fffffe (15)

 

 

黒猫コンビの星太郎(と黒糖ちゃん)のママさんは、ミミ玉にオシャレな首飾りや私にかわいいマスクやマスク入れのプレゼントも送ってくださいました。

fffffe (16)

 

 

さて、7月28日に保護猫ミミ玉とジャックを病院に連れて行ったのです。

fffffe (2)

 

 

ミミ玉→卒業前検診(血液検査、エコー)

ジャック→発熱、食欲不振、下痢、嘔吐の診察

 

 

病院は激混みで、帰るまでに3時間半かかってしまいました。いい病院は患者さんが溢れていますよね。仕方のないことだけど、体力が目減りした私には重労働でした^^;

 

 

でもうれしい再会も!

fffffe (3)

 

 

2月にミミ玉を外で保護した「お友だち」が、ミミ玉とジャックに会いに来てくれたのです。

fffffe (4)

 

 

お菓子、猫のおやつ、私への(痛い)リンパマッサージ券、ジャックへのお見舞い、お手紙をいただいてしまいました。ありがとうございます。お気遣いに恐縮です。

ffffffe (4)

 

 

ミミ玉の採血シーン

fffffe (5)

 

 

腹部エコー(暴れてしまったので腎臓まわりだけをチェックしてもらいました)

fffffe (6)

 

 

結果、血液検査、エコー、ともに特段異常が見られずホッとした次第です。

fffffe (7)

 

 

耳掃除もお願いしました。少し汚れているものの、耳ダニはナシ。耳と鼻の傷はかわいそうですがこれ以上は治らないでしょう。けれどこれがミミ玉の「丸ごと」です。

fffffe (8)

 

 

私はむしろ好きだなあ。ミミ玉の勲章だからミミ玉の持ち物はぜーんぶ好き!

 

 

つづいてジャックの番です。

fffffe (9)

 

 

今までの疲れが出ちゃったのかな?

fffffe (10)

 

 

エコー検査(異常なし)、CBC検査(結果、パルボが否定)、ウイルス検査(マイナス)、体温39.7度(発熱あり)。まずは胃腸炎疑いで治療をしてもらうことにしたのです。

fffffe (12)

 

 

がんばれ!

fffffe (11)

 

 

注射と点滴をして終わり!

fffffe (13)

 

 

ミミ玉もジャックもよくがんばりました。お疲れさま。地元でノラ猫たちのために奔走しているミミ玉のお友だちさんともいろいろお話して有意義なひとときでした。

 

 

「わたし もう病院行かない」

fffffe (14)

 

 

「ハハ ごはんちょうだい」

fffffe (1)

 

 

はいはい。ミミ玉、元気でいてくれてありがとうね。生きていてくれてありがとう。

 

 

ジャックは数日様子を見ていますが、今朝も嘔吐せずにごはんを消化しています。

 

 

保護猫たちが健康だとそれだけで百万力を得た気持ちになります。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ジャックが来たよ

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

20歳のイクラさんちより良質なフードのプレゼントが届きました。ありがとう!

IMG_4739

 

 

ヤラーはうちも昔、犬のべべ公とナナが若い頃にあげていたのです。懐かしい。

IMG_4779

 

 

超がつくほどの徹底的なオーガニックフードですよね。みんなでありがたくいただきます。

 

 

さて、本日は先週末にタイムスリップします。

 

 

先日、飼い主さんが亡くなった家の中でひとりぽつんと過ごしていた成猫について書きましたよね。

 

 

名をジャックといいますが、皆さまおぼえていますか?

zyae (4)

 

 

7月19日、私は世田谷区までジャックを迎えに行きました。

 

 

その日は港区での仕事が入っていたので、仕事が終わってから向かいました。本当は車で移動する予定だったのですが、運搬ボランティアを挙手してくれた方のご親族の容体が悪くなったそうで、急遽電車で動くことになったのです。ああ……キャリーを持参しておいてよかった。

 

 

亡くなった飼い主さんのお宅は駅から徒歩10分。関係する方々と最寄り駅で待ち合わせて、みんなでテクテク現場へ。ジャックに早く会いたくて胸がドキドキです。

 

 

おお……いた! あなたがジャックね^^

zyae (8)

 

 

間に合ってよかった。生きていてくれてありがとう。さあ、行こう!

zyae (6)

 

 

ジャックを見た瞬間、ホッとして腰を抜かしそうになった私。うれしかったです。

 

 

ジャックも安堵の表情を浮かべてくれた気がします。

zyae (7)

 

 

ジャックの「パニック脱走」が怖いので、失敬したシーツで即席のカバーを作りました。

zyae (9)

 

 

まさか電車になるとは思わず、洗濯ネットを持ってこなかったことを激しく後悔。キャリーバッグにガムテープをこれでもかというほどにグルグルと巻きつけて上からカバーを!

zyae (10)

 

 

ジャックが食べ慣れたフードをいただけるという話でしたが、荷物が増えると私が持てないので、断念。もったいないけれど処分してもらうことに……

zyae (11)

 

 

ジャックは亡くなった飼い主さんが4~5年前に浅草近辺のペットショップから迎えた純血のアメリカンショートヘアとのこと。骨格が立派で身体の大きな男の子ですよ。

 

 

面倒を見てくれていたご友人の方と

zyae (5)

 

 

駅までキャリーを持って歩いてくれて助かりました。いや、本当、重いのなんのって! でもジャックがおとなしかったおかげで周りに白い目で見られずに済んでよかったです。

 

 

合計3つの電車に乗り換え、1時間半かけて703号室へ

IMG_4654

 

 

ごめん。お金に余裕があったらタクシーに乗れたかもしれないけれど、今、懐が厳しいから電車でがまんね。駅で汽笛のような爆音が轟くたびにジャックが心配で仕方がなかったです。

zyae (12)

 

 

ようやく着いた。ゴール! 腕がプルプル震えちゃったよ。

zyae (1)

 

 

ジャックは来た瞬間から「ふつう」すぎてこちらが拍子抜けしたほどです。

 

 

まあ、いきなり多頭の環境になったので、内心は怖かったんだと思うのです。

 

 

食欲があまりなかったし、少し脱水気味でした。

 

 

私はスーパーをまわって、何なら食べてくれるか? 模索の日々。そして行く先々でいろんな銘柄を買い漁るコース。ふふ。「あるある」ですよね(笑)。

 

 

結局、ジャックのお気に入りのフードは見つかっていませんが、細々と食べてはくれています。

 

 

量を摂らせたいときはid缶をシリンジで追加してあげています。

zyae (3)

 

 

ジャックはやさしいですよ。ほかの猫たちともうまく共存しています。

zyae (2)

 

 

ひとりで長い時間を乗り切ったジャック。さびしかったよね。がんばった!

 

 

我が家は数が多いけれど、それぞれと向き合う時間を取ってラブラブします。犬猫たちの一生はあっという間だから、1日1日を濃厚に大切に送っていきたいです。

 

 

ジャックいらっしゃい♡

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





琴里のご縁が決まりました♡

こんにちは。体調が悪くてご報告が遅くなりましたが、この度家族募集中だった琴里の終の棲家が決まったのです。応援してくださった皆さまありがとうございました。

3 (1)

 

 

昨日の朝、琴里のステイ先である川崎市のとろろさんち

3 (3)

 

 

高速道路が空いていたおかげで703号室からさほど距離を感じませんでした。

 

 

眺めがよくて素敵なお宅! 正直なところ、保護動物の環境って大切ですよね。ゴージャスじゃなくてもいいけれど「清潔」であることは必須だと思います。

kotoria (4)

 

 

人見知りして隠れてしまわないよう、ケージに入ってもらった主役さん

kotoria (3)

 

 

やあ。ことちゃん、がんばろう^^

kotoria (15)

 

 

「わたしのお茶会ですか?」

kotoria (2)

 

 

そうだよ。幸せになってもらいたいから、つい気合いが入ってしまうね。

 

 

猫ドア発見♪

kotoria (5)

 

 

可憐なお花に心がほっこりします。

kotoria (7)

 

 

とろろさん、ランチごちそうさまでした。

kotoria (6)

 

 

いろいろな方と会った1日。合間の30分間は充電器にささった状態です。

kotoria (8)

 

 

見苦しい姿を失礼っ

kotoria (9)

 

 

充電完了後はムクっと起き上がって……

kotoria (10)

 

 

里親さんにちゅーるをもらう琴里

kotoria (11)

 

 

おいしいねえ。ちゅーるを発明した人は本当にすごいです。

kotoria (12)

 

 

ファンに囲まれたアイドル状態の琴里

kotoria (13)

 

 

テーブルに座っていただいて、ゆっくりとお話をさせていただきました。

kotoria (14)

 

 

琴里は責任感のあるあたたかいご夫婦の元へお輿入れします。

 

 

里親さんちは偶然にも我が家から近いのです。ご近所さんはなんとなく安心できますよね。現在脱走防止対策を含め、いろいろとご準備くださっているので、終わり次第のお届けとなりました。

 

 

譲渡責任者の私ももちろんいっしょに行きます。

 

 

とろろさんお疲れさまでした。おみやげありがとうございました。

kotoria (1)

 

 

琴里はやさしいとろろさんに保護され、恵まれた環境で「保護猫生活」を送りました。

 

 

まだ怖がりで馴れるまでに時間がかかる琴里ですが、里親さんはじっくりと向き合ってくださるそうです。猫を通じていい出会いをさせてもらえて感謝です。

 

 

美しい琴里、おめでとう。私もうれしかったよ。辛いノラ猫時代を生き延びてよかったね。

3 (2)

 

 

私が手掛けた譲渡なので、ぜひ、琴里の新居の紹介もブログでさせてくださいね。

 

 

最後に改めて自分の方向性を少し書かせてください。

 

 

私は小さな命のために自己犠牲を払っているたいそうな人間ではありません。

 

 

第一、保護犬猫たちは私にとって「小さな命」ではありません。

 

 

小さいのは彼らの身体のサイズであって、命は小さくない。たいへんデッカい命です。

 

 

細かいようですが、ここだけは日本語をはっきりとさせておきたいです。

 

 

小さな命のために!!、という文言は私の辞書の中にはありません。

 

 

私は、たいへんデッカい命に日々学ばせてもらっています。

 

 

たいへんデッカい命なので、牛歩ながらも一頭一頭のご縁結びを丁寧にしていきたいです。

 

 

彼らは「束」ではなく「個」であり、私が絶えずフォーカスしたいのは「束の彼らの不幸」ではなく、「個の彼らの幸福」です。ぜんぜんちがいますよね?

 

 

「保護」を謳えば多額のお金や過度の賞賛やたくさんの免罪符が得られる昨今を、私はやるせない思いで生きています。人は人、自分は自分と完全に割り切るのがむずかしい。どうしてむずかしいのか、なにが原因なのか、自分の感情が私憤か公憤かを幾度となく考えました。考えて考えて考えました。結果、ゼロか100かでなはいにせよ、やはり私はやり場のない「公憤」を感じていることに気づいています。犬猫たちは庇護を必要とする生き物なので、正しい管理と確かな知識が不可欠です。そして、搾取をせずとも彼らは大きなものを与えてくれる存在ではないでしょうか?

 

 

私はデッカい命に向き合っていけるたくましさと強さがほしいです。

 

 

18年前からコツコツと保護譲渡活動をしてきたのですが、「原則、自分にできる範囲の中で」というポリシーがあるため、皆さまから見たら歯がゆいほど細々としたものでしょう。にもかかわらず、こんな私を応援してくださる方がいて、至福の限りです。

 

 

これからも同じスタイルで皆さまは飽き飽きかもしれませんが、保護動物たちの悲鳴だけを拾って局所的にアピールするのは私にはできないので、「保護動物たちの確かな幸せが重要」という方に向けてなるべく透明感を出していきますね。どうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク