空箱


※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

 

亡きべべが私の「犬猫を好きになったルーツ」「真の自立の証」だとすれば、ナナは私の「活動の象徴」と言えます。ナナたちに出会ったから私は生き直しました。

 

 

犬と飼い主、いえ、私たちの場合は娘と母親ですが、その関係性をも超越した絆を私はべべとナナに感じます。べべとナナは私そのもののような気がしてならないのです。ほかのお子がいなければ急ぎ足で追ってしまいたくなるほどの存在です。

 

 

 

火葬の前夜、私はドライアイスからナナを解放し、キンキンに冷えたその体をベッドに運びました。ナナの額に長いキスを。気が遠くなるほど延々とつづくようなキスを……

IMG_0665

 

 

 

夜が明ければ間もなく私は、ナナの空箱を燃やしてしまわなければなりません。

 

 

そのとき自分のなにかもいっしょに灰になってしまうのでしょう。

 

 

危惧感とともに、妙に流れに身を任せたい感もおぼえました。

 

 

さあ私は、どう生きていくのか?

 

 

空箱になったのはナナでしょうか?

 

 

はたまた私でしょうか?

 

 

それさえもわからない泥まみれの時間を過ごしました。

 

 

濃い。重い。身体にまとわりつく。身動きが取れない。とにかく息が苦しい。

 

 

参ったね。

 

 

I LOVE NANA

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • ベベちゃんを失ってからまだ間もないのに、
    ナナちゃんまで奪われて身を削がれる思いなのではないかと想像しています。
    時間が解決してくれると言う俗説は、
    実体験により嘘だと思います。
    10年20年の年月なら痛みが薄れるかも知れませんが、1年2年くらいでは苦しいです。
    立ち止まってしまうと10年20年でも、思い起こす度に心が苦しくなります。
    ただ立ち止まっても前進しても横にそれても、信念や自分という軸が折れなければ何をしてもしなくても、自分は自分です。
    何かを失っても何かを得ても、自分の軸さえ折れてしまわなければ自分を保てると思います。
    困難なことや難局を乗り越えてきたハハ様ご自身の底力を信じて、心の傷を縫い合わせ痕になってしまっても気になさらずにチクチクと縫いましょう。
    いつでも何かをしていても何もしていなくても、応援しています。

    • anny703

      豆様
      豆さまがいてくれることが人生の宝です。べべとナナに会いたいです。できればかつにも、私が見送ってきたほかの子たちにも。
      でも会うために、今をしっかりと生きています。軸らしいものは自分の中にあると信じています。

コメントを残す




*