ナナの通院にみいさんを添えて


ご心配ありがとうございます。私は泥のように眠りました。

 

 

身体が楽になると心も幾分落ち着いてきます。

 

 

今日はみいさんに「思ったより元気でよかった」と褒められました。べべと別れたときとはまたちがう気持ちが自分の中にあり、とにかくナナには「憐憫」を感じてしまうのです。

 

 

保護前は苦労させたし、自己主張の少ない我慢強い犬だったので余計にね。

IMG_0392

 

 

 

未だに書き終えられなかったべべの末期の闘病→最期を、ナナ分は書いてみるつもりで1日に2度ブログを更新していました。ナナの命の灯がどんどん小さくなっていくのがわかっていたから私もムキになってやめられなかったのです。

IMG_0387

 

 

 

つづけますので、よかったら時間を巻き戻してお読みいただけませんか?

 

 

 

この翌日からはじまります。今回はナナの死の前日の通院の記録です。

 

 

 

もはや数日以内に逝くだろうと予想されていたナナ。

 

 

私は一寸の余裕も持てず、同じ服でスッピンマスク姿ばかり。でもみいさんが病院に付き添ってくれるとあって、景気づけにお化粧をしてみたのです。

 

 

よし出発~!

IMG_0418

 

 

 

みいさんとナナの女子ドライブ。写真はみいさんが撮ってくれました。

IMG_0416

 

 

 

着きました。

IMG_0415

 

 

 

ふだんはひとり&大荷物ですが、みいさんがナナを抱いてくれるからスイスイ

IMG_0413

 

 

 

裏口から入り、病院の休憩時間にお邪魔します。

IMG_0412

 

 

 

血液検査の結果、前日よりさらに悪化していました。

IMG_0396

 

 

 

いつ急変してもおかしくない状態です。

IMG_0408

 

 

 

だけどナナは意識がはっきりしていてぐったりに見えません。

IMG_0404

 

 

 

わんわん吠えたよね^^

IMG_0403

 

 

 

緩和に必要な処置を中島先生と話し合って決めていきます。

IMG_0407

 

 

 

どんな薬をなんのためにどれほど使うのか、ぜんぶ聞いておくようにしています。まあ性格の問題ですね。私は異常に細かいところがあるのです。

IMG_0401

 

 

 

せっかくだからとみいさんがナナとお母さんを撮ってくれました。

IMG_0402

 

 

 

ナナが赤ちゃんみたいでかわいいでしょ?

IMG_0400

 

 

 

処置中

IMG_0411

 

 

 

あとちょいで帰れるよ!

IMG_0410

 

 

 

白米子ちゃんにも会えたので

IMG_0397

 

 

 

スタッフと記念にパチッ

IMG_0399

 

 

 

みいさんと

IMG_0394

 

 

 

さあ、ナナ帰りますよ~! みいさんおつき合いありがとう。

IMG_0393

 

 

 

みいさんが作ってくれた夕飯のおかげで夜は主婦として楽しました。シリンジやねぎ入りそばもありがとう。助かった。

IMG_0391

 

 

 

ナナ、こうしてあたためてあげるよ。お母さんの寝る場所をゆずってあげる。

IMG_0384

 

 

 

お母さんはナナの横に滑り込むけど、いい?

 

 

あげられるものはなんでもあげる。できることはなんでもする。

 

 

あなたはお母さんのだいじだいじな娘です。

 

 

そんなことを強く思った夜でした。

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*