呼ばれたから行っただけ


昨夜、カレンダーの写真をおさめたDVDを出しに、ババ(母)の車で少し離れたコンビニまで行きました。車を降りると、コンビニ前のごみ箱にしがみつく猫を発見。

猫は精一杯背を伸ばし、小さめに開けられたごみ箱の口の中に顔を突っ込んでゴミを物色していました。何かおいしいものでも入っているのかな?

やっとの思いでおにぎりの包装紙を一枚ゴミ箱から引っぱり出す。

“あれれ? これじゃない……”

そりゃそうでしょ。

それ、完全に空だからね。

今度は前足をゴミ箱の投入口にかけたままジャンプ!

潰れた小さな牛乳パックをくわえたところで私と目が合う。

それも違うね。

もう飲み干されちゃってるからただのゴミだよ。

ガサガサ。ゴソゴソ。

その後もごみ箱から器用に一つずつくわえては床にポイ。

そんなに腹が減ってるの?

そんじゃあ、ちょっと待ってなよ。
私がひとつおいしいものを手に入れてこよう。
そして君にご馳走するよ。

猫缶を買って与えるために店内に入ると、私とすれ違うようにして店員一名が店を出てホースを握りました。蛇口をひねって、ゴミ箱めがけて放水。

猫、驚いてダッシュで逃げる。

猫の背中、ビショビショじゃん……。

その後、無表情な店員は床に散らばったクズをゴミ箱に戻す作業に勤しんでいました。

やれやれ。

「もう居なくなったんだから、仕方ないじゃん」

独り言を発しながら、姿を消した猫を追って、200mくらい歩き回りました。

追うなと言いながら、歩きまわってる私って、最高に矛盾。

でも、縁があるから出会ったはず。だからまた、必ず会える。

それが“運命”。

ほらほら、来た来た……。

店から100mほど離れた場所で前から歩いてくる猫発見。

缶詰の蓋をあけ、かつおの香りでおびき寄せながら、ふたりで店の駐車場まで戻りました。猫はくれくれと泣き叫ぶ。もうちょっと歩いたらね! もうちょいしたらあげる。私はそうくり返す。

危険な車道を通り過ぎ、やっとの思いでゴール。

ババの車の助手席側のドアを開け、車内に缶詰を置きました。

「食べていいよ」

「にゃー!(でも車の中には入りたくない)」

「いいから入って。ほら」

「にゃー!(やだやだ。車の中では食べたくないの)」

猫と押し問答を続ける女。
周りの客はどう思ったんだろう?

らちが明かないので、トランクからまめ(犬)用の毛布を取りだし、猫を覆うように抱きかかえて、一気にふたりで車内にダイブしました。猫、発狂寸前。全ての窓が閉まっていることを確認した私は、車を発進させ、そのまま家に戻りました。

家の下からKさんに電話。

「あの~。話せば長くなるんですが、今、猫を保護(拉致)したんです。猫と私は車の中にいるんですが、キャリーもなければ洗濯ネットもありません。私が車 から降りたら、猫も飛び降りてしまうので非常に危険な状況でして……。Kさーん、洗濯ネットを一枚お借りできませんかね?」

「あら……そう……。じゃあ、今から行くから」

濡れた髪のまま登場したKさんに運転席から一礼し、車の窓をほそーく開け、ネットを受け取って猫を投入して部屋に連れていきました。

コンビニに群がる猫たちのお陰で、実は私、コンビニ恐怖症です(笑)。

出会ったら連れて帰ってしまうんだもの……。
クリックすると元のサイズで表示します

名づけてロッソちゃん。
由来は超簡単^^;

ローソンにいたからです。

でも8画だしなかなか縁起いい♪ 気に入ってます♪ 明日、不妊手術を行います。人慣れしているから、リリースはしません。長期戦でがんばりまーす!

「あれ? 新入り?」
クリックすると元のサイズで表示します

そうだよ。
だからお前は予定より早く家族募集をはじめることにしたから。
本当は同窓会までゆっくりしたかったんだけど、来週掲載するね。

ポンタなら、絶対にいい出会いがあるからね^^

「ちばらきは ぼきたちの おしゃしん たきさん だす いーまちた」
クリックすると元のサイズで表示します

そうよ、言ったよ、ほほ。
出すよ。だからこうしてほほの写真を載せているじゃないの!
毎日ほほのことパパラッチしているのは、ほほの写真をたくさん載せたいからだよ。
可愛いバンダナをつけた写真も載せようね^^

ほほ、そもそもお母さんは、呼ばれたから行っただけ。

それだけだよ。

かつくん「呼ばれたから行っただけとか言いながら、話を聞いていると無理やり連れてきたっぽいよね。でも、餓えた子は見たくないんだって。ハハ、食べるのが好きだから、まあ分かる気がするけど。食べたい時に食べれない子は不憫だものね。

卒業生たち(カレンダー)がもたらした縁かな~ってぼくは密かに思ってます。

それにしても皆さまはまねしないでね。キャリーもネットもないのにいきなり車に乗せるのは問題だよ。運転の危険もあるし、その子の性格を十分に把握してい ないと(人間が)怪我する恐れもあるからね。Kさんも呆れていた。Kさん、ネット助かりました。いつもバカなハハにつきあってくれて、本当にありがとう!

皆さま良い週末を。

色々な物資が届いています。ありがとうございます。ペコリ。物資の紹介は週明けにしますね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*