デカ円の背中


昼間MIHOさんにつき合ってもらいほほの通院をしました。

 

覚え書きとしてもちゃんと書きたいので通院ネタは後日まとめます。

 

ほほは抗議の末おしっこ漏らしちゃったけどがんばりました。

 

 

703号室に戻ったあと、MIHOさんが「まるくん~」と言いながら保護猫デカ円に近づきました。

 

 

数ヶ月前なら考えられなかったことです。

 

 

MIHOさんがデカ円のいる保護部屋に入っただけでデカ円は怒り、全身から低いうなり声を発し、戦闘モード全開だったのです。

 

それが徐々に変わってきて・・・・・・唸らなくなり→隠れなくなり→少し前にMIHOさんから与えられるおやつを食べられるようになり→おやつタイム限定でおさわりOKになりました。

 

 

そして、本日はとうとうおやつなくてもなでなでし放題に。

 

 

なんとデカ円自らがMIHOさんに寄って行き丁寧にごあいさつしたのです。

 

 

MIHOさん、デカ円の社交ぶりに目が点に(笑)。

hohosiri (9)

 

 

 

今、私は保護猫ジョイの「人なれ」に苦しんでいます。

 

 

ジョイは先に我が家を巣立ったきょうだいの龍とキャッチとはひと味ちがう。もっとシャイです。

 

 

まだ幸いなのは、ジョイが野良猫出身じゃないことと、おもちゃに激しく興味を持っていること。おもちゃにじゃれついているときだけはイキイキとした少年の眼差しです。

 

 

ジョイとどうすれば仲よくできるか方法を考えています。

 

 

いつも痛感するのですが、いろんな意味で「なれていない猫」のハードルは高い。

 

 

だからこそデカ円の存在のありがたさを噛みしめています。

 

 

 

「ハハ ジョイだいじょうぶだよ」

hohosiri (7)

 

 

 

「どんな猫もいずれ必ずなれる」

 

 

そう先に断言し、数年前からいっさいのリリースをせずに保護猫たちと接してきました。

 

 

しかし正直「なれていない猫」と向き合うのがつらいときがあります。たくさんあります。

 

 

放してしまえばお互いに楽になるのかな?

 

 

と思うことも。私は意地になってなにをしたいのだろう?

 

 

挫けそうになったとき、私は変身を遂げた卒業猫たちを回想しています。

 

 

甘えたくない猫なんていない。

 

ただ、甘えるという行為がどういう意味なのかわかっていないだけで。

 

よりかかる相手がいない猫はふびんです。

 

 

 

最近のデカ円はとにかく明るい。

 

 

私に無理やり捕獲され703号室に来たときとはまるでちがう猫のよう。

 

 

よくしゃべるし、あちこち率先して案内してくれます。

 

 

洗面所→寝室→保護部屋→玄関ホール

 

 

忙しなく動き充実した日々を送っています。

 

 

デカ円まるごとが私の勇気と活力になってくれています。

 

 

ありがとうの一語じゃ足りないほどデカ円に感謝しています。

 

 

デカ円成長したなあ。

 

 

デカ円の背中を見て学んで、私も成長しないとね。

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*