3つの柱を通したい

5月21日に衆議院第一議員会館で女優の浅田美代子さんを中心に大集会が行われました。議題は「8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制」の三本柱です。

IMG_2274

 

 

 

私はTOKYO ZERO呼びかけ人の一員として参加。チチが車で送ってくれたので迷子にならず無事永田町に到着。チチ、ありがとう。お世話になりました^^

IMG_2271

 

 

 

ぜひTOKYO ZEROニュースをご覧ください。私たちは真剣です。

 

 

目前に迫った動愛法改正に向け、骨抜き満載の悪い予感がします。今回の法改正がゆがんだものになるならば、犬猫たちにとっては非常に厳しい未来がつづくのです。これを逃せば次の動愛法改正は5年後です。5年の間にどれだけの犬猫たちが悲惨な運命をたどるのか、想像するだけでも恐ろしい。よってふだんは現場で微々たる保護活動をしているだけの私も声をあげるべきときだと思いました。

 

 

はじめに断っておきますが、ここに皆さまの政治的、思想的主観を押しつけないでいただきたいです。私たちは目的を達成するために、超党派でやっています。

 

 

だれが好きとかだれが嫌いとか言っていたら、何十年経っても現状を変えられません。

 

 

それを熟知している方々が集まっているのです。ご理解くださいね。

IMG_2287

 

 

 

司会は渡辺眞子さん。私は17年前に眞子さんの著書を読んでこの世界に興味を持ちました。眞子さんが書いた一冊で私の運命が変わったのです。

 

 

世良さん、湯川さん、浅田さん

IMG_2285

 

 

 

マスコミも多く集まりました。でももっと拡散しなくてはなりません。

IMG_2290

 

 

 

超党派の国会議員の方々

IMG_2281

 

 

 

忙しい中時間をやりくりして集結しました。

IMG_2276

 

 

 

現状を多くの方に知っていただきたいです。

IMG_2280

 

 

 

動愛法改正を業者優位に持っていこうとしている政治家がいます。

IMG_2282

 

 

 

業者優位に持っていこうとしている議員の名はこの場では語られなかったのですが、明らかになれば有権者の私は自分の一票を決してその方々には入れません。

 

 

世良さんの熱いスピーチにほんとうに心が揺さぶられました。

IMG_2292

 

 

 

民意をナメんなよ、ってことを仰りたかったんだと私は解釈しました。

 

 

そうですよ。

 

 

裕福な方も貧しい方も若い方もお年寄りもみんな平等に「1票」を持っているのですから。私たちはやろうと思えば「4つ足の家族のために」なんだってできるのです。

 

 

はじめてお目にかかったランコントレ・ミグノンの友森さん

IMG_2293

 

 

 

細川弁護士、川田議員

IMG_2289

 

 

 

それぞれがそれぞれの立場で、視点で、この問題に取り組んでいます。

 

 

私はTOKYO ZEROの事務局の要請でジャーナリストの山路徹さんに来ていただくことを打診。事務局は発信力のある山路徹さんの力をお借りしたいのです。TOKYO ZEROの要望にあっさりOKし、横に座ってくださっています。私の仲よしの絵本作家スギヤマカナヨさん、ハリスさんもパチッ♪

IMG_2337

 

 

 

TOKYO ZEROの呼びかけ人モデルの小林里香さんもいます。

IMG_2317

 

 

 

全員が一丸となり、動愛法改正を「業界優位」ではなく、「犬猫のため」のものにしなくてはなりません。それにはどうしても8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制を実現したいのです。

 

 

犬猫好きの皆さま、他人ごとではないですよ?

 

 

犬猫のためになにかをしたいと思っている方は賛同してください。

 

 

私はTOKYO ZEROが発足した4年前から呼びかけ人として末席にいます。

 

 

私をちゃんと知ってくれている人は、私の感じる肩身の狭さや、私の真意をわかってくれるでしょう。私は著名になりたいのではなく、この3本柱をなんとしても通したいのです。じゃないと、だれがどんなに保護をしても追いつかない。

 

 

保護譲渡活動している方々は飽和状態がつづき、疲弊が増すばかりです。

 

 

だから8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制が必要です。

 

 

山路徹さんは明日さっそくラジオで集会の話題を取り上げてくださるそうです。

IMG_2338

 

 

 

拝聴するのを楽しみにしています。

 

 

著名な方は声が通りやすい。影響力もある。

 

 

業界団体に対抗するには問題を提起し、全国民に周知させなければなりません。

 

 

納税者、有権者の意地を見せていきましょう!

IMG_2507

 

 

 

「ぼくも犬猫をまもるに一票っ!」

IMG_2606

 

 

 

まあジャイアンは選挙権がないからむずかしいな。

IMG_2604

 

 

 

「そんなバナナ……」

IMG_2605

 

 

 

HELP!

 

 

 

スポンサーリンク





タガを外して環境省へ

私はTOKYO ZEROの呼びかけ人のひとりです。

 

 

HPページをどうぞご覧ください。

 

 

著名な方々のそうそうたる面々の中にふつうの主婦の私がいることに、皆さまは違和感をおぼえませんか? 末席にしても、私には敷居が高いです。

 

 

たびたびTOKYO ZEROキャンペーンのいろんな催しに参加してきましたが、いつも私は委縮し、肩書きのない自分を恥じ、必要以上に出しゃばらないよう心を配ってきました。ときにはなんで自分がそこにいるのかわからなくなったり。

 

 

しかし私にも夢見る未来があります。

 

 

だから末席に座りつづけているのです。

 

 

発言を求められるたびにうまく話せませんでした。勉強会の講演依頼をお断りしたこともあります。私なんかが……私なんかが……絶えずそう感じてきました。

 

 

でも、今回はすべてのタガを外すことにしたのです。

 

 

私にも1分程度の持ち時間がある。なら、環境大臣に私の言葉を伝えたい。

 

 

卒業生と卒業生のご家族が私に力をくれたのです。あとべべね。

 

 

環境省にて要望書を手に

IMG_8777

 

 

 

今回は中川環境大臣に10万超の署名を提出し、藤野真紀子代表が要望書を読み上げ、ハリス鈴木絵美さん、塩村あやかさんが概要を捕捉で説明。門倉健さん民江さんご夫妻、継枝幸枝さんもいらっしゃいます。真ん中が中川大臣です。

IMG_8788

 

 

 

呼びかけ人の方々と

IMG_8793

 

 

 

限られた時間の中、粛々とはじまりました。

IMG_8820

 

 

 

藤野真紀子代表はどんな場にも堂々とふるまえるかっこいい女性です。

IMG_8885

 

 

 

門倉さんご夫妻は爽やかな笑顔が光っていました。みんなもつられてにっこり♪

IMG_8838

 

 

 

藤野真紀子代表が中川大臣へ手作りの「犬猫型お菓子」をプレゼント

IMG_8796

 

 

 

私にもおみやげをくださいました。食べるのがもったいない!!

IMG_8790

 

 

 

呼びかけ人の皆さまはやさしく真摯で素敵な方々です。

IMG_8778

 

 

 

さあ、私の持ち時間がやってきました。

IMG_8804

 

 

 

昨年は人数が多かったのと、私が緊張して勇気が出ず、ひと言ふた言だけしか(前の)山本環境大臣とお話できませんでした。そのときの記事はこちらです。

 

 

 

けれど私はもう「私なんかが……」のタガを外したので、一部ではありますが、自分の言葉できちんとお話させてもらえました。

IMG_8851

 

 

 

8週齢規制にかける私の真心を、私たちの真心を自分なりに表現したのです。

IMG_8847

 

 

 

中川大臣は「個人的には」としながらも、「この話(私の話)は非常に共感を得ますよね」と仰ってくれました。タガを外してよかった。耳を傾けてもらえた。感無量の瞬間。全体的な流れやほかの方々のお話は後日TOKYO ZEROのHP(ニュース欄)に掲載されますので、興味のある方はぜひ。

 

 

動愛法改正に向け真剣です。ただのパフォーマンスじゃありません。

 

 

(↓私が中川大臣へお話させていただいた内容の全文↓)

 

田辺アンニイと申します。

 

16年くらい前から個人で細々と、不遇な犬猫の譲渡をして参りました。私の身銭をきって、自分の好きでやってきたことなんですけれども、当時の殺処分数は年間65万頭という数でした。私はそれに非常に驚愕し、自分でも犬を飼っていたものですから、PTSDみたいに苦しい気持ちになり、それから活動をはじめるようになりました。

 

この16年間のあいだに、いろんなマンパワーが働いて、よい社会に近づいているなというのが私個人の感想なんですけれども、藤野先生や塩村さんやハリスさんがおっしゃったように、8週齢というのは私から見ても、8週を過ぎると犬猫ってちょっと見た目が伸びたりするんですね。あんまりかわいくなくなってくるんです。でもその前の6週とか7週の子たちは、ぬいぐるみみたいにかわいいので、店頭に並ぶと消費者の購買心理というか、それを促す作用があるんですね。

 

なので、買いやすい。簡単に買って、簡単に飼育放棄をしやすいという環境にあると思います。それを私たち個人や団体が後始末をしているような状況がずっと続いております。ですのでここは環境省の皆さまのお力をお借りして、ぜひ8週齢を通していただいて、それで人にとっても、犬猫にとっても住みやすい社会になればいいなと思っております。よろしくお願いいたします。

 

 

(↑ここまで↑)

 

 

※ 事務局の西川さん、浦田さん、写真等ありがとうございました。

 

 

ほんとうはもっと伝えたいことがあったのですが、ほかの方と話が重複するのを避けたのと、持ち時間の関係上、簡単な自己紹介と最低限の内容に留まりました。けれど私はまあまあ満足です。

 

 

 

一見関係のないように見えて、実はぜんぶ循環しているのです。

IMG_8832

 

 

 

人にも犬猫たちにも高いQOLを維持できる社会をめざしたいです。

IMG_8829

 

 

 

あ、子熊にもね(笑)。

IMG_9040

 

 

 

「ぼくねこ~~~!!」

IMG_9047

 

 

 

はいはい^^

 

 

最後になりましたが、保護子猫秀多はお見合いを経て無事トライアルが決まりました。応援してくださった皆さまに改めて深くお礼を申し上げます。

 

 

ありがとうございました。

 

 

LOVE IS ALL!

 

 

 

スポンサーリンク





動愛法改正を各々で考える

TOKYO ZEROでは定期的に勉強会を開催中。私は可能な限り参加しています。

 

 

会場は毎回大盛況。知っている顔もちらほら。

 

 

 

吉田弁護士による第4回目の勉強会

1suutikisei (2)

 

 

 

終わったあと、みんなでパチリ。Tシャツの宣伝をしています。

1suutikisei (3)

 

 

 

上野さんのお子小猿ちゃんに話しかける藤野真紀子代表

1suutikisei (4)

 

 

 

小猿ちゃんたちが舵を取る未来の日本が楽しみです。めちゃくちゃかわいいね♪

1suutikisei (5)

 

 

 

 

先日第7回目に行ってきました。「動物福祉向上のために、動愛法はどうあるべきか」がお題

1suutikisei (12)

 

 

 

動愛法の改正が迫っています。どこをどのようにかえれば、よりよい社会になるのでしょう?

1suutikisei

 

 

 

壇上でパネルディスカッションしてみないかというありがたいお誘いがありましたが、私は自分の雰囲気がこの場にマッチングしていないと思い、お断りしました。

 

 

 

パネリストの皆さま。朝日新聞太田記者、細川弁護士、松野議員、JAVA和崎事務局長

1suutikisei (13)

 

 

 

それぞれの観点から、今の日本の動愛法の問題点、これからの日本の在り方、課題、諸外国と日本の比較、法改正に望む具体的な内容をみっちり詰めこんで話を展開。長らく犬猫保護活動に力を入れてきた松野議員が【業者】に対し若干軟化したのが個人的には印象的でした。

 

 

 

細川弁護士は多忙のスケジュール縫い、サッと関西からやってきてサッと関西へ帰るとのこと

1suutikisei (11)

 

 

 

マジメな方なのに毎度話がおもしろい。余談ですが私が作った「譲渡誓約書」を以前細川弁護士にみてもらったのですが、「よくできている。ぼくここまでのは見たことがない」とお褒めをいただいたのです。専門家に言われるとうれしいし安心ですね。

 

 

 

和崎さん「動愛法はペットとされる犬や猫のためのみの法律ではなく、畜産動物や実験動物など、ほかの動物たちのための法律でもあるのです」

1suutikisei (10)

 

 

 

そうですよね。私たちが生活を営むために犠牲になっているあらゆる動物たちの、せめて苦痛の軽減に心を配るのは「動物福祉向上」をはかっていく上で重要なポイントだと思います。

 

 

 

TOKYO ZEROの基本理念のひとつである「8週齢規制」にも当然話が及びました。

 

 

簡単にいえば「小さすぎる犬猫を市場に流通させるのはやめにしよう」という規制です。これに対し、生体売買を生業とする業界団体が猛反発。業界にとっては死活問題ですからね。

 

 

 

なるべく早く、なるべくたくさんの数を売ってしまいたい。商売ですからそう考えるのは至極自然かもしれません。ただ、扱っているの「商品」が、息を吸って吐いている「生き物」であることを忘れてほしくありません。

 

 

 

進行役太田記者は全体を見て、足りない部分を補足し、話の流れをスムーズにしていました。さすがです。太田記者の著書「犬を殺すのは誰か」を読んだ方なら太田さんの熱い気持ちが手に取るようにわかりますよね。取材を重ね、ペット業界の膿を出した方です。

1suutikisei (8)

 

 

 

 

会場で私の横に座っていたのはねこかつ梅田氏

1suutikisei (9)

 

 

 

会場を提供してくださっているのは外苑前にある「株式会社エウレカ」

1suutikisei (7)

 

 

 

社員のためのくつろぎスペースまで完備されているオシャレで機能的な場所です。

1suutikisei (6)

 

 

 

動愛法改正。8週齢規制を盛り込むのはいうまでもないですが、私が強く要望したいのは「数値規制」です。数値規制がないからこそ、悪行に斬り込むのがむずかしい。

 

 

 

たとえば皆さまが悪徳な業者または飼育者に出会い、胸を痛めたとします。

 

 

そしてセンターや自治体など関係機関に胸の痛みを訴えたとします。

 

 

「狭いケージに閉じ込められていてかわいそうな犬(猫)がいます。劣悪な環境です」

 

 

しかし、それは主観の枠を出ていません。

 

 

【狭い】とか【劣悪】という言葉は非常にあいまいかつ主観的です。

 

 

こちらが狭いと思っていても、訴えられた方は思わないかもしれない。

 

こちらが劣悪だと思っていても、訴えられた方は思わないかもしれない。

 

 

明らかに胸が痛むのに、「個人の主観」と片づけられるのは悲しい。悪徳業者や悪い飼育者に大きな対抗力を持つ「数値規制(具体的な数値を設ける)」はなんとしてもかなえたいです。

 

 

 

たとえばケージのサイズに数値を設ける場合、この犬種には最低何センチのケージが必要、といった感じではなく、あくまで個体×何倍の大きさが必要、と、「個体」にウエイトを置くのが重要だそうです。なるほど。仰るとおりですね。こうしてなんでも細かく数値化していけば、決まりに違反をした場合、訴える方も取り締まる方もやりやすいのではないでしょうか? そして明らかな数値が目の前にあれば、詭弁を並べ違反する人が減ってくる気がします。甘いかね?(笑)

 

 

業者だけでなく、連日見聞する個人または団体の「多頭飼育崩壊」の是正にも数値規制は有効だと思います。動愛法改正に向け、いろいろ考えていきたいですね。

 

 

たいへん勉強になりました。ありがとうございました。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





勉強会に参加しました

2月22日に行われたTOKYO ZERO勉強会(2回目)に参加しました。

zero2 (5)

 

 

今回壇上に上がったのは朝日新聞社メディアラボ主査の太田匡彦氏

zero2 (4)

 

 

太田さんには日頃お世話になりいろいろ学ばせてもらっています。

zero2 (2)

 

 

太田さんは根気の要る数多くの取材からあぶりだしたペット業界の真実や前回の法改正の問題点などを理路整然とお話してくださいました。

 

太田さんの講義を聞いただれもがなにかを感じたことでしょう。私は太田さんの講義ははじめてではありませんが今回もすごく勉強になりました。機会があったらぜひ聞いてほしいです。特に保護活動に強い関心のある方または実践されている方は^^

 

お時間が取れないようでしたらこちらをお読みください。

 

⇒ いのちへの想像力 「家族」のことを考えよう

 

「ペットショップなんか潰しちまえ!」

 

私の周りにも生体売買を快く思わない方はたくさんいます。私個人で言えば100%反対です。

 

けれど今の日本で一思いに生体売買をなくすことはたやすくありません。

 

ゆえに「8週齢規制」が大きな意味合いをもたらすのです。8週齢規制が通っていちばん困るのはだれか? 想像してみてよくわかりました。だから業界側は血眼で抵抗するんですよね。

 

堀を少しずつ固めること(首をジワジワ絞めること)のたいせつさ。今こそ私たちは8週齢規制の確実な実施、飼養施設基準の数値化、飼養管理基準の数値化を次の動愛法の見直しに向け議論し推進すべきだと思います。太田さんの勉強会に出た私の感想です。

 

太田さんが流したパピーミル(子犬製造工場)の画像に閉口した方もたくさんいました。太田さんは昨今の猫ブームに危機感を感じていらっしゃるそうです。キトンミルはもっと悲惨な状態になるかもしれませんね。恐ろしいです。

zero2 (3)

 

 

犬猫の大量生産・大量販売・大量消費のビジネスモデルを根底から揺るがす「8週齢規制」がまた骨抜きされることのないよう民意を一致団結したいですね。

 

藤野真紀子代表がはじめのあいさつで「正しい知識を共有しあいましょう」と仰った言葉の意味を噛みしめています。

 

私は偏った人間なのでフラットな思考を持つ努力が必要だと自己分析しているからです。

 

たまに誤解する方がいらっしゃるのですが、殺処分ゼロをめざすというのは、センターでの処分数がゼロになればあとはどこでどう不幸が起きても構わない、との意味ではありません。犬猫たちの(動物)福祉の向上をはかる活動を総括的に取り組んでいこうという意味です。

 

啓蒙活動、地域猫活動、多頭飼育崩壊現場からのレスキューの活動、個人の保護および譲渡活動、センターからの引き出し活動……日本にはさまざまな「保護、啓蒙活動」が存在しますがどの部分に関心のある方にも「8週齢規制」は無縁ではない気がします。

 

前回私はブログに猫ブームについての危惧を書きました。

 

「ブーム」という現象には栄枯衰退がつきものなので、生き物でそれをやられちゃうともうたまらないわけですよ。一頭一頭を丁寧に保護譲渡する、をモットーに微々たる活動をつづけてきた私には大量生産の意味をはらむ「ブーム」の一語がどうしてもがまんできません。

 

私のように悔しい思いをしている方はいっぱいいるはずです。業界団体への圧迫こそが犬猫たちの処遇を改善させる道筋なのかもしれませんね。生意気を申し上げました。

 

 

太田さんありがとうございました。心のこもったすばらしい講義でした。お疲れさまでした。

zero2 (7)

 

 

西川さん、上野さん、太田氏、藤野代表とパチ

zero2 (6)

 

 

写真には写っていませんが会場で知り合いの方にちらほらお会いしました^^

 

皆さまの感想を伺いたいなあ。

 

 

私はどんな犬も猫も好きです。犬も猫も魅力的な生き物ですね。

 

彼らは人間のために生きているのではなく、人間に愛でられるために生きています。

 

 

珠のように。

IMG_0119

 

 

産業の発展とか営利追求とか人間同士のしがらみとか都合とか、ど~でもいいですよね。

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





TOKYO ZERO勉強会(動愛法改正について)

昨夜私は衆議院第一議員会館で行われた「動物愛護法とは 〜その成立と3度の改正の意義・課題~」(細川 敦史弁護士)の勉強会に参加しました。

aioufa

 

 

 

建物があまりにも立派だったので中で迷子になるんだろうなあ、とぼんやりしていたところ入り口付近にてDo One Good理事の松原氏に遭遇。

 

「アンニイさ~ん! いっしょに行きましょう!」

 

松原さんの笑顔に救われました。どさくさに紛れてコンビニもつき合ってもらってごめんなさい。

 

 

ちなみに明日はフォスターアカデミーの勉強会があるのでまた松原さんにお会いします。

 

 

厳かな大会議室にてTOKYO ZEROの第一回目の勉強会スタート。藤野代表によるあいさつ

rafurab (7)

 

 

藤野さんのお話はわかりやすく貫禄がありどういう場面でも堂々と振舞われてさすがです。

 

 

 

つづいて細川弁護士が登場しました。

rafurab (11)

 

 

 

大衆の面前でさぞ緊張されたことでしょう。250名以上が参加していましたもの。

rafurab (9)

 

 

平日の夜なのにすごい。参加者のみなさまの意識、関心の高さがうかがえます。

 

細川さんは出だしに用意していたネタが滑ったそうですが、会場の緊張感と沈黙は熱意のあらわれのようにも思えました。それだけ参加者のみなさまが真剣だったのかなと。

 

 

動物愛護法とは

~その成立と3度の改正の意義・課題~ 

 

 

エリザベス女王の来日にあわせ1975年に成立した動管法(のちの動愛法)が3度の改正(1975⇒1999⇒2005⇒2012)を経てどう変わっていったか。法律に疎い主婦の私にも理解できるようくだけた言葉で丁寧に説明してくださいました。

 

 

私が「最新の動物愛護法」に関して個人的に感じた問題点としては

 

①飼い主や業者や関係者の良心、個人的な解釈に委ねられる部分が多い。

⇒できるだけ具体化、数値化したほうがいい。

 

②動愛法の内容の認知度が低くほとんど周知されていない。動物虐待を見聞した場合、通報先である警察などがどの程度積極的に関わってくれるのか?

⇒周知徹底の努力。温度差をなくして一律化。少しずつ社会の常識を変えていく必要がある。

 

③繁殖業者への規制をさらに明確、細分化したい。

⇒逃げ道や抜け穴を塞ぎ命を取り扱う業者に動愛法を遵守してもらいたい。

 

けれどいっぽうで度重なる改正を経ただけあって1975年当時とは比べ物にならないほど豊かな内容になったことが単純にうれしかったりもします。民意を背負った有識者の方々の弛まぬご尽力の賜物ですね。規制や罰則の強化のみにとらわれず、今の動愛法を動物に関わる人たちに知ってもらいたいです。古い固定観念やまちがった情報を変え、正しい知識を社会に浸透させていくこともたいせつではないでしょうか?

 

乗りこなしていない自転車の改造を重ねるよりもまずは何度も乗ってみてどこがどう問題なのかを分析した方が潤滑油をさしやすいかもしれませんものね。

 

あ、ぜんぶ一愚民の拙い考えですので怒らないでくださいよ(汗)。

 

 

細川さんは希望を込めた話し方も絶望を煽ることもせず淡々と事実だけをお話します。自分も含め感情の振り幅の大きい人がたくさんいるこの世界には貴重な方だと思いました。

 

 

「冷静さ」

「フラットさ」

「広い視野」

「柔軟性」

 

細川さんのお話に感じたことです。

 

非常に重要な部分ですよね。要じゃないかな。私にはあまりないけれど……目標です^^;

 

 

後半、水を得た魚のように饒舌になった細川さんは予定時間より早くお話を終えました。質疑応答の前にTOKYO ZEROのハリス鈴木絵美さんへとマイクが渡ります。

rafurab (3)

 

 

ハリスさんのお話を伺い事実を正しく知ることが必要だと感じました。私は物事の一端だけを見て曲がった解釈をし誤解してしまわぬよう気をつけていきたいです。自分のために。

 

 

質疑応答。さまざまな事例を挙げ参加者の質問に答える細川さん

rafurab (4)

 

 

動物虐待の現場は「証拠の保全」をすることが大事ですって。なるほど。動物は口で被害を訴えることができないですしね。メモメモ。

 

 

これがメイン。細川さんが一番言いたかったこと(ウソ)。

rafurab (2)

 

 

 

以前はひらがな表記だった「ねこ」が漢字の「猫」になったんですって! おお!

 

ちなみに犬は前から漢字だったらしいです。「犬」「ねこ」⇒「犬」「猫」。ほう(笑)。

 

 

ブログを更新しようと帰宅後資料を見返したのですがすでに4分の1ほど忘れていました。

 

法律の素人だし頭が弱いのでまあこんなもんですよ。けれどだからこそ学べる機会に積極的にあれこれ学びたいです。

 

 

会場で見つけた(見つけられた)emi-goがハリスさんのファンだというのでハリスさんにお願いし写真を撮ってもらうことに。かわいい妹のようなemi-goのためにカメラマン役に扮しました。

rafurab (6)

 

 

 

終了後、TOKYO ZEROの事務局や関係者の方々と小規模な懇親会を!

rafurab (5)

 

 

10名ほどが参加です。

rafurab (8)

 

 

 

男性は細川さんだけじゃないです。ほかにも数名いらっしゃいました。

rafurab (10)

 

 

細川さん、関係者のみなさまならびにスタッフのみなさまほんとうにお疲れさまでした。

 

ありがとうございました。とっても有意義な一日になりました。

 

 

おまけ画像↓ 甘えん坊になってきた保護猫デカ円氏。人の夕飯をねだってます。

rafurab

 

 

 

人間よりも犬猫の方が何十倍も好きですが、人と犬猫のよりよい共生をめざしそれぞれにできるアプローチをしていきたいですね。原動力……しょせんすべては愛です。

 

 

スポンサーリンク