総じてイキイキ

昨日も楽しい一日を過ごすことができました。ダイジェストで自慢していきます。昼、実葉の里親みかぞさんがお友だちと母の店へ。みかぞさんのお誕生日だったそうです。

IMG_2108

 

 

 

実葉の写真は里親みかぞさんのツイッターよりお借りしています。

IMG_2117

 

 

 

もうほんとうにたまらんね。

IMG_2116

 

 

 

ヤバい~♪ こんなキャンディーちゃん目の前にいたら食べちゃう!!

IMG_2115

 

 

 

「タナベさん やめてぇぇ」

IMG_2118

 

 

 

みかぞさんおみやげありがとうございます。母や妹の分まですみません。

IMG_2129

 

 

 

みかぞさんハッピーバースデー! お会いできてうれしかった。みかぞさんは実葉の新たな変身グッズを私に披露してくれました。ふふ。好きだなあ。

IMG_2103

 

 

 

実葉も天音同様、703号室アイコン的存在です。

 

 

保護いきさつはこちら→「わたしは実葉/幸せの703号室」(ある意味強烈です)

 

卒業記事はこちら→「プリンセス実葉2/幸せの703号室」

 

 

実葉を知らない方はみかぞさんのお城で姫扱いを受けている実葉にまさかこんな過去があるとは思いもしないでしょう。猫はいつだってひたむきに生きているんですよね。当時を振り返ると万感の思いがします。実葉が今幸せでよかった。

 

 

 

みかぞさんと(私が一方的に)バイバイのキスを交わしたあと、母と私はいちばん近いデパートへ。母がたまには人の作ったものが食べたいと言うのです。

IMG_2110

 

 

 

しょうがない甘えん坊だなあ。なんでもお好きにどうぞ(笑)。

IMG_2113

 

 

 

私は食べない時間帯だったのでほぼ母の食べる顔を見ていました。そして会計はもちろん私^^; これはお決まりのパターン。言い訳しておきますが、私は決して金持ちではありません。ただ台湾は儒教を重んじる一面があるのでこういう関係性を保っているという……。

 

 

お腹を満たしたら次は妹の誕生日プレゼント選び。母と折半し、ふたりから靴を贈りました。ぺったんこ靴なので敢えて先端がとがっているものにしたのです。そのほうが足が長く見える気がするでしょ? 色は3色の中から母がチョイス

IMG_2127

 

 

 

歩きやすく、雨の日も履ける実用的なタイプに妹は大喜び。

 

 

母と電車内で別れた私は帰宅し、家事をもろもろ。

 

 

夜、emi-goの病院へローズ、ジャイアン、あさひの駆虫薬を買いに

IMG_2126

 

 

 

駆虫は一度済ませていますが、念には念を入れることにしたのです。

IMG_2120

 

 

 

病院の帰りに妹家へ寄り、早々にプレゼントを渡しました。左のオーガニックのメイク落としとヘアスプレーとカードは私から妹へ。いつもネイルでお世話になっているんで。右のピンクリボンのかかった箱には母と選んだベージュの靴が入っています。

IMG_2128

 

 

 

妹は妹だけのつき合いではなく、703号室卒業犬猫の里親でもあるんですよ。

 

 

 

私が14年くらい前に保護した福と

IMG_2121

 

 

 

私が15年くらい前に保護したまめを妹が育てています。

IMG_2125

 

 

 

妹は里親としても私とは縁が長いのです(笑)。

 

 

 

毎日が駆け足で過ぎていきます。予定が狂うこともしばしば。立てたスケジュールを確実にこなしたい私は番狂わせに出会うとストレスを感じることも。

 

 

 

でも、総じてイキイキと生きています。周りの方々のおかげです。感謝。

 

 

 

最後に、最近我が家に覗き魔がいるのでぜひ紹介させてください。

IMG_2003

 

 

 

トイレに入ると、ストーキング目線を感じます。

IMG_2004

 

 

 

あ、これは証拠写真を撮るために入っただけですので、用を足していません。

IMG_2008

 

 

 

「見ているぞ~~~」

IMG_2006

 

 

 

 

キャー!!

 

 

 

ふふ。構ってちゃん保護猫ジャイアンの意外な? 一面をお送りしました。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





どうしようかな、どうしようかな?

皆さまこんばんは。もう深夜ですね。

 

 

本日もバタバタでした。幸運なことに午後出先でたまたま「ローズ」の曲を耳にしたのです。

 

 

胸に沁みた。早く帰ってローズの顔が見たくなりました。そしてなぜかべべとナナにも会いたくなりました。べべとナナはいっしょにいるかな?

 

 

抜糸前の写真ですが、ローズを撫でてもあまり怒らなくなったんですよ。

ghapoufrfa (1)

 

 

 

猫はすごい。適応力が高い生き物だとつくづく感心します。

 

 

ローズは怖い思いを重ねながら生きてきた猫なので、たまに怒るのは正常な反応でしょう。ローズがローズの思考に従って生きている証です。

 

 

怒りながらも喉を鳴らすあたりがたまらない。人に心を開こうかな? どうしよかな? 今きっと、そんな風ですよね。

 

 

 

ジャイアンも同じ。ちゅーるをあげながらおさわりができるようになりました♪

ghapoufrfa (2)

 

 

 

ジャイアンも思考中です。どうしようかな。どうしようかな、と。

 

 

 

いっしょうけんめい考えながらジャイアンはジャイアンの歩幅で一歩ずつ歩み寄ってきてくれています。私たちは徐々に距離が縮まっています。奇跡のようにありがたい日々です。

 

 

 

「ふーん よかったですねハハ どうせぼくの話は出てこないんでしょ?」

ghapoufrfa (4)

 

 

 

いいえあさひ。おまいさんの話題もありますよ。昨夜のできごとを語りましょうか? おまいさん、焼き鮭を皿から奪いましたね? 現行犯逮捕されたにも関わらず、とぼけた顔でごまかそうとしてきましたね? その後夜の「ちゅーるタイム」でローズにちゅーるをあげていたら、ローズのちゅーるをクンクン嗅いできましたよね? 自分の分をしっかりと平らげたあとで……

ghapoufrfa (5)

 

 

 

「ハハあの…… ハハはぼくを里子に出す気があってそういう発言をしているのでしょうか? もっとぼくをほめそやすなりしなくていいのでしょうか?」

ghapoufrfa (3)

 

 

 

笑。痛いところを突かれました。まあじゃ、食べることは生きることだから、あさひが元気でいてくれている姿に私が救われているってオチに持っていこうか。

 

 

 

あさひと暮らす方はあさひからエネルギーと癒しの両方をもらえると思います。

 

 

 

若く健康なのがあさひの醍醐味。それ以外の魅力については近日中にぐぐんと迫っていきますね。

 

 

未来の家族に届くよう、がんばらないと。

 

 

家族といえば、先日私は妹とデートを楽しみました。

ghapoufrfa (7)

 

 

 

癒し系の外見とは裏腹に、超辛口の妹に私はいつもやられっぱなしです。

 

 

 

妹の最大の魅力は、「だれにも迷惑をかけずに生きているところ」。私も見習わなければなりませんが、トライしようとすると、これが意外とむずかしいんですよ。

 

 

キツい言い方をされても、つい頷いてしまうのは、常に妹が静かに淡々と社会に適応する努力をつづけているのを知っているからかもしれません。

 

 

私には自慢の妹です。私とは性格がぜんぜんちがうからこそ余計に。

 

 

最後にうれしかったことを。先日お騒がせした白シャツが、ハイターのおかげでこの通り! 数年前に豆さまからプレゼントしていただいたたいせつな一枚です。

ghapoufrfa (6)

 

 

 

干しあがったシャツを前ににっこり。元の白に戻ってくれてありがとう^^

 

 

主婦のささやかな喜びと達成感ですね。

 

 

明日も皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

保護猫たちへのお問い合わせをお待ちしています。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





わたしは抜糸を終えました(ローズ)

なかなかブログに向き合う時間が取れず、ネタばかりが溜まっています。

 

 

本日うれしかったのは

tonnto (6)

 

 

 

出先で安くて新鮮な野菜たちに出会えたこと!

 

 

袋いっぱいに詰め込んでもなんとお値段は1,050円! あまりにも財布にやさしい。低価格の理由を伺ってみると、お兄さんがこう返してきました。

 

 

「え、うちにはこれが適正価格ですが?」

 

 

いいねえ!!

 

 

 

「ハハよかったですね」

tonnto (1)

 

 

 

センターの保護猫あさひ坊。イケてますね。今月中に家族募集サイトへの掲載をめざしています。あー写真をがんばらないとなあ。手足が長くハンサムですよ。

 

 

 

「ぼくは頭が大きいのがじまんです」

tonnto (2)

 

 

 

うらやましい。ジャイアンは脳みそがたっぷり詰まっているんだろうね。保護猫ジャイアンの未来も私の肩に乗っているんだよなあ。命は限りなく重いです。

 

 

 

さて、先日保護猫ローズの抜糸へ行ってきました。

 

 

 

「やだーーー」

tonnto (3)

 

 

 

中島先生糸をチョキチョキ

tonnto (4)

 

 

 

病理検査の結果も出て、腫瘍はすべて確実に取り除けたことが明らかになりました。加えてローズは血液検査の結果がとてもいいので、言い方が適切かはわかりませんが、「ふつうの片目の猫」として考えていただければまちがいないです。

tonnto (5)

 

 

 

「みなさんわたしをこわがらないでね」

tonnto (7)

 

 

 

ちょこまかちょこまか。ちょこまかちょこまか……

 

 

短い手足でリビングをせわしなく走りまわるローズの姿を見て、さっき思いっきり泣きました。理由は不明ですが、私にとっていい涙だった気がします。

 

 

何ごとも見る角度で変わってくる。ローズがそう教えてくれたのです。

 

 

あさひもジャイアンも格別な存在ですが、ローズはなんていうんだろう。

 

 

別次元にいます。

 

 

生きるって、ほんとうに苦楽の塊ですね。

 

 

たまに自分が不感症だったらいいのになあと切実にねがうことすらあります。

 

 

今、私がもっとも欲しているのは保護猫たちの「良縁」。

 

 

この1日でいろんなことが起きました。

 

 

できごととできごとの合間を縫いながらやっと深夜を迎えています。ブログを書こうかやめようか迷ったのですが、だれかひとりでいいから、だれかの目にもしかすると、あさひやジャイアンやローズが留まるかもしれない。その希望を胸にキーボードを叩いています。

 

 

私のスターたちに心を寄せてくださる方が必ずいると信じることで、私は息をしていられるのです。いい猫たちばかりです。アピール不足で申し訳ありません。

 

 

明日が皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





さぶは無事でした、ほか

先日は兼ねてより約束をしていたしじみの里親りょうちゃんとのデートでした。

IMG_1803

 

 

 

場所は表参道近辺。私がチチと行ったことのあるインド料理屋さんです。

IMG_1806

 

 

 

りょうちゃんはお店を気に入ってくれた模様で、テンション高め。りょうちゃんは多才で頭がよく、非常に緻密な(細かい?)女性。好き嫌いがハッキリとしていてすがすがしいです。もちろん、変な感じじゃなくてね! りょうちゃんがその日のことを自身のブログに書いてくれています。

 

 

りょうちゃんの目に私はそんな風に映っているんだね。ありがとう。

 

 

とりあえず記念写真を店員さんに撮っていただきました。

IMG_1804

 

 

 

前にも書いたのですが私は写真を撮るのも写るのも大好き。写るほうは母いわく、私がまだ2歳の頃から張りきりだしたらしい(笑)。ちなみにこのクセは私の母方の劉家の血筋。よって私の台湾の親せきらも自撮りに余念がありません。呆れちゃいますね。

 

 

 

さて、りょうちゃんとバイバイして帰宅後、私はほほ、あまぱん、さぶのケアをはじめたのですが、その際さぶの呼吸のはやさが気になりました。

IMG_1807

 

 

 

いつもと比べると元気もない。

 

 

心配で仕方がない私は、中島先生に電話でさぶの症状を伝え、「していいこと」と「してはならないこと」を伺い、昨日東大病院へ行ってきました。

 

 

慢性腎不全と闘う彼らの恒例の検診日だったのです。

 

 

午前中MIHOさんが到着。保護猫たちをiPhoneで撮影してくれました。

 

 

すっかり雰囲気が一変したジャイアン。ちゅーるをつけた手にkissしてくれるんですよ。MIHOさんも「ニュージャイアン」に驚きを隠せない様子でした。

IMG_1835

 

 

 

前面に押し出したいあさひもハンサムでしょ? どなたかいませんか?

IMG_1850

 

 

 

あさひは若く、超健康なので、おそらくながーい時間をご家族とエンジョイできるでしょう。これは最大の魅力じゃないですか? シニア齢を多く抱える私は最近つくづくそう思います。

 

 

 

そして数日後に抜糸を控えたローズ姫も♪

IMG_1851

 

 

 

お口を開きなにかいっしょうけんめいおしゃべりしていました。MIHOさんにかつおバーをもらってうれしかったね。あさひやジャイアンとシェアして食べたよね。

 

 

保護猫たちの写真をひととおり披露したところで、通院コンビをキャリーに

IMG_1836

 

 

 

ギリギリ予約時間に間に合いました。緑が豊かで気持ちがいいです。

IMG_1842

 

 

 

名を呼ばれたあと、あまぱん、さぶの順に彼らの日々の症状を研修医の先生にお話ししていきます。問診や基礎的な診察を受けるあまぱん氏

IMG_1844

 

 

 

あまぱん、がんばれ!

IMG_1843

 

 

 

さぶの番になりました。気になった点を細かく伝えます。

IMG_1846

 

 

 

今回はあまぱん、さぶとも、腎臓のモニタリングのみならず広範囲の血液検査を依頼しました。さぶはレントゲンも撮ってもらわなければ安心できません。

IMG_1845

 

 

 

1時間半の待ち時間は東大敷地内のカフェでMIHOさんと他愛もないおしゃべり

IMG_1837

 

 

 

猫ラボさんちの蘭丸Tシャツ(蘭丸くんはみいさんの元保護猫)に

IMG_1840

 

 

 

数年前に妹がプレゼントしてくれた奇抜な靴(はじめて履きましたよ)を!

IMG_1841

 

 

 

タイツにいっぱい毛がついていて恥かしいけど。

 

 

 

検査が終わりそうな時間に院内へ戻り、前田先生の説明を聞きます。

IMG_1847

 

 

 

さぶの件でドキドキしていたのですが、レントゲン検査の結果、胸部はとてもきれいでした。体調不良は一過性のものと考えて大丈夫です。血液検査もあまぱん、さぶともに良好。腎臓の数値がさらに下がっていました。やったね!!

 

 

慢性腎不全の治験薬は相変わらずつづけています。

 

 

治験担当医の米澤先生による採尿が終わると、米澤先生はこう仰っていました。

 

 

「この治験薬に効果が認められつつあるので、あと1年くらいで製品化ができそうです」

 

 

すごいいい!!

 

 

愛犬愛猫さんの慢性腎不全でお悩みの皆さま!

 

 

もう少しで皆さまのお手元に届きやすくなりますよ。私も慢性腎不全の卒業生やお友だち猫が多いので、ほんとうにうれしいです。慢性腎不全が近い将来、「絶望だけ」の病気ではなくなることを強く強く願っています。

 

 

 

前田先生毎度あり! 次は7月にほほ、あまぱん、さぶの3匹でお邪魔します。

IMG_1848

 

 

 

ということで、午前中には家事を終わらせ、本日も秘密基地にこもりブログをお送りしました。今はひたすら閲覧作業です。眠くて仕方がない。

IMG_1853

 

 

 

さぶをご心配くださった皆さま、申し訳ありませんでした。謝謝!

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





野島さんとの本づくり(葛藤なども含め)

703号室卒業生まりん、まりあ、アクア家からナナへ上品なブリザーブドフラワーが届きました。あきさん、Mパパさん、ありがとうございました。

IMG_1605

 

 

 

べべ、ナナの生前は数えきれないほどいっしょに遊んでもらったよね、ナナ?

IMG_7719

 

 

 

さて、私は今、新旧混在のスペースにいます。

IMG_1614

 

 

 

最新のシステムと古い造りがツボに入りますね。

IMG_1615

 

 

 

いつかこの場所で「譲渡」のミニ講義会を開きたいな。志ある方に向けてね!

IMG_1607

 

 

 

多様の使い方ができそう。

IMG_1608

 

 

 

知らなかった世界に足を一歩踏み込んだワクワク感

IMG_1612

 

 

 

いいね♪

IMG_1609

 

 

 

コピー機もあるのでアナログな私には大助かり

IMG_1611

 

 

 

席を選び、試しにブログを書いてみます。自宅と比較して集中できるか?

IMG_1616

 

 

 

私はこの度、本の出版に向け動きはじめることにしました。

 

 

 

先日ようやく本の土台となる「企画書」が完成し、OKをもらったばかりです。

IMG_1558

 

 

 

本日は自分の考えをしっかり皆さまに聞いてほしいのです。

 

 

ご迷惑でなければ少々おつき合いくださいね。まず紹介したい方がいます。

 

 

「さんこう社」代表取締役野島善孝氏

 

 

お友だちの紹介で野島さんの連絡先を伺った私は、当初なかなか電話に手が伸びませんでした。なぜならば自分の生活でさまざまな問題が起きていて、ナナの介護もあり、精神的にも肉体的にも余裕がなかったのです。いつか自分の猫への思いを1冊にまとめたい。脳裏では漠然と意欲があったのですが、いざ迫ってくると拒否したくなる。

 

 

どうしてでしょうね? わからないんですけど。

 

 

野島さんにやっと電話したのは、連絡先を知ってだいぶ経ったあとです。

 

 

一度お会いしてみることにした野島さんと私は、新宿紀伊国屋1Fのエスカレーター前にて待ち合わせ。着くと私の10年前の著書を持った初老の男性がぽつんと立っています。そして自分の著書に目を落とすと、私の本に汚れがつかないよう、薄紙で丁寧にカバーしてあったのが非常に印象的でした。

 

 

場所を移し、レトロな喫茶店で打ち合わせ。約2か月前の、2月26日です。

226 (2)

 

 

 

この頃の私は総じて疲れていて、乗り気がなく、けれど反面チャレンジしてみたい気持ちもあり、複雑な胸中で席についたのです。

 

 

しかし野島さんと話をしているうちに、この方となら組んでみたいという心境に傾いていきました。この方は本づくりを愛し、私を認め、肯定してくれている。

 

 

それは本へのカバーのかけ方や話し方だけでも十分に伝わってきます。

 

 

加えていくつかのやり取りを並べてみますね。

 

 

①私「私は家事、老犬介護、犬猫たちの世話、保護譲渡活動を抱えているゆえ、本づくりにかけられる時間が少ないので、猶予をいただきたいです」

 

野島さん「(笑顔で)潰れてしまいそうな小さな出版社ですが……田辺さんの本が完成するまでは(会社が)持ちこたえられるようなんとかがんばります」

 

 

②野島さん「実際のところ、初版分の印税をお金としてお支払いすることがむずかしいので、印刷分の10分の1の数の本を田辺さんにお渡しする形でも構いませんか?」

 

私「つまり私が初版分の10分の1を自分で売るということですか?」

 

野島さん「はい。そういうことになります」

 

 

③私「猫に特化した本ですが、そもそも野島さんは猫に興味ありますか?」

 

野島さん「(携帯をパカッと開き三毛猫の写真を見せながら)はい。うちも飼っていたんです。ミミと名づけたんですがね、ミミは長生きしたんですよ。実はぼくは犬派で、猫は苦手だったんですが、私たち夫婦は子どもがおらず、女房が猫を飼いたいと申して、飼うのを承諾したのです。新聞の“譲渡コーナー”でミミを見つけ、1992年に昭島市のあるお宅から譲り受けました」

 

私「へえ。じゃあミミちゃんの里親になったのですね?」

 

野島さん「はい。そうです。ところが1998年に女房がガンで他界してね、以後のおよそ18年間はぼくとミミのふたり暮らしだったんですよ(ニコニコ)」

 

私「(無言で頷く)」

 

野島さん「猫が苦手だったのは最初だけで、ぼくはすぐにミミに夢中になりました。ミミは最後は腎不全でしたが、23年ほど生きてくれました。だからぼくも、猫が好きなんです」

 

私「はい」

 

 

打ち合わせ後、野島さんはペアチケットを私にくれました。

 

 

「明後日だから急だけど……ぼくが息子がわりに接している安田くんのピアノリサイタルが上野の文化会館で行われるのです。よかったらご招待しますので、どなたか誘って、いらしてくださいね。ほら空席ばかりじゃあれだから……」

 

 

謙虚な野島さんの話とは裏腹に、安田さんのピアノリサイタルは空席ばかりではありませんでした。世界的に有名な方でむしろ満席に近かったです。しかも超絶にしびれた。

IMG_9808

 

 

 

開演後は撮影禁止なので入ったときの一枚を

IMG_9817

 

 

 

野島さんが企画しているのです。芸術性豊かな一本気の職人ですね。最高!

IMG_9814

 

 

 

新宿の喫茶店での打ち合わせの帰り道、私は好きなインテリアを見に街ブラしました。

226

 

 

 

野島さんとのやり取りを反芻しながら家具屋の中をグルグル回っていたのです。

 

 

さんこう社の提示する条件は必ずしもいいものではない。さんこう社自体が小さい。大手の出版社にかけあえば、話を聞いてくれる程度の人脈は私にもある。

 

 

けれどいくつかの大きな出版社の知り合いの方々は口々にこう言います。

 

 

「うまい下手じゃない。内容でもない。要は売れるか売れないか、に尽きるんです。有名人著名人の目に留まり宣伝してもらえればよりたくさん売れますよね」

 

 

よくわかります。売れないことにははじまらない。

 

 

人々に親しまれている名作の数々も、売れたからこそ名作になったんだと思うのです。私も書くからには1冊でも多く売りたい。出版業界全体が冷えている中、「売る」にウエイトを置くのはまちがいではない。むしろ正しい道なのです。

 

 

でも残念ながら、大きな舞台は私には似合わない。

 

 

私は小さな舞台であっても、下手なりにそこで精いっぱい踊ってみたい。

 

 

ミミちゃんと23年間暮らした野島さんとともに。

 

 

(森絵都さんにも勝手に原稿送りつけちゃう)

 

 

延々と本づくりにいたるまでの一連を説明しましたが、実際はまだ1行も書けていません。ここからが自分との戦いになりますね。参考書は不要で、自分のみと向き合っていきます。なにを書くかは書き終わるまでナイショにします。

 

 

理由は売りたいからです(笑)。

 

 

先に知ってしまうと興味を持ってもらえないかもしれないからね。

 

 

本づくりと並行し、保護猫たちの宣伝もしていかないと。

 

 

703号室には正統派ハンサムの保護猫あさひ(推定1歳男の子)

IMG_1561

 

 

 

80%キャラ替えしたジャイアン(推定2歳未満男の子)

IMG_1506

 

 

 

ローズ(推定4歳~ 女の子)の3名が終の棲家を求めています。

IMG_1599

 

 

 

みんないい猫たちです。気になる方はお問い合わせをくださいませんか?

 

 

 

どうか助けていただければ幸いです。

 

 

 

「よろしくね」

IMG_1602

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク