もったいない 詠吉巣立つまでの4分の3

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね。

 

 

4回にわたって卒業レポートを書く予定のえい吉改め詠吉ですが、先日体調不良になり、里親きちこさん、ヒスさんとの通院がつづいたのです。熱発と食欲不振が見られたため、FIPの外注検査もしました。私は心配で気が気じゃなかったのですが、結果が出てFIPの可能性が否定され、詠吉のコンディションも徐々に戻りつつあるというのでつづきをUPします。よかった……。

IMG_4591

 

 

詠吉とのおよそ2か月の日々の中で私が無数に口にした言葉があります。

IMG_4554

 

 

 

「もったいない」

 

 

 

この一語は、何百、何千回も頭の中に強く浮かびました。

 

 

もし詠吉の命が保健所で消えていたら、その先に私たちが過ごした蜜のような時間はなかった。それは詠吉にとっても、私にとっても、詠吉に関わったすべての方、応援してくれた方を含め、「もったいない」ことだと思ったのです。

IMG_6034

 

(イラスト:山路さん)

 

 

病院にいた頃からまなちゃんは詠吉に会いに来てくれていました。

IMG_4580

 

 

お世話になったemi-goの病院を出て703号室に移動した日の詠吉

IMG_4775

 

 

キャリーに入れるの大変だったんですよ(笑)。

IMG_4779

 

 

わが家のケージにて

IMG_4999

 

 

よろしくね♪

IMG_5002

 

 

かたいつぼみだった詠吉は、徐々に自分を咲かせていきました。

IMG_5067

 

 

ふふ。一輪の花のように大きく開花していったよね。

IMG_5075

 

 

怒る、戸惑う、怯える、前へ出ようとしては後ろへ下がる。

 

 

振り返れば詠吉の取ってきた態度や行動にムダはひとつもありませんでした。ぜんぶ詠吉にも私にも必要なことばかりだったのです。

 

 

詠吉が私を試すときは私が詠吉に気持ちを伝えるチャンス。詠吉と仲よしになりたかった私は、ありったけでぶつかっていきました。不思議と怖くはなかったです。

IMG_5068

 

 

人間と正しくつき合うための過渡期にいた詠吉。気がつくと詠吉に拒絶され殴られる回数が減り、次第に詠吉は私に期待の眼差しを向けてくれるようになりました。

IMG_5059

 

 

一筋縄ではいかなかったけれど、うれしかったな。

 

 

言葉が通じない相手に心が通じる、これ以上の喜びを私は知りません。

IMG_5784

 

 

私が安堵したのは言うまでもないけれど、実は詠吉が一番ホッとしたのかもしれないね。

IMG_5785

 

 

肩に力を入れて生きるのはしんどいもんね。

IMG_5792

 

 

誤解が解けたあとの、やさしい詠吉

IMG_7314

 

 

近くでそっと見守ってくれる詠吉

IMG_7613

 

 

がんばり屋さんの詠吉

IMG_6261

 

 

外耳炎の通院

IMG_6288

 

 

この日は偶然にも私の誕生日で病院でみんなにお祝いしてもらって幸せでした。

IMG_6394

 

 

emi-goケーキありがとう。犬用のお皿とお箸でケーキをいただきます^^;

IMG_6271

 

 

みいさんは山口県から殺処分を逃れてやってきた子犬たちの撮影中でした。

IMG_6266

 

 

ほほが亡くなったあと、保健所の殺処分のリストにいた詠吉の写真に目を留めた山路さんからのメッセージにはこう書かれていました。

 

「ほほちゃんのように病気や障がいを持ちながらも飼い主さんに一生けんめい看てもらえる猫がいるいっぽうで、健康な体を持っていながらも、殺処分のカウントダウンに乗る子がいるのは理不尽です。なんとかして助けてやれないものですかね?」

 

 

勝手ながら私は山路さんも「もったいない」と感じていらっしゃったのかなと解釈しました。

 

 

だってそうでしょう?

 

 

命の終わりを決めるのは自分自身であってよそから強制終了させられるものではないですよ。

IMG_6317

 

(イラスト:山路さん)

 

 

人も犬も猫も生きるために生まれてくるのです。

IMG_7400

 

 

生きるために痛いことや苦しいことを我慢するのです。

IMG_7616

 

 

生きるという本能が、私たちを強く逞しくし、生き物として磨き上げるのです。

IMG_7615

 

 

私は生きたくても生きられなかった病気の犬猫たちをたくさん見てきました。

IMG_7608

 

 

だから生きられる子には生きてほしいです。それが自然の摂理です。

IMG_7606

 

 

生きている子たちの安住の地を増やしていきたいですね。

IMG_7607

 

 

詠吉ともいのご対面♡

IMG_7552

 

 

ふたりともちょっと緊張?

IMG_7553

 

 

詠吉は身体を張って私に教えてくれました。

IMG_7335

 

 

バチあたりにもったいないことをしてはいけない、と。

IMG_7530

 

 

詠吉に誓って私はこれからも、命を粗末にしないひとりでいる所存です。

IMG_7739

 

 

詠吉ありがとう。

 

 

詠吉のお宅の紹介は次回以降にします。お楽しみに♪

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





大切な自己投資

703号室卒業生リリのママchikakoさんより猫砂のプレゼントが届きました。ちかたんありがとうございます。消耗品は超助かります。

nonono (23)

 

 

703号室卒業生(マイねーと)のゆきちゃんのママまりおさんから疲れたときに効くワタナベオイスターとお手紙が! まりおさんありがとうございます。

nonono (1)

 

 

皆さまこんばんは。週末いかがお過ごしでしたか?

 

 

私はあっという間に終わってしまいました。気がつけばもう4月中頃なんですよね。月日が過ぎるのが早すぎません? こんなスピードでいいのでしょうか?

 

 

さて、ノラスタが完成間近です。

nonono (18)

 

 

私はソワソワとツイッターのアイコンをノラスタ宣伝用バージョンに変えたりして

nonono (19)

 

 

1冊でも多く売ろうと目論んでいます。

nonono (21)

 

 

マジです。真剣です。だれになんと言われようと書いたからには売りたい。

nonono (20)

 

 

皆さまごひいきに♡

 

 

週末スカッとしたのは、チチに手伝ってもらいすずらんをネットに入れ……

nonono (4)

 

 

長すぎる爪をカットできたこと!

nonono (2)

 

 

これで私の流血の頻度が減るでしょう。うれしい♪

nonono (3)

 

 

“ほっこり”はリルと保護犬ルナを連れてのんびりお散歩へ行けたこと

nonono (5)

 

 

桜の花びらが舞い散る公園にて

nonono (6)

 

 

15歳半のリルと5歳のルナ。仲よくテクテク歩いてにっこり写真に写りました。

nonono (7)

 

 

ほんとうにふたりともおりこうです。

 

 

おいなりさんに似ているルナ。家庭犬としてひとつも問題なく暮らしています。

nonono (10)

 

 

リルも元気にしていますよ。おばあちゃんになってもふわふわでかわいいです。

nonono (22)

 

 

自分へのごほうびは……やっぱり食べもの! 星野コーヒーのピザトーストに

nonono (9)

 

 

500円を切ったあまおう♪

nonono (8)

 

 

年齢を重ねるにつれ「食べる喜び」を噛みしめています。

 

 

この世に体重計がなかったらもっと幸せですけれども。

 

 

週明けの本日、703号室に怪しい女性がやってきました。

nonono (12)

 

 

紫外線、糖質、脂肪、老化、むくみ……あらゆる敵と闘っているんだそうです。

 

 

妹が妹婿タカ坊の出張のおみやげ(ハンドクリーム)を持ってきたのです。

nonono (11)

 

 

しかし真のお目当てはもいとルナであることを姉は知っています。

nonono (14)

 

 

もい、お相手ありがとうね!

nonono (15)

 

 

おいなりちゃんもがんばりました。

nonono (16)

 

 

愛想のよさがルナのいいところです。

nonono (17)

 

 

ネイルが半分剥がれボロボロだった私の爪を妹が削って裸爪にしてくれました。散歩がてら、今度は妹んちへ。ペチャクチャおしゃべりのゆったり時間です。

nonono (13)

 

 

妹が資料請求してくれた「ペットシッター講座」を7月に受けます。費用は約9万円。私には高額ですが、身に職をつける大切な自己投資だと考えています。近い将来、ペットシッターとして生計を立てていきますのでよろしくお願いします!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ルナが703号室にやってきた

※blogを連続更新しています。遡ってお読みください。

 

 

もいのお茶会を終えた私は、お待ちになっていた希望者さんたちへのご報告メールを送りました。それからemi-goの病院へ、ルナを迎えに行ったのです。

ruruna (11)

 

 

ルナ、待たせてごめん。もいちゃんご縁が決まって肩の荷が一匹分降りたよ。

ruruna (6)

 

 

山口県の保健所出身のちゃぽぽは最近犬の保育園に通っているそうです(笑)。

ruruna (7)

 

 

社会を学んでいるのね。よしよしヾ(・ω・`) ちゃぽぽえらい♪

ruruna (8)

 

 

病院にはかわいい兄弟がいました(ふたりともオス)

ruruna (10)

 

 

黒猫のほうは目が少し白濁していますが、元気いっぱい健康的に育っています。

ruruna (5)

 

 

家族募集中です。

ruruna (2)

 

 

会ってみたい方は私に教えてくださいね。1匹でも2匹でも大丈夫です。

ruruna (4)

 

 

えい吉のマスキングテープが貼られています♥ emi-goお買い上げありがとう!

ruruna (9)

 

 

うれしい! (emi-goは別にうれしくないと思うけれど)私もあまぱんとさぶの点滴グッズなどを買いました。行くたびに不足がちのものを買い足しています。

 

 

ルナはわが家に移動し、終の棲家をさがしていくことになりました。

ruruna (13)

 

 

天国の元飼い主さんが安心するようなお宅へ嫁入りをさせたいです。

ruruna (12)

 

 

それから、emi-goが保護したFIVキャリアの成猫はんべえも里親募集中です。

ruruna (3)

 

 

どなたかいませんか? 外でがんばってきた紳士ですよ。

 

 

「あの ここが703号室?」

ruruna (1)

 

 

そうだよ。ルナ、今日からよろしくね。

 

 

703号室は随時保護犬猫の家族募集をしています。気になる子がいましたらお問い合わせください。小さな事務所ですが、心を込めて対応しています。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





楽しく譲渡活動をする

※blogを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

皆さまこんにちは。3月30日へタイムスリップします。

 

 

この日私はまなちゃんと三郷のIKEAで行われた保護犬猫の譲渡会へお邪魔しました。

1manaippaku (2)

 

 

いやはや……毎度大盛況のすごい人数です。

Inked1manaippaku (4)_LI

 

 

保護犬猫の存在を知らない方への啓発に繋がりますね。実際譲渡会が開催されていることを知らなかった方々が足を止めて見入っていました。IKEA、島忠などの大型商業施設での譲渡会開催を可能にしたのが市議の佐々木さん。ご本人もTNR活動、譲渡活動を積極的に行っています。

1manaippaku (8)

 

 

参加していた犬猫たちはみんな素敵でした。

1manaippaku (6)

 

 

個体の紹介カードが沁みる。

1manaippaku (3)

 

 

「ぞうさん」だって(笑)。おめかししてキュートね!

1manaippaku (5)

 

 

子犬や成犬もいます。

1manaippaku (7)

 

 

写真での参加もありました。一頭でも良縁に恵まれるといいな。

1manaippaku (10)

 

 

ごほうびガム♪ うれしいね^^

1manaippaku (11)

 

 

ふふ。私はタイプの男性を見つけてしまったのです。写真を眺めてニヤニヤ中

IMG_9294

 

 

キャベ太くーん! 最高に萌える!

1manaippaku (12)

 

 

キャベ太くんがツボにハマってしまいました。もし私なら、キャベ太くんに猛アタックするでしょう。聡明な顔立ちと控え目な佇まいが愛おしい♥

 

 

さまざまな保護主さんがいらっしゃるので統一のポリシーがあると円滑ですね。小学生が譲渡会のスタッフとして活躍していたのも印象的でした。次世代への浸透はおっきな希望に繋がります。

1manaippaku (9)

 

 

佐々木さん、梅田さん、お疲れさまでした。「情熱大陸」の撮影班もいたのでTVで放送されるかもしれません。保護犬猫を家族として迎え入れたい方はぜひ次回のIKEAに足を運んでください。運命の出会いがあったりして?

 

 

なんも買わなかったけれどIKEAを30分ほどブラブラしランチタイム

1manaippaku (14)

 

 

あまりの安さにまなちゃんも私も欲張りすぎて胃もたれするという……

1manaippaku (13)

 

 

703号室に帰宅後、まなちゃんには2時間お昼寝をしてもらいました。

 

 

朝早かったし、まなちゃんはアレルギーの薬を飲んでいるので「眠気」がかわいそうで。その間私はもいへお問い合わせをくださった方々にメールを送っていたのです。

 

 

夕方、起きてきたまなちゃんとふたりで703号室卒業生ポテチとコテツの里親きーやんさんちまでドライブ。原稿をチェックしてくれたきーやんさんから原稿を手渡してもらう約束をしていたのです。常に予定がパンパンで忙しない^^;

1manaippaku (20)

 

 

やあポテチ。相変わらず内弁慶だね……

1manaippaku (15)

 

 

コテツ元気? ずいぶんおりこうになったらしいね。

1manaippaku (17)

 

 

きーやんさんが保護した三男のヤマト坊のお顔も見れました。

1manaippaku (16)

 

 

まなちゃんが猫たちと遊んでいる間、私はきーやんさんちの別室で野島さんと電話での打ち合わせを。終了後、みんなできーやんさんちの近所の定食屋でごはんを食べて別れました。我ながら目の回るような一日です(苦笑)。

 

 

はい。次はまなちゃんががんばる番。保護猫しゅうまいを里親サイトへ掲載するための文章を真剣に考えています。私は別室でボーッとiPhoneを眺めていました。

1manaippaku (18)

 

 

もいが付き添ってくれたんだよね。

1manaippaku (19)

 

 

あれ? 眠くなっちゃったの?

1manaippaku (21)

 

 

まなちゃんはしゅうまいの掲載を完了。しゅうまいには数件のお問い合わせが来て無事にご縁が決まったようです。文章と写真を考えた甲斐があったね♥

 

 

まなちゃんは703号室に一泊。翌日メルカリで買ったはいいけれど似合わない気がして着れないというワンピースを私にプレゼントとして置いて去りました。

1manaippaku (22)

 

 

動物にやさしいステラマッカートニーのもの。かっこいい。私は着倒しますよ。

1manaippaku (1)

 

 

まなちゃんありがとう。

 

 

ワイワイ楽しく、でもまじめに譲渡活動をしています。苦しみながらだとイライラしてしまう、愚痴ばかりになってしまう……だからニコニコを心掛けています。まあたまにネガティブな発言が飛び出すこともあるけれど、極力その割合を減らしていきたいです。周りの笑顔に感謝ですね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





もいが山口からやってきた 詠吉巣立つまでの4分の2

※blogを連続で更新しています。遡ってお読みください。

 

 

さて皆さま、時系列メチャクチャにて失礼します。2月18日へタイムスリップ!

 

 

朝9時半すぎに私は車で上野に向かいました。

IMG_7448

 

 

中央改札で初対面のaiさんを待ち、もいを引き取って703号室へ

IMG_7450

 

 

aiさんとは午後再び落ち合う約束を交わして別れました。帰宅後、掃除掃除掃除!

 

 

やあ、もいもい♪

IMG_7458

 

 

今日から703号室所属のスターですよ。

IMG_7457

 

 

aiさんが描いたもいイラスト。かわいいなあ……

IMG_7455

 

 

さぶ、もいは山口市の保健所から飛行機に乗ってやってきたの。疲れているだろうし心細いと思うから仲よくしてあげてね。いい?

IMG_7499

 

 

なおっちさんのおさがりケージを姫仕様にしました。

IMG_7468

 

 

もいちゃん、居心地はどうですか?

IMG_7466

 

 

ダイソンをかけまくっていたら保護猫リタパンがエアコンの上に籠城

IMG_7496

 

 

エアコンがミシミシ言ってました。リタパン、ほかに隠れる場所あるでしょ?

 

 

もいが落ち着くようケージを布で覆いました。

IMG_7460

 

 

全体はこういう感じです。

IMG_7461

 

 

 

約束の午後、お客さまが揃って到着。ようこそいらっしゃい!

IMG_7481

 

 

殺処分寸前だったえい吉改め詠吉の引き出しでご一緒した山路さんとaiさん。おふたりともはじめていらっしゃるとあっていつもより家事をがんばった私です。

IMG_7479

 

 

山口県からはるばる詠吉をこねに来たaiさん

IMG_7497

 

 

「え~? さわれる~♪」と大興奮(笑)。

IMG_7482

 

 

保健所時代はDV男だった詠吉が赤ちゃんぽくなっていたのに驚いていました。

IMG_7485

 

 

写真を撮りそびれてしまったのですが、山路さんも詠吉をいっぱい撫でてくれましたよ。おふたりの喜びぶりを前に私は本当にうれしくなりました。

IMG_7487

 

 

 

しみじみ、詠吉は愛の子だなあ、と。

IMG_7489

 

 

お決まりのごほうびちゅーるです。

IMG_7477

 

 

お接待をがんばっているのがえらいのと、生きているのがえらいのです。

IMG_7474

 

 

山口県の保護犬猫の事情をいろいろ伺いました。

InkedIMG_7508_LI

 

 

特に印象的だった話は2つです。

 

①山口市の保健所の収容犬猫たちの引き出し活動に個人で尽力しているaiさんは、アニマルウェルフェアに則った殺処分ゼロをめざすおひとり。猫の収容数の多かった昨年は、ストレスで片耳が突発性難聴になってしまったのです。保護場所を確保できなければ自分のせいで犬猫たちがガス室送りになる、その重圧がaiさんの心身を蝕んだのでしょう。aiさんのせいではないのに、最前線のaiさんが傷つくのは不条理ですよね。身につまされる内容でした。常に笑顔のaiさんを尊敬します。

 

②山口市は平均的に不妊手術の費用が高い。不妊手術の助成金(一部)の申請もハードルが高く、やたらややこしい。だからTNR活動が浸透しづらい。いっぽう、役所では安い手数料を支払えば不要の犬猫を引き取ってくれる。必然と利用者が多くなる。健全な数のコントロールがなされていない。

 

 

aiさんたち、大変だなあ……。

 

 

でも私は、殺処分の多い地域にも希望の種を感じるのです。aiさんがまさにそうですし、今回お会いできなかったお仲間の方々もみなさん一筋の光ではないでしょうか?

 

 

濃厚で有意義なティタイムを山路さん、aiさんありがとうございました。

IMG_7502

 

 

詠吉とaiさんと私の記念写真を撮ってくださり感謝です。

IMG_7507

 

 

お仕事が入っていた山路さんは1時間ほどでお帰りになり、残ったaiさんと私はペチャクチャおしゃべり。もい、素敵な方に引き出してもらえてよかったね。

IMG_7504

 

 

aiさんが安心できるようもいのケアをしていこうと心に誓いました。

IMG_7492

 

 

おみやげやプレゼントの数々をありがとうございました。

IMG_7823

 

 

夜、母の店へ移動してたらふく食べてもらいました。

IMG_7503

 

 

台湾料理はお口に合いましたでしょうか?

 

 

aiさんも詠吉の良縁を祝福してくれています。aiさんは5月下旬にまた東京にいらっしゃるので次はホテル代の節約にうちに泊まってもらおうと考えています。

 

 

日本のあちこちで活躍している方がいるのですね。昨今の日本を殺処分減少に導いてきたのはこうした方々の努力の賜物と善き里親さん方の深い理解のおかげです。

 

 

私も大河の一滴でありたいものです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク