表情コロコロ

「ヒヒヒヒヒヒ……ふんだっ」

1LOVE (7)

 

 

 

「お母さんはこの頃ヒヒのお話ばかり」

1LOVE (8)

 

 

 

「あたしの出番が減って不服です」

1LOVE (10)

 

 

 

「猫好きの人も多いかもだけど犬好きの人もいるし」

1LOVE (9)

 

 

 

「実際その辺を平等にしてもらいたいのです」

1LOVE (11)

 

 

 

ディズニー(リル)ちゃん、まあまあ^^;

 

 

今お母さんはヒヒの家族募集中だからしょうがないでしょ?

 

 

リルはお父さんお母さんにたいへん可愛がられているお嬢さまなので、お家を探している子を優先させてね。リルのこともバランスよく載せていくからね!

 

 

「ほんと?」

1LOVE (2)

 

 

 

「じーーーぃ」

1LOVE (3)

 

 

 

べべとナナがいなくなってリルだけがリアルなぬくもりを放ってくれる。

 

 

表情がコロコロ変わるのもとてもかわいいです。

 

 

生きている証拠だもんね。

1LOVE (4)

 

 

 

あと3か月弱で15歳のリルですが、1日に3~4回のお散歩をこなし、お外で出会うお友だちたちとも仲よくできる社交家の一面をのぞかせてくれています。

1LOVE (5)

 

 

 

思えばリルはいつもだれをも寛容に受け入れてくれたよね。ありがとうね。

1LOVE (6)

 

 

 

本日は末娘リルをずらっと並べてみました。

 

 

そしてご心配いただいたあまぱんもすっかりくつろいでいます。

IMG_0716

 

 

 

で、最後にまなちゃんとの共同保護猫ヒヒを少々(みいさん撮影)

1LOVE (13)

 

 

 

まなちゃんのお母さまが作ってくれたというオシャレな首飾り

1LOVE (1)

 

 

 

首ではなく耳の横につけたらカルメーンのようになりました。

1LOVE (12)

 

 

 

キャッツに出てきそうなキャラクターに変身です♡

1LOVE (14)

 

 

 

では皆さま、ごきげんよう♪

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





ヒヒの家族募集をはじめます

まなちゃんとの共同保護猫ヒヒの家族募集を開始しました。

IMG_0065

 

仮名:ヒヒ

毛色:三毛

性別:女子

月齢:約3か月

体重:900g

ウイルス検査:マイナス

 

お問合せをお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

 

 

木曜日、emi-goの病院にてヒヒの撮影会を開催。みいさん、まなちゃん、私でヒヒをパチパチ

IMG_0068

 

 

 

ステージママが3人^^;

IMG_0038

 

 

 

まなちゃんが用意した小物や首飾りもすんなり受け入れなんでも似合ってしまうヒヒ。顔がいいのはもちろんですが、性格もおっとりしていてつき合いやすいです。

IMG_0042

 

 

 

まなちゃん絵になるなあ♪

IMG_0076

 

 

 

まなちゃんは今ヒヒの家族募集の連絡係を担当。ヒヒのいた場所の成猫たちのTNRにも精を出しています。今度写真つきでご紹介しますね。

IMG_0075

 

 

 

だいじだいじに庇護されているヒヒ

IMG_0034

 

 

 

しかし一日のおよその時間をヒヒはケージの中でひとり過ごしています。

IMG_0069

 

 

 

まだ甘えたい年頃のヒヒ

IMG_0012

 

 

 

健気ですね。

IMG_0035

 

 

 

emi-goがヒヒの風邪を治療してくれています。安全な環境で飼育されています。けれどemi-goの病院はめちゃくちゃ忙しいのでヒヒと遊ぶ時間が取れません。

IMG_0020

 

 

 

ヒヒは撫でてくれる手を求めています。

IMG_0040

 

 

 

1日も早く病院から出してあげることがヒヒの幸せに繋がりますので応援してください。あああ、それにしてもゴージャス!!

IMG_0039

 

 

 

パッと目を引きますよね。まるで外国のファッション誌に出てくるオシャレさ!

IMG_0021

 

 

 

写真を担当したみいさんも惚れ惚れの美しさだとため息を漏らしていました。

IMG_0025

 

 

 

本日の写真はすべてみいさんの提供。みいさん、毎度ありがとう♪

IMG_0023

 

 

 

まなちゃんから送られてきた「路上ホームレス時代のヒヒ」は正直、かわいい、よりもかわいそうなイメージでした。生活苦や悲壮感が前に出ていて魅力的ではなかったんです。でも人の愛情やケアが加わったことで、ヒヒは一気に華やぎました。ほんとうに不思議です。なんででしょうか?

 

 

早々にヒヒに縁が決まれば、TNR予定の成猫たちの中からあと1匹、2匹くらいは終の棲家探しができるかもしれません。席が空けば、次のスカウトが叶うのです。

 

 

ヒヒに心を寄せてくださる方がいると信じています♡ カモーン!

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





もものお輿入れ1

皆さまおはようございます。

 

 

前夜にブログを更新予定でしたが、チチが延々とテレビをみていてかないませんでした。すっかり遅くなりましたが、本日は長期トライアルを終え卒業生になったお姫さまに登場してもらいます。

 

 

百香(ももか)改め「もも」

IMG_0184

 

 

 

保護したのはなんと1月中旬

 

 

「死地からさらったお姫さま/幸せの703号室」

 

 

ももと出会ったいきさつを書いています。

 

 

私も読み返しました。

 

 

なつかしさに胸が詰まりますね。ナナが生きている頃だったので余計にそう感じるのかもしれません。ももはナナの介護がたいへんな時期に私といっしょに過ごしてくれたたいせつな存在です。

IMG_0133

 

 

 

来たばかりの頃はシャーシャー威嚇し虚勢を張っていたね。

 

 

少しずつ見せてくれたももの「本来の姿」に私は無限の可能性を垣間見ました。

 

 

ずっと言いつづけてきていること。

 

 

「馴れない猫はいない」

 

 

それをうちの保護猫たちが体現してくれているのです。

 

 

ね? もも

IMG_0128

 

 

 

薄皮をはがしたらとんだ甘えん坊がいました。

IMG_0131

 

 

 

私は保護動物と接して学んだのですが、人間のみならず、犬も猫もみんなほんとうは自分の心を預ける場所を求めている気がするんですよ。はじめからチャンスに恵まれた子たちは快適な環境で無邪気に腹を出して眠れるけれど、それ以外の子たちはオーバーリアクションで愛を乞うか、はたまた共存すべき対象を信じることができず、牙を剥いてジタバタと暴れるか。とても悲しいことですね。

 

 

私は彼らの生きづらさを目の当たりにするとまるで自分が生きづらいみたいな錯覚を起こして手を伸ばしてしまうのです。もちろん多くの数はできないけれど、いっぺん取り組んだらとことん突き詰めてしまう。じゃっかんラフなタイプのほうが楽なのはわかっています。しかし私には無理。

 

 

肩に力が入りまくりです。

 

 

命と向き合う場所に「脱力」があってはならないんじゃないでしょうか?

 

 

私は犬猫を擬人化しているわけではないのです。

 

 

ただ、うまく表現できないのですが保護動物は私の中でものすごい存在感があり、私は自分の愛を自分の形で徹底して貫きたいのです。

 

 

昔同じ活動を手広くしている方にクスクス笑われたことがあります。

 

 

「自分の家から巣立った子の名前をぜんぶおぼえているのは逆に不思議」

 

 

そうかな?

 

 

まあその方と私は規模がちがいますが、私は相槌を打てませんでした。

 

 

私には忘れようがないですよ。

 

 

自分なりに一生懸命、珠のように育ててきたんですから。

IMG_0134

 

 

 

もものお見合いの日のことははっきりと覚えています。

 

 

ナナの火葬の日の夜だったからなおさらね。

 

 

精神的にあまりにもキツかったので日にちをずらすことも頭をよぎったのですが、いったいどこにピリオドを打てるかわからず予定通り行うことに。

 

 

今振り返っても、あれでよかったと断言できます。

 

 

そもそもナナとの別れと、ももの幸せは別の次元です。ひとつは抗えないものだとしても、もうひとつは丹念に創作できるのです。ここは前へ進むべきだと思いました。

 

 

けれど私もそこまで強くないので、お見合いのヘルプに来たみいさんにお願いをしたのです。「お見合いが終わるまではナナの話をしないで」と。

 

 

 

「ハハの精神力が試された“お茶会”だったんですね」

IMG_0106

 

 

 

「ぼくのときもシャキッとまとめてくださいね」

IMG_0103

 

 

 

はいよ。あさひ、任せておきなさい!

 

 

ももの里親さんは一途な方で、ももだけにお問い合わせをくださっていました。

IMG_0180

 

 

 

そしてナナの命の終焉を静かに見届け、共に祈ってくださった方です。

IMG_0178

 

 

 

気長でやさしく責任感の強い里親さんに私はバトンを託せて本望です。

IMG_0190

 

 

 

辛い時期でしたが、もものおかげで一筋の光を実感したのです。

IMG_0188

 

 

 

もも、ありがとうね。

IMG_0182

 

 

 

うちでももにしてあげたかったこと、できたはずのこと、いろんな心残りをすべて「譲渡のエネルギー」に変換し、私は安心してお任せすることができました。

IMG_9851

 

 

 

終の棲家で家族のみなさんにクルクル変わる表情を見せてね。

IMG_9855

 

 

 

ペロッと舌を出すもも

IMG_0051

 

 

 

ダイナミックなあくび

IMG_0049

 

 

 

けだるそうな昼顔

IMG_9881

 

 

 

かわいいね♪

IMG_9883

 

 

 

つい撫で撫でしちゃう♡

IMG_9880

 

 

 

もものお嫁入り道具を準備していたら、目の前の霧がうっすら晴れていきました。私は「卒業」させるのが好き。私にとってもっとも有意義な瞬間です。

IMG_1405

 

 

 

遠方のお届けにはマイ太郎さんがつき合ってくれたんですよ。

ga

 

 

 

マイねー忙しい中どうもありがとうございました。

 

 

 

2か月のトライアルを設けたのは、先住猫「るい」くんとももの相性をじっくり合わせるため。るいくんは元保護猫ですが、一匹で保護されたのでほかの猫を見たことがありません。ももがるいくんのお友だちになれるかが要だったのです。

 

 

このたびもものがんばった甲斐があり、まだ道半ばですが正式譲渡のお返事をいただきました。るいくんとももの距離は日に日に縮まっています。

 

 

「皆さま応援ありがとう 次回はわたしのお城に案内するね わたしんちにはお留守番用の猫部屋があるの お父さんが手づくりなんだけど 超快適よ」

IMG_9852

 

 

路地裏で飢えていた一匹のホームレス猫がシンデレラになりました。

 

 

入魂の結果だと自負しています。でも決して難しいことではありません。

 

 

だれにでもできることをしたまでです。

 

 

それによって救われたのは、実は私のほうです。

 

 

困っている猫を見かける猫方は、ぜひやってみませんか?

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





ハハなにをするんですか!

emi-goからプレゼントをもらいました。emi-goありがとうごちそうさまでした。

1oteire (2)

 

 

 

おいしすぎてびっくり。こんなの食べたことないし……

1oteire (3)

 

 

 

「ハハ~ それぼくにも一口くださいよ」

1oteire (4)

 

 

 

食べたいの?

 

 

ん~~~ どうしようかなー? アヒージョって猫食べていいんだっけ?

 

 

どうしても食べたい?

 

 

 

「うん ぼく味見してみようかと思います」

1oteire (7)

 

 

 

じゃあさひ、ちょっとこっちおいで~♪

 

 

 

「えー ハハ話がちがうじゃないですか!」

1oteire (9)

 

 

 

「こんな展開になるって聞いてないっすよ 第一ここはどこですか?」

1oteire (10)

 

 

 

ここねえ、トイレ。私今、あさひを抱いてトイレの床に座ってんの。

1oteire (8)

 

 

 

「出たー やだー ハハぼくの爪を切る気じゃないでしょうね?」

1oteire (11)

 

 

 

へへ。大正解っ。さあさあ、いきますよー!

1oteire (1)

 

 

 

ということで、爪が伸び放題だったあさひくんをクイックルメンズネイルサロンへお連れしました。所要時間はわずか三分。我ながらこなれたもんです。

 

 

ちなみにアヒージョはあげていませんが、終了後はちゅーる1本でしっかりあさひのご機嫌を取りましたよ。私も保護猫には嫌われたくないので。

 

 

 

「わ こっちきた……」

1oteire (5)

 

 

 

爪切りを手にリビングに戻ったら閑散としていました。

 

 

みーんな逃げちゃった^^;

1oteire (6)

 

 

 

日々のお世話を担当するお母さんは損な役割ですね。

 

 

でも、お子たちといるときがまちがいなくいちばん幸せです。

 

 

次回は百香あらため「もも」の卒業レポートをお送りします。

 

 

時間が空いてしまいましたが、いっしょに祝ってもらえたらうれしいです。

 

 

そして今月中に保護猫あさひの家族募集を開始します。応援よろしくお願いします。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





多面レディー

703号室は今保護猫百香(ももか)の家族を募集しています。

77 (7)

 

 

 

天国に眠る703号室卒業生のフェリシアーノ(はかせ)のママさんからプレゼントが届きました。フェリママさん、どうもありがとうございました。

77 (2)

 

 

 

中を開けると大きな一冊の本の形。本を開くと紅茶の詰め合わせが……

77 (3)

 

 

 

オシャレだし心が躍りますね。おかげさまで元気が湧いてきました。

 

 

 

さて、嫁に行きたい百香嬢。ガンガン紹介しないと百香に怒られちゃう。みいさんの写真や私が撮りためたものを放出し、百香の魅力をアピールしていきます。

 

 

百香はほかの猫に寛容。だれとでも仲よくできます。ね? 嘘じゃないでしょ?

77 (11)

 

 

 

弟分保護猫あさひにベッドを譲る温和なお姉さん。あさひも安心した顔を浮かべています。ちなみにあさひも家族募集中なので気になる方はお知らせください。

77 (6)

 

 

 

彼氏役のさぶのことは尻に敷いています。見てこの偉そうな態度^^;

77 (8)

 

 

 

犬とも共存可能。犬のリル(14歳半)と百香

77 (5)

 

 

 

ある日の深夜。百香もリルも近距離でまったりくつろいでいました。

77 (4)

 

 

 

ながーいしっぽを垂らし動くあまぱんにロックオン。絵になるなあ♪

IMG_0185

 

 

 

人慣れはもちろんしています。なでなで大好き女性です。

77 (1)

 

 

 

猫は昼と夜とで目の感じが変わりますよね~! 私は両方萌えます。

 

 

 

昼顔(笑)

コピーなので削除

 

 

 

夜顔

77 (9)

 

 

 

インスタ映え必至の美貌!!

 

 

 

百香は近所のゴミ置き場なんか似合わない、つるッとしたシンデレラです。

77 (10)

 

 

 

どなたか百香を迎えに来てやってくれませんか?

 

 

百香は人を幸せにするために生まれてきたレディーです。

 

 

慈悲深き方からのお問合せを百香ともども切望しています。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク