期待も絶望もポイしました

先日、東大病院にてほほのCT検査を行いました。

1gaa9 (4)

 

 

歩けなくなった理由がわかるかもしれない。

1gaa9 (8)

 

 

だからほほ、がんばっておいで!

1gaa9 (5)

 

 

午前中に菅原先生にほほを預け、MIHOさんと私は敷地内のレストランへ

1gaa9 (7)

 

 

ボリュームたっぷりの豆腐ハンバーグ定食。680円とお得です。

1gaa9 (6)

 

 

ランチを済ませブラブラしたあともだいぶ時間が余ってしまったので車内でひと休憩

1gaa9 (9)

 

 

この日はとにかく待ち時間の長さに参りました。

 

 

すべての検査が終了し、名を呼ばれたのは約4時間後……

1gaa9 (1)

 

 

検査時のほほの写真が見たいという私のリクエストに前田先生が応えてくれました(右)。東大はキャリーバッグに入れたままCT検査をするのです。

1gaa9 (2)

 

 

タオルがビッシリ詰められているのはほほを動かさないためです。

 

 

通常、犬猫のCT検査は麻酔をかけますが、東大の機械は超性能がいいのでほかの病院よりスピーディに撮れます。おかげで3年前には肺の結節を患っているあまぱんも無麻酔でCT検査を受けられたのです。麻酔をかける負担もないし、変な話、麻酔代もかかりません。けれどどの子にもできるということではなく、「おとなしくしていられて、ほとんど動かない子」じゃないと厳しいのです。

 

 

半寝たきりのほほは無麻酔でいけると予想しお願いしました。

 

 

前田先生、いつも細やかな診察ありがとうございます。

1gaa9 (12)

 

 

検査の結果を詳しく見せてもらいました。

 

 

簡単に説明すると、ほほの水頭症はかなり重度です。そして新たに脊髄にも水が多量に溜まっている(脊髄空洞症)ことが判明したのです。脳と脊髄の両方に溜まった水のせいで、ほほは歩行が困難になったと考えられます。ステロイドや利尿剤の量を増やしても改善されなかったので正直なす術はありません。でも調べてよかったです。

 

 

ほほの状態を正しく知ることが重要ですから。

 

 

前田先生にリハビリの方法を聞きました。お母さんの気持ちは、希望を完全に捨てずに、いい意味で諦めよう、という複雑なもの。説明が下手でごめんなさい。

 

 

「こうなるはず」をポイしたんです。

 

 

お母さんは「こうすればほほは歩けるようになる(期待)」「ほほはもう二度と歩けない(絶望)」も両方捨てちゃったんです。すると不思議と楽になりました。

 

 

ほほに必要な治療はつづけていきます。しかし結果が伴わないとしても構いません。

1gaa9 (13)

 

 

一生懸命やりつづけながらもほほの丸ごとを受け入れる。それしかないと思います。

 

 

ほほに限っては脱走の心配がないのでお母さんが抱っこして駐車場まで歩きました。

1gaa9 (11)

 

 

ほほ、お疲れさま! 秋の風はいいよね♡

1gaa9 (10)

 

 

ちなみに参考に載せておきますが、血液検査、基礎的な検査、診察、無麻酔CT、薬代、駐車場代を合わせて私が支払ったのは73,000円程度。麻酔代がなかったのがありがたい。

 

 

高いのか安いのかもはやわからないですけど^^;

 

 

MIHOさんがほほとお母さんを動画に載ってくれたのでぜひご覧くださいね。

 

 

 

愛する家族に感謝♡ うちのお子たちは生きているだけでえらい!

 

 

次はひさびさにリルの検診でも行こうかな? だってリルもおばあちゃんだもんね。

1gaa9 (3)

 

 

皆さまこれからもほほに会いに703号室に来てくださいね。お待ちしています。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





まある卒業前検診、ほか

皆さまこんにちは。妙齢にさしかかり、体調が著しく変化しているこの頃です。

 

 

上がって下がって下がって下がってまた少し上がる。そんな日々を送っています。たいせつな催しの日だけはしっかりと自己管理しておかなければ!

 

 

あ、そういえば703交流会まで1か月切りましたね。ほんとうに楽しみです♡

 

 

参加者の方々はどうぞよろしくお願いしますね。

IMG_3130

 

 

 

さて、昨日はうちのリルの15歳の誕生日会をしました。その様子は近日中に自慢させてください。15歳に見えないと方々で言われるリル。自分が褒められているようでうれしいです。ふふ^^ 主役ちゃんは亡きかつくんの黄色のバンダナでおめかし♪

IMG_3099

 

 

 

木曜の夜、まあるを連れてemi-goの病院へ行きました。

IMG_3032

 

 

 

卒業前検診とあって、マイ太郎さんがハットリに作ってくれたバンダナをつけて

IMG_3067

 

 

ハットリに似合いそう!

IMG_3028

 

 

ねーたんありがとうございます。

IMG_3027

 

 

まある、おりこうでしょ?

IMG_3056

 

 

しっかり診てもらわないとね。

IMG_3055

 

 

「がんばっています」

IMG_3049

 

 

 

うん。えらいえらい♪

IMG_3051

 

 

 

顔がビビってる(笑)。

IMG_3050

 

 

 

まあるの写真はフォスターアカデミーに来てくれたかなちゃんの撮影

IMG_3047

 

 

 

なかなかかわいく撮れてますね。ありがとう。

IMG_3046

 

 

 

かなちゃんの明るさで通院はにっこり

IMG_3041

 

 

待合室にイケてるお子がいました。たまこちゃん5歳ですって。ヘアスタイルが斬新!

IMG_3036

 

 

名を呼ぶとテンションマックスで喜んでくれます。そのあと飼い主さんの腕の中に顔をうずめて照れるというリアクションが人間の子どもみたいで萌える。

IMG_3037

 

 

たまこちゃん、幸せに長生きしてね。

 

 

まあるは爪切りもお願いしました。

IMG_3052

 

 

 

卒業間近のこの日。まあるの未来を想像しながら家路に着いた私たちです。

IMG_3053

 

 

 

ウイルス検査(再)は陰性。里親さんに証明書つきでお渡し済みです。

IMG_3058

 

 

今週は更新頻度を意識していきますね。寝違え痛が治ればササっとやれるのに。

 

 

皆さまお身体はくれぐれもお大事に。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





オアシス

私にはずっと気がかりだったお兄さんがいました。

 

 

emi-goの病院に私の保護子猫ニコちゃんに会いに来てくれたお母さんとお兄さん。ニコちゃんを抱いたときのふたりの笑顔が忘れられません。

 

 

ニコちゃんはほかの方との縁が決まり、私はお母さんにお断りメールを書きましたが、ふたりの落胆したそぶりを想像するだけで胃がキリキリと痛んで仕方なかったです。

 

 

自分が乾いたつまらない大人になってしまったと思いました。

 

 

ドライでパサパサの心。いつからこうなったんでしょう。

 

 

しかしこの度こま吉の里親きちこさんが保護した4匹の天使たちのおかげで、私はお母さんとお兄さんの夢を叶えることができたのです。

 

 

そして1匹の子猫が、お兄さんとお母さんの掌で幸せを掴みました。

 

 

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

きちこさんが保護した子猫たちの中にキジトラの女の子がいる!

IMG_1491

 

 

 

ニコちゃんと似ている!

 

 

私はすぐにきちこさんに連絡しキジトラの女の子を私が引き継ぐことを提案。

 

 

きょうだいたちと引き離してしまう旨も伝えたのですが、きちこさんは「一匹ずつでもいいご縁なら気にしません」と二つ返事。

 

 

横浜から菊ちゃん(仮名)をemi-goの病院に届けてくれたのです。

 

 

きちこさんが愛情を込めて育てた菊ちゃん

IMG_1493

 

 

 

風邪の治療もがんばりました。

IMG_1490

 

 

 

「もしまだ子猫が見つかっていないならぜひ会いませんか?」

 

 

私は菊ちゃんの写真を添えお母さんにメール……

 

 

私たちは会う約束を交わし、お母さんは仕事帰りにひとりで病院に来てくれたのです。

kiku (4)

 

 

菊ちゃんいいところをたくさん見せてくれました。

kiku (3)

 

 

小さいけれど、利発で素晴らしい猫さんです。

kiku (5)

 

 

菊ちゃん、お母さんの腕の中はあったかいでしょ?

kiku (2)

 

 

耳を掻いていたので検査してみたのですが、異常なしでした。

kiku (7)

 

 

中島先生、かなちゃん、いつもありがとう。

kiku (6)

 

 

きちこさんがまんまをたくさんくれたのでお腹ぽんぽこりんの菊ちゃんです。

kiku (8)

 

 

きょうだいを代表して採血

kiku (9)

 

 

ウイルス検査の月齢については中島先生とつめた話をしています。あくまでもこの時点での検査結果であることも含めて里親さんにはお伝えしています。

kiku (14)

 

 

ごほうびにお母さんからちゅーるをもらってご満悦

kiku (13)

 

 

一生けんめいちゅーるを食べる姿を眺めていたら

kiku (10)

 

 

鼻の奥がツンとしました。

kiku (11)

 

 

ああ。この子は生きるために生まれてきたんだなあ、と。

kiku (12)

 

 

 

きみたちには五感と喜怒哀楽があるんだもの。ね? タロ

kiku (1)

 

 

 

もらったおやつを隠すボボボ。8年以上河川敷で苦労してきた犬です。

kiku (19)

 

 

 

食事中は隔離されるちゃぽぽ。理由はみんなの分を奪ってしまうから(笑)。

kiku (18)

 

 

 

帰り際、お母さんは菊ちゃんを育てていきたい、うちの子にします、と仰いました。

 

 

そのときの表情がイキイキしていてとても美しかったです。

 

 

私は美しいものが見たくてこの活動をはじめたことを思い出しました。「運命は変えられる」と実証するためでもあります。私は簡単にギブアップしたくありません。

 

 

壁の向こう側にどうしても行きたいのです。

 

 

砂漠を越えればオアシスが広がっている気がするのです。

 

 

お母さんはニコニコ顔で帰っていきました。サプライズを準備するんだそうです。

 

 

後日、菊ちゃんはお輿入れの日を迎えました。

kiku (15)

 

 

おみやげ、きちこさんから預かった嫁入り道具、書類を持って♪

kiku (16)

 

 

 

私たちがいる場所は砂漠でしょうか? それともオアシスでしょうか?

 

 

すべては自分次第だと思いませんか?

 

 

お母さんの様子を目の当たりにして、私も潤いを感じました。

kiku (17)

 

 

循環しているんですね。

 

 

ならば常に前進しなくては!

 

 

菊ちゃん改めチョビちゃん♡ おめでとう!

 

 

次回はサプライズパーティに皆さまをご招待します。

 

 

LOVE IS ALL

 

 

スポンサーリンク





闘病トリオ

今日は台風が猛威を振るいましたね。私は予定通り東大病院へ 行きました。

 

 

ふふ。ほほ、お漏らしなしでえらかったです。

aahoho (11)

 

 

 

残念ですがステロイドと利尿剤を倍に増やしてもほほの四肢は不自由のまま。特に前足が動かないのです。ステロイドの量が多すぎるのはほほにとって負担が大きいので、少しずつ減らしていく方向になりました。これからどうしようね?

aahoho (9)

 

 

 

お薬欠かさずがんばっているのに悔しいね。

aahoho (10)

 

 

 

丁寧な診察でやさしい笑顔の菅原先生。ほほもまんざらでもありません^^

aahoho (8)

 

 

 

先生たちと相談して、次回無麻酔のCT検査を行うことにしました。あまぱんも以前東大で無麻酔のCTを受けています。東大のCTは日本一性能がいいのです。

 

 

精密検査してもこれといった方策がないかもしれませんが、私はお母さんとしてほほの状態を正しく知りたいと思っています。愛しているから。

 

 

つづいて慢性腎不全のさぶ

aahoho (7)

 

 

 

風邪がすっかり治りました。さぶは体調も血液検査の数値もすこぶるいいです。

aahoho (5)

 

 

 

よしよし。このままこのまま♡

aahoho (6)

 

 

 

最後は慢性腎不全のあまぱん。体重が減ってしまいました。吐きやすいためエコーや広範囲にわたる血液検査を依頼。結果は特別悪くありませんでした。ホッとしています。あまぱんにはもっとこまめにシリンジ食を与えていかなければ!

aahoho (4)

 

 

 

帰りたいとわめくあまぱん。相変わらず弱虫です。あまぱんは貧血も気になるところですが今はヘモテクトというサプリで維持できています。セミントラ、皮下補液(120ml/日)、治験薬ファイブアラがあまぱんとさぶの治療内容です。

aahoho (3)

 

 

 

東京大学の力強いサポートのおかげもあり、うちのお子たちはそれなりのQOLを保てている気がします。いつもつき合ってくれるMIHOさんにも感謝♪

aahoho (1)

 

 

 

前田先生、菅原先生ありがとうございました。また来月お会いしましょう。

aahoho (12)

 

 

 

通院お疲れさま。お母さんといっしょにねんねんゴロゴロしましょう。

aahoho (2)

 

 

 

心細い日も家族が寄り添っていれば大丈夫。お母さんはほほのクッション役でありたいです。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





メル&麦家に会いました、ほか

皆さまこんにちは。外は曇りですが涼しいですね。

 

 

私はblogを更新したら家事の合間に数時間本を書こうかな。一章の「書き出し」にいつも時間がかかってしまう。全体でみるとようやく半分くらいになりました。まだまだかかりそう^^;

 

 

ほほは火曜通院を控えています。

IMG_1054

 

 

 

ほほの通院、ヒーちゃん(ヒヒ)の卒業、ブログできちんと紹介していない保護猫たちのことも触れていきたいです。皆さまどうぞよろしくお願いしますね。

IMG_1053

 

 

ほほはがんばっています。ちゃんとこうして起き上がれるのが素敵♡

IMG_1055

 

 

 

先日用事があって妹と銀座へ行きました。

IMG_1407

 

 

 

ふたりきりでの街ブラはひさしぶり♪

IMG_1412

 

 

私はお兄ちゃんがほしかったんですが、妹でよかったかもしれません。女同士だからこそ密につき合える気がします。ペチャクチャ楽しいひとときでした。

 

 

あまりの香りのよさにつられワッフルを購入。メープル味がすごくおいしかったです。

IMG_1414

 

 

ストレス発散の2時間でした。

 

 

最後に、先日emi-goの病院で偶然会った卒業生メル&麦一家の近況を

IMG_1066

 

 

(※メルの卒業記事はこちら ※麦の卒業記事はこちら

 

 

長女のメルは現在、たいへんな病と闘っています。FIPです。

IMG_1001

 

 

里親さんから話を聞いたとき、まだ若いメルを憂いで胸が痛くなりました。

IMG_0999

 

 

しかし里親さんは前向きにメルを支え、いっしょに闘っています。

IMG_1067

 

 

メルは幸せな猫ですね。里親さんのTwitter→ @momoca77

 

 

この日は妹猫麦にも会えました。

IMG_1070

 

 

メル&麦揃って通院です。

IMG_1065

 

 

 

はじめて共に暮らす愛猫のメルがFIPだと診断されて里親さんはどんなに心細いでしょう。それでも常に穏やかな笑顔を絶やさずメルと麦に向き合っています。病魔は憎いけれど、病魔などしょせん、みみっちいもの。格段に大きな愛の中に擁かれているただ一つの要素に過ぎないのかもしれません。

 

 

がんばれという言葉は好きじゃないので、うーん、私はメルの安楽を祈っています。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク