さぶの通院と保護犬つるの写真撮影会

皆さまこんにちは。家族募集中だった保護犬つるですが、募集を停止させていただきます。

toudai (1)

 

 

つるには多数のお声がかかりました。ペットのおうち経由で20件、ご紹介などを含めると合計25件。せっかくのお問い合わせに対し、スルーしたり、冷たい感じの事務的なやり取りにしないことに決めている私にとって、ここ数日の忙しさは自分の限界値を超越していた気がします。

 

 

皆さま素敵な方ばかりで「早く仔犬ちょうだい~」みたいなライトなメッセージは1件もありませんでした。善き方々の良縁を、つるともども、心から願っています。

 

 

さて、肝心のつるですが、17歳になる我が家のリルのそばから片時も離れようとしません。

 

 

(最近は保護猫中心ですが)過去を含めると、私はそれなりにいろんなタイプの犬たちを見てきたつもりです。その中で、ここまで犬が好きな犬を私は知りません。

 

 

ならば犬と暮らしてもらうのがいいかもしれないと思い、つるを先住犬のいるお宅に譲渡する方向で話を進めています。話が正式にまとまったらお伝えしますね。

 

 

応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

toudai (11)

 

 

つるの募集に使った写真や動画の撮影を手伝ってくれたMIHOさんにも感謝♡

toudai (2)

 

 

MIHOさんの大好物ゆば蕎麦と卵焼きと天ぷらとビールでねぎらい済みです(笑)。

 

 

つるとの記念写真

toudai (4)

 

 

「なあなあ おれを忘れてないか?」

toudai (5)

 

 

ごめんごめん^^; この日はさぶの東大病院への通院もしたのです。

toudai (6)

 

 

いっとき、さぶは嘔吐の回数が増えたので、今回は腎臓まわりだけでなく、広範囲の血液検査、エコー、レントゲンのフルコースをお願いしました。

 

 

さぶの検査を待つ間、MIHOさんとサンドイッチを食べたり、散策したり……

toudai (10)

 

 

大好きなハチ公をなでなで♪

toudai (9)

 

 

1時間半後、再会を果たしたさぶは抗議の鳴き声をあげていました。

toudai (7)

 

 

前田先生、岡本先生にもさぶがキレまくったようで面目ありません。

 

 

さぶは怒りのあまり院内で脱糞をしたそうで、その運子にビニールの破片が混じっていたことから、誤飲をやめさせるよう前田先生よりアドバイスをいただきました。

 

 

以後、さぶの手に届く場所にあるビニールはすべて取り上げました。

 

 

胃の動きをよくするお薬を処方され、しばし様子見をします。

 

 

慢性腎不全の数値の維持はできているということでホッとした次第です。

 

 

前田先生、岡本先生、ありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします。

toudai (8)

 

 

さぶの通院、つるの撮影、MIHOさんとの食事……では終わらず、MIHOさんを出やすい駅まで送り届けたあと、新しいお子のお迎えに行きました。そのいきさつなどはまたおいおい書きますね。

 

 

日々いろんなことが起きすぎてブログの更新が追いつきません。

 

 

皆さま、時系列無視でお読みいただければ嬉しいです。

 

 

毎日を一生懸命生きるをモットーにしています。

 

 

そして、ときどきごほうびに「ダレる」。

 

 

オンとオフの切り替えが今よりじょうずになったらもう少し楽になるかもしれません。

 

 

皆さまも有意義で素晴らしい日々をお過ごしください。

 

 

いつも遊びに来てくださりありがとうございます。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





明が復活してきました♡

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

chiseiさんよりプレゼント便が届きました。いつも本当にありがとうございます。

chisei (1)

 

 

今日は母の店でバイトのあと、深夜のシッティングのお仕事が一つ入っています。掛け持ち、ですね。楽しみにしているドラマ「竜の道」の最終回を観るのは夜中になりそう。そして明日は朝、昼、夜と3つのシッティングのお仕事が入っています。自分の体調管理をきちんとしないと^^;

 

 

ここ数日は明とさぶが心配でした。

 

 

明のことは書いたのですが、さぶまでゲーゲー吐く始末。

 

 

でもふたりとも落ち着いたので少しホッとしています。特に明の食欲が戻ったのはうれしいです。念のためまだお薬はつづけますが、このまま本調子になってくれるのを祈るばかりです。

 

 

金曜日の朝は中島先生に診てもらい、土曜日は中島先生に調合してもらった点滴を自分で明に皮下補液。日曜日も病院で点滴してもらったのです。お薬も欠かさず投与しています。

 

 

連日の通院の甲斐あって、明は元気になりました。

 

 

昨日の通院の様子

chisei (9)

 

 

診察室にて

chisei (10)

 

 

がんばっているよね♡

chisei (11)

 

 

すごくえらいと思います。

chisei (12)

 

 

中島先生、emi-goお世話になりました。

 

 

帰宅後、数時間経って明にごはんを出したら半分くらい食べたのです。やった!!

 

 

心の中で小躍りしましたよ! 快活さも戻り、リビングを走り回る様子にジーンとしました。

chisei (2)

 

 

かわいい……

chisei (3)

 

 

今は朝、夕、夜の1日3回、明をケージから出す時間を決めて、「フリータイム」をエンジョイしてもらっています。明はさぶとも保護猫すずらんとも仲よく遊びます。

chisei (6)

 

 

さぶもすずもありがとう♪

chisei (5)

 

 

すずらんは年下の男の子に夢中

chisei (7)

 

 

保護猫ジャックとも保護猫牛丸とも合わないのに、明のことは気に入っているのです。

chisei (8)

 

 

さぶも明の面倒は見てくれます。小さいから脅威に感じないのでしょうか?

chisei (4)

 

 

食欲が戻ったからといって、明にいきなりたくさん食べさせちゃうとお腹に負担がかかるから、少量から徐々に増やすようにしています。皆さまにご心配をおかけしてごめんなさい。

 

 

これから明と猫じゃらしで遊ぶのでこの辺で失礼します。

 

 

皆さまよい一日をお過ごしください。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





私の土台

みいさんとMIHOさんより天国に住むあまぱんの素敵なオブジェが届きました。

ikiruakira (3)

 

 

本当にうれしい。ありがとう。沁みた。

 

 

あまぱんがいつもいた場所(キッチンの背面棚)に飾って大切にします。

ikiruakira (6)

 

 

 

今、私は心が晴れません。辛いです。

 

 

自分はもっと軽やかにやれているつもりだったけれど、気のせいでした。

 

 

保護猫明がごはんを食べないのが心配でどうしようもありません。メンタル弱いなあ……

ikiruakira (2)

 

 

私が元気にしていられるのも、お子たちの「健康」が土台にあってこそだと痛感しています。

 

 

月曜の夜にやってきた明。初日はほとんど食べませんでした。

 

 

移動がつづいたからしょうがない。環境が変わったんだもんね。

 

 

火曜の夕方から少しずつ食べるようになり、水曜あたりは、(保護に関わった方に)「大食漢」といわれていたのがうっすらとわかって来たほどでした。なのに木曜(昨日)の夕方以降は、また出したものをことごとくプイ。一回食べるようになったのに、どうして?

 

 

ちなみにおしっこしている姿を目撃しているので、排尿はOKのはず

ikiruakira (4)

 

 

お砂かきかきしてえらかったね!

ikiruakira (5)

 

 

 

ああ。はじめての保護猫でもないのに、オロオロする私。情けない限りです。

 

 

でも、食べてくれないと不安が爆発しそう。

 

 

じっと見ていられないので、消化にいいid缶をシリンジで与えることに。まずは10ミリ。1時間経って吐かないようなら追加で10ミリ。念のため体温もはかってみました。(結果、平熱)

ikiruakira (7)

 

 

遊ぶ気力があるのか試してみたところ、猫じゃらしに反応してくれました。

ikiruakira (8)

 

 

明、今夜はちょっとにしておこう。

ikiruakira (9)

 

 

ふつうに食べるようになったらたくさん遊ぼう!

ikiruakira (10)

 

 

出会って間もないのに、明が大好きで仕方がないです。

ikiruakira (11)

 

 

もし悪いところがあったら絶対に治したい。3時間寝て朝起きてみると、明のケージに入れっぱなしにしていたフード類が手つかずの状態でした。水っぽいものを吐いた形跡も発見……

ikiruakira (12)

 

 

emi-goに連絡。東京大学の前田先生のサロンにも相談。私の頭の中は明のことでいっぱいです。

 

 

中島先生が診てくださるというので、朝病院へ行ってきました。休診日なのにごめんなさい。

ikiruakira (17)

 

 

ちゅーるを一口舐めれたね。

ikiruakira (16)

 

 

病院でも熱はなく(38.1)、少しホッとしました。

ikiruakira (14)

 

 

セレニアや胃薬を入れてもらった皮下補液を50ml

ikiruakira (19)

 

 

がんばったね。通院させるのは不憫でしたが、中島先生がサッと診てくれたおかげで早く家に帰れたので、明にかかるストレスは最小限だったと思います。お世話になりました。

ikiruakira (18)

 

 

ケージを私の寝床のすぐ横に持ってきました。

ikiruakira (13)

 

 

20分前の明です。

ikiruakira (1)

 

 

 

先ほどシッターのお仕事から戻ってきたのですが、排泄ナシ。食欲ナシ。

 

 

シリンジでidを夕方20ミリ(済)、夜20ミリあげる予定です。

 

 

明日はシッターのお仕事が2つとシッターのお仕事の打ち合わせが1つ入っていますが、合間に帰宅して明の様子をチェックします。神さま、どうか703号室のお子たちをお守りください。

 

 

ここにいる間は、どの子も自分の分身です。

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





明のバトン

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

保護猫ジャックのワクチンを終えてしばらくすると、保護猫明が病院へやってきました。

133 (3)

 

 

友だちが連れてきてくれたのです。

 

 

明を連れてきてくれた友だちは、何度も私を助けてくれました。

 

 

一見熱いタイプではないけれど、冷静に、そして確実に、もっともいい形で、しかも私が負担に感じないように、シレっと手を差し伸べてくれるのです。

 

 

とても信頼できる方なので、安心して明を迎えることができました。

 

 

友だちの10分の1にも満たないけれど、私も少しでも役に立ちたいと考えて引き受けたのです。

 

 

もちろん、(クサいようですけど)いちばんは、明を幸せにしたいと思ったからですけど。

 

 

明はたくさんのフードなどといっしょにきました。明の保護に関わった方や友だちが準備してくれたのです。気をつかわないでほしかったのに、律儀に……ありがとう。

 

 

emi-goの病院で明のワクチン、ウイルス検査、健康診断をやりました。検便や駆虫はすでにほかの病院で終えています。ちゅーるを舐めながらの「おいしい診察♡」

133 (6)

 

 

体重は2キロちょうどです。明ももちろん後ろ足にワクチンを打っています。

133 (7)

 

 

ウイルス検査はFIV、FeLVともに陰性(9月7日時点の結果)

133 (8)

 

 

怖いね。でも中島先生じょうずだからあっという間に終わるよ。がんばれ!

133 (9)

 

 

子猫と成猫の中間。まだ乳歯が残っているということで、生後4~5か月程度でしょうとのこと。私のほうで追加のワクチンと去勢手術を受けさせてから新居へお届けする予定です。

133 (1)

 

 

きょうだいの中で唯一生き残った生命力の強い子です。

 

 

詳しいいきさつは友だちに今一度確認を取って、後日、皆さまにお伝えしますね。

133 (2)

 

 

本当に愛らしい明。すでに我が家になじんであちこち飛び回っています。

 

 

明を待つ間、大好きなちゃぽぽに遊んでもらいました。

133 (5)

 

 

ちゃぽぽ引いてる? でも実際は自分から寄ってくることも多いのですよ♪

133 (4)

 

 

キモい顔でお目汚しを失礼しました。

 

 

明は703号室で大切にしながらご縁をさがしますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

最後に、前回の投稿に質問コメントが寄せられたのでこちらにもはりつけておきますね。

 

 

はじまして。しまりんと申します。
今日の記事内で気になった箇所があり、初めて投稿いたします。

「ワクチンは『後ろ足に打つのが正解』」とありますが、理由はなんででしょう? もし教えていただければ嬉しいです。
実はうちの子は、転居先で初めて行った動物病院で、初めて後ろ脚にワクチンを打たれて、2匹ともものすごい「いたーい!」と鳴いて大暴れだったので(そんな大暴れは初めてでした)、もう脚には絶対注射されたくないのです。

そういえば、私も昔病気で脚に注射を何回かしましたが、すごーく痛かった! ネットで少々検索すると「脚への注射は筋肉に注射するので痛い」などとあり。。

痛がらない子もいるとは思いますが、うちは、効果とか?にさほど差がないなら痛くない方がいいので、今後は脚でない箇所にしてもらおうかなと思っています。

ということがあり、できれば「脚が正解」の理由を知りたいので、よろしくお願いいたします。

私の返答は以下のとおりです。

しまりんさま
コメントありがとうございます。ワクチンを後ろ足に打つ理由としては「注射部位肉腫」というがんの発症を懸念してのことです。
万が一、ワクチンを打ったことで注射部位肉腫を発症した場合、足なら切断することも可能ですが、首の後ろに打った場合、首を切断することはできないからです。もちろん、足を切断することは「簡単なこと」ではないのですが、飼い主さんの選択肢が増えるという意味では足に打つのが正解です。私は大好きな猫さんが注射部位肉腫で亡くなっているので、決して侮れないと考えております。確かに足に打つのは首の後ろよりは痛みを感じやすいかもしれませんが、一時の痛みより、万が一、を考えて足に打ってもらっています。

では皆さまよい一日を。私はこれから母の店でバイトです。

LOVE

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ワクチンがんばった(ジャック)

皆さまこんばんは。おととい、保護猫ジャックを連れて病院へ行きました。

 

 

前回の通院時は熱を出していたのでワクチンを見送ったのですが、卒業を控えているのでそろそろ打たねば、と。たかがワクチンと思われるかもしれませんが、接種後にぐったりされることがあるので体調が万全のときじゃないと心配です。

 

 

爪切りや耳掃除もお願いしました。体重が増え、いい感じのコンディションです。

321 (7)

 

 

emi-go写真撮ってくれてありがとう!

321 (8)

 

 

診察中のジャック

321 (6)

 

 

歯がしっかりしていてキレイです。

321 (5)

 

 

「中島先生 ぼく どこも悪くありません 早く帰りたいです」

321

 

 

ちなみにワクチンは「後ろ足に打つのが正解」です。

321 (1)

 

 

ジャックのワクチン以外にも、病院にはいろんな用事がありました。

 

①emi-goが注文してくれたノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の納品

②さぶの補液グッズのまとめ買い

③卒業生ミミ玉を保護してくれた「お友だち」と待ち合わせて、ミミ玉の里親さんから預かったミミ玉の医療費(お友だちが負担してくださった分)を渡す。

④保護猫明のバトンを受け取る。保護猫明の診察など。

 

 

そして合間に病院のアイドルたち(元保護犬、または保護犬)と戯れるのも楽しみです。

321 (3)

 

 

ボボボカメラ目線かわいいね♡

321 (2)

 

 

気になっているお子にも会えました。ふふ。毛艶がよくなったね♪

321 (4)

 

 

ジャックは9月下旬に703号室を巣立ちます。

 

 

さぶとの相性が悪いため、ほぼ保護部屋ゾーンにいるジャックですが、保護猫牛丸とは仲よくやっているし、来たときよりだいぶ環境になれてくれました。甘えたり食べたりお腹出して眠ったり……ジャック自身はずっと我が家にいるものだと信じて疑っていない風です。そんなジャックを新居にお届けするのはうれしい反面、正直胸がチクっと痛みます。

 

 

保護犬猫たちを引率するには自分のメンタルを鍛えないとダメですね。私は何年経ってももろい部分があるから、感情を抑え、理性を前面に出す訓練をつづけていきたいです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク