703号室慢性腎不全事情

皆さまこんにちは。うっとおしい雨天をいかがお過ごしでしょうか?

 

 

ブログネタが溜まりすぎてどこから手をつけていいのかわからなくなってしまいました。萎えそうになる心を奮起させ、時系列無視でいきますね。

 

 

6月4日のあまぱん東大病院通院日にタイムスリップします♪

kurosinnsirona (4)

 

 

現在慢性腎不全と闘うあまぱん。目ヤ二も気がかりで前田先生に相談することにしたのです。

 

 

東京大学動物医療センター待合室にて

kurosinnsirona (8)

 

 

病院はうちから車で30分。ほぼMIHOさんがつき合ってくれます。

 

 

MIHOさんと私は東大農学部の緑の雰囲気が大好き。あまぱんを検査に預けている間、私たちは軽くランチを取り、お天気がいいと敷地内を散策するのです。

kurosinnsirona (10)

 

 

この日は半そででOKのポカポカ陽気でした。

kurosinnsirona (6)

 

 

20年前に買ったお気に入りのラルフローレンのタイダイ染めのポロシャツと楽天でポチった1300円スカートの出番です! 物持ちのいいのが私の取り柄^^

kurosinnsirona (9)

 

 

検査終了の頃を見計らい、病院へ戻る私たち。ほどなく名を呼ばれました。主治医前田先生にノラ猫あがりのスターたちを♪

kurosinnsirona (7)

 

 

♡大巻先生にも中島先生にもプレゼントしています。

 

 

前田先生がノラスタの中身にドン引きしませんように(笑)。

 

 

さて、肝心のあまぱんですが、まず体重が100g減っていました。

 

 

薬やサプリを欠かさず飲ませ、点滴の量も増やしていますが腎臓の数値はほんのり悪化しています。でも「悪化の度合い」、つまり病気の進行が遅いのが幸いです。

 

 

自分でいうのもなんですが、うまく進行をコントロールできていると思います。ざっくり分けるならあまぱんは未だステージ3。QOLを維持しながらあきらめずに闘病していきたいです。

 

 

風邪の症状はどの抗生物質があまぱんに適しているのかの精密検査を依頼し、とりあえず対処療法としてコンベニア注射をしてもらいました。

 

 

貧血への対策として2度目の造血ホルモン治療(注射)もお願いしました。

 

 

気になる大学病院での診察代は21,490円+駐車場900円。安くはないけれどまあこんなものでしょう。ちなみに慢性腎不全のあまぱんとさぶの医療ケアにかかるお金をざっくり計算すると毎月10万円は軽く超えます。現在若い犬猫と暮らしている方は動物医療保険への加入を検討するのもいいかもしれません。私も入っておけばよかったのかもしれませんが、頭数が多かったので断念したのです。

 

 

慢性腎不全はじわじわと飼い主の懐を蝕む病気でもあります。

 

 

①モニタリングが必要なのでこまめに血液検査をしなければなりません。

②セミントラや鉄分を補うサプリが割と高いです。

③多飲多尿ゆえ、トイレ砂のコストが健常の猫の3倍以上かかります。

④療法食も一般的なごはんより高価です。

⑤ラクテック(など)、翼状針、ストロー、消毒綿……皮下補液グッズにお金がかかります。私はemi-goの病院で安く買わせてもらっていますが、毎日2匹に点滴をする(あまぱんは1日2回、さぶは1日1回)ので結構な金額になります。

 ⑥貧血など、慢性腎不全に紐づいた症状にかかる医療費が発生します。

 

 

猫は腎臓病になりやすいので、老猫ステージ前に蓄えていたほうが無難ですよね。

 

 

帰宅後、体調不良だった私に代わってMIHOさんが保護猫たちと遊んでくれました。

 

 

昨夜卒業したリタパンや

IMG_8138

 

 

次の大スター黒真珠

kurosinnsirona (3)

 

 

ちょっと軟化しつつある? 白まんじゅう

kurosinnsirona (5)

 

 

(写真がないですがすずらんも)みんなおやつやおもちゃを楽しんでいましたよ。MIHOさん本当にいつもありがとう。助かってしまいました。

 

 

放出する時間が足りないですが、703号室は全員元気です。のんびり自分のペースで皆さまにお伝えしていけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





あなたはすばらしい

皆さまにご心配をお掛けしています。不安を前に出すと今立っていられないのでしまったまま失礼します。活動上、いろんな方との交流があるので消え入ることができません。メンタルの強さが試されるときだと思っています。自分の生活はもちろんのこと、お子たちもほとんど自力で養っています。お母さんはたくましいということをお子たちや保護犬猫たちに見せていきたいです。

 

 

午後、私は嘔吐と食欲不振の保護猫リタを連れてemi-goの病院へ行きました。

IMG_9798

 

 

先生の手が空くまでリタを院内に預けてパワースポットへ

IMG_9799

 

 

願いごとを心の中で唱えるひととき

IMG_9801

 

 

見事ですね。

IMG_9803

 

 

サクッと戻りました。ちょうどオペが終わり、立ちながらパンを食べていた中島先生が休憩時間返上でリタの診察をしてくれました。ありがとうございます。

IMG_9809

 

 

美猫でしょう? 体重は前より300g増え4.2キロです。

IMG_9810

 

 

歯もお口もキレイ

IMG_9811

 

 

最近は同じ症状の猫がよく来るそうです。みんな体調を崩しやすい時期なのかな?

IMG_9813

 

 

セレニア、ガスター、抗生物質、ビタミン入りの点滴をしてもらいました。

 

 

リタはじっとしていてえらかったです。

 

 

emi-goの病院がノラ猫あがりのスターたちを扱ってくれるというので1冊私からプレゼント。あまぱんやさぶに使う補液のセットも忘れずに買いました。

IMG_9797

 

 

恥かしい話ですが、泥だらけになりながらも本を売りたい必死の著者です。

 

 

読んでいただくために、売るために仕事として書いたもんですから……。

 

 

リタを703号室に送り届けたら次はさぶが入院している大巻先生のMOMOペットクリニックへ向かわなければなりません。ふたつの病院をはしごする予定です。

 

 

バタバタしながらも目の前で腹を出すちゃぽぽの誘惑に負け、つい膝を折ってちゃぽぽに抱きつきました。あれ? 犬たち全員から甘い香りが漂ってくるではないですか!

IMG_9816

 

 

きみたち、シャンプーしてもらったの? いいねえ!

 

 

そう言えばトリミング室で一生けんめい犬たちを洗っているスラっとした女性の背中が見えた気がしました。……え? トリミング室から出てきたのはフォスターアカデミーの受講生なっちゃん! は? なんでなっちゃんがいるの?

 

 

※なっちゃんが私の講義(ベーシックプログラム、犬・座学)を受けてくれた日のブログ記事はこちらです。右端の白い服を着ている女性がなっちゃんです。

 

 

ね? なっちゃんいるでしょう? かわいい! ビックリ仰天ですよ。

IMG_9814

 

 

話を聞くと、なっちゃんは定期的に遠路はるばる電車でemi-goの病院へ通い、保護犬たちのシャンプーをボランティアでしているそうです。無名のヒーローですね。感動した。

 

 

黙々と、しかし確固たる芯と内なる情熱を持ち自分の人生を生きる女性は美しい。年齢のせいか最近やたら涙もろいのでなっちゃんの出現シーンは胸に刺さりました。エールを送りたいです。

 

 

私はこういう方を多く知っています。こういう方を見つけるたびにブログやツイッターで皆さまに伝えています。粛々とがんばっている姿を知ってほしくて。

 

 

先日関西から泊まりに来たチャトミちゃんは私と10年来のつき合いです。

 

 

現在30代半ばのチャトミちゃんは25歳の頃からたったひとりでTNRや譲渡活動をつづけてきました。会社の人にも近所の人にも自分の活動を秘密にしています。理由は「猫が病気になったらほかの理由をつけて休みが取りやすいように」とのこと。

 

 

麗しい外見とは裏腹に女一人の細腕で5匹の猫を養い、3匹の保護猫の里親探しをしています。片目の猫とFIVの猫たちの。チャトミちゃんには高い向上心と勇気と実力があります。アドバイスをすると素直に頷きます。耳の痛い話でもチャトミちゃんは全部聞き入れます。人間力のある方です。

 

 

そういう人が日本に、いや少なくても私の周りにはたくさんいるのです。

 

 

出会うたびに応援したいと思う。

 

 

まぶしく思う。まぶしくいてほしいと思う。折れないでほしいと思う。

 

 

いっぽう、どうしたもんかなと思う。どうしたらいいのかなと思う。

 

 

がんばればいいことあるよと言い切るにはあまりにも報われない世界かもしれない。

 

 

現にチャトミちゃんは全額身銭で自己責任で保護活動している。ほかの世界なら出世や報酬を目標にできるけれど、ここはそうじゃない。狡猾な人間もいるけれど彼女たちはそうじゃない。個人の活動にはとてつもないパワーが必要なのに。

 

 

だから傍で見ていて苦しいときがあるのです。

 

 

抱きしめてやりたいですよ。

 

 

私は保護から譲渡の一連をこなせる個人が増えることが保護犬猫たちにとって明るい未来に繋がると考え、人を励まし、おこがましいながらも自分より経験の浅い方に私が培ったノウハウを伝えてきました。チャトミちゃんやemi-goやまなちゃんのような人が健全な日本には必要だからです。でも、私に力が足りないばかりに、彼女たちが困っても直接的な支援ができずに歯がゆいです。せめて「個人」が堂々と胸を張っていられるよう、何度でも何度でも「あなたはすばらしい」と言いつづけたいです。そして私自身も彼女たちの前では襟を正していたいです。

 

 

ツラツラと長く失礼しました。

 

 

明日もさぶに会いに行きます。血をわけた以上の、私の家族です。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





あまぱんを膨らませる

慢性腎不全のあまぱんとさぶ。同じ治療をしているにもかかわらず、ふたりの間に差が出たのはいつからでしょうか? 今、あまぱんのほうがだいぶ悪いです。

 

 

さぶは2か月に一度の通院に対し、あまぱんは毎月東大病院にお世話になっています。先に慢性腎不全を患ったのはさぶなのに……。昨日はいろいろ考えていたら怖くて眠れなくなりました。2019年の私の目標は「うちのお子たちを一頭も見送らない」です。図々しいお母さんはお子たちを頼りにしています。まだまだお子たちの手を借りて外の猫たちをスカウトし、育てていきたいのです。

 

 

東大病院へ着いてドキドキでしたが、さぶは体重100g増でホッと一安心

21 (11)

 

 

東大に入院した経験のあるさぶは置き去りにされるのではと気が気じゃありません。

21 (10)

 

 

不服顔

21 (12)

 

 

抗議しまくり^^;

21 (9)

 

 

懸念マックスのあまぱんは体重が100g減で4.2キロになってしまいました。

21 (8)

 

 

若い頃は6キロ超のおデブちゃんだったのに……

21 (7)

 

 

さぶは広範囲の血液検査を依頼。あまぱんは広範囲の血液検査に加え、レントゲン検査、尿検査、(貧血を食い止めるために)ホルモン注射をお願いしました。

 

 

尿検査の結果↓ 尿比重が薄すぎ。おしっこはほとんど透明です。

21 (1)

 

 

あまぱんとさぶを待つ1時間半の間、MIHOさんに何度「あまぱんがいなくなったらどうしよう」とこぼしたことか。あまぱんのたいせつさがやたら身にしみました。

 

 

でも、腹が減っては戦はできん! さわらの西京焼き弁当をランチに選びました。

21 (5)

 

 

見晴らしの美しいテラスでいただきます。

21 (13)

 

 

食べ終わったあとはゆっくり散歩

21 (15)

 

 

東大農学部の敷地内は長い待ち時間をぜいたくなものに変えてくれる緑豊かな場所

21 (16)

 

 

森林浴は気持ちがいいです。

21 (14)

 

 

iPhoneカメラマンのMIHOさんが歩きながらパチパチ

21 (4)

 

 

本日の写真はすべてMIHOさんの提供です。

21 (2)

 

 

キャッツアプリ♪

21 (17)

 

 

くどくてすみません。

21 (3)

 

 

ほかに楽しみがないんですよ(苦笑)。

 

 

カメラを向けられると反射的に笑顔を作ってしまいますが、「あまぱんの検査結果が悪かったら吐きそう」とか「帰り運転する自信ない」などとMIHOさんに不安をダダ漏らしまくった私。いつもすみませんね。おつき合いありがとう。

 

 

主治医の前田先生も加わっての結果発表

21 (18)

 

 

さぶは2か月前と横ばい。あまぱんは大きくは変わらないけれど、どちらかというとじゃっかん悪化しつつあるとのこと。ホルモン注射で貧血の改善を狙い、全身状態をあげていきたいです。

 

 

補液の量をこれまでの倍に増やし、セミントラや鉄分を補うサプリメントもつづけていきます。それでもダメなら輸血をします。

 

 

幸い、あまぱんは生きています。

 

 

老いて、病んではいるけれど手の打ちようがあります。

 

 

やれることが残っているなら、全部やりたい。

 

 

生き甲斐は闘病の中にも見出せるから、よし! 一か月後の通院時までにシリンジごはんをいっぱい食べさせてあまぱんを膨らませるのを目標にしよう。

 

 

帰宅後、MIHOさんがお子たちと遊んでくれました。

21 (6)

 

 

MIHOさんのtwitterに保護部屋のリタ、黒真珠、白まんじゅうのちゅーる動画が載っています。みんな大満足でしたよ。リルとルナの散歩も行ったよね♪

21 (23)

 

 

ふふ。おいなりさん♡

21 (22)

 

 

甘ったれのチュー魔

21 (21)

 

 

赤いおリボンが似合いますね。

21 (19)

 

 

リルもかわいいでしょ? 15歳半に見えないですよ!

21 (20)

 

 

ふだんひとりでは撮れないすずきちとのコミュニケーション動画も撮ってくれました。

 

 

爪を切ったことで前より安全な状態を担保されて気が大きくなっている私です。

 

 

703号室はミクロレベルの事務所ですが、ワイワイ楽しく暮らしながら保護犬保護猫の終の棲家探しをしています。どうぞごひいきによろしくお願いしますね。

 

 

次回の主役は詠吉です。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





具なしカレー、ほか

知性さんいつも機能的なプレゼントをありがとうございます。ペコリ。

gajgjao (2)

 

 

ほかにも届いていますが、またの機会に自慢させてくださいね。

 

 

さて、最近私は楽天セールで大量のジャワカレーをポチリました。

gajgjao (3)

 

 

これまでレトルトカレーはほぼ買ったことがなかったのですが、小腹が減ったときなどにいいかなと思ったんです。しかしこのカレー……具が見当たりません。

gajgjao (4)

 

 

ソースにすら見えるのが悲しい。

gajgjao (7)

 

 

1食100円未満で味はまあまあ。なら仕方ないか。自分の中で折り合いをつけましたよ。

 

 

「ウチ 黒缶 好きっちゃ」

IMG_8477

 

 

「お得」「セール」のキーワードに目がない私は、スーパーの安売りがどうしても気になります。たまにごほうびに与える黒缶が安かったのでみんなに買ってみました。

aa (1)

 

 

いちばんほしがっていたのはリリ子さん。ダーメ! 犬は犬用を食べましょう。

gajgjao (5)

 

 

リリ子が何キロになっているのか毎日知りたくてたまらない私ですが、抱っこしていっしょに体重計に乗る勇気が出ず、通院の日が待ち遠しいです。14キロからはじまったリリ子の減量。次は12キロ台前半になっているといいな。命に関わることなので私も真剣に取り組んでいきたいです。

 

 

そうそう。リリ子は先日茨城県からemi-goの病院へ来たあつこさんにもなでなでしてもらったんですよ。リリ子はみんなに愛嬌を振りまいて忙しく生きています。

gajgjao (9)

 

 

あつこさんの保護猫深幸(みゆき)ちゃんのセカンドオピニオンでした。

gajgjao (12)

 

 

扁平上皮癌と闘う深幸ちゃん

gajgjao (13)

 

 

すっかり人になれ患部以外はピカピカの女性です。

gajgjao (11)

 

 

オペで治る希望もあるそうです。

gajgjao (1)

 

 

ぶちゅ♡ がんばってね。

gajgjao (10)

 

 

あつこさんは病院の待ち時間の長さに驚いていました。遠路はるばるお疲れさまでした。

 

 

最後に、えい吉グッズをお求めくださりありがとうございます。手の空いたときにお礼のお手紙のゴージャスバージョン(自分比)を書いてみました。本当はお名前もお入れしたかったのですが発送をにゃん太さんにお任せしているのでできないんです。でも愛はたっぷりねっちょり込めています。

gajgjao (6)

 

 

明日は昼から野島さんと打ち合わせ。5月の発売をめざしています。

gajgjao (8)

 

 

15章にさまざまなスターたちが登場します。皆さまの記憶にある子も、たぶんない子も。企画の段階からキャストに悩んできました。ノラ猫あがりのスターたちに皆さまの贔屓のスター猫ができるとうれしいです。どの子か教えてくださいね。ではこの辺で失礼します。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





通院の面々

えい吉グッズをお求めいただきありがとうございます♡ あと少しで私の投資分が回収できそうな予感がします。超かわいいのでよかったらぜひ♪

 

にゃん太さんからお買い上げくださった方の名簿とメッセージなどが転送されてくるのでちょくちょく拝見しています。実はそれが最近の私の楽しみ♪

 

 

お礼と言ってはなんですが、えい吉のまあるいお腹をどうぞ。ああ抱きしめたい!

0tuineut (3)

 

 

ネタは尽きないのですが、本日は「通院」にします。

 

 

先日うちのリルは大巻先生のMOMOペットクリニックで15歳検診を受けました。

0tuineut (4)

 

 

血液検査の結果、懸念していた腎臓の数値がよくて安心……

0tuineut (5)

 

 

リルの叔母にあたる天国のナナが慢性腎不全だったので腎臓は特に気をつけています。リルにはべべとナナを超えて長生きしてもらいたいと切に願っています。今回、コレステロール関連の数値がじゃっかん高かった以外は特に問題なしでホッとしました。

 

 

次は保護猫えい吉の卒業前検診

0tuineut (8)

 

 

体重4.95キロ。お熱なし。耳の中も診てもらい、耳掃除を終えました。

0tuineut (9)

 

 

爪をバチバチ切り、翌日の卒業に備えているところ

0tuineut (10)

 

 

中島先生も感心のいい子ぶりです。がんばったね。

0tuineut (11)

 

 

そしてまだblogできちんと紹介していない保護猫「もい」も連れて行きました。

0tuineut (12)

 

 

山口県の保健所出身のもいちゃんは、ノミだらけだったそうです。

0tuineut (14)

 

 

体重3キロ。推定1歳前後。不妊手術の入院とウイルス検査をお願いしました。

0tuineut (13)

 

 

ウイルス検査の結果、FIV、FeLVはマイナス。明日お迎えに行きます。

0tuineut (15)

 

 

もいちゃんとリタは間もなく家族募集のステージに移ります。

 

 

興味のある方はお知らせくださいね。よろしくお願いします。

 

 

もいちゃんと入れかわりに入院中だった黒真珠がこの日(月曜)退院しました。

0tuineut (17)

 

 

黒真珠は環境と人間に馴れたら募集を開始しますね。

 

 

そうそう。卒業ホヤホヤのえみに瓜実条虫がいたらしい。里親さんの連絡で知ったのです。そういえばレボリューションしかしていなかったかも。大慌てで里親さんに謝罪。里親さんはぜんぜん気にしていない様子でするりと駆虫薬を飲ませてくれました。ごめんなさい。ありがとうございます。

0tuineut (2)

 

 

emi-goの病院で頭数分(あまぱん、さぶ、えい吉、もい、黒真珠、白まんじゅう、リタ、すずらん)の駆虫薬を買い、念のため全員に飲ませましたよ。

0tuineut (16)

 

 

病院には新しい保護犬二頭が増えていました。人懐っこい5歳児と……

0tuineut (6)

 

 

寝てばかりの13歳の老犬

0tuineut (7)

 

 

13歳のブラックタンのダックスは近々703号室スターになりますので、犬好きの方はチェックしてくださいね。ひさびさの保護犬に鼻息を荒くしています。

 

ふふ。14キロあるので、ダイエットさせなきゃ(笑)。8~9キロをめざします。

 

犬といえば明日はフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の講義の日です。参加する方々のアンケートに目を通してぼちぼち寝ます。おやすみなさい。

0tuineut (1)

 

 

明日もいい一日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク