耳の後ろの毛のにおい

2014年春ごろのべべとお母さん

1111syaka (3)

 

 

チチが撮ってくれました。この日は姑ちゃんたちとごはんを食べに行く約束だったのでパジャマじゃなかったんですよね。べべは命が詰まっていてぎっしりと重かったです。

 

7キロ近くあったかも。片手で抱っこすると疲れちゃうレベル^^;

 

 

2014年春ごろのリルとお母さん

1111syaka (1)

 

 

リルにチュウの自撮りです。MOMOペットクリニックに狂犬病予防注射を受けに行く途中の車内にて。もちろんきちんとパーキングに停めて撮ってますから!

 

 

2014年ごろのナナとリル

1111syaka (2)

 

 

病気と闘いながらべべは16歳半、ナナは16歳までがんばって生きてくれました。

 

 

気づけば末娘リルも15歳のおばあちゃんです。

 

 

ナナは常にお母さんを見る女の子だったのでいつもカメラ目線。

 

 

ナナの耳の後ろの毛のにおいを嗅ぎたい衝動を抑えられません。

 

 

おでこを軽く噛みたい。チュウしたい。

 

 

べべ、ナナ、と呼んで振り向く子がもういない。悲しみが胸にこびりついてしまいました。

 

 

703号室は当初のレギュラーメンバーべべ、ナナ、猫のかつが住みやすいように未完成物件を契約し私が内装を考えたんです。間取りも家具もべべ、ナナ、かつ仕様になっているところがいっぱい。チチが今使っている寝室のベッドもそう。

 

目黒のタイムアンドスタイルの定番の形をセミオーダー。特別に脚を10㎝切ってもらったんです。

 

小型犬のべべが軽々とジャンプしてあがって来れるように。

 

この家はあの子たちの痕跡ばかり。会いたい気持ちは募るいっぽう。

 

ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、後悔で心が押しつぶされてしまわぬよう、家族を一生けんめいかわいがりたいですね。皆さま今日はお父さんお母さんとして何点でしたか?

 

 

私は毎日80点以上をめざしています♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





iPhoneの中のきみたち

iPhoneに入っている写真を少しずつパソコンに保存しています。

 

 

一度撮ってしまうと満足してしまう性分で、ふだんはあまり見返しません。改めて見ると懐かしさがこみ上げますね。4年位前のMOMOペットクリニックにて

atatakai (11)

 

 

2つのキャリーには誰が入っていたのかな? う……思い出せない。べべ公の後姿がまだまあるい。ガリガリに痩せてしまう前だったんですね。

 

 

通院は一気に数匹のときが多かったんですね。まあ、今もそうですけど。

 

 

ナナ、リル、ほほ

atatakai (10)

 

 

ナナに触れたい。とても会いたい。ナナにありがとうを伝えたい。

 

 

ナナは私のはじめての「保護犬」。私が土手から連れ帰った宝物なんです。

 

 

4歳若かったさぶ。さぶは変化があまりわかりませんね。

atatakai (9)

 

 

703号室に来てからずっと私をストーキングしています。

atatakai (13)

 

 

これを撮ったのは仕事から帰ってきてすぐだったのを覚えています。

atatakai (12)

 

 

お子たちの顔が見たくて会社で悶々と過ごしていました。顔が見れてうれしかったな。私たちはまるで数年ぶりの再会のごとく互いに喜び合ったんです。

atatakai (1)

 

 

 

さぶはさっき洗面所でメイクしていた私の胸にジャンピング抱っこで飛び込んできました。

 

 

しばらくあやしていたのですが、ラブラブモードが止まりません。

 

 

甘えたかったようで地面におろしてもすぐにまたジャンピング抱っこをしてきます。延々と繰り返すばかりで支度が捗らず、別室にいたチチにさぶを渡したのですが、1秒も経たないうちにさぶが私を追ってきちゃって……はい、自慢です^^;

atatakai (14)

 

 

これも4年前かな? チチの実家の法事の1枚

atatakai (2)

 

 

全身黒……。首傾げてピースはご先祖さまに失礼ですね(汗)。老舗のおいしいお豆腐料理をごちそうになりました。お料理すべてがさっぱり味でおいしかったです。

 

 

時間が一気に流れて最近の703号室へ

atatakai (3)

 

 

肌寒いこの頃、私の腕の中には猫がいる率が高いです。

atatakai (4)

 

 

まあるも元気ですよ。

atatakai (6)

 

 

好奇心旺盛のまある

atatakai (5)

 

 

とりあえずどこにでも顔を出します。見てるなら洗濯もの畳むの手伝って!

atatakai (7)

 

 

「ぼく 手が小さいからムリです」

atatakai (8)

 

 

ふふ。夜も更けまくってきました。

 

 

今日は少しがんばったのでごほうびにゆっくりお風呂に浸かりたいと思います。

 

 

悲しみや苦しみの渦中にいる方、霧が晴れるようにお心の靄がいつか取れますように。大丈夫。息を吸って吐いて。生きていればいいんですよ。

 

 

Good night!

 

 

スポンサーリンク





わが家の繊細娘

「ローズさん がんばって!!」

IMG_0422

 

 

 

「きっと戻ってくるわね」    「そうだよな おれも戻ってきたからな」

ghaora (24)

 

 

 

「ちょ……さぶ兄重いっ わたしを枕にしないで!!」

ghaora (23)

 

 

 

ブログを書き終えたらローズのお見舞いに行きます。

 

 

さあ、本日の主役はこのお方。愛娘リル14歳半です。

ghaora (3)

 

 

 

リルをドッグランに連れて行った2日後、今度は大巻先生の病院へ

ghaora (18)

 

 

 

リルを半日預け、徹底的に調べてもらいました。体の隅から隅までできるかぎり全部。いわゆるドッグドッグのさらに踏み込んだバージョンです。

ghaora (17)

 

 

 

夕方お迎えに行き、チチと説明を聞きました。書くと長くなるので、今回は割愛。いくつか経過観察しなければならないところはありますが、今のところ総じて大きな問題はないとのこと。けれど外注検査に出しているものもあるため、この時点では100%ハッキリ断言できないものも……。

 

 

 

大巻先生は非常に頭脳明晰。きちんと説明してくれるのですが、私の頭がついていけるか心配で、双方でメモを取りながらリルの状態を記録していきます。

ghaora (16)

 

 

 

リルの身体を知ることは、私たちの未来に関わります。

 

 

末娘には安楽な老後を過ごしてほしいのです。

 

 

明細がこちら。検査にしては結構いきましたね(笑)。しかし大巻先生の病院が高いってことではないので誤解のないよう捕捉しておきます。私が依頼した内容が多岐に渡っているのです。だからもちろん納得してお支払いしています。

ghaora (19)

 

 

 

大巻先生の奥さまからナナへ美しいお花のアレンジメントをいただきました。

ghaora (20)

 

 

 

うれしかったなあ。べべのときも届いたんですよ。素敵なホームドクターです。

 

 

ナナからも大巻先生&奥さま&スタッフのみなさんにありがとう!

ghaora (2)

 

 

 

 

で、ここで終わらないのがうちのリルちゃんっ!

 

 

 

なんと半日入院のあと、血尿を頻発してチチと私を驚かせました。

 

 

ドッグドッグの一環で検尿したばかりなのに、なんで血尿が?

 

 

膀胱炎だとすぐにわかったのですが、理由がわかりません。

 

 

 

そして再び、大巻先生のもとへ……

ghaora (22)

 

 

 

膀胱炎の原因は「半日入院(実際には数時間)によるストレス」とのこと。

 

 

はあ。

 

 

これがそのときの明細です。もー、どこまで繊細なの?

IMG_1198

 

 

 

結局2回病院のお世話になり、お母さんの財布はさびしいですよ。次の給料日が待ち遠しい。諭吉さんたち、早く私の懐に入ってきてね。

 

 

 

でも私は決めているのです。多頭だからと言って、だれかを諦めたりしないと。

 

 

保護動物も含め、そのときどきで優先順位が変わることはあるでしょう。

 

 

だけど私は、703号室にいる全員を愛しているのです。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





最後の病院に妹夫婦とemi-goを添えて(ナナ)

※ブログを連続的に更新しています。よかったら遡って読んでくださいね。

 

 

(ひとつ前の記事からのつづき)さて、ナナを乗せたお母さん号は病院に到着

nazyo (3)

 

 

 

中島先生にナナの状態を伝えている間に、ナナが血便を出しました。おしっこは出ていません。昨夜からの激変は尿毒症による発作と考えてまちがいないです。

 

 

最後の望みをかけ、利尿剤を打ちました。

 

 

そして中島先生と話し合い、意識がボーとする薬も注射してもらいました。

 

 

鎮静剤ほど強くなく、身体への負担は最小限のタイプです。

 

 

呼吸を楽にするため、オペ室にてナナに酸素を流します。

nazyo (4)

 

 

 

はじめは酸素マスクに抵抗感をおぼえていたナナですが、意識がぼやけていくにつれ、酸素マスクを装着できるように。よしよし、これで呼吸が楽になる。

nazyo (6)

 

 

 

急変を恐れ、病院から出られません。中島先生はたくさんの患者を診なければならなず、お母さんがナナのそばに残ることにしたのです。もう離れられない。

nazyo (7)

 

 

 

「あー眠い……」

 

 

思わず本音を漏らすと、スタッフがひと言私に声をかけてくれました。

 

 

「なんなら、(中島先生の)寝袋ありますから寝ていってください」

 

 

素直に甘えることに。寝不足で脳がはたらかないのは非効率だから。

nazyo (5)

 

 

 

しかしナナが台の上で私が床だとナナとの距離が気になる。そこで閃いたのです。そうだ。酸素マスクのコードがギリギリ届く場所にナナの寝どころを設置しよう。で、こうなりました。写真を撮ってくれたのは様子を見に来た中島先生

nazyo (10)

 

 

 

おやすみなさい。ナナ、いっしょにねんねしよう。

nazyo (9)

 

 

 

それにしても貴重な体験です。獣医師でもない私がオペ室で仮眠とはね……

nazyo (8)

 

 

 

ふと目が覚めると、聞き覚えのある声がしました。妹夫妻がそばにいる!!

nazyo (12)

 

 

 

妹いわく、Twitterでナナと私が病院にいるのを知り、タカ坊と駆けつけたとか。

 

 

妹が苦笑いしながら撮ったナナと私。ふたりして超爆睡していたらしいです。

nazyo (11)

 

 

 

10秒程度の短い動画ですが、妹撮影の客観的なナナと自分の姿が自然でとっても好きなので、ここに載せておきますね。ぜひ観てほしいです。MIHOさんが音楽をつけてくれました。

 

 

 

朝イチで病院へ来たナナと私は、午後3時前までオペ室にいました。オペを控えている子たちがいるので、そろそろどかなくては。夜の発作に備え、ボーとする薬を追加で投与。そして念のため、自宅に座薬と注射を持ち帰ります。また発作が起きたら、自分で注射する。ほんとうはいけないことかもしれないけれど、ぜんぜん関係ありません。まあ結局、使わずにナナは旅立ってしまったけれど……

nazyo (2)

 

 

 

最後に院長婦人のemi-goが子犬時代のナナにそっくりなちゃぽぽを抱いてナナの顔を見に来ました。ちゃぽぽあなた冗談抜きで16年前のナナと瓜二つですよ?

nazyo (13)

 

 

 

つづいて病院の看板犬ボボボもナナにあいさつしてくれました。

nazyo (14)

 

 

 

ボボボは一見かわいい小型MIX犬ですが、実はナナと同じ土手出身。非常にだらしがないホームレスのもと、言い表せられないほど苦労してきた老犬なのです。

nazyo (1)

 

 

 

ボボボのきょうだいは、保護前に果てました。悲惨な死でした。

 

 

ナナとボボボ、土手出身同士、握手!

nazyo (15)

 

 

 

emi-goと私の絆なくしてはこの終末医療は成立しません。我がことのように胸を痛めてくれる獣医師がいったいどれほどいるでしょうか? 改めてemi-goと中島先生に感謝。

 

 

ナナ、家に戻ろう。間もなくチチが注文した酸素室が届くよ。

 

 

大きなナナも入れるサイズだから、中でゆっくりねんねできたらいいね。

 

 

私の娘は、私の思考で、私の方法で見送る。

 

 

ナナは立派な犬だから、お母さんもナナに近づけるよう、精進します。

 

 

I LOVE NANA

 

 

 

スポンサーリンク





激変(ナナ)

みいさんと通院を終えた私は、家にこもっていつも通りのあれこれをやっていました。夜、だいぶ時間が経ってしまったナナの誕生日会の様子をブログにUP。

 

 

なんかうまく言えないけれど、もう、意地。とにかく生きているうちに、少しでもナナとの日々を書きたくて。結局間に合わなかったんですけどね。

 

 

ナナが鳴いて騒ぐので、このような形で書きました。

gekihen (2)

 

 

 

パソコンを閉じたあと、私はナナを気にかけながら洗濯やキッチンの洗い物をしていたと記憶しています。なにかをやっては手を止めてナナを見に行って、なにかをやっては手を止めてナナを見に行く。非常に効率の悪い家事ですが、仕方ありません。私が気になっているのは、ナナですから。

 

 

深夜、今夜は大丈夫かな? と見積もり、リラックスモードに切り替えようとしたまさにそのとき、ナナに劇的な変化が訪れました。

gekihen (5)

 

 

 

「カク、カク、カク、カーク、カーク、カク、カクッ、カク、カク……」

 

 

 

ナナの息がべべが逝く間近の呼吸にかわり、703号室は一気に暗雲に包まれたのです。

 

 

緊張感も並じゃない。私はナナを胸に抱き、ただひたすらにさするしかできませんでした。どこかの夜間緊急病院も考えたのです。でも運んでいる間に亡くなるかも。

gekihen (4)

 

 

 

「パパ!!」

 

 

別室でリルと寝ていたチチを呼ぶ。

 

 

チチが慌ててリビングへ。ナナを撫でながら、酸素ボンベが買える24時間営業のドラッグストアを検索しています。とにかく安息だけを願って……

gekihen (3)

 

 

 

運よく在庫があるドラッグストアを見つけたチチは、酸素ボンベを買いに家を飛び出そうとしていました。その際に交わした会話です。

 

 

私「(チチが)帰ってくる前にナナはもたないかもだけど、行くの?」

 

チチ「(熟考の末苦悶の表情で)……うん。行ってくる」

 

私「気をつけてね」

 

チチ「ナナを頼んだよ」

 

 

ナナ、お父さんが帰ってくるまで、お母さんと待っていようね。

gekihen (8)

 

 

 

心を強く持ちたいけれど、どうにもならなくて、ナナごめんなさい。

 

 

 

ナナのライフステージが静かに急速に移行しています。遠くへ行こうとしています。

 

 

 

しかし意識がはっきりしているナナのその目は私をしっかりと見つめ、涙ぐみながらまともに苦しみと闘っていました。犬として、ほんとうにあっぱれです。

gekihen (6)

 

 

 

じゃあお母さんは穏やかな顔をしてナナを安心させないとね。

gekihen (7)

 

 

 

ナナをぜんぶ記録したい。けれどカメラを出す余裕などなく、雑なiPhone画像になってしまい見苦しくてごめんなさい。でも見てやってほしいのです。

 

 

ナナは臭いものじゃないし、私は蓋を閉めるつもりがないから。

 

 

 

1時間はかからなかったでしょうか?

 

 

チチが大量の酸素ボンベを手に戻ってきました。朝まで2時間あります。

gekihen (9)

 

 

 

私はナナの向こう側に敷いた布団で仮眠を取ることに。

 

 

チチは一睡もせず、ナナを見守っています。急変したら私を起こす約束で。

 

 

本来なら私の性格上ぜったいに寝れないはずですが、連日のナナの闘病で心底疲れていたのであっという間に寝落ち。病院が空く1時間前にチチに起こされ、即病院に電話。中島先生が対応してくださり、すぐにナナを連れていきました。徹夜したチチは家でみんなのお世話を兼ね休息に入ります。

 

 

さあナナ、お母さんと病院行こう。きっと最後の通院になるけれど、できるだけ楽にしてあげる。お母さんナナに約束する。ナナになんでもする。

gekihen (1)

 

 

 

愛は人を強くするんです。ナナは私を強くしてくれています。

 

 

まだまだ、ですけどね。

 

 

ナナとのドライブ、出発!

 

 

 

スポンサーリンク