愛の王子

私が体調不良だった間じゅう、なにひとつ手がかからなかったあまぱん。もっとも大変だった「シリンジごはん」にいたっては、一度もしなくて済んだという。

 

 

本日東大病院の診察台にのったあまぱんは見るからに毛艶が蘇っていました。

000001 (18)

 

 

あまぱんは今、死に至る病気と闘っています。

 

 

慢性腎不全ステージ4(ときどき3)+超難病、肝アミロイドーシス

 

 

なのに体重が前回よりさらに120g以上増。ツヤツヤで顔も若返っています。

000001 (5)

 

 

とめどなく溢れていた鼻の膿はどこへ消えたのでしょう?

 

 

まっ白だった歯茎がほんのりピンク色に染まり血色がよくなっています。

 

 

黄疸もなくなりました。

 

 

本当にうれしい。私にはあまぱんが生きる気満々に感じられます。

000001 (10)

 

 

岡本先生も終始ニコニコ顔でした。先月のあまぱんとは明らかに別猫だと♪

000001 (11)

 

 

外圧で肝臓が壊れてしまうため、抱っこするのも未だに怖いですが、あまぱんのたくましさ、生命力の強さ、先生たちの医療の明るさに深謝しています。

 

 

また、あまぱんやあまぱんの看病をする私にあたたかい眼差しを向けてくださったすべての方にありがとうの気持ちです。皆さまのおかげですよ。

 

 

検査を待つ間、ひとりテクテクお散歩しました。

000001 (7)

 

 

天国のべべ公、ナナ、ほほもさんざん通った東京大学動物医療センター

000001 (1)

 

 

泣いたり笑ったり、貴重な思い出が詰まった聖地です。

 

 

ほほを抱いて歩いたこともあったっけ。なつかしさに胸が締めつけられますね。

 

 

白身魚と野菜のお弁当を買い、半分食べて半分テイクアウトすることにしました。

000001 (17)

 

 

ボリューム感たっぷり!

000001 (8)

 

 

アイスコーヒー付きで700円。お得です(笑)。

000001 (12)

 

 

検査が終了したあまぱんを院内に迎えに行きました。

 

 

前田先生が笑顔で仰った言葉

 

 

「(検査結果が)いいですよ。すごくいいです」

 

 

私はたちまちドヤ顔になりました。ふふ。前田先生お誕生日おめでとうございます。

000001 (3)

 

 

貧血→改善

肝臓の数値→改善

腎臓の数値→改善

 

 

奇跡ってあるのですね。もう、どれだけ安心したか……

000001 (6)

 

 

(※参考に書いておきますが、検査にかかった費用は7,940円+駐車場300円)

 

 

諦めずに治療をつづけてよかったです。先生たちにもお礼を述べまくりました。

 

 

でも私がいちばん感謝を伝えたい相手は愛の王子あまぱんです。

 

 

メンタルがメソメソとだらしないお母さんのそばにまだいてくれるそうです。

000001 (19)

 

 

あまぱんありがとう。大大大好き♡

 

 

帰宅後、お手紙を書いたりオーダーいただいたノラスタにサインをしたり

000001 (13)

 

 

さかえ先生がノラ猫あがりのスターたちをいっぱい買ってくれました。めちゃめちゃありがたい。野島さんから私が新たに100冊買ったのでほしい方は連絡ください。

 

 

「おれからもありがとな KISS」

000001 (2)

 

 

そして素敵なできごとの2つ目は、ノラスタメル子が明日トライアルへ出ること

000001 (9)

 

 

「ハハ~ わたしの未来はなに味?」

000001 (4)

 

 

黄昏のお顔をしています。

000001 (15)

 

 

さあ、メル子の爪切りや嫁入り道具の準備でもしますかね?

 

 

里親さん、このおてんばさんをどうぞよろしくお願いします。

 

 

次回は卒業生ひのちゃんのお届けレポをお届けしますね。

 

 

703号室は透明性の高い譲渡をめざしています。

 

 

LOVE♥

 

 

 

スポンサーリンク





あまぱん、きみは最高の男です!

703号室の保護猫メル子は家族を募集しています。

IMG_3677

 

 

「ご縁 ちょうだいっ!」

IMG_3797

 

 

だそうです^^; 応援してください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

さかえ先生、猫砂とおやつのプレゼントありがとうございました。助かります!

IMG_4308

 

 

ほかにもいろいろいたただいていますが、おいおい勝手に自慢させてください。

 

 

保護猫らみんなで仲よくごはんの図

IMG_4282

 

 

センターはメル子と陽乃ちゃんの女子チーム。左に黒真珠、右に白まんじゅう♡

 

 

食べ終わるまで保護主はずっと見張っています。だれがどの程度食べたかって大切ですものね。食いしん坊たちは「食べきり(残さず食べきること)タイプ」なのでありがたいですよ。カリカリだけでもおいしそうに平らげてくれます。

 

 

かわゆいですねー♪

 

 

さて、私のテンションが高いのは、苦痛だった咳の減少と、あまぱんが復活したためであります! ご心配くださった皆さまにぜひ報告させてください。

 

 

先週、自分の体調不良であまぱんの通院を延期したのが凹みました。今日はなにがなんでも行く! さぶも連れて行く! そう意気込んで東大病院へ向かったのです。

IMG_4289

 

 

まずはさぶ。体重が200グラム増えました。膿胸に倒れたときより800グラム増えています。さぶの年齢(推定13歳以上)を考えるとすごいでしょ?

 

 

腎臓のチェックのほかに胸部のレントゲンを依頼。なぜか顔に傷を作ったさぶ。抗生物質を飲ませていたものの、ばい菌が体内に侵入していないか不安だったのです。

IMG_4292

 

 

首絞めてないよ(笑)。岡本先生の丁寧な聴診では異常ナシ

IMG_4290

 

 

うちのさぶ、かっこいいでしょう。先生よろしくお願いします。

IMG_4295

 

 

つづいてあまぱんを診察台へ

IMG_4296

 

 

体重が100グラム増えて4キロ台へカムバックしました。神さまありがとう。体重測定の時点で喜びが爆発しそうでした。鼻水も出ていないし、黄疸が消え、血色がよくなっているのです。毎日いっしょに暮らしているからぜんぶわかる。

IMG_4297

 

 

私がベッドから起き上がれないとき、あまぱんは自力でごはんを食べてくれました。本当です。私、点滴や投薬はどうにかやっていたのですが、ほとんどシリンジごはんをあげていなかったのです。なのに太ったって、どれだけいい子なの!

IMG_4298

 

 

さぶといいあまぱんといい、私はお子たちに恵まれています。

IMG_4300

 

 

精密検査前だったにも関わらず、ウキウキモードの私。

 

 

ふたりの状態を客観的に見て、検査結果が悪いというのはあり得ないです。

 

 

そうしたらひさびさに食欲がわき、東大のレストランでカレーを注文♥

IMG_4302

 

 

パラパラ舞う雨を眺めながら浮かんだ一語は「雨降って地固まる」。

IMG_4304

 

 

しみじみ、万物に感謝ですね。

 

 

検査の結果は予想通り。あまぱんもさぶも彼らなりの「いいコンディション」でした。

IMG_4305

 

 

診察と検査費は駐車場代を入れて2匹で24000円ちょい。ホッ!

IMG_4313

 

 

普通の感覚からすると割とヘビーな闘病をしているとは思います。

 

 

健康な猫に比べると肝臓や腎臓の数値は決して楽観できません。

 

 

しかし、私には一喜一憂するだけのふり幅がまだ残っているのです。私があまぱんとさぶの生に執着しているのは単に失う恐怖に耐える自信がないのと、もうひとつは……うまく言えないのですが、あまぱんもさぶも「生きている」のがそれなりに楽しそうだから。

 

 

そばで見ていて辛くなるような、苦しいだけの闘病なら絶対させません。

 

 

前田先生、岡本先生とにっこり3ショット

IMG_4307

 

 

あまぱんは703号室でのんびりしているので近々ラブショットを放出しますね。

 

 

皆さまも体調管理に気をつけてください。

 

 

明日は朝早いのでこの辺で失礼します。

 

 

飛んでけデッカい

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





あなたがいてこそ

皆さまこんばんは。今日も暑かったですね。

 

 

私には幸せなことがありました。ビックハッピーです♡♡♡

000 (14)

 

 

前田先生も岡本先生もにっこり。ふふ。あまぱんの検査結果がよかったのです。

000 (9)

 

 

腎臓の数値が落ち着き、肝臓の数値にいたっては下がっていたのでビックリ!

000 (16)

 

 

お前は悲劇のヒロインか?

 

 

と笑われそうですが、慢性腎不全で貧血もひどいあまぱんが、今度は稀な病気の肝アミロイドーシスを患っていると知り、大きな敵を前に夜な夜な洗面所でシクシク泣いていました。

 

 

私はお母さんなのに、脆く巨大化した肝臓を抱えたあまぱんに触れることすら怖くて怖くて。

 

 

キャリーにいれるとき、ご飯を食べさせるとき、移動させるとき……自分で自分の全身の筋肉がこわばっているのを実感していたのです。

 

 

そのあまぱんが! 安定した形で生き延びています。

000 (10)

 

 

写真だと汚れていますが、実際は鼻水の量が激減。emi-goに処方してもらった新しい抗生物質が効いています。いろいろ試してみるのはほんとうにいいですね。

000 (15)

 

 

自慢ですが前田先生と岡本先生に「田辺さんはすごいです」と褒められましたよ。やった! つい、診察室で号泣。twitterにも書いたのですが、すごいのはうちのあまぱん太郎です!

 

 

大学病院で医療をつづけている私はよく医療費の質問を受けます。正直苦しいです。安くありません。でもあまぱんのQOLを思えば屁のカッパ。20年前に買ったお気に入りのブランド時計をメルカリで売ります。時計は替えがきくけれど、あまぱんはこの世でたった一匹の「あまぱん」だから。

000 (1)

 

 

あまぱんにかかった8月分の東大の合計は175,195円(ほかに医療ケアグッズ費7,000円、駐車場約5,000円)。ヤバいですね。じわじわ来てますね。こうして整理すると不安と焦りは多分にあります。でも今夜はただただ喜びに浸っていたいのです。

 

 

あまぱんの身体がしんどくない。それがすべてではないでしょうか♥

 

 

セミの鳴く中、東大農学部を散策。きちんと管理された地域猫さんたちに会いました。共存を認められ、車に轢かれる心配がないのはいいことですね。

000 (12)

 

 

不妊手術は東大病院でしたそうです。

000 (13)

 

 

ドリンク付きで700円のゴージャスなお弁当もペロッ

000 (11)

 

 

少し高い気もしたけど、私は1日1食だからいいのいいの(笑)。

 

 

家に戻ったらリビングが高菜の運子まみれで仰天^^;

 

 

片づけている間、自力でカリカリを食べてくれたあまぱんが愛おしかったです。

 

 

犬も猫も自分でできることはなんだって自分でやっていますよ。

000 (8)

 

 

人間のほうがよっぽど甘ったれです。

000 (7)

 

 

あまぱん、生きていてくれてありがとう。

000 (6)

 

 

あなたがいるからこそ一喜一憂し、あなたがいるからこそ小さな希望をいくつも得られるのです。あなたがいるからこそ本日は至福の午後を過ごせました。

000 (2)

 

 

何度でも何度でも言いますが、病めるときも健やかなるときも、家族は家族

000 (3)

 

 

あまぱんがお母さんに与えてくれたものを、お母さんもあまぱんに与えたい。

000 (4)

 

 

張り切ってシリンジごはんを作りました。ドライフードを粉砕し、水を混ぜるだけ。缶詰やリキッドを切らすとカリカリで自作しています。割安だし水分も摂れるのでおススメですよ。出すところはどんと出す、切り詰めるところは極力切り詰める、で、じょうずに楽しく闘病していきたいです。

000 (17)

 

 

私信:ポスカ2セットを買ってくださったOさま、あまぱんシールをペタペタ貼っておととい投函しています。着かなかったらメールくださいね。

000 (5)

 

 

明日もどうか、このまま、このまま。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





心のど真ん中に

皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

 

 

私はさぶを膝の上に載せてパソコンの前に座っています。

 

 

さぶとは相変わらずラブラブです♡

20 (9)

 

 

「なあなあ」

20 (11)

 

 

「おんぶしろよ」

20 (10)

 

 

一週間はあっという間ですね。今日は月曜日にタイムスリップします。

 

 

朝郵便局と役所へ行ったあと、私はパワースポットへ

20 (12)

 

 

猛暑でしたが青い空がほんとうに気持ちよかったです。

20 (13)

 

 

あまぱんの退院を妹と母に任せて私はお仕事の打ち合わせに向かいました。

20 (14)

 

 

こんなに立派なデスクで働かせてもらうなんてちゃんとできるか心配です。しかもコアタイム採用とあってありがたい限りです。理事の方から仕事の内容について教えていただきました。まったくの初心者なのでつとまるかドキドキ……

 

 

うれしかったのは、火災時の避難はしごについてじっくり説明してくださったこと

20 (15)

 

 

次に向かったのはシッターのお仕事の打ち合わせ

20 (16)

 

 

手づくりですって……素敵!

20 (2)

 

 

気高く凛としていて美しかったです。

20 (17)

 

 

美しいお庭

20 (19)

 

 

TNRされた3匹の外猫ちゃんもいました。

20 (20)

 

 

段ボールハウス

20 (18)

 

 

カメラまで……

20 (1)

 

 

保護して飼う、あるいは里親さんを探すことがいちばんかもしれませんが、このお宅の事情を伺い、私は身銭を切って精いっぱいご自身にできることをされている気がしました。逆に実際にはここまでできる方は多くはないと思います。

 

 

その頃、妹と母は東大病院にいました。

20 (4)

 

 

静脈点滴をつづけていたあまぱんは、残念ながら腎臓の数値が下げ止まったので、いったん退院させることにしたのです。補液量を増やして家で看護します。

20 (8)

 

 

妹がラインで送ってくれたあまぱんの画像

20 (7)

 

 

目が意外としっかりしていますよね。

20 (3)

 

 

妹と母のおかげであまぱんが703号室に無事帰ってきました。感謝感謝です。

 

 

次の通院は明日。貧血がひどくなっていませんように。

 

 

いったん帰宅してあまぱんのケアを終えた私は、emi-goの病院であまぱんの補液グッズを買いに。毎週なにかしら買わせてもらっています。emi-goありがとう。

20 (5)

 

 

ラクテックは1日に1本使ってしまうのでオトナ買いしないと間に合いません。

 

 

と、ここで朝からなにも食べていなかったことを思い出し、お気に入りの定食屋で自分へのごほうびご飯を注文しました。ニラ玉が超おいしいです♪

20 (6)

 

 

ぺろりとエネルギーチャージ完了!

 

 

帰宅してあまぱんのそばで貴重な夜を過ごしました。

 

 

いっしょにいられる時間もいられない時間も、私の心のど真ん中にあまぱんがいます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





あまぱんのお見舞い2日目

※blogを連続更新中。遡ってお読みくださいね。

 

 

日曜日、マイ太郎さんと妹があまぱんのお見舞いに来てくれました。あまぱんは昔マイ太郎さんの保護猫さくらちゃんに供血をしたこともあり、マイ太郎さんはあまぱんを気にかけてくれています。

22222 (7)

 

 

モテモテの図

22222 (8)

 

 

まんざらでもない様子。あまぱんよかったね!

22222 (9)

 

 

妹には次の日のあまぱんの退院のお迎えを頼んでいたので、前田先生に紹介するためにいっしょに来てもらいました。妹は東大病院はじめてです。

22222 (3)

 

 

待合室と診察室にて計2時間近くあまぱんと触れ合ううれしいひととき

22222 (5)

 

 

静脈点滴(390ml/日)のおかげで腎臓の数値が少し下がり楽そうです。

22222 (6)

 

 

前田先生を筆頭に、緩和ケアについてニコニコ話し合っています。

22222 (10)

 

 

この境地に至るまで私の心は葛藤と苦悩を繰り返してきました。

22222 (12)

 

 

もちろん、私自身、今も完全に大丈夫なわけではありません。でも、なるべく明るくしていたいじゃないですか。じゃないとあまぱんに伝わってしまうから。

22222 (11)

 

 

ゴロゴロ喉を鳴らしながらみんなに甘えまくっています。かわいいですね。

22222 (13)

 

 

ドライフラワーのように脆くなっている肝臓の扱いが怖い。圧迫を避けるため、正直なるべく抱っこしたくない。しかしシリンジごはんを食べさせなきゃならないのでそうも言っていられない状況です。だからいちいち、ドキドキですよ。

22222 (4)

 

 

まあお母さんがあまりに緊張しているとちゃんとお世話ができないので注意を払いながらやっています。ちなみに毎回同じTシャツでごめんなさい。へへ。GUのセールで500円でした♥ この日は家を出る間際に猫の誰かが洗面所におしっこをしたのに気づかず、おしっこが入り込んでいたクルクルドライヤーを使用し頭髪が尿だらけになったという。慌ててシャンプーして出たけど臭ったかも?

22222 (2)

 

 

帰宅後、マイ太郎さんにスリムサイズのプリンターを借り、翌日の仕事の打ち合わせで使う書類を印刷しました。こんな小さなプリンター、見たことない……

22222 (14)

 

 

助かっちゃいました。なんでも「ギリギリ」はダメだな。反省しています。

22222 (15)

 

 

マイ太郎さん、マスカットとチリコンカンのおみやげありがとうございました。

22222 (16)

 

 

カメラ持参でうちの保護猫メル子の写真撮影までしてくれたという^^;

22222 (1)

 

 

「さぶ 元気そうだね」      「マイねー ありがとな」

22222 (17)

 

 

3日経った本日、あまぱんは703号室の寝室でそれなりに暮らしています。

 

 

余命が月単位では厳しいとの予想をあまぱんに覆してほしいです。あまぱんがそれなりのQOLを保ちながら長患いできるよう、じょうずに看護しながら、あまぱんに必要なものを惜しみなく与えらえるよう、1円でも多く収入を得たいです。次回の通院は明後日の金曜日、がんばるぞ!

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク