問題と緩和策と、さぶへの好きのきもち


Twitterで、うちのさぶを「横浜流星くんに似ている」とおほめいただきました。

01sabuai8 (2)

 

 

俳優さんの中では、お顔も含め、好感が持てる方だったので、さぶ共々うれしかったです。

01sabuai8 (12)

 

 

押しつけがましくて申し訳ないのですが、さぶはめちゃくちゃイケメンですよね。

01sabuai8 (11)

 

 

私はさぶの大ファンです。そして、さぶは私にとって、唯一無二の存在で、たいせつな家族でもあります。こんなに好きでいられる対象と毎日を過ごせるのは至福ですね。

01sabuai8 (5)

 

 

カメラに入っていた数年前の夏のさぶと私

01sabuai8 (6)

 

 

暑い日だったので、短パン姿の私の見苦しさはご勘弁ください^^;

01sabuai8 (8)

 

 

さぶとの濃厚さだけをお伝えしたい画像です(笑)。

01sabuai8 (10)

 

 

さぶは年々社交性が低下して、数年前から人間のお客さまにシャーすることも増えました。

01sabuai8 (7)

 

 

しかし、私にだけは、さぶがどんなにイヤがることでも、ちゃんとおつき合いしてくれています。

01sabuai8 (9)

 

 

自分でも怖いくらいにさぶに依存しているのを自覚しています。

 

 

さぶなしの日々は考えられません。モノクロになってしまいます。

 

 

私は、さぶの懐の深さ、やさしさに甘えすぎていたと思います。

 

 

どうしたらいいのかはわからないけれど、深く反省しています。

 

 

「ゼロより一」の保護譲渡活動をさぶの生活圏である703号室内でつづけてきた私は、さぶにいろんなものを押しつけた挙句に、しまいにはそれらをさぶの世界から取り上げたりもしました。

 

 

さぶの視点に立ってみると、本当に身勝手な行動です。

 

 

「友だちになってね」と紹介しておいて、仲よくなったのに「さようなら」をさせてきたのです。

 

 

近年、さぶは新しいお子が来て巣立つたびに、体調を少し崩すようになり、私は因果関係を認めるのを意識的に避けてきた節があります。「出会いも別れ」も、さぶへの相談なしに、私が一方的に決めてきたこと。それをさぶとシェアするのはよくないことだと感じています。

01sabuai8 (1)

 

 

そこで、緩和策や、せめてもの罪滅ぼしとして、私が心掛けているのは、さぶとのふたりの時間を必ず作ること。その時間をだいじにすること。さぶが安心できるスペース(寝室)では、ごはんや薬や皮下補液をやらないこと。無理に保護猫たちと絡ませたりしないこと。まあ、これまでも無理に絡ませたりすることはなかったけれど、なんというか……一段と気をつかうようにしています。

 

 

昨夜のさぶと松ケン

01sabuai8 (3)

 

 

微妙な距離感の男の子たち

01sabuai8 (4)

 

 

松ケンがまったく無害なおかげで、さぶは松ケンを敵視せずうまく共存してくれています。

 

 

これを書いているときのさぶ(たった今)

01sabuai

 

 

 

だいたい私の近くに転がっています。

 

 

すぐに私に気づいてもらえる位置にいます。

 

 

どうしようもないほどかわいいです。

 

 

先日の東大の通院はひさびさに凹む結果となりました。

 

 

整理をしてから当日の写真をUPしますね。また近日中に東大へ通う予定です。

 

 

I L♡VE さぶ

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す