2 ぼくらの舞台にぼくらはいます

さて、つづきが遅くなってしまいました。

 

 

里親肉球きらりさんとのご縁のいきさつは前回をご覧くださいね。本日は新居へご案内します。

 

 

 

到着

IMG_3823

 

 

 

真新しい家のかぐわしいこと。肉球きらりさんが猫を迎えるために一念発起で買った新築

IMG_3905

 

 

 

広々かつ隅々までピカピカなのはもちろんのこと、ほかにも保護主として私が得た安心材料がこの家にはいっぱい。↑キッチンと猫がメインで過ごす和室が対面式になっているのが素敵!

 

 

 

玄関は完全な独立型。(リビングへ入るための)水色の扉をうまく使い、玄関部分を猫立ち入り禁止にしてしまえば安全な二重扉になります。飛び出しを防げますね。

IMG_2561

 

 

 

2Fに繋がる階段はリビングの中に。階段をダダッと降りて玄関の外まで一直線に出てしまう恐れなし。水色の扉を開けないと玄関へは行けません。階段と玄関は逆方向を向いています。猫の導線を考えていただければ私の言いたいことがおわかりいただけますよね。

IMG_2560

 

 

 

そしてガラス窓がやたら多く、明るいのがこの家の特徴ですが、セキュリティーを重んじるためか? はめごろしの(開かない)窓ばかりなので、「うっかり閉め忘れ」が起きにくいのです。

 

 

 

換気に使うであろう掃き出し窓にはこちらの脱走防止柵がつけられていました。

1yt (13)

 

 

 

↑ 外の景色があるので、カーテンのままの紹介とさせてください。

 

 

 

早速、私が持って行ったちゃた幸のレンタルケージを(マイ太郎さんが)組み立てます。結ちゃん用のケージはあらかじめ肉球きらりさんが準備してくれていました。

IMG_3915

 

 

 

 

私はペチャクチャしゃべってパチパチ撮るという忙しい身分です(爆)。アホ?

1yt (28)

 

 

 

完成! ちなみに奥の細い2枚のガラスも開かない(明かり取りの)窓

1yt (37)

 

 

 

「結ちゃんいいねー」

IMG_3751

 

 

 

お顔だけキョトンと出す結ちゃん

IMG_3753

 

 

 

肉球きらりさんが撫で撫で♪

IMG_3752

 

 

 

 

どこへ行っても落ち着かないちゃた幸は目がキョロキョロ

1yt (14)

 

 

 

マイ太郎さんのプレゼントのシュシュとバンダナ。バンダナはリバーシブル

IMG_3828

 

 

 

裏面は唐草模様

IMG_3821

 

 

 

ちゃた幸、似合ってるよ!

IMG_3822

 

 

 

マイ太郎さんと私からのお婿お嫁入り道具

IMG_3783

 

 

 

 

家中には肉球きらりさんがぽちりまくったさまざまな猫グッズが。一部のみをご紹介します。

IMG_3901

 

 

 

誤解のないよう補足しますが、肉球きらりさんは大金持ちではありません。むしろとても堅実な女性です。猫と暮らすのが夢だったので、一気に今、いい意味で爆発中(笑)。

 

 

 

猫の飼育ははじめてですが、医療人としての経験が豊富。医療面の知識に富み、猫の扱いがうまく、信頼してお任せできます。前も書いたのですが、臨機応変の利く方です。

 

 

 

肥満細胞腫の再発の恐れのある中年のちゃた幸も、繊細な心を持つ結ちゃんも、肉球きらりさんならきちんと心身のケアをしてくださると思います。

 

 

 

ね、結ちゃん?

IMG_3819

 

 

 

 

結ちゃんケージからのスタートがんばるんだよ!

IMG_3768

 

 

 

 

「そうしてみる で 隣の茶髪男はだれですか?」

IMG_3759

 

 

 

 

「ぼく? ぼく“ちゃた幸”」

IMG_3807

 

 

 

 

ちゃた幸はきみ、がんばるという次元じゃないね?

IMG_3815

 

 

 

おまい結局、どこでもOKか・・・・・・

IMG_3808

 

 

 

「“どこでも”じゃありませんよ 頭に“快適な場所なら”をつけてくれないと・・・・・・」

IMG_3810

 

 

 

 

「おい 繊細さのかけらもないのね」

IMG_3761

 

 

 

「お隣さんとうまくやれる気がしません」

IMG_3763

 

 

 

結ちゃん・・・・・・どうかどうか(願)。

 

 

ちゃた幸はつき合ってみるといいヤツなの。信じて!!

 

 

 

心配がないわけじゃないのですが、まずはお茶やお菓子を出されるがままにペロリ

IMG_3908

 

 

 

「ごちそうさまでした。おいしかったです」

IMG_3805

 

 

 

なごり惜しいですがこのまま居つづけるとマイ太郎さんが肉球きらりさん家に占拠してしまいそうな雰囲気でしたので、そろそろ連れて帰らないと。車を出してもらったのは私ですが。

IMG_3779

 

 

 

肉球きらりさん、美しいそうめんのおみやげをありがとうございました。ちゃた幸にかかった医療費のうち、去勢手術などの基礎的な部分を肉球きらりさんにご負担いただきました。肥満細胞腫の手術にかかった分は以前ウレシカさんからお預かりした支援金で私が払っています。

IMG_3896

 

 

 

帰宅後、届けたばかりのちゃた幸が家にいない不思議さを実感。急にさびしさがこみ上げてきました。しかし肉球きらりさんが即席で書いてくださったお手紙を読んで、萎んだ心が大きく膨らんだのです。達筆! ツイッターにあげたところ、私が気づかなかったキーワードに気づいてくださった方が。「幸せを結ぶ子たち」って、ちゃた幸と結ちゃんのことなんですね。感動・・・・・・

1yt (24)

 

 

 

ちゃた幸、結ちゃん、ふたりの相性が未知数のままふたりを託すことになったのですが、私、肉球きらりさんならどうにかできると信じています。もちろん、私の言葉がプレッシャーにならない程度のラフな気持ちで向き合ってもらえたらいいのですが。

 

 

 

送ってくださった近況画像↓

1yt (19)

 

 

 

 

ちゃた幸はゆるすぎ・・・・・・

1yt (39)

 

 

 

階段をトコトコのぼって2Fへ。環境に恵まれようやく猫らしい運動ができるようになりました。

1yt (27)

 

 

 

結ちゃんもなかなかやりますよ。ツイッターに載せた動画ではゴロゴロ喉を鳴らしています。

1yt (33)

 

 

 

結ちゃんの場合は口だけですので、シャーされてもなるべく触ってください」

 

 

 

マイ太郎さんからの引き継ぎどおり、2日目以降積極的にボディランゲージを続行・・・・・・

 

 

 

そうしたら結ちゃんにみるみる変化が

FullSizeRender

 

 

 

 

ちゃた幸には拒絶シャーを連発するものの、肉球きらりさんの存在は早々に認めた模様です。

 

 

 

写真だとわからないのですが、実際は結ちゃんがちゃた幸を警戒中

1yt (12)

 

 

 

我関せずのちゃた幸でしたが、結ちゃんにシャーされるとイライラモードになったりもするらしい。大丈夫かな? ちゃた幸結ちゃんをさぶみたいに噛んだりしないかな?

 

 

 

で!

 

 

 

今夜届いた最新のふたり

FullSizeRender

 

 

 

えー? 近い! やったー!

 

 

 

これは猫じゃらし遊びで縮めた距離だそうです。まだ相性が合うというレベルには遠いのですが、ちゃた幸も結ちゃんもお互いに一歩ずつ歩み寄っています。

 

 

 

ちゃた幸は結ちゃんのシャーをスルーする術を身につけつつあるとか。オトナになったのう。

 

 

 

ちゃた幸の幕が開け、舞台には可憐なお姫さまとあたたかい保護者が彼にスポットライトを照らしつづけてくれています。ようやくちゃた幸はその性格と生活の質を一致させました。

 

 

 

日本にはまだまだ幸せになるべき犬猫たちがいます。

 

 

みんな幸せになりますように。

 

 

 

かつくん「249ちゃた幸卒業おめでとう。逆境の中よく生き抜いてきたと思います。結ちゃんとの体格差は約2倍。ちゃた幸が紳士らしく振る舞うことをぼくは切に祈っています」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





1 ぼくの幕が開けました

ちゃた幸が巣立つ前、チチは「さびしい。さびしいんだけど」を連発。ちゃた幸は不思議と心にスッと入ってきて、なかなか抜けていかない猫です。

 

 

ある日、別室にいたチチが大声で私に話しかけてきました。

 

 

「あのさあ ちゃたって頑なにドライフードしか食べないね」

 

 

 

頑な、って言葉がまさにピッタリで、思わず噴き出してしまいました。

IMG_3676

 

 

 

 

「ぼく どこへ行くの」

IMG_3630

 

 

 

いっしょに過ごした1カ月半。さまざまな思い出が残っています。

IMG_3633

 

 

 

チチ不在の日が多かったため、はじめはリビングにいてもらう予定でした。卒業生満天に似た外見のちゃた幸。穏やかそうな雰囲気だし、きっとうまくやれるはず、そう考えていたのです。

IMG_3634

 

 

 

 

しかしどういうわけか、猫なれしているはずの我が家のほほ、あまぱん、(特に)さぶがちゃた幸を激しく警戒。ちゃた幸を目の敵にし、猛烈に威嚇しまくるのです。困ったなあ。

 

 

 

ちゃた幸は一度さぶと大喧嘩。間に入った私がさぶに噛まれるという事態に発展。いや、大げさ抜きに結構派手な喧嘩で、止めないともはやまずいレベルだったのです。

 

 

 

喧嘩を売ったのはさぶですが、勝ったのはちゃた幸。ちゃた幸の圧勝。さぶプライド傷ついただろうなあ。さぶにもちゃた幸にも悪いことをしました。猛省。

 

 

 

ほほはちゃた幸のケージ内に侵入し、3段目までのぼりました。

1yt

 

 

 

ちゃた幸を見下ろし、直後に思いっきりクサいマーキング(排尿)を・・・・・・参った。ほほそのケージの板、おしっこ吸ってシワシワになってしまうの、知ってる?

 

 

レギュラーメンバーと保護猫サクの想定外の拒絶リアクションを目の当たりにした私は、ちゃた幸を保護部屋と寝室の二部屋に入れ、みんなと距離を取らせることにしたのです。

 

 

 

ごめんね。ちなみに犬はぜんぜん平気なのに、なんでだろう?

1yt (9)

 

 

 

まあ、こっからスタートだね。まずはフリーになる練習から!

1yt (41)

 

 

 

最初は「自由」が落ち着かなかった様子のちゃた幸。5年間狭い檻の中に押し込められていただけあって、本当に挙動不審でした。衰えた後ろ足を引きずりあちこち動きまわる。歩く歩く歩く、歩きまわる。歩きまくる。ときどき鳴く。身の置きどころを必死に探していたのだと思います。

 

 

その姿が、私には悲しく映りました。

 

 

口の利けない彼らですが、感受性は私たち人間に負けず劣らず、十二分に備わっています。

 

 

彼らはやわらかな心を持ち、視力聴力に恵まれ、皮膚の奥には赤い血が流れています。

 

 

 

私たち人間と大差ありません。だから生き物としての最低限の尊厳を、私は彼らに担保してやれる社会を夢見ています。人権や選挙権を与えたいと言っているんじゃないですよ。生き物として心地よく生きて心地よく死ねる当たり前の権限を言っているんです。

 

 

 

昨今の連発する多頭飼育崩壊に胸が痛みます。

 

 

「悪気はなかった」

 

「犬猫が好きで飼った」

 

「いつの間にか勝手に数が増えた」

 

 

一見悪者がいないように見える「善意での飼育」が、ときとしてものすごい暴力となって犬猫たちをズタズタにしていることを、絶えず、絶えず、繰り返し、繰り返し、私たちは想像していかなければならないです。少なくても私は相手の痛みを想像したい。

IMG_3663

 

 

 

私はちゃた幸に「猫」を謳歌してほしい。猫としてたのしく生きてほしいです。

1yt (40)

 

 

 

「ハハ~ ちょっとまちがってますね 猫としてじゃなく “愛猫”としてが正解です」

1yt (5)

 

 

 

「ぼくねえ ただの猫にはなりたくないんですよ 憧れるのは室内をかっ歩する愛猫です」

1yt (22)

 

 

 

「甘えるのが好きですから」

1yt (30)

 

 

 

画面とキーボードの隙間を占拠するちゃた幸は別名「じゃま幸」

IMG_3636

 

 

 

チチは目尻を下げながら、何度も私に訴えてきました。

 

 

「こいつのせいで家での仕事の効率が非常に悪い」

 

 

「マウスとか勝手にクリックされる」

 

 

けれど私が「ケージに入れれば?」と提案すると、即私の提案を否定するのです。

 

 

「いや、(このままで)いい」

 

 

キーボードをずらし、ちゃた幸分のスペースを確保する始末

IMG_3631
 

 

「人を骨抜きにするのは朝飯前です」

IMG_3672

 

 

 

そうそう。ちゃた幸の特技だよね。お前さんならどこへ行ってもうまくやれる気がします。

 

 

 

問題は猫同士の相性だけ。同日に卒業の結ちゃんと共存できることをひたすら祈っています。

1yt (35)

 

 

 

実葉へのお問い合わせがきっかけで、里親肉球きらりさんと出会いました。実葉は家族が決まったので結ちゃんを肉球きらりさんに紹介。ちゃた幸は猫好きの結ちゃんのお友だち猫として私がスカウトしたのです。もちろん、ちゃた幸の過去に胸が痛んだのと、ちゃた幸の皮膚に多発していた肥満細胞腫の手術を受けさせたかったのが保護の理由です。

 

 

ちゃた幸と結ちゃんの縁結びの詳細が載っています。

 

 

「ぼくと出会うまで/幸せの703号室」

 

 

「手を知る 手の使いみちを知る/幸せの703号室」

 

 

 

このたび肉球きらりさんが無事に引っ越しを終えたので、週末、結ちゃんを保護しているマイ太郎さんと「結ちゃん」、「ちゃた幸」をお届けしてきました。

IMG_3727

 

 

 

私からの提案で、いちおう1カ月のトライアルを設けることに。肉球きらりさんはふたりを個としてよく観察し、均等、そして濃密に接しています。臨機応変の対応ができる頼もしい女性です。

 

 

 

丸投げをして申し訳ない気持ちでいっぱいですが、結ちゃんとちゃた幸の明るい未来を想像しながら、見守っていきたいです。

 

 

トライアル中ではありますが、次回ちゃた幸と結ちゃんの新居へご案内します。

 

 

 

長い文章をお読みくださり、皆さまありがとうございました。

 

 

 

書いていて今ちゃた幸に会いたい、ちゃた幸を撫でたい欲望を抑えるのに必死です。

 

 

 

推定7~8歳のおっさん猫ですが、ちゃた幸の幕は開けたばかり。すべり出しはまずまず。

 

 

 

がんばれっ!

 

 

 

スポンサーリンク





ちゃた幸へのおねがい

結局マンゴーを食べたのは深夜に近い時間でした。

 

 

信じられないほど甘い。うっめええのなんのって。最高のぜいたくです(あと1個ある!)。

 

 

今日は起きてからずっと洗濯。驚きの量です。

 

 

うちってこんなに洗うものあるの? やってもやってもまだまだ・・・・・・

 

 

100%は無理なので、せめて70%程度への到着をめざし、そこいらで折り合いをつけます。

 

 

ふう。

 

 

家事の合間のゴロゴロタイム。ちゃた幸は必ずお供してくれます。

bokuhamiar (6)

 

 

 

やさしい目をした猫です。

bokuhamiar (5)

 

 

 

さっき撮った写真

bokuhamiar (7)

 

 

 

卒業まで2週間切った!

bokuhamiar (8)

 

 

 

本心はちゃた幸がいっしょに巣立つマイ太郎さん家の「結ちゃん」と仲よくなれるかすごく心配

bokuhamiar (9)

 

 

 

ちゃた幸、人のことはだれでも大好き。だけど猫同士の相性がいかんせん悪いのです。

 

 

結ちゃんは猫にベッタリのタイプだから、うちのお子たちとはちがう。そこに賭けたい。

 

 

703号室でもっともクセのない温和なあまぱんを一定時間ちゃた幸に会わせる訓練? を続行中。あまぱんはちゃた幸と同じ部屋にいても我関せずの「無害感」を打ち出しているのですが、ちゃた幸は「あまぱん意識過剰」状態で、あとをつけまわし、首を噛もうとします。

 

 

(ちゃた幸を預かっていた)Fさんから聞いていたイメージとはちがい、ドライな言い方をすれば、もしかすると「結ちゃんのお友だち」として考えるなら、ちゃた幸はミスキャストだった可能性があります。けれど、里親さんはほんとうにちゃた幸をかわいいと思ってくださっています。

 

 

そしてちゃた幸と里親さんはお似合いです。

 

 

たとえこちらの思惑どおりでなかったとしても、私はあきらめるわけにはいきません。方策を求めています。どなたか経験談をお聞かせください~!

 

 

 

基本情報

 

ちゃた幸推定7~8歳かそれ以上。多頭飼育崩壊現場からのレスキュー。去勢手術は保護後中年で行いました。5年以上身動きギリギリの小さな檻の中に入れられていました。檻のすぐ横には未去勢だったオスたちの檻があり、視覚的な対面はもちろん果たしています。

保護後Fさんちに移動。Fさんちの2段ケージで約3カ月暮らす。Fさんちの保護猫たちとは対面、接触あり。短いけれど、たまにフリータイムもあり。フリータイム中にメス猫たちから怒られることはあっても、ちゃた幸はやり返すことなくしれっとしていたそうです。

703号室に移動。人間にはベタベタ。はじめの頃、さぶとケンカ。以後隔離。現在は寝室と保護部屋をちゃた幸のみが使用。掃除のとき以外、ケージには入れていません。ほかの猫とはガラス越しの対面あり(遊びたそうにしています)。あまぱんとは短い時間ならともに過ごせます。我が家はオスしかいないのでメスとの相性は不明。サク以外年下もいないので若い子との相性も不明。犬はぜんぜんOK。人は男性でも女性でも大丈夫。食欲旺盛。排泄、健康状態良好。

bokuhamiar (4)

 

 

 

ちなみに結ちゃんは、1~2歳程度の乙女で、人とは長らく距離を置いてきた保護猫ですが、猫に対してはこの上なく友好的で、先住猫たちにくっついて歩いています。

 

 

里親さん宅:広めの一軒家。部屋数も多い。先住猫なし。ちゃた幸と結ちゃんを同日に迎える。

 

 

 

もしいいアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

 

 

 

ちゃた幸のいいところ、いっぱい知ってるよ。ちゃた幸はちゃた幸らしく生きてほしい。

bokuhamiar (2)

 

 

 

でもできれば、結ちゃんとは共生してほしい。ちゃた幸へのおねがいはそれだけです。

bokuhamiar (3)

 

 

 

最後の3枚の写真はMIHOさんが撮ってくれたもの。隔離中のちゃた幸の部屋で長時間ちゃた幸と遊んでくれてありがたいっ。ちゃた幸も大満足の1日でした。

bokuhamiar

 

 

 

保護猫の未来を決めるってむずかしいですね。しかし私は、ちゃた幸をスカウトしたこと、スカウトしたのがちゃた幸であったことを、ぜんぜん後悔していません。

 

 

ちゃた幸がなるべく円滑に新生活に馴染めるよう、心を込めてお世話していきたいです。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 お話会感想

1つ下にほほのかわゆい記事あります!

 

 

私がめざしているのは、自分の力で完結できる世界です。

 

 

ピラミッドスタイルではありません。

 

 

終始だれかの「手伝い」ではなく、一部のパーツでもなく、たとえ小さなエンジンだとしても、最初(保護)から最後(譲渡)までやれる人が増えれば、より社会的浸透性を感じることができます。ふつうの人が当たり前に取り組む活動こそ裾野が広がっていくのではないでしょうか?

 

 

たくさんやる必要もありません。

 

 

 

目の前の気になるあの子だけでもどうにかできたらその子の未来が切り開けます。それは奇跡のような素晴らしいできごとです。

 

 

その子にとっても、自分にとっても。

IMG_3380

 

 

 

 

本気を出したふつうの方々から来たコメントをぜひ紹介させてください。

 

 

 

(お話会保護の回参加)kokoronさんより↓

 

annyさん、こんにちは!
先日のにゃっ展「お話し会/保護について」でパートナーとともにお話を伺いました、kokoronと申します。
その後の5月12日、捕獲機…ではなく、またも抱っこで、近所で遭遇した子猫(当時推定生後5週)を保護する機会があり、離乳もトイレトレーニングも済ませた現在、『ネコジルシ』サイトにて里親募集に挑戦しております。
https://www.neko-jirushi.com/foster/85210/
昨日デビューしたのですが、子猫のためか黒猫のためか、思っていたよりも早く数名の方にご希望をいただき、里親詐欺を念頭に置きつつ対応をさせていただいているものの皆さま飼い主としては申し分なさそうに感じられ、戸惑っております。
こんなことなら、にゃっ展のお話し会で譲渡についてもお聞きすればよかったです……(^^;A
拙いながら実際に里親さん募集も体験し、この体験を基盤にannyさまのお話をもっとお聞きしたい、という思いを抱いております。
お忙しいことと存じますが、いつかまた、にゃっ展のような機会を設けていただければ、703号室ファンとしてこんなにうれしいことはありません。
annyさまのおかげで、猫さんたちとより深く関わる勇気が持てたと感じております。一言、お礼と状況のご報告をさせていただきたく、コメントをさせていただいた次第です。
これからもtwitterやブログを楽しみにしております。また、annyさまやチチさま、703号室のレギュラーメンバーさんたち、保護猫さんたちのご多幸を心からお祈りしておりますね(^-^)

 

 

 

(お話会譲渡の回参加)児玉さんより↓

 

ステキなおまじないありがとうございました。

わたしは、にゃっ展のお話会に参加させていただきました児玉です。

お話し会では、譲渡に関するアドバイス、とても具体的でわかりやすく、参加して本当によかったと思いました!ありがとうございました。

その後、保護していた子猫の募集をネットでもやってみました!

アンニイさんのようには上手にできませんでしたが、掲載例を参考にさせていただきながら書きました。
何件か応募をいただきましたが、こちらの求めている方を探す大変さを思い知りました、、
アンニイさんの日頃の苦労は計り知れないものだな、、と。
なかなか決まらずそのたび落ち込みましたが、諦めず必ずステキな里親様に譲渡する!という覚悟で待ちました。
今週、二組の方とお見合い予定です!
まだお会いしないとわかりませんが、とてもよいご縁の予感がします!
お話会に参加しなかったら、出来なかったかもしれません。
本当にありがとうございました。m(__)m
今後もわたしに出来ることを少しずつがんばりたいと思っています。
長くなり失礼しました。

●●●●●●●●

胸打つ内容です。ありがとうございました。そしてがんばってください。

愛と尊敬を込めて

スポンサーリンク





10分更新 我が家の構ってちゃん

左目下の盛り上がりが気になって気になってふだんはいっさい見ない手鏡が手放せません。

 

 

負のスパイラルに陥りそうな精神状態。はあ・・・・・・。

 

 

 

しかし家で悶々と落ち込んでばかりもいられないので、気晴らしにプレゼントを持って妹家へ

IMG_3396

 

 

 

妹の誕生日が近いので、コットン&シルクのサマーショール、バスソルト、ケーキを渡しました。

IMG_3413

 

 

 

メインのショールは自分も買おうかと悩んだほど気に入ったもの。大判の薄手。色もいい! 室内と外の寒暖差が激しい季節に活躍しそうな一枚です。喜んでくれましたよ。よかった。

IMG_3403

 

 

 

私の目の不自然なテーピング姿と新たな膨らみを見てふびんに思ったのか? 妙にやさしかった妹。爪だけでもかわいくしようかね? と、ネイルをやってくれたのです。

IMG_3400

 

 

 

なかなか凝ってるね。ありがとう。多愛もない話をしていたらあっという間に完成!

FullSizeRender

 

 

 

帰宅後、我が家の「構ってちゃん」があまぱんと私の間に飛んできました。

FullSizeRender (1)

 

 

 

あまぱんはサクにとって「保険」のような存在なのかもしれません。あまぱんがそばにいると、サクは自分を大胆に出すことができるのです。そういうところ、とてもかわいいねえ。

FullSizeRender (2)

 

 

 

甘噛みされています。指がむずがゆいけど、幸せなひととき

FullSizeRender (3)

 

 

 

サクをちゃんとアピールしていくからね。どんどん剥けているの、皆さまに見てもらおう。

FullSizeRender (4)

 

 

 

「ハハ~ ぼくにも魅力ありますか?」  ※写真MIHOさん

IMG_3302

 

 

 

当然あります。仰山あります。

 

 

 

あまぱんのごはんは奪うけど、サクはべべにベッドを譲るやさしい少年です。

 

 

話を聞きながら首を傾げる姿はこの上なく思慮深いです(笑)。

 

 

 

サク、好きだよ。幸せを求めて歩いていこう。

 

 

明日もいっぱい飛びまわって、ごはんをおねだりしてね。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク