ちーちゃんおめでとう

一週間が束で過ぎ去っていきますね(汗)。いろんな意味で本当に焦ります。

 

 

毎日なにかしら犬猫関連の用事が入っています。昨日も今日も保護活動でemi-goの病院へ行きました。スクスクと育っている家族募集中のちび黒猫

IMG_1906

 

 

スタッフのおだちゃんが写真を撮ってくれました。サイズ感はこのくらいです。

IMG_1909

 

 

ブラックベイビーを抱く私の服がネイビーなのでわかりづらいかもですが、体つきが割とずっしりしてきました。4月生まれの子猫4匹は三毛の梅ちゃん、キジトラのちーちゃんを私が譲渡し、黒猫ちゃん、さび猫ちゃんをりょうちゃんが担当します。

 

 

さて、すでに一週間経ってしまいましたが、キジトラちーちゃんのお届け記事をサクッとご紹介させてください。この日はリタパンの卒業もあったのです。

IMG_1595

 

 

リタパン宅はうちから80kmほど離れていますが、ちーちゃんは近めだったので、ちーちゃんちに先に伺うことにしました。ちーちゃんの里親さんは姉妹猫卒業生梅ちゃんの里親さんの職場の先輩で、2家庭ともemi-goの病院へ通っています。安心でしょ? ちーちゃんの里親さんは、「レオが病気になったとき、休診日にも関わらず中島先生が診てくださった」と先生に感謝しています。

 

 

中島先生の病院から里親さん宅に巣立ち、診察などでまた病院へ来る。

IMG_1600

 

 

理想的な関係ですよね。

IMG_1599

 

 

ちーちゃん、そろそろ行きましょうか。車ですぐの距離だから少しがまんね。

IMG_1598

 

 

「はいっ」

IMG_1615

 

 

ちーちゃんの入った軽いキャリーバッグとお嫁入り道具を手にちーちゃんの終の棲家へ。きっとご家族に珠のようにかわいがられるにちがいありません。

 

 

「ここですか?」

IMG_1618

 

 

そう。上のお姉さんは職場を早退してきたんですって♡

IMG_1625

 

 

家族そろってでちーちゃんを待ち焦がれていたと笑顔で話されていました。

IMG_1622

 

 

ちーちゃん用ケージ

IMG_1602

 

 

2階建ての広いお家なので慣れたら先住猫レオくんと階段で大運動会できるね。

IMG_1609

 

 

カーテンの向こう側が玄関です。

IMG_1626

 

 

そのカーテンをめくると脱走防止柵がつけられていました。

IMG_1604

 

 

 

玄関側から撮った写真。かたくて丈夫なアコーディオンカーテンが張りめぐらされています。これ、レオくんのためにお母さんが考えてつけたんですって。

IMG_1606

 

 

密度の高い住宅地ゆえ、建物が隣接しているとの理由でほぼエアコン生活だそうですが、唯一開ける2階の階段の踊り場にある換気用の窓には柵がつけられていました。ちーちゃんのお家はもともと安全意識の高いお宅なのです。最高!

IMG_1607

 

 

「レオです。ぼくんち快適でしょう? ぼくね、子猫の頃外に捨てられたの。運よくお母さんのお友だちに保護されて、お母さんが家族に迎え入れてくれたの」

IMG_1812

 

 

「猫が苦手だったお母さんをぼくが変えたんだよ」

IMG_1813

 

 

「スヤスヤ」

IMG_1814

 

 

上のレオくんの写真はお姉さんにラインで送ってもらいました。私はこんなのしか撮れなかった^^; レオくんごめんね。もっとハンサムなのに……

fa

 

 

「トライアルしますか?」との私の問いに「お返ししません。ナシで」と即答したお母さん。譲渡誓約書にサインしているときも終始にこやかで印象的だったな。

 

 

ちーちゃんの駆虫代をお預かりし、おみやげをいただきました。ありがとうございました。草団子はチチの好物なのでチチがペロッと平らげましたよ。

IMG_1631

 

 

お姉さんが写真を撮りまくっているそうです↓ 成長が楽しみですね。

IMG_1811

 

 

ちーちゃんおめでとう。姉妹猫の梅ちゃんのお母さんとちーちゃんのお母さんはきっと職場でお互いに写真を見せ合って我が子自慢をしていることでしょう。

IMG_1809

 

 

あたたかい家庭に入れる犬猫が一匹でも多く増えますように。

 

 

間隔があいてしまいましたが、次回はルナ改めルースの卒業記事をUPします。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ277ちーちゃん、レオくんとの距離が縮まっているらしいね。古巣が行きつけの病院となり、そこでワクチンや不妊手術を受けられるのはいいよね。せっかく生まれてきたんだから、のびのび育って快活に生きていってください」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





ポテトシッター2

【シッター3回目(朝)&4回目(夕方)】

 

 

朝6時26分に撮ったヤマトの写真

IMG_1722

 

 

こちらが6時29分のコテツ。コテツは私がリビングにいても逃げません。

IMG_1724

 

 

6時31分。朝ごはんをもぐもぐ

IMG_1728

 

 

“きーやんさんから伝えられたポイント”

①末っ子ヤマトが多量に食べると吐きやすくなる

②それぞれが食べきらないと残したごはんをほかの子が食べてしまい、「食べられる子」と「食べられない子」の差が出てしまう

③ポテチは他人(私)の前でごはんを食べない(出てこない)

 

 

食事が本当にむずかしいのです。そこで私が考えたのは「隔離」

IMG_1729

 

 

私のいる間はリビングの扉を閉め、他室のポテチをひとりにしてごはんをベッドの下までお運びする作戦を貫きました。帰る頃に空皿を回収すればOKね!

IMG_1730

 

 

あげた分をちゃんと食べてくれるとホッとします。ポテチありがとう♡

IMG_1733

 

 

「ねえ なにしてんの?」

IMG_1731

 

 

ん? 今?

 

 

きみたちのご両親に報告のお手紙を書いているの。ヤマ坊は特におりこうでしたって書いておいたからね(笑)。私のiPhoneに残っている赤ちゃんの頃のヤマ坊

IMG_1632

 

 

ちっちゃいときからいっぱしだったね^^;

IMG_1613

 

 

なんか去年きーやんさんにもらったプレゼントの写真も保存されていました。

IMG_1636

 

 

出しそびれたんですね。きーやんさん、その節はありがとうございました。

 

 

面倒くさい男、ポテチの食事が完了するとリビングの扉を元通りに開放。するとこうから……

IMG_1744

 

 

一気にだれもいなくなってしまうという。あ、あの……

IMG_1734

 

 

4回目は14時すぎに来ました。

IMG_1742

 

 

ごはん、おやつ、トイレ掃除、ゴミ捨て、洗い物、ほんのりとしたコミュニケーション、報告のお手紙などを書いているとあっという間に1時間経ちます。

 

 

1回1時間、を1日に3回。見習い期間中ゆえ相場の4分の1~半分程度の値段に設定していますが、きーやんさんに負担してもらう交通費が高くなってしまうので自分なりに安いパーキングや電車なども利用したのです。人と人は持ちつ持たれつ、でしょ?

 

 

電車で行った帰り道に寄った雑貨屋で買ったお水入れ。保護部屋で保護猫が使用するものです。これ、赤と黄色も持っています。軽くて丈夫で便利ですよ。

IMG_1806

 

 

帰宅後はお子たちとイチャイチャタイム。すずらんにもおやつをあげたりして

IMG_1805

 

 

いつかすずきちも卒業生となってちがう形で会えるのかな?

IMG_1804

 

 

そんな日を夢見て真剣にいろいろ考えています。

 

 

シッター日記はあと1回で終わります。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





おなじ「猫」

さんけいろさんからかわいい猫ハンモックとお菓子をいただきました。

maruku (4)

 

 

さんけいろさんありがとうございました。ハンモックは保護猫たちに使います。

 

 

昨日の母の日は、母にワンピースをプレゼント。その後、家族でごはん

maruku (5)

 

 

タイの家庭料理を堪能。まーさん、ごちそうさま♪

 

 

退院した保護猫マルクはエネルギッシュにフリー時間を楽しんでいます。

maruku (12)

 

 

手でちょいちょい邪魔してきます。今遊んであげられないの!

maruku (1)

 

 

ちょびっと電池切れ

maruku (14)

 

 

明るくて人が大好きのマルク。里親さんちでもじょうずに暮らせますように。

 

 

リタパンは食欲が止まりません(汗)。見てこのまあるい背中

maruku

 

 

実は私、リタがツボなんですよ。リタパンはほかの猫との相性がイマイチなのでできれば一匹飼いを希望しています。それか根気の強い方。詳しくは近日中にお送りするリタ特集で書きますね。気になる方はご連絡ください。

 

 

すずらんも元気です。手からちゅーるを舐めてくれるようになりました。

maruku (2)

 

 

本当に牛歩ですけれど、すずらんは私のたいせつな保護猫ですので、希望を捨てずに彼女の未来を考えています。まずはリタ、次に黒真珠、そしてすずらん、白まんじゅうの順番で家族募集をしていこうと考えています。もちろん、すずらんと白まんじゅうは更なる人馴れが必要です。合間に甘えん坊たちの里親探しを挟むかもしれませんが、私は一頭も忘れていないことをここに記しておきますね。

 

 

さて、昼はemi-goの病院にてちび三毛さんのお見合いをしてきました。

maruku (8)

 

 

一か月くらい前だったでしょうか? チチとラーメン屋で担々麺を食べていたら703号室卒業生チョビの里親さんが偶然お店に居合わせたのです。

 

 

「もしまたいい子がいたらご紹介ください。女の子で黒猫か三毛猫が希望です」

 

「わかりました。いたら連絡しますね」

 

 

という会話を経て、実現したこの度のお見合い。emi-goの病院に保護されている母子猫の中に三毛猫と黒猫がいるのでチョビママさんに連絡して会いに来てもらいました。子煩悩の母猫が一生懸命娘たちを育てています。健気ですね。

maruku (3)

 

 

ちなみに子猫だった卒業生チョビはだいぶお姉さんになりました。

maruku (13)

 

 

不妊手術はemi-goの病院で済ませています。チョビ、妹ができるよ♡

maruku (15)

 

 

手袋をつけてちび三毛さんを抱く里親さん

maruku (7)

 

 

ふふ。ずっと目尻が下がりっぱなしでした。

maruku (10)

 

 

目やにがついていたからスタッフのかなちゃんが目薬をさしてくれました。

maruku (6)

 

 

スクスク育つんだよ。チョビ姉さんが待っているからね。

maruku (9)

 

 

母猫と姉妹たちとしばらく過ごさせてやりたいので、お渡しはだいぶ先になりますが、ちび三毛さんのご縁が決まりました。名前がついたらお知らせします。

 

 

帰る間際にemi-goに呼び止められ「見てくださいよ。リリースしたら生きていけますかね?」と言われ、のぞきこんだ捕獲箱の中に悲しげな表情の猫がいました。

maruku (11)

 

 

ちび三毛さんが猫ならこの子も猫です。

 

 

片方は母猫と病院に守られ明るい未来が約束されているけれど、片方は視力に問題を抱えながらも外で生きるしかないのは理不尽ではないでしょうか? 端的に言って、このキジトラはきっと長生きできないと思います。理由は外で生きなければならないからです。この猫の桜耳が私には無性に切なかった。emi-goと相談してみようかな。最近はうまく募集と卒業レポのUPができずキャパオーバー気味ですが、2か月待ってくれたら私が募集する。

 

 

それから、最後に私がICUで見たのはある成猫の痛々しい姿でした。飼い猫であるその猫は8階の自宅から落下し、ひどい気胸と全身骨折で非常に危険な状態です。奇跡を信じて中島先生が懸命に治療していますが、どうなるかはわかりません。

 

 

猫の事故は100%人間が防いでやれます(天災などの有事以外)。ならば防いでやりましょうよ。

 

 

703号室の里親さん、脱走防止対策を含めた完全室内飼育の徹底を再度見直してください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

★★★お知らせ★★★

 

名入れつきノラスタの入金確認をしたのですが、多めに振り込んでくださっている方がいました。ありがとうございました。未だお手元に届いていない方、不良品を手にした方はいますか? いたら遠慮なく仰ってくださいね。5月15日にいよいよ「ノラ猫あがりのスターたち」は正式発売となります。応援してくださり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





1マルクの笑子時代(もいの吸引力より)

ゆきりん、あまぱんとさぶのシリンジごはんのプレゼントありがとう。助かります。

IMG_0058

 

 

皆さまこんばんは。私の愛するさぶりんが無事に帰ってきました。

 

 

さぶりんの退院を祝してブログを書きたいところですが、さぶはうちの子なので保護猫優先でいきますね。でも実生活はお子たちが一番で、保護猫たちは二番です。

 

 

私は今まで犬猫に関する不幸をたくさん目の当たりにしてきました。

 

 

もともと日本の犬猫たちを取り巻く社会の歪に辟易して、17年前に保護活動をはじめたのです。自分の内なる怒りや嘆きでこの世界に飛び込んできました。

 

 

しかし、いつの間にか私は負の感情のほとんどを捨ててしまったのです。

 

 

怒りは原動力になりえても持久力にはなりえない。

 

 

結局私たちは不信感だけで生きてくことはできないと気づいて。

 

 

確かに、挙げたらキリがないほど多くの犬猫たちが理不尽な目に遭わされています。

 

 

拝金主義者、暴力、ネグレクト、殺処分、虐待、無関心、ポイ……

 

 

けれど「不幸」に踊らされて己の生産性を失うのはもったいない。

 

 

私たちが垂れ流すべきは不幸ではなく幸せだと思います。絶対にそうです。

 

 

幸せへの探求こそが持続可能の健全な精神をつくるのかもしれませんね。

 

 

「不幸など幸せのスパイスにすぎない」と、うちの卒業生たちが教えてくれています。私はこれからも幸せにウエイトを置く活動をめざしていきます。

 

 

さて、卒業生もいの吸引力のおかげで新たな出会いがありました。

IMG_7759

 

 

だれがどの角度で見ても超かわいい♡

IMG_7749

 

 

703号室に来て間もない頃の写真です。

IMG_7757

 

 

もいの希望者さんのおひとりに、この度黒猫の女の子を紹介したのです。

IMG_9964

 

 

ホワイトビューティかブラックビューティかのちがいはあれど、ビューティはビューティ!

 

 

年齢、性格、健康状態がもいと似ているのであつこさんに茨城から我が家に連れて来てもらいました。仮名は笑子(しょうこ)ちゃん

IMG_0199

 

 

キャー!

IMG_0179

 

 

キラキラでツヤツヤ♪

IMG_0178

 

 

あつこさんは私に丸投げでいいそうなので私が譲渡責任者に^^

IMG_0198

 

 

笑子ちゃんよろしくね♪

IMG_0186

 

 

お目目がこぼれそうに大きい……(感動)。

IMG_0185

 

 

まだ幼猫の頃に運よく保護された笑子。状態が悪かった笑子はあつこさんの献身的なケアで命を長らえたのです。あつこさんに見つけてもらえてよかったね。

IMG_0202

 

 

来て早々で申し訳ないけれど、明日はあなたのお茶会よ? 大丈夫?

IMG_0184

 

 

まあ、私ががんばるから笑子ちゃんはケージでくつろいでいればいいよ。

IMG_0183

 

 

然るべき場所への移動。私の保護譲渡活動の要です。笑子のお茶会の成功を祈りつつも、仮にダメだとしても私が責任を持つ形にさせてもらいました。

 

 

高い場所からお接待のあまぱん

IMG_0176

 

 

保護部屋にて

IMG_0188

 

 

猫じゃらしで少し遊んでもらう保護猫白まんじゅう

IMG_0204

 

 

お? じょうずじょうず~

IMG_0203

 

 

保護猫たちは至近距離でちゅーるをもらいました。

IMG_0192

 

 

あつこさんが撮った私がえらい汚らしくてすいません(汗)。

IMG_0197

 

 

この格好のままあつこさんと近所のガストへ行き、ゴチになりました。

 

 

保護を待つ犬猫たちがいる。ご縁を待つ保護犬猫たちがいる。保護犬猫たちとの赤い糸をさがす方がいる。うまく結べれば幸せになれる犬と猫と人が増える。

 

 

私の微々たる活動にはいい循環と希望と波及がダダ洩れです。感謝!

 

 

翌日の笑子のお茶会は次回UPしますね。もいの卒業記事も近々に!

 

 

最後に、Twitterで募ったノラスタの名入りサイン本を順次発送しています。

 

 

私に届いていたメール分はすべてお受けしました。返信しても届かない方がいるのが心配です。iさん、メールありがとうございました。iさんのことですよ。明日送りますね。神奈川県川崎市のY本さん、ご住所に番地はございませんか?

IMG_0315

 

 

どんどん派手になっていく気がする。止まらん……

IMG_0314

 

 

店では母が張りきって売ってくれています。

IMG_0296

 

 

「娘が保護した猫ちゃんの本」程度の理解はあれど、母がノラスタを読むことはないでしょう。日本語が完ぺきではない母が読むには長すぎるしむずかしいのです。もし私が母より先に逝ったら、どなたか母に読み聞かせてやってくださいね。よろしくお願いします。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





マイノラスタ★

※blogを連続更新しています。遡ってお読みください。

 

 

エビフライの横に並んだ保護猫リタパン

0jfoau (17)

 

 

エビフライよりまんまるでおいしそう

0jfoau (18)

 

 

食べちゃおうかな? ウソ!

0jfoau (19)

 

 

正面は美猫ですよ! 推定3歳程度の女の子。家族募集中です。

0jfoau (1)

 

 

さて、本日二度目の更新は、昨日の午前中から午後にかけてのできごとです。

 

 

朝大巻先生の病院へチチとさぶの見舞いに行きました。

0jfoau (6)

 

 

酸素室越しのさぶは私の顔を見るなり立ちあがって不満をぶちまけてきます。

0jfoau (5)

 

 

はいはい。わかった。悔しいよね。順調に回復すれば帰れるからね。

0jfoau (7)

 

 

ドレーンが入ったおかげで胸部の洗浄もできています。膿が減ってきました。

0jfoau (8)

 

 

まだ安心はしていませんが、大きなヤマは越えたと信じたいです。

 

 

まーさんの誕生日を失念していた私は、お祝いを持って母の店へ

0jfoau (9)

 

 

ランチを食べることにしました。台湾たけのこの第一号にありつけた喜び♡

0jfoau (10)

 

 

母の店でノラスタのポップを描いてみました。著者は必死こいています。

0jfoau (12)

 

 

ついでにemi-goの病院の分もサクッと♪

0jfoau (11)

 

 

サイン本を10冊買ってくれたemi-goに感謝を込めて一冊ずつかわいくサイン

0jfoau (13)

 

 

あくまでも自分比ですけれど^^;

 

 

最近こんな感じでどこへでもマジックを持っていってます。

0jfoau (4)

 

 

「完成~」

0jfoau (3)

 

 

ふふ。読者さまは神さま!

 

 

emi-goもスタッフも読んでくれています。それぞれが「マイノラスタ★」を持っているんですよ。照れ臭いけれど、うれしいね。どうもありがとう。

0jfoau (16)

 

 

院内のノラスタたちをパパラッチしてみました。FIVキャリアでボロボロだったはんべえは艶男子に変身していますよ。里親さんを探しています。だれか~!

0jfoau (2)

 

 

そして脇の下を大けがしたタスキはキャラ替えを果たしベタベタになりました。

0jfoau (15)

 

 

家族募集中です。タスキについては私が譲渡責任者になろうと思っています。

0jfoau (14)

 

 

落ち着いたらかわいい写真を撮ってきますね。

 

 

一頭でも多くの犬猫たちが終の棲家を得られますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク