ミミ玉の勲章

ブログを連続更新中。家族募集中の保護猫ミミ玉の写真がいっぱい載っているのでスクロールしてほかの記事もお読みいただければとてもうれしいです。

 

 

あまぱんが天国へ旅立ってヘビー級にさびしい。

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、この6頭のレギュラーメンバーと、生き場を失い我が家で看取ることになった保護犬猫たちが常時いて、うちは賑やかな家でした。同じようなことを書いてばかりで未練がましいですが、あのワイワイした感じが私は懐かしくてどうしようもないのです。

 

 

いっそ若い頃好きだった長めの旅行にでも行きたい。

 

 

けれど、手のかかる闘病中のさぶと老犬リルを置いてどこへ行けましょう?

7 (3)

 

 

結局、どこにも行けない。いっしょにいたいしね。

7 (4)

 

 

自分が萎んだ風船みたいになっているのを自覚しています。

 

 

自分の存在意義が目減りし、無力感、空虚感に苛まれています。

 

 

ペットロスは侮れないですね。

 

 

油断していると緩んでいる涙腺がいつ何時に崩壊するかわからない。

 

 

下を向くとヤバいので、なるべく天井を見つめています。

 

 

そんな私にとって、3匹の保護猫たちの存在は果てしなく大きいのです。

 

 

特に、703号室で唯一家族募集のステージに立っているミミ玉。

 

 

最近はミミ玉に良縁を繋ぐことだけが自分のやる気スイッチになっています。こんなことを書かれても読み手の皆さまは重くて困惑するかもしれません。でも、本音です。

7 (5)

 

 

ステイが長引いている保護猫すずらんは「人馴れの問題」を抱えています。

7 (2)

 

 

保護猫牛丸は「過渡期」をなかなか越えられずに模索中

7 (6)

 

 

毛布でくるんでしまえば抱っこできるのに、正面から触ろうとすると怒る、を繰り返しています。

 

 

まあ、牛丸なりに少しずつ軟化しているので、数か月以内には家族募集できる予定ですが、まだやっぱり時間が必要なんですよね。牛丸はゆっくりいきます。

 

 

だからいろんな意味で、ミミ玉が私の希望となっているのです。

7 (8)

 

 

ミミ玉は控えめな性格ながらも人が好きで、人と向き合ってくれています。

 

 

外暮らしで苦労も多かったでしょうが、折れずに曲がらずに心身ともに健やかに生き延びてくれました。ジワるかわいさとはこういう子のことなんだと思わせてくれます。

7 (7)

 

 

そういえば、私はいつも「前」の写真ばかり撮っていました。

 

 

ハゲと古傷のある「耳」は、なるべく写らないよう意識していたのです。

 

 

でも、これはミミ玉の生きてきた証で、ミミ玉の勲章

7 (1)

 

 

立派だね。きれいだよ。

 

 

しかもね! 二度と生えないと諦めていた皮膚に最近産毛らしき毛をたくさん発見したのです♡

 

 

ああ、ミミ玉のいい細胞さんたち! いい働きだこと!

 

 

感動してつい見入ってしまいます。そしてウザがられるという……

 

 

(左右両方に傷跡があるので蚊が有力ですが)蚊に刺されまくったアレルギーなのか、衛生環境が環境が悪くてちょっとした傷が化膿したのか、大きめのケガをしたのかはわかりません。いずれにせよ、ずっと痛くて痒かったのでしょう。

 

 

ミミ玉の保護主の私は、ミミ玉の古傷を隠すのではなく、「よくがんばってきたんだね、えらかった」と誉めてやらないといけないですよね。ミミ玉、ごめんね。

 

 

受け身、動かない、を言いすぎましたが、実際はそれなりに主張しています。

 

 

ミミ玉は朝と夜は活発です。

 

 

朝の7時~9時と、夜の8時~10時の間はテンションがやや高め(笑)。

 

 

とはいっても、うるさすぎず、牛丸のまねをしてごはんをおねだりしたり、「わたしを撫でろ」と人間を呼びに来る程度。程よい塩梅なのでご安心ください。

 

 

牛丸のまねをしておねだりする動画がメチャクチャ萌えるのでご覧ください。

 

 

 

聞き分けがよく、性格のいいミミ玉がだれにも目を留めてもらえないのは悲しいので、ひきつづきアピールをつづけます。どうか「保護猫」ミミ玉に「愛猫」になるチャンスをください。

 

 

お問い合わせをミミ玉ともども首を長くしてお待ちしています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





あちらへ向かう3日前

まんまるの頃のあまぱん

dasuhye (22)

 

 

写真を眺めてはふかふかの毛に顔をうずめる想像をしています。

dasuhye (21)

 

 

掌にあまぱんのぬくもりがフッと現れるときが、今のいちばんの幸せです。

dasuhye (1)

 

 

私は3月からコツコツとペットロスカウンセラーの勉強をしてきました。

 

 

本日5度目のレポートを出し、残すところ(多岐に渡る長い)レポート2回と試験のみとなっています。長らく個人で保護譲渡活動をつづけてきましたが、近年は犬猫たちとの死別に苦しむ自分がいて、犬猫を失って傷ついた方たちと交流を取りたくてはじめたのです。おこがましい言い方ですが、家族ロスの痛みに直面している方の役に立ちたいし、何より、私自身のためでもあります。

 

 

近い将来、さわやかで健全なコミュニティーを作りたいです。

 

 

その暁には(同じ悩みを持つ)みなさん、ぜひ参加してくださいね。

 

 

実際は資格がなくても勉強をしなくてもコミュニティーは作れるのですが、私は最低限の学習はしておきたいのです。おかげで心理学について少々詳しくなりました。

 

 

テキストと睨めっこしているとあまぱんがよく足元に来てうるさくおしゃべりしていたっけ。主張が激しいあまぱんの存在感の強さに日々改めて驚いています。

dasuhye (2)

 

 

最初から最後まで延々とかわいかった。大好きで仕方ありません。

 

 

さて、そんなあまぱんに先週月曜日、お客さんが来たのです。

dasuhye (15)

 

 

卒業生ひのの里親よっちゃん

dasuhye (20)

 

 

東京へ来る用事があったそうで、帰りに我が家に寄ってくれました。

dasuhye (6)

 

 

よっちゃん、たくさんのおみやげをありがとうございました。

dasuhye (5)

 

 

近ごろ703号室はすっかり散らかっています。

 

 

老犬老猫とダラダラくつろぐために、寝室にあったクイーンサイズのマットレスをリビングに敷いています。だからお客さんに来ていただくのは正直恥ずかしい。

 

 

でもこの際気にしないことにしました。

dasuhye (7)

 

 

別室にいた保護猫ミミ玉の「来客馴れ」もよっちゃんにお願いしました。

dasuhye (8)

 

 

よっちゃんにちゅーるをもらうミミ玉

dasuhye (9)

 

 

ウマウマ食べています。

dasuhye (10)

 

 

ミミ玉よかったね♡

dasuhye (11)

 

 

チチと私以外の人に触れあってもらう。

dasuhye (12)

 

 

ミミ玉を嫁に出すことを考えたら、こういうのってとても大切なんですよね。

dasuhye (13)

 

 

ミミ玉はよっちゃんにしっかりごあいさつできました。よっちゃんに感謝です。

dasuhye (14)

 

 

いっぽう、保護猫すずらんはソファーの下に隠れて出てきませんでした。

dasuhye (16)

 

 

まあ、すずはしょうがない。

 

 

さぶ、お接待立派だったよ。お疲れさま!

dasuhye (17)

 

 

よっちゃんが撮ったあまぱん

dasuhye (18)

 

 

あまぱんがあちらへ向かう3日前の様子です。

dasuhye (19)

 

 

一瞬オシャレさせてみました。目ヂカラがしっかりしているでしょう?

IMG_3936

 

 

よっちゃんの前で歩いたり甘えたり、気丈な姿を見せてくれました。

IMG_3939

 

 

この3日後にお別れになるとは思わないほどあまぱんはふつうに元気でした。

 

 

あまぱんにとっても、見送る私にとっても、理想的な形だと自負しています。

 

 

けれどやっぱり「さびしい」という言葉では片がつかないほど、心の穴は巨大です。

 

 

こうして張りきってブログを書いていますが、気にかけてくださる方への個別の連絡がうまくできなくてごめんなさい。皆さまに深謝しています。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





今いるめんばーたち

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

mr.mac academy日置さんの紹介Mさんからフードのプレゼントが届きました。

IMG_3493

 

 

どうもありがとうございます。我が家の保護猫たちにストックさせていただきます。Mさんは20歳の猫さんを家族として引き取ったのだそうです。本当にすばらしいですね!

 

 

さて、今日はうちのメンバーの全員集合といきましょう♪

 

 

「お? まずおれから?」

IMG_3462

 

 

そう。

 

 

あまぱんの闘病がヘビーになってからさぶが保護猫たちの面倒を見てくれています。若い女子担当だったさぶですが、最近は怒りんぼ牛丸や熟女ミミ玉の部屋にも顔を出す勤労ぶり。

 

 

助かっているよ。さぶ日々お疲れさまです。

IMG_3460

 

 

「コラ見んなよっ!!」

IMG_3457

 

 

あ、お嬢、失礼^^;

 

 

保護猫すずきち(すずらん)はだいぶ明るくなり、元気にリビングを飛びまわっています。さぶへの依存度が半端じゃありません。さぶ一途の健気な女の子です。

 

 

「わたし バンダナが似合うでしょ? お母さんかわいいのをありがとう」

IMG_3468

 

 

あと数か月でセブンティーンですよ!

 

 

もし無事に17歳になれたら、リルの誕生日を盛大に祝いたいです。

 

 

べべもナナも越えられなかった16歳の壁。リルに希望を託しています。

 

 

「ぼく 生きてます」

IMG_3464

 

 

あまぱん、だいぶ痩せちゃいましたね。

 

 

シリンジごはんをがんばっているのですが、日に日に細くなっていきます。心配ごともいっぱい。でも今ここに書くとメンタルにきそうなのでやめておきます。あまぱんと過ごせる時間は最高に幸せ♡

IMG_3465

 

 

お水を飲むあまぱん。小さな生理現象のひとつひとつまでが奇跡に思えてきます。

IMG_3466

 

 

 

次は保護部屋ゾーンへ^^

 

 

子宮の中にいる赤ちゃんのような保護猫ミミ玉

IMG_3469

 

 

ちょっと落ち着いたらミミ玉のアピール写真を撮るのが私の目標です。

 

 

ミミ玉はおさわりし放題なので問題なく嫁に出せます。

 

 

ミミ玉、終の棲家をめざそうね。

 

 

そして人馴れ努力中の保護猫牛丸

IMG_3476

 

 

サッと毛布にくるんでしまえばおとなしく抱かせてくれるのですが、正面からいくと99%重くて鋭いパンチが飛んできます。うっしーは大柄で手が太いから正直怖いですよ。

 

 

しかし私には退路がありません。まさか外に放すわけにもいかないし、家族として迎えるキャパも私にはない。だから人と仲よくできるのを信じて接していくしか道がないのです。

IMG_3475

 

 

一歩ずつ一歩ずつ薄皮をはがすように接しています。

IMG_3474

 

 

まずはいちばん馴れているキジトラのミミ玉の卒業をめざしますね。

 

 

応援してくださっている皆さま、ノロノロでごめんなさい。けれど必ず前進します。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





みんなで紡いだご縁(てりたま)

都心のマクドナルドの前でごはんのおねだりを日課にしていた外猫てりたま

33 (15)

 

 

てりたまの日中の保護劇は多くの方の注目を引きました。

33 (10)

 

 

私の素手スカウトが成功したことを書いたこちらの記事をぜひお読みください。

33 (8)

 

 

その際、てりたまを心配したいろんな方に声をかけられたのです。

 

「どこかの動物愛護団体の方ですか?」

 

「この猫をどこへ連れて行くのですか?」

 

「保護猫活動をされているなら(身分を証明できる)HPなどを持っていますか?」

 

改めて、首都圏での保護猫活動の関心の高さを知り、驚いたほどです。

 

 

もちろん、私は聞かれたことに答え、名乗ったのですが、その後その方たちからの連絡はありません。このブログを読んでいないと思いますが、本日の記事はてりたまの保護シーンを間近で見ていた方にもお届けしたいです。今、こんなに幸せだよ、と。

 

 

さて、まずは「てりたま相関図」を拙い言葉で説明してみます。

 

①かおりんの長男さん

→外でてりたまを見かけ、お母さんのかおりんにその存在を伝えました。

②かおりん

→自分の息子さんから相談されて、てりたまを保護しようと動いた私の友人

③フラゴビさん

私のSNSを経由してかおりんのSNSを見て、「(かおりんの撮ったてりたまの写真は)まさに自分たちが気にかけている猫だ!」と気づいてかおりんに連絡した方

④フラゴビさんのご主人

→フラゴビさんとともに外猫てりたまのお世話をしていました。

⑤私

→てりたまが外にいるときから、かおりんにてりたまの保護や譲渡に関する相談を受け、「どうにもならなかったらお願い~」と言われ、実際にてりたまを保護

 

 

どうでしょうか? わかりましたかね^^;

 

 

無事に保護したあと、てりたまはかおりんちにステイ。かおりんと相談して、てりたまを一般募集(広く家族募集)する前に、いちばん気にかけ動いていたフラゴビさんご夫妻に打診するのはどうだろう? という流れになったのです。

 

 

フラゴビさんはすでに2匹の愛猫と暮らしているので、不安もあったようですが、ご夫婦で話し合った末、てりたまとの長期トライアルを希望してくれました。

 

 

余談ですが、かおりんと私の関係を少し掘り下げると、私の勉強会や講演会に昔からかおりんはいつも参加してくださって、それが縁で友だちになったのです。

 

 

トライアル先のフラゴビさんのお宅で集合

IMG_3324

 

 

このメンバーで会うのは2度目

IMG_3323

 

 

かおりんの長男さんも参加(ご結婚おめでとうございます)

IMG_3326

 

 

「顔見知りの身内でのなあなあの譲渡」とならないよう、譲渡誓約書(トライアル用)もきちんと交わします。フラゴビさんが細部にまで気を配ってくださったのです。

IMG_3344

 

 

おいしい和菓子をごちそうさまでした。

IMG_3343

 

 

「ドームベッドはおちつくわね」

IMG_3330

 

 

ケージに布をかけてもらって

IMG_3346

 

 

外猫時代からのつき合いの、てりたまとフラゴビさん

IMG_3352

 

 

「てりたま」という名もフラゴビさんがつけたのですよ♪

 

 

別室にいたフラッフィーくんと

IMG_3368

 

 

ゴビくん

IMG_3367

 

 

トライアルはふたりの王子が決め手となるので、どうか徐々に受け入れてね。

 

 

玄関の脱走防止柵のにゃんがーど

IMG_3337

 

 

木のぬくもりがいいですね。

IMG_3340

 

 

猫部屋もありました。

IMG_3339

 

 

猫部屋の腰高窓にはルーバーがついているので猫は脱走不可能

IMG_3338

 

 

うっすら透けて見えますか? リビングの掃き出し窓にも脱走防止柵が……

IMG_3329

 

 

その横の「てりたまルーム」の掃き出し窓にも柵がつけられていました。

IMG_3331

 

 

いうことなしの安全性ですよね。

 

 

猫ドア(ドアノブにも注意!)

IMG_3335

 

 

テント

IMG_3327

 

 

オモチャ各種

IMG_3355

 

 

ベッド各種

IMG_3332

 

 

巨大なキャットタワー

IMG_3336

 

 

うちのさぶあたりが見たら「おれもそっち行く」と引っ越しを決意されそうで怖いです(苦笑)。

 

 

フラゴビさんはノラ猫あがりのスターたち(ノラスタ)を読んでくださっている方

IMG_3345

 

 

本当にうれしい。とても光栄です。

 

 

人に甘える健気な性格がかわいくて通り行く人の心をくすぐったてりたま

IMG_3342

 

 

けれど、果たしてそれが猫にとって望ましい生活環境でしょうか?

 

 

私は人間の庇護のもとに生きられる猫のほうが断然「自然な姿」だと思います。

 

 

フラゴビさん、お菓子やあまぱんへのお見舞いをありがとうございました。

IMG_3385

 

 

かおりん、超絶大好きなマンゴーとシャインマスカットをありがとうございました。即ペロリですよ! 補液パックもうちで遠慮なく使わせてもらいますね。

IMG_3387

 

 

てりたまという宝を見つけたかおりんの長男さんと

IMG_3359

 

 

私もちゃっかり記念写真を♥

IMG_3362

 

 

まずはトライアルだけど、時間をかければきっと共生できると信じています。

IMG_3334

 

 

「わたし がんばる~」

IMG_3333

 

 

よっしゃー!

 

 

かつくん「x300てりたまおめでとう。トライアルが無事に終わりますように。てりたまは703号室卒業生というより、ハハがあたためてきた人と人の縁がじんわりと広がって、みんなで結んだ赤い糸だと思います。広義的な波及ですね。かおりんからブログ配信を依頼されたハハ。ぼくがしゃしゃり出てきたけど、5人でコラボした感じだよね。かおりん、お疲れさまでした」

1-3483

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





ヒルズさんありがとう

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

(大塚まひささんの紹介で)ヒルズさんよりたくさんの猫フードが届きました。

IMG_3103

 

 

保護猫たちへ、ですって。本当にありがとうございます。

 

 

わお♡ 猫のライフステージにあわせていろんな種類が入っています。

IMG_3125

 

 

微々たる活動ですが、703号室には絶えず保護猫がいて、これまで積算すると350頭を超える譲渡をしてきました。だから常にごはんは必要です。ヒルズさんのご厚意に甘え、賞味期限を考えながら、もふもふ譲渡祭などで私と活動をごいっしょした方に一部を送り、残りはうちにストックします。

 

 

先日さっそくaiさんに渡しました。

IMG_3209

 

 

aiさんは山口市の正式な登録ボランティアで、個人で延々黙々と保健所に入った犬猫たちにご縁を繋げています。aiさんが引き出して703号室を経由して良縁を得た子たちもいます。写真は子猫が中心ですが、成猫、犬も地道にやっています。

IMG_3128

 

 

「ハハ わたし 味見する」

IMG_3214

 

 

「ぼくも食べてみる」

IMG_3216

 

 

「わたちは明日の朝食べる」

IMG_3217

 

 

保護猫すずらんはすでに夕飯を食べてしまったので、保護猫ミミ玉と保護猫牛丸に味見をしてもらうことになりました。さて、ミミ玉と牛丸は食べてくれるかな?

IMG_3220

 

 

牛丸バクバク

 

 

ミミ玉もぐもぐ

 

 

 

あげたのは下部尿路の健康に配慮した成猫のライト(1~6歳)

IMG_3229

 

 

ヒルズは療法食などでもおなじみですよね。すずらんもミミ玉も牛丸も私の地域にいた元ノラ成猫。外でがんばって生きてきた彼らに良質なフードで艶々スターになってもらいたいです。

 

 

そして一足先に巣立った保護猫ココ玉改め「まるここ」の卒業記事も近日中にUPしますね。

IMG_0010

 

 

ヒルズさんありがとうございました。

 

 

幸せになれる犬猫たちが一頭でも多く増えますように。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク