ポテトシッター2

【シッター3回目(朝)&4回目(夕方)】

 

 

朝6時26分に撮ったヤマトの写真

IMG_1722

 

 

こちらが6時29分のコテツ。コテツは私がリビングにいても逃げません。

IMG_1724

 

 

6時31分。朝ごはんをもぐもぐ

IMG_1728

 

 

“きーやんさんから伝えられたポイント”

①末っ子ヤマトが多量に食べると吐きやすくなる

②それぞれが食べきらないと残したごはんをほかの子が食べてしまい、「食べられる子」と「食べられない子」の差が出てしまう

③ポテチは他人(私)の前でごはんを食べない(出てこない)

 

 

食事が本当にむずかしいのです。そこで私が考えたのは「隔離」

IMG_1729

 

 

私のいる間はリビングの扉を閉め、他室のポテチをひとりにしてごはんをベッドの下までお運びする作戦を貫きました。帰る頃に空皿を回収すればOKね!

IMG_1730

 

 

あげた分をちゃんと食べてくれるとホッとします。ポテチありがとう♡

IMG_1733

 

 

「ねえ なにしてんの?」

IMG_1731

 

 

ん? 今?

 

 

きみたちのご両親に報告のお手紙を書いているの。ヤマ坊は特におりこうでしたって書いておいたからね(笑)。私のiPhoneに残っている赤ちゃんの頃のヤマ坊

IMG_1632

 

 

ちっちゃいときからいっぱしだったね^^;

IMG_1613

 

 

なんか去年きーやんさんにもらったプレゼントの写真も保存されていました。

IMG_1636

 

 

出しそびれたんですね。きーやんさん、その節はありがとうございました。

 

 

面倒くさい男、ポテチの食事が完了するとリビングの扉を元通りに開放。するとこうから……

IMG_1744

 

 

一気にだれもいなくなってしまうという。あ、あの……

IMG_1734

 

 

4回目は14時すぎに来ました。

IMG_1742

 

 

ごはん、おやつ、トイレ掃除、ゴミ捨て、洗い物、ほんのりとしたコミュニケーション、報告のお手紙などを書いているとあっという間に1時間経ちます。

 

 

1回1時間、を1日に3回。見習い期間中ゆえ相場の4分の1~半分程度の値段に設定していますが、きーやんさんに負担してもらう交通費が高くなってしまうので自分なりに安いパーキングや電車なども利用したのです。人と人は持ちつ持たれつ、でしょ?

 

 

電車で行った帰り道に寄った雑貨屋で買ったお水入れ。保護部屋で保護猫が使用するものです。これ、赤と黄色も持っています。軽くて丈夫で便利ですよ。

IMG_1806

 

 

帰宅後はお子たちとイチャイチャタイム。すずらんにもおやつをあげたりして

IMG_1805

 

 

いつかすずきちも卒業生となってちがう形で会えるのかな?

IMG_1804

 

 

そんな日を夢見て真剣にいろいろ考えています。

 

 

シッター日記はあと1回で終わります。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ハリんち

皆さまこんばんは。また空いてしまいました。

 

 

作業の合間にちょこちょこ写真を整理していたので遅くなってごめんなさい。ハリの新居へご案内します。ハリにはファンが多いので大勢で押しかけて申し訳なかったのですが里親さんは快く迎えてくださいました。感謝です♪

IMG_5307

 

 

ハリは広いお宅で先住猫アジ兄(12歳)と暮らしていくことになりました。

IMG_5354

 

 

里親さん宅にはアジ兄のほかに2匹の先代猫さんがいました。溺愛のケアを受けテトちゃんもさくらちゃんもかなり長生きしたのです。

IMG_5275

 

 

ハリ、ここならまちがいないから安心してね。

IMG_5284

 

 

「オドオドしちゃいます」

IMG_5346

 

 

まあ今はしょうがない^^;

IMG_5349

 

 

アジ兄のホストぶりに大興奮のマイ太郎さん♪

IMG_5355

 

 

里親さんの娘コスモさん宅の愛猫さん、ハリ、アジ兄にシュシュを作ってプレゼントしてくださいました。どれも素敵。ありがとうございます。

IMG_5357

 

 

ハリを受け入れるにあたり、新しく設置された玄関の脱走防止柵

IMG_5309

 

 

階段から玄関が一直線なので柵があると安全ですよね。

IMG_5313

 

 

ハリがメインで過ごすリビングにもドアがついています。

IMG_5310

 

 

リビングの掃き出し窓(二階の寝室にも同じタイプの柵が用意されていました)

IMG_5272

 

 

こちらは換気用の小窓ですが、黄色い丸の部分は【隙間】ではないんです。写真ではわからないと思いますが透明のアクリル板がついているんですよ。すごい。

InkedIMG_5256_LI

 

 

つづいてはハリの生活ゾーンを。リビングの横の和室からスタートします。

IMG_5251

 

 

なんでしょうこのケージのサイズは……

IMG_5287

 

 

超大型犬用だって(笑)。

IMG_5345

 

 

看護師のおだちゃんが入ってもぜんぜん余裕

IMG_5314

 

 

ケージからすぐに出す予定で和室に滑り止めマットが敷き詰められていました。

IMG_5336

 

 

ハリのお部屋、最高でしょ?

IMG_5253

 

 

風が通り、光がたっぷり入ります。キャットタワーや自動給餌機も……

IMG_5252

 

 

ハリのハウスは電気アンカーであたためられていてぬくぬく快適

IMG_5318

 

 

リビングにはおそろいのアジ兄ハウスもありました。

IMG_5319

 

 

アジ兄いい場所にいますね。

IMG_5322

 

 

ウトウト眠くなっちゃうよね。

IMG_5321

 

 

和室とリビングの間が見えるよう、柵で仕切って使うんだそうです。

IMG_5325

 

 

ナイスアイディア

IMG_5332

 

 

「ハハ~ ぼくずっといてもいいのですか?」

IMG_5289

 

 

はい。その通りです。ハリお坊ちゃまのお家ですから♡

IMG_5290

 

 

リビングでお茶をいただきました。

IMG_5328

 

 

ごちそうさまでした。

IMG_5331

 

 

快適で清潔でしょ?

IMG_5327

 

 

コスモさんもちょくちょくご実家に来るそうです。ハリをよろしくお願いします。

IMG_5347

 

 

記念写真

IMG_5344

 

 

かなちゃんとおだちゃんバージョンも

IMG_5341

 

 

ふふ。私のお婿入り道具のひとつ。猫布の包装のお菓子

IMG_5330

 

 

里親さんは慎重で慈悲深い方。ハリを本当に愛してくれています。皆さまに納得していただけるご縁だと自負していますが、いかがでしょうか?

IMG_5334

 

 

ハリの医療費の一部のほか、emi-goの病院へのおみやげや先代猫さんたちのケアで使い切れなかった大量の腎臓フード類、ペットシーツ、おしめなどをいただきました。おしめはすでにすべてemi-goの病院に渡してあります。次病院へ行くときにシーツ類を持っていきます。私とマイ太郎さんにはおいしいお茶を

IMG_5885

 

 

うちの保護猫たちにちゅーるのプレゼントまでいただきました。

IMG_5358

 

 

ありがとうございました。

 

 

里親さんから届いた近況写真をご覧くださいね↓

IMG_5948

 

 

ハリ、元気そうだね。

IMG_5947

 

 

毎日グリーンのペット体重計に乗ってスタイルをキープしている王子です。

IMG_5914

 

 

アジ兄と距離が縮まっていますよ。

IMG_5916

 

 

「うーん ぼく 幸せ~」

IMG_5913

 

 

「ハハ うち楽しいよ」

IMG_5915

 

傷ついた片手を引きずりながら外を這いずりまわっていた元野良猫ハリがシンデレラボーイになりました。私が手掛けたスターたちの卒業レポートや新居自慢に私は厚いメッセージを込めています。時間をかけて丁寧に書いているつもりです。

 

どの犬猫もハリのようになれるのです。関わった人の情熱や考え方次第で彼らの運命が変わります。つまり私たちは彼らの運命を好転させることができるのです。苦境にいる犬猫たちが一頭でも多く終の棲家を得られますように。

 

 

かつくん「Ⅹ271ハリおめでとう。熱烈な歓迎ぶりがぼくにも伝わりました。ハリとぼくは似ているからハハはハリを見てよくぼくを思い出していたそうです」

1-3483

スポンサーリンク





まあるの赤い糸2

皆さまお待たせしました。まあるの卒業を祝して昨日のつづきを書きますね。

 

 

大遅刻の上、迷子にもなった私をママさんとお兄さんが捜索したという。本当に迷惑者でごめんなさい。いろいろと読みが甘かった自分を反省しました。

 

 

やっと着いた。まあるお疲れさま^^;

IMG_1184

 

 

 

まあるのお宅は広々とした新しめの戸建て

IMG_1209

 

 

 

まあるを守るため開ける可能性のある窓すべてに脱走防止柵をつけてくださいました。

IMG_1193

 

 

ママさんより写真を拝借

PT370001

 

 

安全意識の高さがうかがえます。ありがたい。

PT370001

 

 

大きな玄関は猫と暮らしている大工のお友だちに来てもらい、いっしょに考えたそうです。写真だとわかりづらいかもしれませんが完ぺきです。

PT370001

 

 

猫は外に出られません。

PT370001

 

 

奥が玄関の扉で手前につるつる滑る板をつけてあります。高さもじゅうぶん!

PT370001

 

 

まあるのために揃えたグッズもたくさんありました。キャリーは丈夫なタイプを選び、ごはんは常食のロイヤルカナンPHコントロールオルファクトリーです。

IMG_1190

 

 

 

ふふ。お姉さん、まあるの到着を待ちわびていたんです♡

IMG_1196

 

 

 

「キョロキョロ……ここぼくんちですか?」

IMG_1197

 

 

 

「探検してもいいの?」

IMG_1199

 

 

 

ウロウロ落ち着かないまある。じゃっかん場所見知りが起きたようです。

IMG_1213

 

 

 

でもまあ優等生のほうじゃないかな? 堂々として見えたもんね。

IMG_1221

 

 

 

まあるのご家族はお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん。知人の愛猫を7か月間預かった経験があり、その子を知人に返したあとさびしくてたまらなかったんだそうです。そりゃそうだよね。7か月も生活を共にしたら情がわかないほうが不思議ですもの。以後猫との暮らしを熱望し、里親サイトを見るようになったのがいきさつです。ママさんは懐の深い方なのでまあるにピッタリ!

 

 

まあるを丸ごとやさしく包み込んでくださるでしょう。

IMG_1220

 

 

家を徘徊していたまあるが突然トイレに入りました。

IMG_1218

 

 

おしっこ成功♪ みんなに褒められて得意げでしたよ。私も鼻が高かったです。

IMG_1219

 

 

お兄さん、お姉さんとパチ! なんと私のために手巻き寿司を用意してくださっていました。しかし私は時間がなかったので残念ながらいただけず……

IMG_1203

 

 

お茶とおだんごはしっかりお腹に入れましたけど(笑)。

IMG_1200

 

 

ごちそうさまでした。おいしかったです。

 

 

まあるは新境地で賑やかにやっていくでしょう。

IMG_1211

 

 

ご家族の大らかな雰囲気はまあるにとってベストではないでしょうか?

IMG_1216

 

 

お兄さん、目的地にたどり着けなかった私の車をさんざん捜しまわってくれたんです。

IMG_1214

 

 

どうもすみませんでした。私はお兄さんのママさんと同じ年ですが、ぜんぜんしっかりしていないのが露呈してしまいましたね。ちゃんとしなきゃ、と思います。

 

 

まあるにかかった医療費のほか車代やら大量のおみやげまで……

IMG_1222

 

 

猫砂超助かります。ゴディバのお菓子やおやきもペロリ。ありがとうございました。

 

 

見て! かわいいでしょ? 描いてくれたのはお姉さんかな?

IMG_3078

 

 

 

いるべきでない場所からいるべき場所への移動。それが保護譲渡活動です。

 

 

まあるの譲渡を通じて、私は多くを学び、善意の中でゴールをきれました。これからも微々たる歩みをつづけていきたいです。応援してくださった皆さまに感謝して!

 

 

以下がまある家から届いた画像です。日光浴で光合成中のまある王子

PT370001

 

 

すっかり馴染んだね。うれしい♥

PT370001

 

 

ケージもお好きとのこと

PT370001

 

 

まある家の皆さま、まあるを末永くよろしくお願いしますね。

 

 

よし。力を得たので次はまあるの親友ハットリの赤い糸探しをがんばります。

 

 

かつくん「Ⅹ270まある卒業おめでとう。キッチンで派手ないたずらをしたらしいね。まあるがなにをしても家族のみんなは大喜び。肯定される、認められる、許される、だからこそ委縮せずにのびのびと生きられる。ハハが毎日意識して取り組んでいることです。必要以上に怒らない、感情的に八つ当たりしない、存在をぜったいに否定しない。互いを尊重し合う。保護動物とそんな関係を築くのを703号室はめざしています。だからみーんな素晴らしい卒業生ばかりだよ」

1-3483

 

 

スポンサーリンク





残り香

ゴエママあつこさん、大量のマンゴーやおせんべいありがとうございました。

simaa (5)

 

 

このマンゴーは自分でもよく買います。おいしいんですよね。

 

 

さて、犬はこまめにしますが、猫のシャンプーはどこか気が引けます。

 

 

あまり洗わないほうがいい生き物だと思うからです。

 

 

しかし垂れ流し排泄のほほに限ってはそうも言っていられません。東大病院の菅原先生も「尿やけ」を防ぐためにも下半身のシャンプーをすすめてくれました。

 

 

どうせならいい香りを漂わせたい。

 

 

ということで先日お母さんは、犬猫用シャンプーを買いにいったのです。

simaa (1)

 

 

 

お風呂場まで抱っこして、お尻を中心にゴシゴシ洗い流す。

simaa (7)

 

 

 

終ったら腕の中でタオルドライ

simaa (6)

 

 

 

ほほはすごくおりこうにしていてくれます。

simaa (8)

 

 

 

最近マイブームのおててクロス座り

simaa (9)

 

 

 

思慮深いでしょ?

simaa (11)

 

 

 

生きているんですよ。立派ですね。

simaa (10)

 

 

 

夜、いっしょに寝るのが日課となりました。ほほをふわっと包むシャンプーの残り香を嗅ぎながらかわいくてかわいくて食べてしまいたい衝動に駆られます。

 

 

気がついたらいきなりほほの介護がはじまっていました。

 

 

べべ、ナナとつづき、次はほほのお世話を中心にする時が来たようです。

 

 

しっかりとほほを守っていきます。

 

 

息抜きもじゅうぶんにしていますよ。

simaa (4)

 

 

妹がよくつき合ってくれています。というか私が妹につき合っているのかな?

simaa (3)

 

年の離れた姉妹ですが、妹がいてくれて心強いですね。

simaa (2)

 

 

なにを手伝ってくれるわけじゃないけど、辛口ながらも常に私の味方でいてくれるのがありがたい。昨夜は「人を見る目を養いなさい」と諭されました(笑)。

 

 

性格のキツーいタイプです。

 

 

今日はつづけてもうひとつ更新します。

 

 

皆さまよいウィークエンドをお過ごしください。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





命綱

昨夜ふと気づくと、私の横にほほがいました。

 

 

這ってきたのかな?

 

 

ほんとうに驚きました。

 

 

近ごろは私が抱いて布団へ連れて行くのが日課になっていたんです。

 

 

本心はきっと迷惑だろうに、よくつき合ってくれているなと感心していた位です。きっとじょうずに動けないから、ほほは私の隣にいるんだと。

 

 

まさか自分からやってくるとはね……

IMG_1585

 

 

 

マッサージを施すと大音量のゴロゴロ♪

 

 

エアコンの風が当たりすぎないようにフワフワのタオルをかけました。

 

 

家族は私を必要としてくれる貴重な存在です。

 

 

家族はありのままの私を受け入れてくれます。

 

 

お母さんがスッピンでも等身大でも失敗ばかりでも。

 

 

家族は私の帰りを待ってくれます。

 

 

傷ついたとき、家族が私の味方です。

 

 

甘えているようで、実は甘やかせてくれる。

 

 

ときどき、日常の中で奇跡を見せてくれます。

 

 

名を呼ぶと振り向きます。

 

 

私がいなきゃ生きていくことができません。

 

 

そして私もまた、家族に生かされていると実感しています。

 

 

家族こそが私の命綱です。

 

 

愛を込めて、あなたに

IMG_1583

 

 

 

お母さんより

 

 

スポンサーリンク