かつくんの病院へ行きました1

私は時々、人間どもに対して、爆発的な憤りを覚えることがあります。私も人間なのにね。

お願いだから、もう、犬猫たちを捨てないでください。自分に都合のいい言い訳を羅列して、犬や猫を犠牲にしないでほしいのです。

この土手犬たちは、全員、捨て犬です。
クリックすると元のサイズで表示します

10年以上前に、土手に捨てられて以来、ホームレスのテントで暮らしています。ホームレスを差別するつもりはありませんが、実際は、ひどい場所です。Kさ ん、Iさんが全面的に支え、身銭を切って、食事や医療サポートをつづけています。もちろん、全頭不妊手術済みです。このホームレスは犬たちを里子に出すの を頑なに拒みました。なのに、このホームレスは、過去に何度も事件を起こしては、警察に逮捕拘留され、その度犬たちは、唯一頼れる人間すら失いました。ど うして強引にでも、犬たちを保護しなかったのか? そういう声もあるでしょう。でもそれを、なにもしていない人に言われる筋合いはありません。このホーム レスは、Kさんや、Iさんの自宅を知っています。もし勝手に犬を盗んだら、ホームレスは家の前から離れないでしょう。

「てめえら、俺の犬を返せ」

IさんもKさんも、女性です。役所に泣きついても、警察にお願いしても、誰ひとり動いてくれませんでした。だから見守るしか術がなかったのです。私には痛 いほど分かります。私も7年間、土手へ通いました。幸い、私が関わった子たちはすべて、里子に出すことができましたが、その途中で、多くの犬たちを失った のも事実です。

この夏は、土手犬たちにとって灼熱地獄だったでしょう。熱中症でバタバタ倒れ、次々病院へと運ばれました。過去には火事や水害に遭い、このテントの犬たちが命を落としています。これはなにかに対する罰なのでしょうか? だとしたら犬たちの罪はなんでしょう。

生まれちゃったのが、罪?

Kさんは毎朝、土手犬たちの薬を持って土手へ向かいます。ホームレスへのおにぎりや、お酒も欠かしません。ホームレスに対しては、正直、一寸の好意も持っ ていないKさんですが、ここに入るためには仕方ないのです。11年間、Kさんがこの子たちにつかった時間や労力、お金は数えきれません。何頭もの尊い命を 見送ってきました。その都度、胸がどれだけ痛んだか、どんなに悔しかったか、お心ある方なら分かりますよね?

生き残っている5頭のうち、1頭が大変な病におかされました。

脳腫瘍です。

名を「シロ」と言います。シロは現在、動物病院に入院しています。
クリックすると元のサイズで表示します

シロを土手には戻せません。立ち上がることすらこの子には難しいのです。だから、シロは余生を病院で送ることになるでしょう。ホームレスもシロのことだけ は諦めてくれたようです。シロのいる病院は、保護犬猫に優しい病院ですが、もちろん、無料ではないですよ。でも他に道があるでしょうか? この子に限ら ず、不遇な犬猫に出会う度、いつも感じていました。私たちの、選択肢の少なさを。

この子の一生を考えるとね、もう、どうしようもないほど心が苦しくなるんですよ。吐き気がするんですよ。シロちゃんから目をそらしてしまいたい。

口元に赦しの笑みを浮かべるシロ。
クリックすると元のサイズで表示します

シロはなんにも怒ってないの?
罪深い私たち人間に対して、憤りを感じない?
誰かの家族として生きたかったでしょう。
ごめんなさい。

でもシロは、体を持ち上げてあげれば、壁伝いに少し歩けるし、
クリックすると元のサイズで表示します

真の意味で犬猫を愛するemi-goちゃんをはじめとする病院スタッフに支えられ、息を吸ったり吐いたりしているんだもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

シロちゃんは生きている。
まだ生きている。

個人って「やれる」ことが少ないですね(苦笑)。
土手にはシロの仲間が、あと4頭残っています。
全員、老犬です。

次回は、土手に捨てられてしまった子猫たちを写真つきでお送りします。
大丈夫(笑)。怖くないから。

かつくん「シロちゃんの写真は、先週撮ったものです。emi-goちゃんの 病院はね、ぼく&コロちゃんがお世話になった病院でね、大巻先生の出身病院でもあるんだよ。高度医療が受けられるだけじゃなく、先生方やスタッフが素敵な のです。あ、ベベちゃんもこの病院で手術を受けたことがあるんだよ。その話はまたいつかね。次回はこの日会った、他の犬猫たちの写真を。すぐつづくよ、多 分。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

私は時々、人間どもに対して、爆発的な憤りを覚えることがあります。私も人間なのにね。

お願いだから、もう、犬猫たちを捨てないでください。自分に都合のいい言い訳を羅列して、犬や猫を犠牲にしないでほしいのです。

この土手犬たちは、全員、捨て犬です。
クリックすると元のサイズで表示します

10年以上前に、土手に捨てられて以来、ホームレスのテントで暮らしています。ホームレスを差別するつもりはありませんが、実際は、ひどい場所です。Kさ ん、Iさんが全面的に支え、身銭を切って、食事や医療サポートをつづけています。もちろん、全頭不妊手術済みです。このホームレスは犬たちを里子に出すの を頑なに拒みました。なのに、このホームレスは、過去に何度も事件を起こしては、警察に逮捕拘留され、その度犬たちは、唯一頼れる人間すら失いました。ど うして強引にでも、犬たちを保護しなかったのか? そういう声もあるでしょう。でもそれを、なにもしていない人に言われる筋合いはありません。このホーム レスは、Kさんや、Iさんの自宅を知っています。もし勝手に犬を盗んだら、ホームレスは家の前から離れないでしょう。

「てめえら、俺の犬を返せ」

IさんもKさんも、女性です。役所に泣きついても、警察にお願いしても、誰ひとり動いてくれませんでした。だから見守るしか術がなかったのです。私には痛 いほど分かります。私も7年間、土手へ通いました。幸い、私が関わった子たちはすべて、里子に出すことができましたが、その途中で、多くの犬たちを失った のも事実です。

この夏は、土手犬たちにとって灼熱地獄だったでしょう。熱中症でバタバタ倒れ、次々病院へと運ばれました。過去には火事や水害に遭い、このテントの犬たちが命を落としています。これはなにかに対する罰なのでしょうか? だとしたら犬たちの罪はなんでしょう。

生まれちゃったのが、罪?

Kさんは毎朝、土手犬たちの薬を持って土手へ向かいます。ホームレスへのおにぎりや、お酒も欠かしません。ホームレスに対しては、正直、一寸の好意も持っ ていないKさんですが、ここに入るためには仕方ないのです。11年間、Kさんがこの子たちにつかった時間や労力、お金は数えきれません。何頭もの尊い命を 見送ってきました。その都度、胸がどれだけ痛んだか、どんなに悔しかったか、お心ある方なら分かりますよね?

生き残っている5頭のうち、1頭が大変な病におかされました。

脳腫瘍です。

名を「シロ」と言います。シロは現在、動物病院に入院しています。
クリックすると元のサイズで表示します

シロを土手には戻せません。立ち上がることすらこの子には難しいのです。だから、シロは余生を病院で送ることになるでしょう。ホームレスもシロのことだけ は諦めてくれたようです。シロのいる病院は、保護犬猫に優しい病院ですが、もちろん、無料ではないですよ。でも他に道があるでしょうか? この子に限ら ず、不遇な犬猫に出会う度、いつも感じていました。私たちの、選択肢の少なさを。

この子の一生を考えるとね、もう、どうしようもないほど心が苦しくなるんですよ。吐き気がするんですよ。シロちゃんから目をそらしてしまいたい。

口元に赦しの笑みを浮かべるシロ。
クリックすると元のサイズで表示します

シロはなんにも怒ってないの?
罪深い私たち人間に対して、憤りを感じない?
誰かの家族として生きたかったでしょう。
ごめんなさい。

でもシロは、体を持ち上げてあげれば、壁伝いに少し歩けるし、
クリックすると元のサイズで表示します

真の意味で犬猫を愛するemi-goちゃんをはじめとする病院スタッフに支えられ、息を吸ったり吐いたりしているんだもんね。
クリックすると元のサイズで表示します

シロちゃんは生きている。
まだ生きている。

個人って「やれる」ことが少ないですね(苦笑)。
土手にはシロの仲間が、あと4頭残っています。
全員、老犬です。

次回は、土手に捨てられてしまった子猫たちを写真つきでお送りします。
大丈夫(笑)。怖くないから。

かつくん「シロちゃんの写真は、先週撮ったものです。emi-goちゃんの 病院はね、ぼく&コロちゃんがお世話になった病院でね、大巻先生の出身病院でもあるんだよ。高度医療が受けられるだけじゃなく、先生方やスタッフが素敵な のです。あ、ベベちゃんもこの病院で手術を受けたことがあるんだよ。その話はまたいつかね。次回はこの日会った、他の犬猫たちの写真を。すぐつづくよ、多 分。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

スポンサーリンク





拝啓 卒業生たち

今日はべべ&ラオを連れてMOMOペットクリニックへ。

まずは我が愛娘べべ。診察を喜んでいるような表情にみえますが、震えているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

1年半ぶりに5種混合ワクチンを打ちました。1年に1回じゃないの? いえいえ。昔は私もそう思って、毎年欠かさずに打っていたのですが、ワクチンって強 いんですよ。だからできれば打ちたくないくらいなんです。ベベは病気を抱えているしね。でも、パルボ等が怖いので、迷った挙句打つことに。あ、ちなみに怖 い怖いと言いながらも、私はちゃんと打っている方ですよ(笑)。保護活動をつづけていくにはそれしかないし。先生といろいろ相談しながらやっているのでご 心配なく!

お次はラオ坊。イヤそうな顔をしていますね(笑)。これ、耳掃除している最中なんです。
クリックすると元のサイズで表示します

ラオは耳を隠して掃除ボイコットの作戦に出ました。このラオ、死ぬほどかわいくないですか?
クリックすると元のサイズで表示します

検便の結果、コクシジウムが落ちたラオ坊は、本日無事に一度目のワクチンを終えました♪ 念のため来週もう一回検便します。お問い合わせがないまま、2キ ロを超えてしまったラオ坊。条虫症だったせいで、募集がいったんストップになったしね。子猫としては長くうちにいる方ですが、不思議とイヤな焦りを感じま せん。ラオがすくすく育ってくれていることに感謝です。でも、なるべく早く新しい家庭に送り出したいので、ラオがお心ある方の目に留まってくれることを 祈っています。

ラオの診察をのぞき見るべべ子。
クリックすると元のサイズで表示します

もうすぐ帰れるから、ちょっと待ってな。

病院から帰ってきてから、ずっと持病の頭痛が止まらず、バファリン飲んで横になっても悪くなる一方で、今日は更新をやめようと思ったのですが、ネタも溜まっているし(汗)、卒業犬らんの写真を皆さまにみてもらいたくて、書くことに^^

先週末、旅行の帰りに我が家に寄ってくださったらんファミリー!
クリックすると元のサイズで表示します

あがっていただきたかったけれど、あり得ないくらい部屋が散らかっていたので、マンションの下で少しお話することに。今度はぜひあがってくださいね。前もって教えてくれたら部屋の掃除をがんばっちゃいますから♪
クリックすると元のサイズで表示します

おみやげ、たっくさーんもらっちゃいましたよ! ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

記念にパチリ!
クリックすると元のサイズで表示します

らんはこのご家族にとって、2代目の犬。1代目の犬も703号室の卒業生でした。古い記事を読んでいる方は知っていますよね。そう、幸多の里親さんです。

幸多はさまざまな病と闘いぬいて、この世を去りました。ご家族にとっても、私たち夫婦にとっても、生涯、忘れられぬ存在です。幸多の、あの笑顔がすごかっ た。幸多を失ったご家族は、きっと、心に大きな痛みを抱えたことでしょう。その痛みを愛情へ変換し、今度はらんを育てています。偉大な里親さんです。

らん、幸せになってよかったね。シェルターの皆さまも喜んでくれるかな?
クリックすると元のサイズで表示します

強陽性だったフィラリアも陰転したんだよね。よかったよかった!

703号室には、たくさんの犬猫たちがやってきました。今も相変わらずです。個人でなにからなにまでこなさなければならない私は、いつもいっぱいいっぱい で、行き届かない部分が多いでしょう。保護活動をはじめたばかりの頃は、卒業生たちにちょくちょくお手紙を書いたり、プレゼントを送ったりする余裕があっ たけれど、今はそれも難しい。

でもね、私の思いは、あの頃となにひとつ変わっていません。
常にうちのお子たちや、卒業生たち、これから出会う子たちしか考えられないのです。生涯、この生き方を変えることはできないでしょう。次から次へ、私はバ トンを繋いで、走るんだと思うのです。卒業生たちの中には、長年私が関わってきた子もいるし、ありがたいことに、健康で手もかからず、あっという間に新た な出会いを果たして巣立った子もいます。その両方が愛しいし、かわいい子とかわいくない子が存在するはずはありません。毎日毎日、胸が苦しくなるほど、卒 業生の健康と安全と長生きを祈っています。数が増えても、昔の卒業生を忘れたりしません。

ここは、どの子にとっても誇れる実家でありたい。

うちの里親さんがた、703号室の卒業生を大切にしてくれてありがとうございます。そしてこれからも、うちから巣立った子たちを胸に抱いて、実りある日々をお送りください。皆さまと出会えたことは、私の財産です。チャオ!

かつくん「家族は買わなくても出会えます。らんちゃんの写真をみてそう思った人、多いんじゃないかな? ラオにもいい家族ができるといいね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク





703号室から今日もありがとうを!

ラオの家族募集がはじまりましたが、肝心のアピールに欠けていますね。ここ最近、すっかり病弱 なイメージがついてしまったラオ坊。払しょくしなきゃっ。ラオはおなかに虫がいすぎて、それを駆虫薬でどんどんやっつけていたから、今までそれなりに保っ ていた腸内バランスが崩れてしまい、結果、食欲不振に繋がったと思われます。回虫、条虫、コクシのフルコースでしたから(泣)。環境の悪いお外にいたんだ から、虫がおなかにいても不思議はないですものね。でももう大丈夫。現在もまだコクシを落としていますが、うんちは健康そのもので、食欲もすごく、「おか わり要求者」です。

ラオはちょっとシャイだけど、
クリックすると元のサイズで表示します

猫が大好きな男の子です。上手にごあいさつします(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

人間に対してツンデレだと思っていたのですが、今日は全裸の私に抱かれて、ゴロゴロ喉をならしてくれました。「全裸の私」って、ちょっとキモかったですね、表現が。

シャワーを浴びる前に、ラオのいる保護部屋に入ったら、ラオがあんまりにもまんまるのきれいな目で私をガン見見つめてくれたから嬉しくてつい、抱きしめてしまったのです。ラオ坊、かわいいな
クリックすると元のサイズで表示します

まだ駆虫中だけど、ラオの月齢で、ずっとひとりは精神衛生上よくないので、時たまあまたん&ほほに会わせています。おもちゃをひっぱりだしての大運動会は、あまたんのダイエットにもなるしね^^
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと前の写真ですが、メロンを枕にしているラオ。
クリックすると元のサイズで表示します

※大切な卒業生メロンが足だけの登場になっちゃいました^^; メロンのお顔は、里親さんえだまめ子さんのブログでご確認ください(笑)。

メロンがいた頃は楽しかったね。メロン、すっごーく優しい子だから、甘え放題だったよね。せめて私がそばにいたいんだけど、うち、チチが出稼ぎ中だから、 あまり構ってやれないんです。かわいそうに。せめて早くいい家族にバトンタッチできるよう、がんばらないとね。お問い合わせプリーズ

偉大なる散らかし大王、チチのいない我が家。お子たちは淋しがっていますが、掃除、洗濯、炊事に気をとられることなくのびのびできる一面も(笑)。

昼間、ナナにファーミネーターをかけました。

気持ちよさそうにするくせに、いつも「かんにんしてー」のポーズをとるナナちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します

あま山は順番待ちしています。
クリックすると元のサイズで表示します

この時間が好きなのよね、あまたんは♪ きれいきれいしよう
クリックすると元のサイズで表示します

仕上げはリル。チチが長期不在のため、リルはいつも泣きそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

大失敗だったのは、掃除機をかけた後にファーミネーターをやってしまったこと。
クリックすると元のサイズで表示します

もう一度ダイソン選手が登場したのは言うまでもありません(涙)。

二度目の掃除を終えてから、ナナを洗いました。ドライヤーを持って追いかける私から逃げ惑うナナ。
クリックすると元のサイズで表示します

ナナを乾かしてから、自分もシャワーを浴びました。その際、着替えを保護部屋に取りに行った全裸の私は、ラオを見つけ、抱きしめてしまったのです。ベベもナナもリルも、ほほもあまたもラオも、全員あったかい

我が家は今日も幸せでした。ありがとう。

★★★ありがとう★★★

メロンのイラストにマカロンが描かれていましたよね。マカロンに対する想いと、マカロンの価格への抗議を書いたら、なんとMWさまが、マカロンを送ってくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

色とりどりのマカロンが、こんなに大量です。全部食べました!!
クリックすると元のサイズで表示します

マカロン天国に浸って、マカロン地獄に溺れて……。

私という人間は、なんて贅沢な生き物だろう。MWさまどうもありがとうございました。

かつくん「チチ、土日も四国だって。みんなの写真が見たいっていうから、アップしようと思っていたネタをやめ、みんなの写真を載せたんだって。チチ、見てる? ほほの写真だけなかったね。ほほも元気だよー。今珍しく、ハハの横にいる。

ハハからチチへのお願い⇒“サボリーマン金玉郎”ってHNでコメントを送ってくるのをやめて!

ぼくもやめてほしい。頭が悪そうだもん。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク





ふくちゃんのこととベッドのゆくえ

今日からラオの家族募集を再開するので、ラオ特集といきたいところですが、まだ卒業猫あかねの家族紹介が終わっていないため、そちらを優先します^^;

ラオに会いに来てくださった方に申し訳ないので、一枚載せておきますね。かわいいでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

ラオ坊、片耳が折れている写真ばかりですが、実際は普通ですからね(笑)。耳はでかいけど。

めっちゃくちゃ美猫、もろ私のタイプのはちわれ猫あかねは、「ふく」ちゃんという新たなお名前をいただき、茨城県に巣立っていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ふくちゃんの家族になってくださったのは、猫が大好きなやさしーいご夫婦。ご主人さまは、料理店を経営されています。写真がいまいちですが、大きくてあたたかなイメージのお店です。
クリックすると元のサイズで表示します

http://www.endo-mame.com/ 「えんどうまめ」

お近くにお寄りの際は、ぜひ、お店に行ってみてくださいねー! まあ、ふくちゃんはお家の方で暮らしているので、ふくちゃんには会えませんが^^;

お見合いは私とKさんだけでしたが、お届けは一時預かりを担当してくださったFさんも一緒でした。今回もパチパチ撮った割にはいい写真がないのですが(泣)、Fさんに抱っこされているふくちゃんです。

「おせわになりまちた」
クリックすると元のサイズで表示します

ご夫婦になでられるふくちゃん。本当、ふくちゃんを待ち望んでいた様子がよーく伝わってきます!
クリックすると元のサイズで表示します

早速おもちゃで遊びを開始?
クリックすると元のサイズで表示します

「ここ、あたちのおへや?」
クリックすると元のサイズで表示します

広い和室も気持ちがいいよね。でも、ちがうよー。
ふくちゃんのお部屋はね、2Fに用意されているの。もちろん、少しずつ行動範囲が広がるんだけど、まずはふくちゃんの安全を考え、2Fのお部屋をつかって ほしいんだって。1Fはこれから、ふくちゃんに合わせ、いろいろ必要なものを揃えたり、片づけたりするそうなので、もうちょっとしてからね。

光溢れる玄関をパチリ。今回のお宅も吹き抜けていました。いいなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

ふくちゃんのお部屋に通される前に、こんな嬉しい発見が!
クリックすると元のサイズで表示します

お見合い時にはなかった柵ですが、ご主人がふくちゃんの脱走防止に設置してくれました。

2Fにはいくつかお部屋があるのですが、ふくちゃんはまずここで過ごすことになります。
クリックすると元のサイズで表示します

ご主人専用ルームに建てられた、ふくちゃんの城↓ 預かりのFさんも感動していましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

手づくりがいっぱい。ふくちゃんハウスは、夢がいっぱい♪
クリックすると元のサイズで表示します

ビスやねじのひとつひとつ、ステップに丁寧にはられた布に、ご夫婦の愛情を感じずにはいられません。ご夫婦は大らかで、責任感が強く、また、私たちへの心配りをたくさんしてくれました。ご主人がお見合い時に作ってくれたあんみつ、おいしかったです。

はじめましてのご挨拶のあと、ご主人が気にしてくれたのは、私とKさんの空腹度合い。

「おなか、すいてますか?」

その一言にジーンとしました。ふくちゃん、幸せになりますね 10件近いお問い合わせをいただいたふくちゃん。堂々の卒業です! 気にかけてくださった皆さま、どうもありがとうございました。ペコリ。

先に新たな生活を送っているしずくちゃんも、ふくちゃんも、良縁に恵まれて嬉しいです。

★★★703号室プレゼント企画ベッドの行方★★★

ひとつ目は、ぴんぽんさんへ! ぴんぽんさんのところのセサミは、姉ちゃん&703 号室の卒業生です! 虐待されている現場から救出されたセサミが一命を取り留めたのは、奇跡以外にありえません。小学生に自転車で何度も轢かれた上、池に 落とされたセサミは、肺が潰れていたんですから……。姉ちゃんの献身的なケアと病院の迅速な対応。素晴らしかったです。ICUから見事復活してくれた小さ なセサミ。セサミが助かったと知った時は、涙が止まりませんでした。

セサミ、あれから3年かー! ベッドつかってね。
クリックすると元のサイズで表示します

ぴんぽんさんの友人が保護し、ぴんぽんさんの家族として新たに加わった末娘いぶきが、ふてぶてしいお顔で寝ていますね。カワユス♡ この他にも長女キロロちゃんがいますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

ふたつ目のベッドは、703号室を読んでくださっているnamnekoさんのお家へ。4匹の元保護猫&ダックスちゃんがいるそうです! もかちゃん(さびさん)&ももちゃん(長毛さん)が早速寝心地を確かめてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します

どうですか? なかなかいいでしょ?

「うん、最高!」
クリックすると元のサイズで表示します

猫ちゃんたちの中で、一番気に入ってくれたのは、さくちゃんだそうです。ゆずちゃん、お写真を載せられなくてごめんね。冬には4だんごかな?(笑)

かつくん「Ⅹ156ふくちゃん、おめでとう。ふくちゃんの城、すごいね。幸せになってね。ベッドの当選者のお二人、お写真ありがとうございました。ハハは 昨夜から一睡もせず、今日は朝から車を運転して、遠くまで通院だったため、意識が朦朧としているらしく、頭がはたらきません。アブナイよね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

703号室かつくん

スポンサーリンク