可愛い猫たちのルーツ

韓流団子
クリックすると元のサイズで表示します

ああ。疲れた。

今日は朝からなにも食べてません。すっごく忙しい一日でした。更新するエネルギーが残っていないんだけど、今書かないと明日もサボってしまいそうで^^; 明日は朝が早いので、すべての行動を繰り上げて、今夜は早寝します。

昨日は、卒業犬リュウがお泊りにきました。つよさん&まゆさんが一泊旅行なので、私が預かることに♪ 別れ際、つよさんまゆさんの車を追いかけて切なそうに鳴いていたので、不憫に感じたのですが、703号室に入った途端、この笑顔^^
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼく、おりこうにおるすばんするですよ」
クリックすると元のサイズで表示します

リュウのしゃべり方ってこんな感じよね? 違うかな? まゆさんのブログで確かめてみてくださいね。

体の大きなリュウにほほがビビらないよう、寝室に一時避難させました。
クリックすると元のサイズで表示します

2年半ぶりの我が家。リュウはそれなりにくつろいでくれました。

私と一緒にお昼寝してくれたよね。
クリックすると元のサイズで表示します

グチャグチャの布団は無視で。
リュウはずっと私の横で寝てくれたんですよ。もう、大好きっ!

足もとでもウトウト。
クリックすると元のサイズで表示します

猫の件で我が家にきてくれたKさんも久々の再会を喜んでいました♪
クリックすると元のサイズで表示します

Kさんにはリュウが土手にいた頃からお世話になっていたから、リュウもちゃんと覚えていて、すごく嬉しそうだったんです。Kさんにしっぽを振って、チュウしていました♪

今日の昼間の一枚。ほほとも距離が縮んでますね。
クリックすると元のサイズで表示します

リュウは優しいから、ほほも安心したんでしょう。でもリュウ、ともちゃんには唸っていました(笑)。
後輩だってことが分かるのかな? 不思議……。

ほほといえば^^

まゆさんからいろんなものをいただいてしまったのですが、今日はちょっとだけ紹介しますね。

コンランショップで買ってくださったプレゼント↓
クリックすると元のサイズで表示します

中身は素敵なティカップ
クリックすると元のサイズで表示します

ちょこんとついている黒猫キーフォルダーに注目してください。

ななななんとっ!

アンテナがあるではないですかっ!

そのアンテナを押すと、黒猫の目がピカーと光って「にゃおう♪」と鳴くんです。
クリックすると元のサイズで表示します

本当にかわいい。ほほみたい。大切にします。まゆさんありがとうございます!

リュウが泊まりに来てくれて超嬉しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

リュウはね、ナナより前に出会った犬なんですよ。ベベの次に歴史が古いの。私とは太い縁で結ばれた犬。運命の子なのです。世界中で一番イケてるのはジャックラッセルテリアだと思っていた私に、「それはちがうよ」と教えてくれたコロコロの子犬。

犬や猫を買うことは、ばかばかしいことだって、種類とか、そんなの全然関係ないんだって、どんな血が入った犬も猫も、どんな場所で生まれた犬も猫も、みんなおんなじだって。

そしてリュウは、たび重なる不運にも、絶対に折れない犬でした。

生きるんだ。

ぼくは生きるんだ。

今日を、今のこの瞬間を、誰よりも貪欲に、ぼくはちゃんと生きるんだ。

ちゃんと生きるって意外と難しいのに、リュウは人間である私なんかよりも、何倍も真摯に実践していた。その姿に惚れこんで、私はリュウと同じ生き方を選びました。リュウに導かれたのです。

今、書きながら、私は、溢れてくる涙を抑えることができません。いろんな感情がわき起こってきます。

リュウ、ここに書ききれないくらい、いろいろあったけど、諦めないって、いいことだよね。
クリックすると元のサイズで表示します

久々にリュウとふたりでお散歩できたし、リュウを抱いて眠ることができて幸せだったよ。またいつでもおいで。心から、リュウを待ってる。

☆☆☆速報☆☆☆

白猫、苦労の末捕獲しました。
クリックすると元のサイズで表示します

お騒がせしました。大変でした(涙)。白猫の今後についてはよく観察してから決めます。威嚇がすごすぎるので、もしかするとリリースになるかもしれません。とにかく今は、最善を尽くし、できる医療ケアをすべて済ませます。

かつくん「リュウくんはぼくよりもっと前にハハに出会ったんだよ。リュウくんがハハを変えてしまったの。ハハの考え方を。ハハの人生を。リュウくんに出会う前のハハは、出会った後のハハと、まったくの別人です。

今日、お迎えに来たつよさんまゆさんと共に、ハハは土手へ行きました。リュウくんが道案内してくれたんだよ。つよさんまゆさんと土手を歩くリュウくんは、これ以上ないほどイキイキして、誇らしげだった。土手で暮らしていた時よりも、ずっと。

自分の歩んできた道を、愛する人に見せたかったんだと思う。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

スポンサーリンク