鉄板の庇護

今夜はなんだか無性に清らかなものを吸いたくなりました。

 

 

 

外出先から戻ったあと、お子たちの顔を見渡す。みんなにチューして引かれる。

 

 

 

保護猫サクとセスにごあいさつ。ふたりとも目がキラキラしていてかわいい。

 

 

 

そしてiPhoneに入っている実葉の写真をむさぼる

up (2)

 

 

 

 

おやつをほうばる実葉の写真にクスッと笑えて、心が少しだけ軽くなりました。

up (3)

 

 

 

「透明感」と「存在感」、実葉は両方を併せ持つ不思議な女の子です。

up

 

 

 

「てへっ」

up (4)

 

 

 

「タナベさん 考えすぎると老けますよ」

up (10)

 

 

 

「シワ増えたの知っています でもみなさんにはナイショにしておきますね」

up (9)

 

 

 

「神さま どうかおねがいします」

up (6)

 

 

 

「明日がいい日でありますように」

up (8)

 

 

 

「いつもより多くおやつがもらえますように」

up (7)

 

 

“家族”という鉄板の庇護のもと、のんきに暮らせる犬猫たちが増えますように。

 

 

 

GOOD NIGHT!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク





運び屋

本日は台湾ネタをいったんお休みし、保護猫たちに前面に出てきてもらうことにします。

 

 

師走になり、皆さま同様私も忙しなく過ごしています。台湾話を楽しみにしてくださる方がいるのかは不明ですが、日々の更新の合間にちょこちょこ書けたらいいなあと思っています^^

 

 

 

まずは703号室の一押し! 満天(男子)

3bibibiatoe-12

 

 

 

アピール写真が揃い次第、家族募集をはじめます。今の段階で満天が気になるという奇特な方がいましたらどうぞお問い合わせください。大歓迎です。

3bibibiatoe-24

 

 

 

次は実葉。近況は? との声が聞こえてきそうですが、元気にしています。

3bibibiatoe-14

 

 

 

実葉が宙ぶらりんな状態なのは、まだ静養と経過観察が必要だからです。なにせひどい骨折とケガを負ったので、もとに戻るまでには時間がかかります。

 

 

先日実葉に会いに行った日の様子は改めてUPしますね。かわいくてたまりませんでした。

3bibibiatoe-22

 

 

 

実葉ももちろんいずれ家族募集をします。実葉を忘れないでやってください。

 

 

 

そして実葉を保護したFさんからの依頼で、私は2匹のメスの外猫のTNR費用を負担する約束をFさんにしていました。覚えている方も多いのではないでしょうか?

 

 

実葉の大手術が終わった日、同じ病院でひっそりと不妊手術を終えていた1匹目の外猫(近所ではさくらと呼ばれていました)に会ってしまい、私は外に放すことが正しいのかわからなくなってしまったのです。実葉となにも変わらない「猫」だったから。

 

 

その日の記事はこちら↓ にあります。ぜひ読んでほしいです。

 

 

「実葉の手術、その後、そしてベールのきみ/幸せの703号室」

 

 

 

以後数回、703号室ブログにも登場している「洗濯ネットガールさくら」。折に触れFさんのお宅に様子を見に行きましたが、このたびマイ太郎さんのお宅へ移動することになったのです。

 

 

理由はマイねーの親切な申し入れと、1か月半を経て2匹目が無事に保護されたため。

 

 

 

この子が2匹目。仮名を「花枝(かえ)」にしました。現在Fさんちにステイしています。

3bibibiatoe-19

 

 

 

花枝はさんざんな猫生で、加えて今、体調がよくありません。まだ不妊手術を受けられずにいます。通院をしながらFさんちで1~2週間休ませてもらい、不妊手術の日にちを相談します。

3bibibiatoe-21

 

 

 

手と骨盤を折られ、FIVキャリアで腎臓がひとつしかない実葉。リリースをしないと決めた洗濯ネットのさくら。2匹の猫の安全保障をするなら3匹目の花枝も当然やるしかない。3匹は連なった話ですし、第一、自分の選択や決意に私は後悔したくありません。

 

 

マイ太郎さんがさくらの家族募集を引き受けてくださるおかげで、私は花枝に取り組めます。満天(まんてん)、実葉(みは)、花枝(かえ)は私が譲渡責任者としてご縁を探していく所存です。

 

 

花枝は近々Fさんのお宅より703号室に移動してきますので皆さまお見知りおきください。

3bibibiatoe-5

 

 

 

時間がかかったけど、無事に花枝を保護できてよかった。Fさんお疲れさまでした~!

3bibibiatoe-11

 

 

 

さあ、ベールのきみ、マイ太郎さんちに向かいましょう。

3bibibiatoe-15

 

 

 

さくらは仮名が「つぼみ」に変わります。

3bibibiatoe-7

 

 

 

わかりづらくてごめんなさい。

 

 

実葉、つぼみ、花枝の美女トリオ。名前はなんとなくおそろいの雰囲気が出ていますよね。

 

 

①実葉(マイママさんちにステイ)

 

②さくら→つぼみ(マイ太郎さんの保護猫としてマイ太郎さん宅へ移動)

 

③花枝(703号室に移動予定)

 

なあんばいです。

 

 

 

運び屋がつぼみ嬢を未来に近い場所にお連れします。

3bibibiatoe-6

 

 

 

さあ、もう1回洗濯ネットに入ってもらいますね。

3bibibiatoe-2

 

 

 

 

40分のドライブを終え、目的地に到着!

3bibibiatoe

 

 

 

つぼみ嬢はまんまるのおめめで驚いています。

3bibibiatoe-8

 

 

 

すでにホカペがぽかぽかになっていた床とケージ

3bibibiatoe-20

 

 

 

保護部屋には隠れ家も(笑)。

3bibibiatoe-17

 

 

 

マイ兄に気づかれてしまいました。

3bibibiatoe-10

 

 

 

保護部屋は二重扉になっており、スケルトンの扉と目隠しの扉があります。やるう!

3bibibiatoe-18

 

 

 

つぼみさん、Fさんちもよかったけどここもいいでしょ?

3bibibiatoe-23

 

 

 

つぼみさんはもう一生外に出なくていいや。わかった?

3bibibiatoe-4

 

 

 

マイ兄

3bibibiatoe-3

 

 

 

はっちゃん

3bibibiatoe-9

 

 

 

 

あたらしいお友だちをよろしくね。

 

 

 

夜遅くにおじゃましたのに、夕食までごちになりました。めんぼくない。

3bibibiatoe-16

 

 

 

きりたんぽ、おいしかった。運び屋は満腹です。

 
いろんな子が出てきて皆さまを混乱させてしまわないか不安ですが、満天、実葉、つぼみ(マイ太郎家)、花枝の4名の家族募集をしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





あなたたちとのんびり

本日は家事20%。ほとんどなんもしませんでした。床にべべが派手に吐いたあとがあるんですが、放置している間に自然に乾いたし、マットを洗うのは明日以降にします。

 

 

そのかわり「お母さん」としては高得点だったのかなと自負しています。

 

 

お子たちのツイートが多くてすみません。

 

 

かわいい顔を見る→パシャッとiPhoneで撮ってしまう→ついツイートしてしまう

 

 

その辺によくいるただの親バカです。あ、卒業生ネタも溜まっているからそっちも出さないと。

 

 

ジョイを保護したピチコさんよりたくさんのプレゼントが届きました。

watasi (8)

 

 

ピチコさんありがとうございました。ジョイはこの通りです^^

watasi (9)

 

 

 

フリータイムは1日5時間強かな? それ以外はケージでおとなしく過ごしています。

watasi (10)

 

 

 

さぶ兄、ほほ兄、あま兄命のジョイ。ついでに私のことも結構好きみたい。

watasi (11)

 

 

 

私もジョイが大好きだから相思相愛ね! ジョイは今月中に家族募集をスタートします。

 

 

 

保護猫サラダあらため大吉とも濃厚な午後を♪ (大吉食欲80%程度)

watasi (2)

 

 

 

大吉は脇の下フェチだと判明しました。私の脇の下に顔をうずめて喜んでいます(汗)。

 

 

手を繋ぐのもクセみたい。なんでこれほど甘ったれなんでしょうか? 不思議です。

 

 

 

お子らとベッタリしながらおやつを食べまくりの私。にゃん太さんからいただいたササカマ~!

watasi (12)

 

 

 

にゃん太さんありがとうございました。お手紙を読んでウルウル。お返事投函済みです。

 

 

 

成毛厚子さんからは犬用腎臓フードが届きました。

watasi (13)

 

 

成毛さんありがとうございました。ペコリ。ナナにつかわせていただきます。

 

 

 

そうそう! 昨日撮ったのですが、載せたい写真があるのでご覧ください。

watasi

 

 

 

大吉のお茶会を終え、リビングの万年床でダラダラ寝ながらツイートしていたときのこと。

 

 

ふと食卓を振り返った私は、目が点になりました。

watasi (3)

 

 

 

ほほ、なにしてんの?

watasi (4)

 

 

 

最近のほほはやたら活発で、いろんなことにチャレンジします。しかしまさか昔のようにこの高さにのぼれるとは夢にも思いませんでした。

watasi (6)

 

 

 

もちろん、ひとっ飛びではないでしょう。椅子が引いてある状態だったので椅子を踏み台につかったのはわかりきっています。にしても、驚きました。すごいなあ・・・・・・。

watasi (5)

 

 

 

でものんきに写真を自慢している場合ではなく、危ないので椅子をぜんぶ中にしまうことに。

 

 

チチにも状況を話したら「え、危ないじゃん。椅子気をつけないとね」って。

 

 

のぼるのはいいですが、ほほの場合、落下が極めて危険です。頭からおちたら脳しんとうで発作を起こす可能性が高いからです。

 

 

 

記念に数枚パチパチしたのち、即地面に降りてもらいました。ほほごめんね。ほほの武勇伝はちゃんと皆さまにお伝えしたからね。

watasi (7)

 

 

 

ほほはどうやら保護猫海子にいいところを見せたいようなのです(笑)。

watasi (15)

 

 

 

「おかーさー いっちゃ だめでち」

watasi (16)

 

 

 

へへ、言っちゃった。ほほは海子が気になるのよね。海子きれいだもんね。

 

 

 

「そういうことか」          「あら ハハ なんのこと?」

watasi (24)

 

 

 

海子も毎晩リビングに連れてきています。コミュニケーションはたいせつですもの。

 

 

 

うちは明日べべ公と海子の通院です。今宵はチチが飲み会で不在のため私はおひとりさま分の節約ディナーを作って食べました。原価数百円でまあまあのボリューム。満足~♪

watasi (14)

 

 

 

正直、闘病率が高い我が家でも今ダントツに心配なのはべべ公です。

watasi (17)

 

 

 

ごはんをあまり食べなくなってきました。日に日に縮んでいきます。

watasi (18)

 

 

 

べべの投薬や食事は至難で、かなり時間がかかります。

watasi (19)

 

 

 

だけどべべ公がいなくなるのは困るので、「たいへんさ」込みで楽しんでいきたいです。

watasi (20)

 

 

 

べべと暮らした15年半を振り返ると、私がほかの犬猫たちに心を寄せた回数は数えきれません。現に703号室にはべべ以外のお子が大勢います。べべはさびしかったはずです。

watasi (22)

 

 

 

でも、わかってくれていると思う。この地上でべべは私にとって最愛の存在だということを。

watasi (23)

 

 

 

若くから闘病していることを考えると、じゅうぶんすぎるほど長生きしてくれているべべですが、できたらお母さんのわがままにもうしばらくおつき合いください。

 

 

私はほぼ完全に復活しているのですが、なぜか咳が残ってしまいゴホゴホと苦しいです。病院で処方されている気管支拡張剤パッチが手放せない感じ。

watasi (21)

 

 

 

病病介護にならないよう気をつけないといけませんね。

 

 

寒暖差ひどい時期ですので皆さまもご自愛くださいね。明日もいい一日を!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





子犬になったきみ 朝日に出向くきみ

土手から保護したときに一生分の怒りを爆発させたナナ

時効だから告白しますが、土手にいた頃も我が家にやってきた最初の頃も

ナナには制御不能のキレやすさがありました。

けれど、「家族」と「安らぎ」を知り膿を出し切ったナナは

性格を完全に入れ替えたのです。

 

若いときはいっさいのわがままを言わず

キッチンにも一度も入ったことのないナナ

寝る際も控えめで体が触れると私の邪魔にならぬようほかの場所にそっと移動していたナナ

 

年を取り完全にキャラクターが変わりました。

キッチンに侵入しまくり

ドスンと私の上に乗っかかり体重をかける。重い。なかなかどかない。

imautiha (2)

 

 

朝も晩も早く散歩へ連れて行けと吠えまくる。

 

しかしだからこそ余計にかわいい。

いい子のナナも好きだったけど、いい子を卒業したナナはもっと好きです。

 

いっしょには暮らしていなかったけど、私はナナの子犬時代を知っています。

7頭きょうだいの中でいちばん警戒心が強く、いつ会っても萎縮していました。

 

子犬らしい時期を過ごせず、長い虐待を生き延び、我が家に来てくれました。

そのナナが14歳で子犬にかえったのです。

いや、子犬にかえったのではなく、はじめて子犬になったのだと思います。

 

ナナには今、軽く認知症の兆候が見られます。

けれど私は、ナナを哀れな老犬としてみていません。

 

 

改めて見渡すと、我が家にはたくさんの悲しみが転がっています。

 

 

べべの曲がった背骨が悲しい。浮き出た肋骨が悲しい。

散歩に行ってもあまり歩けないのが悲しい。

 

 

あまたの咳が悲しい。食いしん坊だったのに食べると口を痛がるのが悲しい。

 

さぶが点滴の際に泣くのが悲しい。さぶの首に針を刺すのが悲しい。

 

 

ころんでばかりのほほが、薬をむせるほほが。

排泄ごときの自然現象にもいちいち歯を食いしばる姿が悲しい。

imautiha (11)

 

 

食事中の方、不快になった方はほんとうにごめんなさい】

 

 

みんなの老いも病も代わってやれない自分が悲しい。

imautiha (3)

 

 

いつまでこの家族形態でいられるのか・・・・・・。

 

あまりにも失いたくなくて、ついまともに考えるのを放棄したくなる。

 

恐ろしいし、どうせ気持ちのやり場がない。だからなるべく考えない。

 

 

「前向きに」とか「明るく」という言葉には限界がある気がします。

imautiha (5)

 

 

少なくても、近ごろの703号室にいると、私はときどきふと悲観的に思いつめる。

 

 

けれど先日、朝日に向かって床の上を這うほほを見て自分の心境が少し変化しました。

imautiha (6)

 

 

朝ごはんを食べ終わったほほが日光を浴びるために、懸命に掃きだし窓をめざしていたのです。必死なほほを目の当たりにして、私はほほに「生」を感じました。

 

 

私が嘆くことをうちのお子たちは望んでいない。

imautiha (7)

 

 

彼らは穏やかな朝と昼と夜と

 

撫でてくれる手と、誉めてくれる声と

 

ごはんを楽しみにし、太陽を待っているだけです。

 

痩せたべべも、咳をするあまたも、治療をいやがるさぶも、認知症の兆候のあるナナも、不自由なほほも、わがままなリルも(笑)、みーんなシンプル。

 

 

なら私のほうも、みんなに従わないと。

 

民主主義の世界は、多数決が基本ですので。

 

 

悲しい悲しい言ってばかりでみっともなくてすみません。今週はもう愚痴りません。

 

 

お詫びにハンサムボーイをお見せします。

imautiha (9)

 

 

もういっちょ!

imautiha (4)

 

 

Smile

 

スポンサーリンク





ゲストたちとのランチ ほか

先日久しぶりに母のごはんを食べました。かのかCランチ。なかなかのボリュームで満足!

dekamaruke (2)

 

 

 

お店にはお友だちがたくさん来てくれていました。

 

 

 

まずはこの厳つい男性。プロカメラマンの太田康介氏。

dekamaruke (12)

 

 

 

私が店に着いたときすでに食べ終わっていた太田さん。「遅い!」の激怒顔。というのはウソ。

 

 

カメラを向けたらこわーい顔をしてくれたのです。いわゆるサービスショットですね。

dekamaruke (3)

 

 

 

後ろを見渡すと美女軍団が! 皆さま大きなお子さまがいるようには見えません。

dekamaruke (11)

 

 

 

オレオのママさんがお友だちを連れて食べに来てくれたのです。何年ぶりだろう~♪

dekamaruke (9)

 

 

ももママちゃんを介して知り合ったのは10年近く前になるかな。オレオのママさんは当時、動物に関わる仕事に就いていて、ご自宅でも難病の犬猫たちを保護していました。犬猫のケアに於いて右に出る方を私はあまり知りません。ほんとうに尊敬しています。

 

 

(人間の)子育てが一段落したということで、再び犬猫の預かりや関連する勉強会などへの参加を考えるようになったそうです。すばらしい!

 

 

個人のフォスター(預かり)はライフスタイルに応じて力を入れたり抜いたりできます。

 

 

人生いろいろあるのでずっと犬猫のことだけを取り組んでいられる人ばかりではありません。

 

 

けれど長い人生です。いったんおやすみしてもまた戻ってくる。そういう方もいると思います。

 

 

オレオのママちゃん可憐なお花を2つ(母と私分)甘いシュークリームありがとうございました。

dekamaruke (4)

 

 

 

ピンクの方が私へだそうです。

IMG_9147

 

 

 

どの角度から見てもキレイ~!!

IMG_9146

 

 

 

太田さんもありがとうございました。バイクでびゅんと葛飾区までひとっ飛び、だそうです。

dekamaruke (5)

 

 

 

というのが水曜日のできごとで、木、金は家で缶詰状態になり仕事場へのメールや滞っていたことなどをやりました。お子たちともじゅうぶんにふれ合えた気がします。幸せ!

 

 

今日はいい遊びを思いつき保護猫デカ円と夢中(ムキ)になってやりました。

 

デカ円のおでこにぱたぱたトンボ(猫じゃらし)をのせたら私は1ポイント獲得。

デカ円が口や手ではたいたらデカ円が1ポイント。

というものですが、ふたりともハマってしまい何度やっても互角の戦いに(汗)。

 

 

はい、幼稚です。すみません。デカ円がかわいくて仕方ないです。ビジュアルがツボだし。

dekamaruke (10)

 

 

 

ジョイのほうもふつうになってしまいました。つまんないの(爆)。

 

 

すでに我が家を巣立ったきょうだいの龍とキャッチと比べてみると・・・・・・

 

人なれの順が龍>キャッチ>ジョイかなと思っていたのですよ。

 

しかしここ数日の様子を見ていると、龍>ジョイ>キャッチかもしれません。

 

 

ジョイはゴロゴロ喉を鳴らして突進してくる情熱的な男です。

dekamaruke (8)

 

 

ジョイを信じケージから出してみたところ、外の世界がすっかり気に入った模様。ケージに戻したあとも定期的に「出せ出せ」と要求しています。ジョイはほほにもやさしく接してくれました。

 

 

心根のやさしい猫です。

 

 

「ならハハケージから出してください」

dekamaruke (7)

 

 

 

講義の練習終わったらね。

 

 

ということで、さっき時間を意識しながら1時間半「譲渡に関する講義」の練習をやりました。

 

 

講義自体は2時間半あるのですが、質疑応答やほかの出し物(笑)を入れたら1時間半で話し終えるのがベストかなと。皆さまも疲れちゃいますしね。

 

早口で話してギリギリ。いやかなり省略した感もあるので時間が足りていない。

 

譲渡は奥が深いのです。14年間やってきたことを1時間半にまとめることはできません。

 

けれどなにかひとつでも参加してくださる方の胸に落ち、実践でつかえればいいなあと。

 

あとやっぱり下手ですね。「えー」「あのー」を連発。もうこれは勘弁してください。

 

4月30日のにゃっ展でも大目に見てお願いーーーーーー(土下座)。

 

 

約束通り夜小僧をフリーにしました。

dekamaruke

 

 

 

水を得た魚のように飛び回っています。龍とキャッチとちがってキッチンが散らかっていてもあまりいたずらしません。今のところは、ですけど。

 

 

明日は参加人数が多くないようですが、アットホームな雰囲気でフォスターアカデミーベーシック猫プログラムを盛り上げていきたいです。個人にできることはある。いっぱいある。

 

 

「お母さん がんばってね」

dekamaruke (6)

 

 

はいよ。チチとお留守番して待っててね。

 

では皆さまよい週末をおすごしください。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク