ほほとともに銀行へ(涙)

昨夜のわが家

utaiof (3)

 

 

 

毛布にくるまれたナナを囲むようにほほとリルが寄り添っていました。

utaiof (4)

 

 

 

なにげない日常のシーンに、心が洗われます。

utaiof (2)

 

 

 

ほほはナナの近くにいる回数が増えました。どうしてだろ?

 

 

ほほには私に見えないものが見えているのかもしれません。

 

 

だれにも見えないはずのずっと先まで見えている気さえします。

 

 

やさしいほほですが、今日はやらかしてくれました。やられました。

 

 

 

日中、外出先で強烈な猫のマーキング臭が気になった私。

 

 

臭い。すごい臭い。

 

 

ん? 私の近くに座っているだれかが猫を飼っているのかな?

 

 

でもここは銀行の待合スペース。周りはそれなりにきちんと感が出ている。

 

 

試しに席をかえてみるも、臭いが私をしつこく追ってくる感じがして違和感を拭えませんでした。そもそも銀行内がなぜ猫尿臭に覆われているのでしょう?

 

 

まさかと思い、自分の首元をクンクン嗅いでみました。

 

 

セーフ! 私じゃない。

 

 

ホッと胸を撫でおろすも、臭いは消えず、そのまま20分程度経過したところで、今度はふいに自分のジャンパーの袖口を嗅いでみると……

 

 

 

ああ!! 

 

 

やっぱ私か。私の右袖あたりが悪臭源だ(遠くへ消えたい)。

 

 

犯猫はほほしかいません。うちでマーキングするのはほほだけだから。

 

 

ほほ勘弁してよもう。

 

 

帰宅後、即ジャンパーを洗濯機に入れ2回まわしました。やれやれっ。

 

 

 

「ハハ たいへんでしたね お疲れさまでした」

utaiof (1)

 

 

 

「まあ人生いろいろありますからねー」

utaiof (10)

 

 

 

「過ぎたことは忘れてしまえばいいのです」

utaiof (11)

 

 

 

「お? あさひたまにはいいこと言うわね」

utaiof (5)

 

 

 

「ハハ もうじき春でしょ?」    「春と言えば卒業だな 間に合いそうか?」

utaiof (9)

 

 

 

「じぃ~~~ あさひとわたしの家族さがし はかどってるんでしょうね?」

utaiof (8)

 

 

 

うっ。痛いところつかれた。

 

 

私なりに考えています。まずは皆さまにあさひと百香の名前や外見の特徴を覚えていただこうと、こうして写真を掲載してるんですよ。

 

 

 

「ハハ! みいさんを呼びなさいよ」

utaiof (7)

 

 

 

え、あ、うん。そ、そうします。

 

 

実は今日みいさんにあさひと百香の撮影をお願いしていたんだけど、バタバタしていてゆっくり構えられないから、数日ずらしてもらったの。

 

 

近日中にみいさん来てくれるから、あとはみいさんに任せてしまいましょう。

 

 

 

「それ聞いて安心した ハハいいお家へ案内してね!!」

utaiof (6)

 

 

 

百香からの圧迫を受けていますので、以後は百香とあさひがうちを巣立つまで、毎回ブログに登場させます。ふたりとも推定1歳程度の若く健康な猫です。

 

 

あさひは男の子で茶トラ

 

 

百香は女の子で茶白

 

 

 

検討してくださる方からの些細なご質問などを喜んでお待ちしています。

 

 

応援よろしくお願いしますね。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





703号室からのおねがいです

※ブログ連続更新中 下の記事もぜひご覧ください。

 

 

私には代わりにブログを更新してくれる人がいません(稀にチチが更新しますが)。

 

私には代わりに運転してくれたり荷物を運んでくれる人がいません(稀にチチが)。

 

私にはポリシーがあり、譲渡会をしません(譲渡会を否定しているわけではないので誤解のないようお願いします)。よって一気に多くのご縁が決まることはありません。ひとつひとつアポを取り、ゆっくり人間関係を築くところからはじめます。

 

 

レギュラーメンバーのケアも含め、保護、通院、希望者さんとのやり取り、譲渡、アフターケアを原則ひとりでこなしています。実は意外とたいへんです。

 

 

コツコツやってきました。だから卒業生の数がじわじわ増えています。個人で300は超えています。仲介などを入れたらもっとたくさんの譲渡に関わっています。

 

 

私は基本、ポケットマネーで活動しています。医療費の一部または全部の負担を里親さんにお願いしていますが、犬猫の保護は「医療費」だけでは済みません。

 

 

すべて私が勝手にやっていることです。自己責任です。楽しいし後悔もありません。

 

 

自分の力で自分がベストだと思える譲渡をする。これ以上の幸せがあるでしょうか? しかし最近私は、ちょっと無理をしています。

 

 

体が少しだけ調子悪いです。時間はいくらあっても足りません。けれどこんなときだからこそ、笑顔で円滑にいろいろこなせるようになりたいです。

 

 

サクサクとね。

 

 

そこで私から皆さまへの厚かましいお願いがあります。

 

 

もし私の生き方に肯定的な感情を持ってくださる方は、どうか私の家族募集や703ブログの宣伝を応援してください。私がいちばんほしいものは「良縁」です。

 

 

次の子を保護するために、今も寒空の下で震えている子を保護するために、私に力をください。出せばまた保護できるのです。出せばまた保護できる。

 

 

先ほど新たに1匹の茶白猫をスカウトしました。ツイッターをご覧の皆さまはご存知ですよね? 私は彼女もシンデレラに変身させたいのです。そしてあと変身させたい子が少なくても外に2匹います。彼らを家に入れるためには、うちにいる保護猫たちを里子に出さなければなりません。キャパがオーバーしてしまいますから。

 

 

そこで保護猫ポテチと並行し、子猫秀多の家族募集をさっそく開始します。

IMG_0012

 

 

 

秀多は甘えん坊でやさしく、どの猫とも仲よく暮らせます。犬もOK!

IMG_0030

 

 

 

抱っこすると喉をゴロゴロ鳴らして喜びます。人間が大大大好きです。

IMG_0006

 

 

 

先にうちを巣立った妹のトロンとふたりで寄り添っていたところを保護されました。母猫はそばにいませんでした。人間に捨てられたのかもしれません。

IMG_0010

 

 

 

写真を撮ろうとすると動きが速くてついていけないけれど……

IMG_0039

 

 

 

みいさんががんばっていい写真を撮ってくれました。みいさんありがとう。

IMG_0002

 

 

 

食欲旺盛、おもちゃ遊びが得意。健康状態は万全(ウイルス検査-)。

IMG_0034

 

 

 

はじめて会うみいさんにもこのようにクッタリ体を預けます。

IMG_0003

 

 

 

703号室での様子。ほほと並んで。胸の白毛のポイントが最高に素敵!

IMG_9043

 

 

 

妹猫トロン同様秀多も終の棲家を求めています。ほんとうに飼いやすい子です。

IMG_9030

 

 

 

どうか秀多に目を留めてくださる方が増えるよう、皆さまのお力を秀多と私にお貸しくださいませんか? ポテチ、椿、本日保護の茶白猫、レギュラーメンバーの日々もお送りしていきます。ブログ更新のスピードをあげていけるよう努力します。

 

 

703号室はポテチ(推定3歳)と秀多(2か月)を家族募集しています。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

※秀多の写真はほぼみいさんより

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク