“君と一緒に生きよう”の新年会 ほか

私が直木賞作家の森絵都さんと出会ったのはこの一冊のおかげ

IMG_9144

 

 

 

森絵都さんの犬のレスキューを題材にしたノンフィクション。森さんは当時地元で土手犬たちの保護活動をしていた私に取材を申し込んでくださり、それが縁でおつき合いがはじまりました。もう10年以上前の話です。懐かしいなあ。

 

 

私はいろんな方を尊敬しています。片っ端から挙げたいけれどキリがない。

 

 

中でも、森絵都さんとemi-goからは特に学ぶことが多い。スギヤマカナヨさんも仰っていましたが、森さんは作家としても人間としても、「人として信用ができる」女性。カナヨさんももちろん大好きです。ずっと仲よくしてもらってます。

 

 

 

このたび、森さんの「君と一緒に生きよう」に登場する一部の面々とひさびさに会い、新年会を開催。私の戦友だったももママちゃんもいますよ。

IMG_9153

 

 

ももママちゃんは703号室卒業生のベレーボ(猫)と暮らしています。

 

 

※ ベレーボはセブンイレブンで私が保護したクチャクチャの猫。私のブログで10本の指に入るほど大人気のスターでした。

 

 

ももママちゃん、「ベボがいなくなったら死んじゃう」だそうです。

 

 

絵本作家の大御所スギヤマカナヨさん(右)とももママちゃん(左)。ももママちゃんの息子が19歳ですって!! 信じられない~!!

IMG_9157

 

 

 

森さん、西川さん姉妹(本当は母娘)

IMG_9127

 

 

 

大きくて愛らしい看板犬とおいしいハワイ料理

IMG_9119

 

 

 

楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいました。

 

 

ももママちゃんと西川さんの「超不適切な譲渡先から猫2匹を奪還した件」には一同腹を抱えて笑いました。気合いが入りすぎです。勇ましくてかっこいいな。

 

 

武勇伝に込められた愛情と責任が、私には痛いほどわかります。

 

 

ももママちゃんはだれもが「潰れろペットショップ」と叫んでいたころ、たったひとり「ペットショップをやるなら犬一頭300万円くらいで売ればいいのに」との持論を展開(笑)。あとになってその言葉に込められたももママちゃんの真意を、私は身をもって知りました。ちょっと無理すれば簡単に買える金額で売るから、飼育放棄が生まれやすいんですよね。極端な発想ですが、嫌いじゃありません。むしろ好き。

 

 

第一、憲法で「職業の自由」が保証されている以上、ペットショップは容易く潰せません。やるなら8週例規制。じわじわと業者を攻める(正す)感覚なので、まずは8週例規制を通したいです。

 

 

 

お店のオーナーにサインを頼まれて書く森さん

IMG_9140

 

 

 

ご自身も2頭の元保護犬(スウちゃんハクちゃん)と暮らしています。スウちゃんハクちゃんはシニア齢で持病もあるので心を配りながら育てている森さん。

 

 

スギヤマカナヨさんも元保護犬茶々(7歳)の里親です。

IMG_9145

 

 

 

西川さんも多くの保護犬猫たちと万全のケアで共生中。うちのほたるが気になって里親に立候補しようか悩んでいたらしい。あの、そういうのは早く言って!!

 

 

でもほたるの良縁を喜んでくれましたよ。器の大きな方なのです。

 

 

私は手ぶらで伺ったのに、森さん、ももママちゃん、西川さんからおみやげをいただいてしまいました。どれもおいしかったです。ありがとうございました。

IMG_9162

 

 

森さんとは「ボランティアのあり方」について語り合いました。またみんなでいろいろ話をしたいな。幹事の西川さん、皆さま、素敵なひとときに感謝です。

 

 

 

さて、風邪をひいてる私。本日はパジャマ姿のまま病院へ

IMG_9339

 

 

 

さすがに寝込むの飽きた。予定がパンパンに詰まっているので早く治したい。

 

 

 

インフルエンザじゃなくてただの風邪との診断ですのでご心配なく。病院で処方された薬を飲んだら頭が少しスッキリしてきました。

 

 

 

うちには世話が必要なお子がいっぱいいます。保護猫も増えたし^^;

IMG_9112

 

 

 

早く全快し、ナナはじめみんなと全身でイチャイチャしたいです。

IMG_9089

 

 

 

保温中のナナ。だいじだいじ♪

IMG_9338

 

 

 

最後に、卒業生つむぎ&たび家のおねいさん(里親さん)よりプレゼントが届きました。おおイソップのシャンプーだ! これめちゃくちゃいいんですよね。猫のフードもたくさん入ってました。うれしいです。ありがとうございました。

IMG_9347

 

 

 

つむたび姉妹のインスタは欠かさずチェックしています。人気なんですよ。

IMG_9335

 

 

 

大きくなっても中身は赤ちゃんのままのふたり。先ほどおねいさんにお手紙を出したのですが、暖かくなったら会いに行かせてもらう予定です。ワクワク!

IMG_9334

 

 

 

よーし! 今夜でしっかりと風邪をやっつけ、明日は元気よく過ごします。

 

 

皆さまも寒さに負けずがんばってください。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





最近作ったもの食べたもの

昨日私の誕生祝いにチチがイタリアンを作ってくれたのですが・・・・・・

33 (21)

 

 

 

いろんな理由で食欲がイマイチわきませんでした。食卓に着いたとき、右のお皿の料理名がよくわからず、脳内は「???」だらけ。白身魚の香草焼き、だそうです。うーむ・・・・・・。

 

 

 

ケーキはラウンドで買ってきたはずなのに、なぜかあらかじめ切りわけられており、私が食べる分(4分の1)に5本のろうそくが立てられていました。5って数字が不思議。まあ実は4本きっかりでもないんですが、気持ち的に1本減らしてもらってから「フーッッッ」をしたのです。

33 (29)

 

 

 

なにはともあれごちそうさまでした。

 

 

 

私は誕生日の前日においしいものを食べたので、誕生日当日はなんでもOKとします。

33 (8)

 

 

 

直木賞作家の森絵都さんご夫妻との新年会!

33 (10)

 

 

 

お店は森さんのチョイスです。最高!!

33 (15)

 

 

 

自然さがたまらない魅力のおふたり。10年ほどおつき合いしていますが、森さんご夫妻は年を取りません。森さんにいたっては笑うと幼女みたいな顔になるのです。

33 (12)

 

 

 

最近かしこまった場に出ると肩書きのない自分がちょっと恥ずかしかった私。しかし振り返れば、森さんはありのままの私と友だちになってくださいました。私は作家の森さんのファンですが、仮に森さんが作家じゃなくても、私は森さんの空気感や中に詰まっているものが好きで尊敬しています。そう思わせてくれる人がいてくれるのはほんとうにありがたいです。

 

 

楽しいひとときをありがとうございました。ごちそうさまでした。ゴマもさっそくいただきます。

IMG_9305

 

 

 

さて、「食」に関するネタはまだつづきます。

 

 

 

長年主婦をやっている割には、炊事が苦手の私。このご時世、家族の形も多様化しているので料理は女性のみがやるべきだとは思いませんが、性別を問わずおいしいものを作れる人間にはなりたいものです。そんな私の新年の目標は・・・・・・

 

 

「料理の腕をあげる(要領、味、盛りつけ、レパートリーなど)」

 

「(節約や健康管理を考え)自炊率をあげる」

 

 

 

以前はコンビニ弁当がつづいても苦じゃなかったのですが、近頃は一手間かけてでも自分で作っています。コンビニやファミレスは飽きるんですよね。

 

 

 

私はもともと食料品の廃棄が精神的にダメです。食べ物を腐らせる罪悪感に耐えられないタイプ。いい子ぶっているわけではなく本心です。捨てるのはもったいない。野菜でも果物でもお魚でもお肉でも、もとの形を想像するとより一層未練が強くなります。

 

 

だからあまらない程度、食べきれる程度、材料をほかの料理に使いまわすこともシミュレーションしながら買い物をするのですが、これが結構頭を使うから疲れるんですよね。

 

 

 

冷蔵庫のあまりもので作ったある日の私の(地味な)夕飯

33 (24)

 

 

 

ひとりのときはごはんのかわりに炊飯器でおかゆを炊いています。にんじんの量が異常ですね。もちろんぜんぶ食べましたよ。ベータカロチンたっぷり摂取しパワーアップしました。

 

 

あまりものだから見栄えはわるくてもいいのです。気にしないでください(笑)。

 

 

 

クー太の里親MIHOさんがべべのお見舞いに来てくれた日のランチはMIHOさんの好物チャプチェにしました。チャプチェは初挑戦。インターネットでレシピを検索し、簡単そうに作っている人をまねしてみることに。※汚すぎるスッピンはスルーでおねがいします。

33 (11)

 

 

 

すぐ作れるはずなのに、これがなかなか・・・・・・

33 (9)

 

 

 

韓国春雨が手に入らなかったので、スーパーで売られていたいちばん太い春雨を選びました。春雨を茹でて戻すのはいいとしても、ほかの材料をそれぞれ別に炒めるのがキツかったです。MIHOさんが手伝ってくれて助かりました。味付けは私が担当。チャプチェを作るのははじめてでも、食べるのははじめてではありません。レシピ通りだと納得がいかなかったのでいくつかの「隠し味」をMIHOさんにナイショで足してみました。

 

 

「おいしい」って言ってくれたら暴露します^^

 

 

 

調理用の手袋がなく、素手で混ぜることに

33 (7)

 

 

 

ドン引きされないよう、MIHOさんの目に着くところで手をゴシゴシ洗って見せました(笑)。

 

 

料理はイメージも大事ですから!

 

 

 

じゃーん! 完成! MIHOさんは★5つくれました。チャプチェが大好きなうちの妹はおかわりを要求してきました。私もすっごくおいしかったと思います。満足~!

33 (27)

 

 

 

チャプチェだけだと世田谷からわざわざ来てくれたMIHOさんに申し訳ないので、マイ太郎さんに教わった「日本酒で蒸す白菜と豚バラ肉のミルフィーユ(ゆず入り)」もサッと作りました。

33 (14)

 

 

 

上の方の白菜がかなり乱れていますが、いいのいいの。

33 (17)

 

 

 

超簡単で超おいしい。これはまりまくっています。週に1度は作ってますよ。

33 (4)

 

 

 

日本酒で蒸すと白菜が信じられないほど甘くやわらかくなるのです。有名なレシピのようですので知っている方も多いかもしれませんね。野菜がいっぱい摂れて体にもよさそうです。

 

 

そしてこれも超簡単。レンジで作る「タラの酒蒸し」。味付けをしたタラにショウガとネギを添え日本酒をかけチンするだけ。銀ダラならなおよかったのですが、あいにくタラしかなくて^^;

33 (31)

 

 

 

燻製醤油を少し入れています。

 

 

料理の上達が目標と豪語した割には「簡単」か「簡単じゃなかった」に固執していますね。簡単じゃない料理はやっぱり苦手なので、簡単な料理のレパートリーを増やすのを目標にします。

 

 

 

お客さんにも「おかゆ」を強制。ふふ。いただきます♪

33 (19)

 

 

 

うーーー写真を眺めているだけでまたこのときのメニューが食べたくなりました。チャプチェは私にとっては気合いが必要だから今夜は自分のためにチャプチェ以外を作ろうかな?

 

 

満腹のあとはのんびり

33 (23)

 

 

 

MIHOさんはうちのお子たちや保護猫たちと等身大で遊んでくれるのでみんなの人気者

33 (20)

 

 

 

ふだんは私ひとりだからみんな楽しそうでした。まめにみんなをこねくりまわしに来てね。

 

 

 

「実際のところ お客さんがくるとぼくたちにいいことがあるのです」

33 (6)

 

 

 

 

「ハハが甘くなります おやつをもらえる率があがります」

33

 

 

 

 

「ハハ~ 今日はだれもきてくれないのですか?」

33 (26)

 

 

 

満天、私だけでわるかったわね。

 

 

 

「ちぇっ」

33 (3)

 

 

 

昨日病院で満天の体重をはかったよね。風邪をひいたにも関わらず、満天は体重が微増していたじゃないか。ごはんの量もおやつの量もじゅうぶん足りていると思うけど?

33 (30)

 

 

 

夜中、加湿器のそばでくつろぐ満天氏を発見

33 (2)

 

 

 

咳を治すために喉を潤わしているのかな。満天は顔もいいし頭もいいんですよね。

33 (5)

 

 

 

 

今回は「食」にまつわる小ネタ集をお送りしましたが、料理の先生、調理師さん、コックさん、板前さん、あらゆる料理専門家の皆さま、そして料理上手の方がどうか読んでいませんように。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク