Day of happy rain ~祝! サスケこのは~

今日は703号室を巣立ったさんきゅう&寿子の新しいお家へご案内します。

さんきゅうは「サスケ」、寿子は「このは」として生きていくことになりました。

ご主人さまが考えてくださったかっこいいお名前です!

 

お届けはひとりで行きました。大荷物と2匹の猫たち。方向音痴なので母の車を借りることに。私の車はカーナビの調子がおかしいのではじめて行く場所は不安なのです。

IMG_5249

 

 

ガソリンがカラカラの状態で借りたのに、満タンにして返せとか暴力的な母(笑)。

でも有能なカーナビのおかげで迷わず時間通りに到着しました。

 

雨の中、外で待っていてくれた奥さまと息子さん。お人柄はすでにこちらの記事で紹介済みですね。お問い合わせから譲渡の日まで真剣にやり取りをつづけてくださいました。ご家族皆さまが「人徳者」そのものです。

 

 

おじゃまします!

IMG_4033

 

 

ご主人さま渾身の手作り柵。安全ですし木の雰囲気がオシャレですね。

IMG_4031

 

 

お見合いのときお会いしたご主人さまは若輩者の私の話をいろいろ聞いてくださいました。

 

 

そして真心を込め準備してくださったのです。

IMG_5248

 

 

家中すべての窓に脱走を防止する柵を設置してくださいました。一部載せておきます。

IMG_4036 IMG_4019

 

 

キッチンの勝手口は開けられるようにしてあります。ここまでやってくださるとは……。

IMG_4039

 

 

脱走防止だけではありません。萌えグッズや楽しいアレンジがいっぱい^^

IMG_4098 IMG_4095

IMG_4022 IMG_4037

IMG_4096 IMG_4049

 

 

がんばったんですけどすべてのグッズは撮りきれませんでした^^;

 

 

光が降り注ぐリビング

IMG_4043

 

 

サスケとこのはがメインでつかう和室にはお手製のキャットタワーまで♪

IMG_4028

 

 

奥に見えるのは「先住さん」たちのゾーン

IMG_4017

 

 

快適に過ごせるようにとトイレも複数ありました。

IMG_4046

 

 

器用な里親さんは猫柄のキュートな布地で

IMG_4026

 

 

パソコンカバーやソファーカバーを作ったんだそう。本気でうらやましい才能です。

IMG_4023 IMG_4025

 

 

先代ウサギ「アロマちゃん」「ミルクちゃん」。8年間ご家族に溺愛されていました。

IMG_4018

 

 

ご家族のアルバムの中にはいつもアロマミルクちゃんの姿が

IMG_4111

 

 

動物が好きでたまらないお兄さんと。おリボンつけておめかし?

IMG_4110

 

 

すでに独立されている娘さんとも仲良しです。

IMG_4119 IMG_4116

 

 

ウサギさんたちは寿命をまっとうし天国へ旅立ちましたが、このお方たちは元気いっぱいです。

 

カメの一徹さん

IMG_4054

 

 

ヘビの王子さん(数年後女性であることが判明、玉子にするか? との案も出たようです)

IMG_4065

 

 

毒はありませんし性格の穏やかな艶やか女性です。私もちょこっとさわらせてもらいました。

IMG_4062

 

 

ふふ(笑)。未知で新しい感触~!

 

実はウサギのアロマ、ミルクちゃん、カメの一徹さん、ベビの王子さんのお話を伺って私はご家族にサスケとこのはをお願いすることに決めたのです。

彼ら全員が行政処分の対象でした。慈悲深いご家族が引き取らなければすでにこの世には存在しなかった子たちです。ウサギもカメもヘビも専門的な飼育知識の要る動物たちですがご家族は一丸となり勉強しみんなを長生きさせています。専門クリニックへ通ったりして。

 

奥さまは当初「ヘビはさすがに~」と思われたそうですが、ご主人さまから事情を聞かされ「連れて帰ってもいい?」の打診を受けすぐに飼育本を買ったとか。

 

ニコニコお話しする姿を見て私は何度も泣きそうになりました。なんていうか、あったかくて。

 

 

お届け時もアジサイという名のキレイな和菓子をいただきながらたくさんお話しました。

IMG_4102

 

 

サスケ、話聞いたか?

IMG_4074

 

 

「サスケは聞いてなかったわね。わたちはちゃんと話を聞いてた。たしかにいい家族ね」

IMG_4093

 

 

いやいやこのはちゃん、あなたの家族の話ですよ?

IMG_4091

 

 

「え? ぼくたちの家族の話なの?」

IMG_4090

 

 

そうよ。すばらしいよね。

私はあなたたちのご家族の大ファンになりました。

 

なんて美しい笑顔だろう。私も将来、こういう女性になりたいです。

IMG_5186

 

 

礼儀正しくやさしく育ったイケメンの息子さん

IMG_5189

 

 

私、サスケとこのははまちがいなく幸せになると確信しています。

 

ああ……なにこの気持ち

IMG_3294 keiswaizumi (2)

 

 

出会った日も雨

 

卒業した日も雨

 

あなたたちを見送りながら雨も悪くないなあと、ふと思った。

 

 

「ハハ~ 雨降って地固まる、ですから」

IMG_3261

 

 

「ですから~」

IMG_3351

 

 

ご家族からはお手紙、猫の扇子、おいしいお菓子、ペットシーツ、ふたりの医療費、ご支援をいただきました。どうもありがとうございました。

IMG_4135

 

 

余談ですが、ふたりのきょうだい猫麦さん(元 素なう)の里親さんがサスケ&このはの里親さんとコンタクトを取ってくださり、メールでお話をしているようです。きょうだい同士の里親さんのご縁がまたいいですね。麦さんも里親さんとラブラブの日々を送っていますよ。

 

麦さんの卒業記事はこちら⇒ 「麦さんちへ」

IMG_2398

 

 

サスケとこのはの里親さんからの近況写真↓

IMG_5247

 

 

きみたちさあ、夜中の運動会はいいかげんにしなさいよ?

 

スクスク、ね。

 

のんびり、ね。

 

 

かつくん「X220サスケ、221このは卒業おめでとう♪ ぼくからもお祝いのことばをひとこと!

サスケとこのはを保護したハハは、無事に保護できた時点から大きな安堵感、幸福感に包まれていたらしい。そしてふたりを送り出した今、幸せがさらに倍増したんだって。

幸せをもらっているのは人間たちのほうかもね。

幸せをもらえる人が増えますように! ぼくからLOVE」

1-3483

 

スポンサーリンク